【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513112155.html
でき婚カップルの結婚するまでの流れ7項目、赤ちゃんができた場合

でき婚カップルの結婚するまでの流れ7項目、赤ちゃんができた場合 | LADYCO

LADYCO
でき婚カップルの結婚するまでの流れ7項目、赤ちゃんができた場合

赤ちゃんができちゃった、でき婚カップルのその後の流れについて書いています。

  • 彼氏と彼女の両親に報告
  • 両家顔合わせ
  • 結納をする
  • 入籍する
  • 式場探し
  • 新居準備
  • 結婚式と新婚旅行

1. 彼氏と彼女の両親に報告

彼氏と彼女の両親に報告

妊娠したことが分かって、お互い結婚する意思が確認して、決意をしたら、それぞれの両親へ報告をします。

結婚するつもりであることを告げて、両親に報告して両家の顔合わせを進めていきます。

早めにスケジュールを組んで、早めに入籍を行っておくと、赤ちゃんが誕生するまでの短期間で様々なことを進めることができます。

子どもができたのは幸せですよね。

結婚した夫婦でも、子どもがなかなかできないと悩む夫婦もいます。

何百万円も治療費をかけて、不妊治療を続けながら、見えないスパイラルの中に入り込んでしまうカップルもいますし、5年以上治療して、結局子どもを授からずにあきらめる人もいます。

結婚の大きな意義の一つは、子どもを授かることだという人もいますので、そう考えるとでき婚は、すぐに子どもを授かって確実に次世代の子どもを産むことができるという証明にもなりますし、世継ぎの誕生について心配していた周りの人も安心できるというメリットもあります。

子どもが結婚しない、果たして生きているうちに孫の顔が見れるのだろうかと不安に思っていた場合、8、9か月くらいですぐに孫にも会えるということになると両親も、安心ですしうれしいと思うところもあるでしょう。

2. 両家顔合わせ

両家顔合わせ

彼氏彼女のお互いの両親へ報告したら、日どりを決めて両家顔合わせを行います。

もちろん、相手の年齢が若ければ、結婚よりも妊娠が先になってしまったことについていろいろと思う親御さんもいます。

両家の顔合わせによって、相手や両親に対して誠意ある態度を示しましょう。

お互いに結婚する気持ちがあり、結婚式についての時期や結納、費用といった実質的なことなどを両家揃って相談します。

3. 結納をする

結納をする

結納はできるだけ行っておいたほうがいいでしょう。

両家青あわせの時によく話し合い、納得いく形で行うようにしましょう。

彼女がつわりなどで体調がすぐれないなどや日程的に厳しいという場合なども考えながら結納の有無などを話し合っておきましょう。

4. 入籍する

入籍する

入籍は、後の社会保険の手続きなどのことを考えると、早めに行っておいた方がいいでしょう。

母子手帳の交付は、妊娠7~12週の頃、手続きしてもらいます。

母子健康手帳は子どもが6歳くらいまで使うようになっています。

産科などを受診したりする時には検査結果も記入してもらいます。

母子健康手帳には名前を記入するところがあって、入籍が遅いと旧姓でいいのかどうか悩む場合もあります。

両家両親へ了解がまだとれずに、入籍がまだできないという場合なら、入籍はまだなので後で書けるようにできるかどうかを確認してみましょう。

そして、入籍をしていると、健康保険の切り替え手続きや、出産一時金の申請、国民年金など、入籍していると扶養家族になって手続きがとてもスムーズです。

特に、健康保険証の扶養手続きは時間がかかります。

入籍は早めの方がいいですね。

6ヶ月くらいまでには入籍をしておくことがおすすめです。

また、出産後の入籍は婚外子、嫡出子、非嫡出子など子どもの戸籍に影響を与えますので、できるだけ早く入籍を行いましょう。

5. 式場探し

式場探し

結婚式を挙げるということになれば結婚式の予約を入れましょう。

出産前に結婚式をするなら早めに式場を決めてしまいましょう。

結婚式は早めに挙げる方が言いとおみます。

ウエディングドレスも、胸の下側くらいから切り替えになっている妊婦さん用のドレスもあります。

女性の体調が変化しやすい妊娠初期や出産直前以外ならいつでも対応してもらえます。

しかし、出産準備などのことを考えると、結婚式を挙げる場合はできるだけ早めに挙げておく方がいいですね。

6. 新居準備

新居準備

結婚式前から一緒に住むという場合には、新居を探しましょう。

様々なことを同時並行で進めていく必要があります。

転居届も必要です。

その際、身分証明書が必要になりますので、入籍が済んでいると書類の手続きがスムーズになります。

新居探しは気に入った物件が見つかればとてもスムーズです。

物件はたくさんあります。

現在空いているところを中心に探したり、すぐに空くことが分かっている物件を中心に見ていきましょう。

契約までは不動産のスタッフに任せられますので、3日くらいで連絡をもらえて、契約を交わして入居日を決めましょう。

そして、引っ越し手配もしましょう。

何を新居に持って行くのかという点で時間がかかるといえます。

妊娠後期になればなるほど、お腹が大きくなっていって引っ越し準備がつらくなりますので、引っ越し準備も早めにしておきましょう。

妊娠初期は体調面であまりおすすめではなく、4、5か月くらいの安定期の引っ越しがおすすめです。

7. 結婚式と新婚旅行

妊娠中は体調が一番大切です。

結婚式も体に負担がかからないものになるようにしましょう。

結婚式は一生の思い出になりますので、素敵な結婚式を挙げたいですね。

また、新婚旅行は出産後に行く人もいます。

また、近場のほうが何かあった時に安心です。

赤ちゃんができちゃった、でき婚カップルのその後の流れについて書いています。


彼氏と彼女の両親に報告

妊娠したことが分かって、お互い結婚する意思が確認して、決意をしたら、それぞれの両親へ報告をします。

結婚するつもりであることを告げて、両親に報告して両家の顔合わせを進めていきます。

早めにスケジュールを組んで、早めに入籍を行っておくと、赤ちゃんが誕生するまでの短期間で様々なことを進めることができます。

子どもができたのは幸せですよね。

結婚した夫婦でも、子どもがなかなかできないと悩む夫婦もいます。

何百万円も治療費をかけて、不妊治療を続けながら、見えないスパイラルの中に入り込んでしまうカップルもいますし、5年以上治療して、結局子どもを授からずにあきらめる人もいます。

結婚の大きな意義の一つは、子どもを授かることだという人もいますので、そう考えるとでき婚は、すぐに子どもを授かって確実に次世代の子どもを産むことができるという証明にもなりますし、世継ぎの誕生について心配していた周りの人も安心できるというメリットもあります。

子どもが結婚しない、果たして生きているうちに孫の顔が見れるのだろうかと不安に思っていた場合、8、9か月くらいですぐに孫にも会えるということになると両親も、安心ですしうれしいと思うところもあるでしょう。

両家顔合わせ

彼氏彼女のお互いの両親へ報告したら、日どりを決めて両家顔合わせを行います。

もちろん、相手の年齢が若ければ、結婚よりも妊娠が先になってしまったことについていろいろと思う親御さんもいます。

両家の顔合わせによって、相手や両親に対して誠意ある態度を示しましょう。

お互いに結婚する気持ちがあり、結婚式についての時期や結納、費用といった実質的なことなどを両家揃って相談します。

結納をする

結納はできるだけ行っておいたほうがいいでしょう。

両家青あわせの時によく話し合い、納得いく形で行うようにしましょう。

彼女がつわりなどで体調がすぐれないなどや日程的に厳しいという場合なども考えながら結納の有無などを話し合っておきましょう。

入籍する

入籍は、後の社会保険の手続きなどのことを考えると、早めに行っておいた方がいいでしょう。

母子手帳の交付は、妊娠7~12週の頃、手続きしてもらいます。

母子健康手帳は子どもが6歳くらいまで使うようになっています。

産科などを受診したりする時には検査結果も記入してもらいます。

母子健康手帳には名前を記入するところがあって、入籍が遅いと旧姓でいいのかどうか悩む場合もあります。

両家両親へ了解がまだとれずに、入籍がまだできないという場合なら、入籍はまだなので後で書けるようにできるかどうかを確認してみましょう。

そして、入籍をしていると、健康保険の切り替え手続きや、出産一時金の申請、国民年金など、入籍していると扶養家族になって手続きがとてもスムーズです。

特に、健康保険証の扶養手続きは時間がかかります。

入籍は早めの方がいいですね。

6ヶ月くらいまでには入籍をしておくことがおすすめです。

また、出産後の入籍は婚外子、嫡出子、非嫡出子など子どもの戸籍に影響を与えますので、できるだけ早く入籍を行いましょう。

式場探し

結婚式を挙げるということになれば結婚式の予約を入れましょう。

出産前に結婚式をするなら早めに式場を決めてしまいましょう。

結婚式は早めに挙げる方が言いとおみます。

ウエディングドレスも、胸の下側くらいから切り替えになっている妊婦さん用のドレスもあります。

女性の体調が変化しやすい妊娠初期や出産直前以外ならいつでも対応してもらえます。

しかし、出産準備などのことを考えると、結婚式を挙げる場合はできるだけ早めに挙げておく方がいいですね。

新居準備

結婚式前から一緒に住むという場合には、新居を探しましょう。

様々なことを同時並行で進めていく必要があります。

転居届も必要です。

その際、身分証明書が必要になりますので、入籍が済んでいると書類の手続きがスムーズになります。

新居探しは気に入った物件が見つかればとてもスムーズです。

物件はたくさんあります。

現在空いているところを中心に探したり、すぐに空くことが分かっている物件を中心に見ていきましょう。

契約までは不動産のスタッフに任せられますので、3日くらいで連絡をもらえて、契約を交わして入居日を決めましょう。

そして、引っ越し手配もしましょう。

何を新居に持って行くのかという点で時間がかかるといえます。

妊娠後期になればなるほど、お腹が大きくなっていって引っ越し準備がつらくなりますので、引っ越し準備も早めにしておきましょう。

妊娠初期は体調面であまりおすすめではなく、4、5か月くらいの安定期の引っ越しがおすすめです。

妊娠中は体調が一番大切です。

結婚式も体に負担がかからないものになるようにしましょう。

結婚式は一生の思い出になりますので、素敵な結婚式を挙げたいですね。

また、新婚旅行は出産後に行く人もいます。

また、近場のほうが何かあった時に安心です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-