【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513141204.html
結婚するときに一番の心配はお金、結婚後はこんなにお金や費用がかかる。

結婚するときに一番の心配はお金、結婚後はこんなにお金や費用がかかる。 | LADYCO

LADYCO
結婚するときに一番の心配はお金、結婚後はこんなにお金や費用がかかる。

結婚するときに一番の心配はお金、結婚後はこんなにお金や費用がかかります。

  • 結婚資金を貯めておく
  • 引っ越し費用
  • もちろん節約することもできます
  • 親戚のお祝いが増える
  • 意外に高い出産費用
  • お互いの譲れないものは最初のうちに決めておく

結婚生活では、今まで別々の家庭環境で育った人同士が一緒に生活していきます。

お互いに、当たり前だと思っていた事が違っていたり、相手の両親や、親戚などとの付き合いもはじまるかもしれません。

気楽な独身時代は終わり、自分1人で判断して行動する事ができなくなってきます。

ここでは結婚するまでしておいた方が良いことをや、結婚後に起こるであろう予測をご紹介します。

結婚資金を貯めておく

結婚資金を貯めておく

意外と結婚式で揉めるカップルは多いです。

最悪のケースになると、結婚式を境に不仲になったり離婚したり、結婚前でしたら破談になるケースも多くあります。

結婚式で揉める1番はお金です。

独身時代、そういったデータを見る事もないのでいくらかかるか知らない人も多いでしょう。

もちろん人それぞれではありますが、婚約から新婚旅行までの費用の、全国的な平均は大体470万位です。

なぜそんなにかかるのでしょうか。

それは、結婚すると同時に一気に新生活の準備や、イベントが重なることで出費がかさむからです 例えば、婚約指輪の平均予算は36万円。

結婚指輪の平均は20万~40万円。

結婚指輪や婚約指輪は、普段見る事があまりないでしょうが、一般的にはかなり安い無名のものでも1つ10万近くはします。

素材がどれも純度が高く、長年使える設計になっているので、傷などがついても劣化があまり起こらず、硬度が高いです。

また、長期間の保証が付いているものが多いです。

引っ越し費用

引っ越し費用

結婚生活を始めるにあたり、新たな住まいが必要です。

夫婦で借りるなら最低でも1LDKで、大体はもっと広い2LDK?を借りる人が多いでしょう。

引っ越し費用が各4万、家電が30万、敷金礼金などの初期費用が40万など、かなり安く見積もっても大きな出費になる事は間違いありません。

また、婚約に際し、結納をするなら結納金と、結納を行う際の式場代、交通費がかかります。

結納金の相場は50万~100万が一般的です。

結婚式も平均で100万~400万かかります。

もちろん節約することもできます

もちろん節約することもできます

最近では、結婚式、結納、婚約指輪のどれかを行わないカップルも増えてはいますが、仮に全部しないまま、入籍するだけにしても、結婚指輪と新居を構える費用は絶対に必要ななで貯金が大事です。

大体のカップルは、こういう考えにいき違いや不満が溜まり喧嘩をするのです。

やはり、結婚をするのであればそれなりの費用が必要ですから、何もせずに入籍届けを出すだけの結婚をスムーズに反対もなく行く事はあまりないと言えるでしょう。

親戚のお祝いが増える

親戚のお祝いが増える

結婚後は、お互いの両親や兄弟までもが親戚になるので、一気にお祝いなどでの出費が増えます。

例えば、姪っ子、甥っ子のお祝いや、結婚式などです。

親戚の子供が小さいうちは、お食い初め、七五三、入学祝い、お年玉、などお祝いのオンパレードです。

なんのお祝いがあるのか、基礎知識位は身につけておいた方がいいでしょう。

そのほかに、暑中見舞いやお中元、お歳暮などのやり取りをする家庭もあるでしょう。

旦那さんが大きな企業に勤めている奥様でしたら、上司の方への贈り物も年間を通して数回あるので、もしかしたらそういう事を夫婦でする場面も出てくるかもしれません。

意外に高い出産費用

意外に高い出産費用

出産にまつわるものも、喧嘩の原因になりやすいです。

これも意外と知らない人が多いですが、出産ってかなりお金がかかります。

よく「服はお下がりで、病院も補助が出るから」という言葉を間に受けている人がいますが、住んでる土地で分娩費用は全然違います。

また、国から妊娠確定後は、産婦人科で使える診療券をもらえるので、何回かは無料になります。

しかし、心音が確認され確定になるまでの約2回~3回分(一回5000円~1万)は自腹です。

また、診療券で足りない数回も自腹です。

ですので、診療費は約10万~15万は手出しが必要です。

また分娩費用については、地区によっては一時金の42万以上の費用になります。

足りない分も自腹になるので、高い関東などでは数十万払う場合もあります。

分娩費用は、予約の際に一部金の前払いが必要な産婦人科が多いので、まだ国からの一時金が入ってない時なので、立て替えて数十万払う必要があります。

お互いの譲れないものは最初のうちに決めておく

長い結婚生活ですから、あらかじめ大きな項目は2人で決めておく事をお勧めします。

例えば、お金の管理方法や、家事の配分などです。

こういう話を2人で話し合うのは大変ですが、ここを決めておかないと後々喧嘩の火種になりやすいです。

最初に述べたように、お互いに当たり前と思っている所の違いが、一緒に暮らすうちに徐々に出てきます。

小さな事は、修正できるでしょうが、大まかな所は、相手がどう考えているのか話し合っていたほうがいいです。

また、お互い共働きだとバランスを取るのがとても難しいです。

完全に半分にするのは、定義がお互いに違うからです。

現代は、家事の割合から離婚に発展する夫婦が多くいます。

お互いを思い合えるように、いいバランスの決まりを作れるといいですね。

結婚とは、楽しい事だけではありません。

むしろ、本当に「修行」のような部分があります。

相手に期待したり、自分のルールを押し付けたりすると、パワーバランスが偏ってしまいます。

相手を変える前に、まずは自分から変わる事が大切です。

お互いのいい所、悪い所を調整しあいながら、喜んだり、悩んだりして家族になっていくんです。

結婚するときに一番の心配はお金、結婚後はこんなにお金や費用がかかります。


結婚生活では、今まで別々の家庭環境で育った人同士が一緒に生活していきます。

お互いに、当たり前だと思っていた事が違っていたり、相手の両親や、親戚などとの付き合いもはじまるかもしれません。

気楽な独身時代は終わり、自分1人で判断して行動する事ができなくなってきます。

ここでは結婚するまでしておいた方が良いことをや、結婚後に起こるであろう予測をご紹介します。

結婚資金を貯めておく

意外と結婚式で揉めるカップルは多いです。

最悪のケースになると、結婚式を境に不仲になったり離婚したり、結婚前でしたら破談になるケースも多くあります。

結婚式で揉める1番はお金です。

独身時代、そういったデータを見る事もないのでいくらかかるか知らない人も多いでしょう。

もちろん人それぞれではありますが、婚約から新婚旅行までの費用の、全国的な平均は大体470万位です。

なぜそんなにかかるのでしょうか。

それは、結婚すると同時に一気に新生活の準備や、イベントが重なることで出費がかさむからです 例えば、婚約指輪の平均予算は36万円。

結婚指輪の平均は20万~40万円。

結婚指輪や婚約指輪は、普段見る事があまりないでしょうが、一般的にはかなり安い無名のものでも1つ10万近くはします。

素材がどれも純度が高く、長年使える設計になっているので、傷などがついても劣化があまり起こらず、硬度が高いです。

また、長期間の保証が付いているものが多いです。

引っ越し費用

結婚生活を始めるにあたり、新たな住まいが必要です。

夫婦で借りるなら最低でも1LDKで、大体はもっと広い2LDK?を借りる人が多いでしょう。

引っ越し費用が各4万、家電が30万、敷金礼金などの初期費用が40万など、かなり安く見積もっても大きな出費になる事は間違いありません。

また、婚約に際し、結納をするなら結納金と、結納を行う際の式場代、交通費がかかります。

結納金の相場は50万~100万が一般的です。

結婚式も平均で100万~400万かかります。

もちろん節約することもできます

最近では、結婚式、結納、婚約指輪のどれかを行わないカップルも増えてはいますが、仮に全部しないまま、入籍するだけにしても、結婚指輪と新居を構える費用は絶対に必要ななで貯金が大事です。

大体のカップルは、こういう考えにいき違いや不満が溜まり喧嘩をするのです。

やはり、結婚をするのであればそれなりの費用が必要ですから、何もせずに入籍届けを出すだけの結婚をスムーズに反対もなく行く事はあまりないと言えるでしょう。

親戚のお祝いが増える

結婚後は、お互いの両親や兄弟までもが親戚になるので、一気にお祝いなどでの出費が増えます。

例えば、姪っ子、甥っ子のお祝いや、結婚式などです。

親戚の子供が小さいうちは、お食い初め、七五三、入学祝い、お年玉、などお祝いのオンパレードです。

なんのお祝いがあるのか、基礎知識位は身につけておいた方がいいでしょう。

そのほかに、暑中見舞いやお中元、お歳暮などのやり取りをする家庭もあるでしょう。

旦那さんが大きな企業に勤めている奥様でしたら、上司の方への贈り物も年間を通して数回あるので、もしかしたらそういう事を夫婦でする場面も出てくるかもしれません。

意外に高い出産費用

出産にまつわるものも、喧嘩の原因になりやすいです。

これも意外と知らない人が多いですが、出産ってかなりお金がかかります。

よく「服はお下がりで、病院も補助が出るから」という言葉を間に受けている人がいますが、住んでる土地で分娩費用は全然違います。

また、国から妊娠確定後は、産婦人科で使える診療券をもらえるので、何回かは無料になります。

しかし、心音が確認され確定になるまでの約2回~3回分(一回5000円~1万)は自腹です。

また、診療券で足りない数回も自腹です。

ですので、診療費は約10万~15万は手出しが必要です。

また分娩費用については、地区によっては一時金の42万以上の費用になります。

足りない分も自腹になるので、高い関東などでは数十万払う場合もあります。

分娩費用は、予約の際に一部金の前払いが必要な産婦人科が多いので、まだ国からの一時金が入ってない時なので、立て替えて数十万払う必要があります。

長い結婚生活ですから、あらかじめ大きな項目は2人で決めておく事をお勧めします。

例えば、お金の管理方法や、家事の配分などです。

こういう話を2人で話し合うのは大変ですが、ここを決めておかないと後々喧嘩の火種になりやすいです。

最初に述べたように、お互いに当たり前と思っている所の違いが、一緒に暮らすうちに徐々に出てきます。

小さな事は、修正できるでしょうが、大まかな所は、相手がどう考えているのか話し合っていたほうがいいです。

また、お互い共働きだとバランスを取るのがとても難しいです。

完全に半分にするのは、定義がお互いに違うからです。

現代は、家事の割合から離婚に発展する夫婦が多くいます。

お互いを思い合えるように、いいバランスの決まりを作れるといいですね。

結婚とは、楽しい事だけではありません。

むしろ、本当に「修行」のような部分があります。

相手に期待したり、自分のルールを押し付けたりすると、パワーバランスが偏ってしまいます。

相手を変える前に、まずは自分から変わる事が大切です。

お互いのいい所、悪い所を調整しあいながら、喜んだり、悩んだりして家族になっていくんです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-