【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513095949.html
「恋愛と結婚」は違う!男性の心得るべき10ヶ条

「恋愛と結婚」は違う!男性の心得るべき10ヶ条 | LADYCO

LADYCO
「恋愛と結婚」は違う!男性の心得るべき10ヶ条

恋愛と結婚は違うと既婚者から聞いたことはありませんか。

今回は男性が結婚するにあたって心得るべき事をご紹介します。

  • 彼女のダメな部分を許せるかどうか。
  • 尊敬しあえる関係であるであるか。
  • 彼女とどんな事も話し合えるか。
  • 生涯の辛い時を共にできるか。
  • 離れている時間も大切にできるか。
  • 金銭感覚が似ているか。
  • こどもに関する価値観が似ているか。
  • 妻であり母である彼女を受け入れるか。
  • 彼女だけを愛し続けられるか。
  • 結婚は好きなだけではやっていけない。
  • 恋愛は責任がないが結婚は責任がある
  • 恋愛は遊びにお金が使えるが結婚は生活にお金を使う
  • 恋愛は自由だが結婚は不自由
  • 恋愛は楽しいが結婚は現実

1. 彼女のダメな部分を許せるかどうか。

彼女のダメな部分を許せるかどうか。
  • ちょっとしたことで喧嘩してはダメ。

結婚生活をするとなるといろいろな部分が見えてきます。

見たくないところまで見なければならなかったり、見せたくないところまで見られてしまったりします。

ダメな部分をお互いに許しあえる関係でなければ、恋愛はできても結婚は難しいでしょう。

嫌なところもこの人なら許せると思える相手であるかどうかは結婚する上でとても大切なポイントです。

簡単に別れられないのが結婚と恋愛の違いです。

2. 尊敬しあえる関係であるであるか。

尊敬しあえる関係であるであるか。

相手のここがすごい、良いところだと認め合える関係であることはとても重要です。

尊敬している相手であれば、お互いの考えが違っても受け入れることができます。

たとえ歳の差があっても、お互いに尊敬できる関係であることは大切です。

初めは年上だからと思っていても、毎日一緒にいるのにそれを押し付けられて何もかも言いなりにならなければならないのは年下にとってとてもストレスです。

恋愛ならば我慢できても結婚となると我慢も限界に達する日が来てしまう危険があるので気をつけましょう。

3. 彼女とどんな事も話し合えるか。

彼女とどんな事も話し合えるか。
  • 会話が夫婦生活において最も大事です。

結婚をするとなると乗り越えなければならない壁がやってくる時があります。

両親の了承を得なければならなかったり、結婚式の準備であったりなど、結婚を決めてから実際に結婚をするまでにも悩むことがたくさん出てくるでしょう。

どちらかが相談を持ちかけても話し合えない関係であったら、その壁を乗り越えるのは困難です。

日頃から話し合うのが大事

2人だから乗り越えられることが今後たくさん出てきます。

そんな時にお互い話し合って1つ1つ決めていけるかはとても重要です。

普段から悩んだ時、困った時に話し合って2人で解決できるようにしておく必要があるといえます。

結婚生活は投げやりではできません、二人で手を取り合えるかが重要です。

4. 生涯の辛い時を共にできるか。

生涯の辛い時を共にできるか。
  • あなたは生涯相手を支える覚悟が必要です。

恋愛も楽しいことだけではないかもしれませんが、嫌だと感じた時に別れることは簡単です。

ですが結婚をしてつまらないから別れるというのはあまりにも無責任な行為です。

辛い時を一緒に過ごして乗り越えられるカップルほど結婚に向いています。

辛い時に1番そばにいてほしい人が彼女であるかどうか一度考えてみてください。

人生は山あり谷ありです、辛いときに支えあい本当の愛が生まれる物です。

5. 離れている時間も大切にできるか。

離れている時間も大切にできるか。

相手のことを信用できますか。

離れている時間、多少不安はあるかもしれませんがどこで何をしているか気になって仕方がないようでは結婚をするとストレスがさらに増えてしまうでしょう。

たまには友達と出かけたり、気兼ねなく買い物に出かけたりしたいものです。

それを心配だからといつも制限をかけられては彼女も嫌になってしまいます。

何もないのに疑いをかけられるのはとても嫌なことです。

信頼関係があればこんな心配はいりませんよね。

離れている時間は一緒にいる時間と同じくらい大切です。

ここで言いたいのは信頼関係があるのかないのかです。

6. 金銭感覚が似ているか。

金銭感覚が似ているか。

恋人同士であれば財布は別々ですし、相手のお金の使い方にいちいち文句を言う必要もありませんが、結婚をして生活を共にするとなると相手のお金の使い方があまりにも自分と差があると文句の1つや2つは言いたくなります。

後輩に奢ってあげるのもいいですが、考えてお金を使わないと彼女は不安に思うでしょう。

結婚前に金銭感覚は自分と似ているか、どこが違うか、許容できる範囲か見極めておくといいでしょう。

計画的に使えるのであれば金銭感覚は問題にはなりません。

7. こどもに関する価値観が似ているか。

こどもに関する価値観が似ているか。

こどもが好き、苦手、だけでなく何人くらいほしいかもそうですが、結婚をするとこどもの教育面で揉めるケースも少なくありません。

部活を優先させたい、勉強を優先させたい、塾に通わせるのかどうか、大学まで行かせるのかどうか、自分たちのこどもはこうなってほしいなど話しておくのも大切です。

離婚の原因に子育てがあげられるぐらい大変です。

8. 妻であり母である彼女を受け入れるか。

妻であり母である彼女を受け入れるか。

結婚をしてこどもが生まれたら、妻でありながら母になります。

子供ばっかりで自分のことをかまってくれないから嫌だという男性の話は耳にタコできるというくらい聞きますが、どうして一緒に子育てを楽しめないのでしょうか。

彼女はパートナーである夫のサポートを1番必要としています。

そんな時にどうして自分にかまってくれないのだと言われたら辛いです。

妻でありながら母である彼女を受け入れてあげてください。

女としてみなくてもダメ、女とみてもダメ、難しいところです。

9. 彼女だけを愛し続けられるか。

彼女だけを愛し続けられるか。

浮気、不倫、なんて絶対にいけません。

バレなければいいと思うかもしれませんが、女性は案外鋭いですよ。

気づいていないフリをしているだけです。

あなたと幸せになるために結婚したのです。

裏切ってしまうかもと思うのであれば、結婚をしてはいけません。

彼女だけを愛し続けられますか。

基本的に一途でいる前提で結婚したいものです。

10. 結婚は好きなだけではやっていけない。

恋人は好きな人を選べばいいですが、結婚相手は好きなだけで選んではやっていけないこともあります。

1-9でお伝えした内容を読んで頂ければお分かりかもしれませんが、どんな彼女も受け入れる覚悟が必要です。

好きな気持ちはもちろん大切です。

だけどそれだけではいけないということも少しわかって頂いて、素敵な相手を見つけて頂けたらと思います。

いかがでしたか。

結婚は幸せになれるのではなく、2人で幸せになるものです。

お互いを大切にできるパートナーを見つけてくださいね。

恋愛と結婚は違うと既婚者から聞いたことはありませんか。

今回は男性が結婚するにあたって心得るべき事をご紹介します。


  • 恋愛は責任がないが結婚は責任がある
  • 恋愛は遊びにお金が使えるが結婚は生活にお金を使う
  • 恋愛は自由だが結婚は不自由
  • 恋愛は楽しいが結婚は現実
彼女のダメな部分を許せるかどうか。
  • ちょっとしたことで喧嘩してはダメ。

結婚生活をするとなるといろいろな部分が見えてきます。

見たくないところまで見なければならなかったり、見せたくないところまで見られてしまったりします。

ダメな部分をお互いに許しあえる関係でなければ、恋愛はできても結婚は難しいでしょう。

嫌なところもこの人なら許せると思える相手であるかどうかは結婚する上でとても大切なポイントです。

簡単に別れられないのが結婚と恋愛の違いです。

尊敬しあえる関係であるであるか。

相手のここがすごい、良いところだと認め合える関係であることはとても重要です。

尊敬している相手であれば、お互いの考えが違っても受け入れることができます。

たとえ歳の差があっても、お互いに尊敬できる関係であることは大切です。

初めは年上だからと思っていても、毎日一緒にいるのにそれを押し付けられて何もかも言いなりにならなければならないのは年下にとってとてもストレスです。

恋愛ならば我慢できても結婚となると我慢も限界に達する日が来てしまう危険があるので気をつけましょう。

彼女とどんな事も話し合えるか。
  • 会話が夫婦生活において最も大事です。

結婚をするとなると乗り越えなければならない壁がやってくる時があります。

両親の了承を得なければならなかったり、結婚式の準備であったりなど、結婚を決めてから実際に結婚をするまでにも悩むことがたくさん出てくるでしょう。

どちらかが相談を持ちかけても話し合えない関係であったら、その壁を乗り越えるのは困難です。

日頃から話し合うのが大事

2人だから乗り越えられることが今後たくさん出てきます。

そんな時にお互い話し合って1つ1つ決めていけるかはとても重要です。

普段から悩んだ時、困った時に話し合って2人で解決できるようにしておく必要があるといえます。

結婚生活は投げやりではできません、二人で手を取り合えるかが重要です。

生涯の辛い時を共にできるか。
  • あなたは生涯相手を支える覚悟が必要です。

恋愛も楽しいことだけではないかもしれませんが、嫌だと感じた時に別れることは簡単です。

ですが結婚をしてつまらないから別れるというのはあまりにも無責任な行為です。

辛い時を一緒に過ごして乗り越えられるカップルほど結婚に向いています。

辛い時に1番そばにいてほしい人が彼女であるかどうか一度考えてみてください。

人生は山あり谷ありです、辛いときに支えあい本当の愛が生まれる物です。

離れている時間も大切にできるか。

相手のことを信用できますか。

離れている時間、多少不安はあるかもしれませんがどこで何をしているか気になって仕方がないようでは結婚をするとストレスがさらに増えてしまうでしょう。

たまには友達と出かけたり、気兼ねなく買い物に出かけたりしたいものです。

それを心配だからといつも制限をかけられては彼女も嫌になってしまいます。

何もないのに疑いをかけられるのはとても嫌なことです。

信頼関係があればこんな心配はいりませんよね。

離れている時間は一緒にいる時間と同じくらい大切です。

ここで言いたいのは信頼関係があるのかないのかです。

金銭感覚が似ているか。

恋人同士であれば財布は別々ですし、相手のお金の使い方にいちいち文句を言う必要もありませんが、結婚をして生活を共にするとなると相手のお金の使い方があまりにも自分と差があると文句の1つや2つは言いたくなります。

後輩に奢ってあげるのもいいですが、考えてお金を使わないと彼女は不安に思うでしょう。

結婚前に金銭感覚は自分と似ているか、どこが違うか、許容できる範囲か見極めておくといいでしょう。

計画的に使えるのであれば金銭感覚は問題にはなりません。

こどもに関する価値観が似ているか。

こどもが好き、苦手、だけでなく何人くらいほしいかもそうですが、結婚をするとこどもの教育面で揉めるケースも少なくありません。

部活を優先させたい、勉強を優先させたい、塾に通わせるのかどうか、大学まで行かせるのかどうか、自分たちのこどもはこうなってほしいなど話しておくのも大切です。

離婚の原因に子育てがあげられるぐらい大変です。

妻であり母である彼女を受け入れるか。

結婚をしてこどもが生まれたら、妻でありながら母になります。

子供ばっかりで自分のことをかまってくれないから嫌だという男性の話は耳にタコできるというくらい聞きますが、どうして一緒に子育てを楽しめないのでしょうか。

彼女はパートナーである夫のサポートを1番必要としています。

そんな時にどうして自分にかまってくれないのだと言われたら辛いです。

妻でありながら母である彼女を受け入れてあげてください。

女としてみなくてもダメ、女とみてもダメ、難しいところです。

彼女だけを愛し続けられるか。

浮気、不倫、なんて絶対にいけません。

バレなければいいと思うかもしれませんが、女性は案外鋭いですよ。

気づいていないフリをしているだけです。

あなたと幸せになるために結婚したのです。

裏切ってしまうかもと思うのであれば、結婚をしてはいけません。

彼女だけを愛し続けられますか。

基本的に一途でいる前提で結婚したいものです。

恋人は好きな人を選べばいいですが、結婚相手は好きなだけで選んではやっていけないこともあります。

1-9でお伝えした内容を読んで頂ければお分かりかもしれませんが、どんな彼女も受け入れる覚悟が必要です。

好きな気持ちはもちろん大切です。

だけどそれだけではいけないということも少しわかって頂いて、素敵な相手を見つけて頂けたらと思います。

いかがでしたか。

結婚は幸せになれるのではなく、2人で幸せになるものです。

お互いを大切にできるパートナーを見つけてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-