【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513114030.html
結婚して後悔した事

結婚して後悔した事 | LADYCO

LADYCO
結婚して後悔した事

誰もが憧れる結婚生活…しかし現実はやはり少し違ったと言う方はいるのではないでしょうか?

少なからず私自身は夢と現実は違いました。

そこで私か感じた、結婚して後悔した事を女目線ではありますが、10選まとめて紹介していこうと思います。

  • 夫が家事に協力的ではない。
  • 自分1人の空間がなくなる。
  • 夫婦で些細な事での喧嘩が増える。
  • 義理の両親との同居。
  • 義理の実家の親戚との交流。
  • 友人と自由に遊べなくなる。
  • お金を自由に使えない。
  • 育児を押し付けてくる。
  • 家に気軽に友人を呼べない。
  • 料理に文句を言ってくる。
  • 離婚する時に籍を抜けるのが大変。

1. 夫が家事に協力的ではない。

夫が家事に協力的ではない。

家事は女がするものだと考える方が多いのではないでしょうか?

言わないと何もしてくれなかったり、暇なのに手伝いすらしてくれなかったり、口だけは出してきたり…。

夢に見ていた協力し合う夫婦像からとてつもなくかけ離れてると感じてしまうと、結婚って何だろう?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

共働きなら尚更協力的な気持ちを持ってほしいものですよね。

2. 自分1人の空間がなくなる。

自分1人の空間がなくなる。

自分達の部屋がない限り家で1人になる時間も減りますよね。

最初のうちは平気ですが、結婚生活が長くなると顔を合わせるのも苦になってストレスになったりしますから、そのせいでお互いストレスのぶつけ合いになり喧嘩に発展する場合もあります。

なので1人の空間が欲しくなる方は多いのではないでしょうか?

3. 夫婦で些細な事での喧嘩が増える。

夫婦で些細な事での喧嘩が増える。

長く一緒にいればいるほど良い部分以上に嫌な部分も見えてきますから、どうしても些細な喧嘩が増えてしまうものです。

その結果相手に対して気持ちが冷めてしまったり、家庭内別居に事が進む恐れもあります。

結婚前より喧嘩が多くなると結婚した事を後悔してしまったりする方も多いのではないでしょうか?

4. 義理の両親との同居。

義理の両親との同居。

長男嫁の宿命でもありますね。

近頃は長男嫁でも同居しない方もいらっしゃいますが、地方などではまだまだ古い風習が残っているので、軽い気持ちで同居して後々失敗したと感じる方は多いと思います。

更に同居となると嫁姑問題も出てきたりと、何かとトラブルが増えるのも同居の特徴だと言えます。

5. 義理の実家の親戚との交流。

義理の実家の親戚との交流。

お盆やお正月など、親戚が集まって交流したりする方も多いのではないでしょうか?

お嫁の立場だとゆっくり座って話してる暇もなく、常に料理を作ったりお酒を出したり接待をしなければならないので、何もしない嫁と思われないように頑張って動いたりしますよね。

それが嫌で結婚を後悔した方もいるのではないでしょうか?

6. 友人と自由に遊べなくなる。

友人と自由に遊べなくなる。

飲み会はもちろん、遊べたとしても朝昼晩とご飯の準備をしなければならないので時間を気にしながら遊ばなくてはならなくて気兼ねなく遊べません。

更に義理の両親と同居であったり子供が居たりすると自由に出掛けるのも難しいので、疎遠になる友人も出てくる事もあります。

7. お金を自由に使えない。

お金を自由に使えない。

夫婦になるとお金は2人のものなので、自分だけ好きに使えない部分がありますよね。

老後の為に、子供の為にお金を残しておかなくてはなりませんし、自分だけの為に貯金するわけにもいきませんから、夫婦で助け合わなければなりません。

特に大きな買い物などは夫婦で相談してからではないと購入できませんので、独身の頃の様に自由にお金を使う事は出来ません。

8. 育児を押し付けてくる。

育児を押し付けてくる。

家事に協力しないのと同じで、育児を奥さんに任せっきりにする方もいます。

今ではイクメンなども出てきましたが、一緒に子育てをしたいのに協力してくれない方もまだまだ存在していますので結果1人で育児をしてると自分が孤独に感じてしまって、結婚した事を後悔してしまうと感じる方もいます。

9. 家に気軽に友人を呼べない。

家に気軽に友人を呼べない。

家に人を連れてきてほしくない方もいるでしょうし、義理の両親と同居をしている方なら尚更ではないでしょうか?

家に呼んで飲み会や語り…しかしどうしても周りに気を使ってしまいますよね…。

そんな時に独身だったらなと感じてしまう事もあるのではないでしょうか。

10. 料理に文句を言ってくる。

料理に文句を言ってくる。

新婚当初は褒めてくれた料理も、結婚生活が長くなるとせっかく作った料理に対しても文句を言う方もいます。

文句を言われ続けると作ってる側は嫌な気分ですよね。

自分の好きなものばかり作れるわけでもないし、それに加えて文句を言われたら一緒に居るのも苦なり、結婚した事も後悔してしまいますよね。

11. 離婚する時に籍を抜けるのが大変。

初めから離婚前提で結婚はしません。

が、姓を変える側は入籍も離婚もとても大変です。

特に子連れの離婚は籍を抜けるのがとても時間がかかり大変です。

財産分与や慰謝料、養育費などなど。

一旦結婚をしてしまうと、離婚も様々な手続きがあり、結婚なんてしなければ良かったと思ってしまうものです。

どうでしたでしょうか?

私自身が実際結婚をして後悔した事を10選にまとめてみました。

共感する物やそうではないものもあるかもしれませんが、これから結婚をする方々には少し酷な内容だったかもしれませんね。

今回は結婚して後悔した事を紹介致しましたが、決して結婚が悪い事ではないという事、結婚の否定をするものではない事をご理解頂けたらなと思います。

誰もが憧れる結婚生活…しかし現実はやはり少し違ったと言う方はいるのではないでしょうか?

少なからず私自身は夢と現実は違いました。

そこで私か感じた、結婚して後悔した事を女目線ではありますが、10選まとめて紹介していこうと思います。


夫が家事に協力的ではない。

家事は女がするものだと考える方が多いのではないでしょうか?

言わないと何もしてくれなかったり、暇なのに手伝いすらしてくれなかったり、口だけは出してきたり…。

夢に見ていた協力し合う夫婦像からとてつもなくかけ離れてると感じてしまうと、結婚って何だろう?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

共働きなら尚更協力的な気持ちを持ってほしいものですよね。

自分1人の空間がなくなる。

自分達の部屋がない限り家で1人になる時間も減りますよね。

最初のうちは平気ですが、結婚生活が長くなると顔を合わせるのも苦になってストレスになったりしますから、そのせいでお互いストレスのぶつけ合いになり喧嘩に発展する場合もあります。

なので1人の空間が欲しくなる方は多いのではないでしょうか?

夫婦で些細な事での喧嘩が増える。

長く一緒にいればいるほど良い部分以上に嫌な部分も見えてきますから、どうしても些細な喧嘩が増えてしまうものです。

その結果相手に対して気持ちが冷めてしまったり、家庭内別居に事が進む恐れもあります。

結婚前より喧嘩が多くなると結婚した事を後悔してしまったりする方も多いのではないでしょうか?

義理の両親との同居。

長男嫁の宿命でもありますね。

近頃は長男嫁でも同居しない方もいらっしゃいますが、地方などではまだまだ古い風習が残っているので、軽い気持ちで同居して後々失敗したと感じる方は多いと思います。

更に同居となると嫁姑問題も出てきたりと、何かとトラブルが増えるのも同居の特徴だと言えます。

義理の実家の親戚との交流。

お盆やお正月など、親戚が集まって交流したりする方も多いのではないでしょうか?

お嫁の立場だとゆっくり座って話してる暇もなく、常に料理を作ったりお酒を出したり接待をしなければならないので、何もしない嫁と思われないように頑張って動いたりしますよね。

それが嫌で結婚を後悔した方もいるのではないでしょうか?

友人と自由に遊べなくなる。

飲み会はもちろん、遊べたとしても朝昼晩とご飯の準備をしなければならないので時間を気にしながら遊ばなくてはならなくて気兼ねなく遊べません。

更に義理の両親と同居であったり子供が居たりすると自由に出掛けるのも難しいので、疎遠になる友人も出てくる事もあります。

お金を自由に使えない。

夫婦になるとお金は2人のものなので、自分だけ好きに使えない部分がありますよね。

老後の為に、子供の為にお金を残しておかなくてはなりませんし、自分だけの為に貯金するわけにもいきませんから、夫婦で助け合わなければなりません。

特に大きな買い物などは夫婦で相談してからではないと購入できませんので、独身の頃の様に自由にお金を使う事は出来ません。

育児を押し付けてくる。

家事に協力しないのと同じで、育児を奥さんに任せっきりにする方もいます。

今ではイクメンなども出てきましたが、一緒に子育てをしたいのに協力してくれない方もまだまだ存在していますので結果1人で育児をしてると自分が孤独に感じてしまって、結婚した事を後悔してしまうと感じる方もいます。

家に気軽に友人を呼べない。

家に人を連れてきてほしくない方もいるでしょうし、義理の両親と同居をしている方なら尚更ではないでしょうか?

家に呼んで飲み会や語り…しかしどうしても周りに気を使ってしまいますよね…。

そんな時に独身だったらなと感じてしまう事もあるのではないでしょうか。

料理に文句を言ってくる。

新婚当初は褒めてくれた料理も、結婚生活が長くなるとせっかく作った料理に対しても文句を言う方もいます。

文句を言われ続けると作ってる側は嫌な気分ですよね。

自分の好きなものばかり作れるわけでもないし、それに加えて文句を言われたら一緒に居るのも苦なり、結婚した事も後悔してしまいますよね。

初めから離婚前提で結婚はしません。

が、姓を変える側は入籍も離婚もとても大変です。

特に子連れの離婚は籍を抜けるのがとても時間がかかり大変です。

財産分与や慰謝料、養育費などなど。

一旦結婚をしてしまうと、離婚も様々な手続きがあり、結婚なんてしなければ良かったと思ってしまうものです。

どうでしたでしょうか?

私自身が実際結婚をして後悔した事を10選にまとめてみました。

共感する物やそうではないものもあるかもしれませんが、これから結婚をする方々には少し酷な内容だったかもしれませんね。

今回は結婚して後悔した事を紹介致しましたが、決して結婚が悪い事ではないという事、結婚の否定をするものではない事をご理解頂けたらなと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-