【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171223150234.html
頭の切れる人の特徴

頭の切れる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
頭の切れる人の特徴

頭の切れる人というのは、仕事ができてしかもスピードがあります。

そのような人は職場でも頼られることになりますが、効率ばかりを重視してしまう部分もあるのですが、その頭の切れる人の特徴を9つ取り上げてみましょう。

  • 1を聞いて10を知る
  • いつも考えている
  • 有名大学を出ていることが多い
  • 最善の選択を見分けることができる
  • スピード感があり迷いがない
  • ツッコミができる
  • 本質をつくことができる
  • わかりやすく説明できる
  • 無駄のない動き
  • まとめ

1. 1を聞いて10を知る

1を聞いて10を知る

頭の切れる人は聞いたことをすぐにいろいろなことに結びつけることができるので、その仕事にはどのようなことが関係してくるのか、ということをすぐに察知して動くことができます。

いわゆる仕事のできる人というのは頭が切れる人であり、1つことを聞けば何が必要になるのかをすぐに理解できる能力にたけています。

結果として最悪の事態を未然に防いだり、事業そのものを拡大するためのチャンスを逃したりすることがないのが頭の切れる人です。

2. いつも考えている

いつも考えている

頭の切れる人というのはいつもなにかを考えているところがあります。

休憩しているときやなにげない談笑をしているときでもやはりそうで、いつも考えている、考え続けているゆえに情報量が多いし、そこからなにかを得たいというポジティブな面があります。

脳を活用しており、ぼーっとしているような時間がほとんどありません。

3. 有名大学を出ていることが多い

有名大学を出ていることが多い

やはり頭の切れる人というのは学歴も立派であり、仕事ができて凄いなと思う人というのは有名大学を卒業したりしています、もちろんそうではない人もいますが、学業のできる人は知識が豊富であり、それを活用する術を身に着けていることが多いのです。

4. 最善の選択を見分けることができる

最善の選択を見分けることができる

頭の切れる人はなにをすることがこの状況で一番いいのかということを理性的に考え結論を下すことができます。

つまりなぜこのこれをするのがベストなのか、という理由を説明することができます。

逆に言うとなゼ別の方法が最善ではないのかということを納得している部分があり、それを説明することができるでしょう、自分のフィーリングやカンに頼るのではなく、確かな根拠を示すことができるゆえに頭が切れるのです。

5. スピード感があり迷いがない

スピード感があり迷いがない

頭が切れる人は仕事がとにかく早いのが特徴だったりしますが、それはこうするべきだという自信と迷いのなさがあります。

途中で軌道修正をしなければいけないと感じるときに、だらだらとしたり様子を見ようという感じではなく、今すぐにそれをしたりすることができ、その点での大胆さや決断力もある、そんなスピード感のある仕事ができる人は頭が切れるのです。

6. ツッコミができる

ツッコミができる

頭の切れる人は頭の回転がかなり良いので、ちょっとボケればすぐにそれにツッコミを入れたりすることができます。

それが見事であり表現も絶妙だったりします。

相手が求めていることがわかるし、その期待に応えることもできるのです。

7. 本質をつくことができる

本質をつくことができる

頭の切れる人というのは物事や人の本質を突く能力にたけており、それができます。

例えば仕事の失敗が起きたときにそれのどこに問題があったのか、根底になる見えない部分、本質をつくことができ、周囲の人たちを納得させることができます。

多くの人たちの考えていることのさらに奥を考えて理解しているのであり、その人の動機を見破ったりすることもできるために、相手の人は見透かされているように感じて近寄りたくないという雰囲気を与えてしまうかもしれません。

8. わかりやすく説明できる

わかりやすく説明できる

自分の考えを持っていてそれを伝える能力が素晴らしいのですが、1つの状況を説明するときに、それを例えて別の状況で考えてみるように促してみたりということができます。

ちょっと曖昧でわかりにくい、もやもやしているような状況も、その例えがとってもわかりやすく納得できるので、周囲の人たちを納得させてしまう、プレゼン能力が素晴らしいのです。

頭の切れる人はわかりやすさという点では写真やグラフなど視覚に訴えるものも積極的に活用する術も持っています。

9. 無駄のない動き

無駄のない動き

頭の切れる人は無駄な動きを一切しないところがあります。

効率重視でなんでも考えるところがあり、最善の動きをしたいといつも思っています。

とはいえ時に自分がそれを追求するあまり相手にもそれと同じレベルを要求してしまうところがあり、ついていくことが難しいと感じさせてしまう部分もあることでしょう。

周囲の人たちから言わせるともう少し遊びの部分が欲しいという気持ちになることがあります。

まとめ

頭の切れる人というのはシャープであり、なんでも本質をズバリと突くことができるものです。

ただあまりにストレートだとわかりやすいとはいえ、相手に不快感を与えたり傷つけてしまうこともあり得ることです。

言っていることが正しくても言い方に注意しないと相手の弱点を情け容赦なく突くようなことになってしまうからです。

仕事ができるのが頭の切れる人でそれは優秀な人材なのですが、優しさや温かさという人としての良い特質をバランスよく示すことが人間関係を築く上では大切になります。

頭の切れる人というのは、仕事ができてしかもスピードがあります。

そのような人は職場でも頼られることになりますが、効率ばかりを重視してしまう部分もあるのですが、その頭の切れる人の特徴を9つ取り上げてみましょう。


1を聞いて10を知る

頭の切れる人は聞いたことをすぐにいろいろなことに結びつけることができるので、その仕事にはどのようなことが関係してくるのか、ということをすぐに察知して動くことができます。

いわゆる仕事のできる人というのは頭が切れる人であり、1つことを聞けば何が必要になるのかをすぐに理解できる能力にたけています。

結果として最悪の事態を未然に防いだり、事業そのものを拡大するためのチャンスを逃したりすることがないのが頭の切れる人です。

いつも考えている

頭の切れる人というのはいつもなにかを考えているところがあります。

休憩しているときやなにげない談笑をしているときでもやはりそうで、いつも考えている、考え続けているゆえに情報量が多いし、そこからなにかを得たいというポジティブな面があります。

脳を活用しており、ぼーっとしているような時間がほとんどありません。

有名大学を出ていることが多い

やはり頭の切れる人というのは学歴も立派であり、仕事ができて凄いなと思う人というのは有名大学を卒業したりしています、もちろんそうではない人もいますが、学業のできる人は知識が豊富であり、それを活用する術を身に着けていることが多いのです。

最善の選択を見分けることができる

頭の切れる人はなにをすることがこの状況で一番いいのかということを理性的に考え結論を下すことができます。

つまりなぜこのこれをするのがベストなのか、という理由を説明することができます。

逆に言うとなゼ別の方法が最善ではないのかということを納得している部分があり、それを説明することができるでしょう、自分のフィーリングやカンに頼るのではなく、確かな根拠を示すことができるゆえに頭が切れるのです。

スピード感があり迷いがない

頭が切れる人は仕事がとにかく早いのが特徴だったりしますが、それはこうするべきだという自信と迷いのなさがあります。

途中で軌道修正をしなければいけないと感じるときに、だらだらとしたり様子を見ようという感じではなく、今すぐにそれをしたりすることができ、その点での大胆さや決断力もある、そんなスピード感のある仕事ができる人は頭が切れるのです。

ツッコミができる

頭の切れる人は頭の回転がかなり良いので、ちょっとボケればすぐにそれにツッコミを入れたりすることができます。

それが見事であり表現も絶妙だったりします。

相手が求めていることがわかるし、その期待に応えることもできるのです。

本質をつくことができる

頭の切れる人というのは物事や人の本質を突く能力にたけており、それができます。

例えば仕事の失敗が起きたときにそれのどこに問題があったのか、根底になる見えない部分、本質をつくことができ、周囲の人たちを納得させることができます。

多くの人たちの考えていることのさらに奥を考えて理解しているのであり、その人の動機を見破ったりすることもできるために、相手の人は見透かされているように感じて近寄りたくないという雰囲気を与えてしまうかもしれません。

わかりやすく説明できる

自分の考えを持っていてそれを伝える能力が素晴らしいのですが、1つの状況を説明するときに、それを例えて別の状況で考えてみるように促してみたりということができます。

ちょっと曖昧でわかりにくい、もやもやしているような状況も、その例えがとってもわかりやすく納得できるので、周囲の人たちを納得させてしまう、プレゼン能力が素晴らしいのです。

頭の切れる人はわかりやすさという点では写真やグラフなど視覚に訴えるものも積極的に活用する術も持っています。

無駄のない動き

頭の切れる人は無駄な動きを一切しないところがあります。

効率重視でなんでも考えるところがあり、最善の動きをしたいといつも思っています。

とはいえ時に自分がそれを追求するあまり相手にもそれと同じレベルを要求してしまうところがあり、ついていくことが難しいと感じさせてしまう部分もあることでしょう。

周囲の人たちから言わせるともう少し遊びの部分が欲しいという気持ちになることがあります。

頭の切れる人というのはシャープであり、なんでも本質をズバリと突くことができるものです。

ただあまりにストレートだとわかりやすいとはいえ、相手に不快感を与えたり傷つけてしまうこともあり得ることです。

言っていることが正しくても言い方に注意しないと相手の弱点を情け容赦なく突くようなことになってしまうからです。

仕事ができるのが頭の切れる人でそれは優秀な人材なのですが、優しさや温かさという人としての良い特質をバランスよく示すことが人間関係を築く上では大切になります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-