【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175554.html
地頭がいい女性の特徴

地頭がいい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
地頭がいい女性の特徴

地頭とは、大学での教育で得た知識・能力とはまた異なり、生まれ持った頭の良さを指します。

たとえば特に高等教育を受けずとも、大きなタイトルを獲得するような野球・サッカー選手なども相当に頭がいいと思われます。

正に地頭です。

では、そういった「地頭」のいい「女性」の特徴とは?

  • 話がわかりやすい
  • 自分を客観視する能力がある
  • 場面によって自分の立ち位置を変えられる
  • 小説・映画などを自分なりに解釈できる
  • お金の使い方がきちっとしている
  • あまり頭がよくないように見せることもできる
  • センスのいい服装ができる
  • 好奇心・探究心が強い
  • ゲームやパズルが上手い
  • 体型が標準的な範囲に収まっている
  • 男性に振り回される恋愛・結婚をしない
  • 理屈屋・堅物ではない
  • まとめ

1. 話がわかりやすい

話がわかりやすい

地頭のいい女性は、とてもわかりやすい話し方をします。

たとえば部下に仕事の話をする場合でも、「今回のポイントはこの3つ。

その理由は…」
「もしこのポイントを外すとなぜまずいかというとね…」「その上でできれば気をつけてほしいのが、この部分」などと、理路整然と話します。

カジュアルな場では女性特有のとりとめない話も楽しみますが、場面によってきちんとわかりやすい話ができるのは、地頭のよさを示しています。

2. 自分を客観視する能力がある

自分を客観視する能力がある

地頭がよくても、感情的になってしまうことなどがゼロではありません。

しかしそういうとき「あ、今私は感情的になっている」と認識できるのが、地頭のいい女性です。

このような能力は「メタ認知能力」とも呼ばれるもので、自分が何をどう捉えているかを、一歩引いたところから見られるのです。

たとえば男性と口論気味になってしまったときでも、「今、少しヒートしちゃってるから、一旦話題変えよう」などと示すこともあります。

3. 場面によって自分の立ち位置を変えられる

場面によって自分の立ち位置を変えられる

わがままだとか、それこそ頭が悪いといわれがちな女性では、場面場面によって自分の立ち位置を変えられず、変に目立ってしまったり、無理な要求をして周囲を困らせたりします。

地頭がいい女性は、「この場ではあまり出しゃばらないほうがいい。

その必要もない」
と判断したときは自分を抑制し、大人しくします。

一方で「このグループは私が引っ張るべきだ」と判断したときは、そのように能動的に動きます。

優れた野球選手でいうなら、1番・2番を任されたときには出塁率を上げるバッティングや、ランナーを進めるバッティングに徹し、4番を任されたときには長打も狙う。

さらに4番であっても状況次第では地味な役回りをする。

…同じことです。

4. 小説・映画などを自分なりに解釈できる

小説・映画などを自分なりに解釈できる

そこそこ頭のいい男性ががっかりしてしまうのは、例として一定評価のある映画の話になっても「よくわかんない」だとかの反応をされてしまうことです。

そうしたことが続けば、ある面では相手にされなくなってしまいます。

地頭のいい女性では「あの映画は、純粋な愛がありえないとか、そんなシーンをいっぱい描くことで、逆になんていうか、愛?を描いている気がした」とか、人それぞれに多少解釈は違うとしても、理解度の高い話をします。

「インテリ系女性は難しい言葉を使って説明したが、地頭のいい女性も実はほぼ同じような解釈をしていた」などの例も多々あるでしょう。

5. お金の使い方がきちっとしている

お金の使い方がきちっとしている

場当たり的な行動をしてしまう人は、やはり頭がいいとはいえません。

その場で少しいいと思ったからとつい買い物をしすぎて後で困るなどは典型例です。

地頭のいい女性では、「この服はいいと思うが、あと少しでセールになるはずだ」とか「かわいい服と思うけれど、似合うかはまた別かもしれない」など冷静に判断できます。

稀に衝動買いをしてしまっても「あ、衝動買いだな。

でもたまには気晴らしにいいか」
などと客観視ができるので「今月は少しセーブしよう」などと、きちっとした判断ができるのが彼女たちです。

6. あまり頭がよくないように見せることもできる

あまり頭がよくないように見せることもできる

残念ながら、「女はあまり頭がよくないぐらいでいい」といった、古めかしい判断を公言してはばからない男性もいます。

そのような男性が多い場に出たときは、さほど切れ者でないように振る舞えるのも、地頭のいい女性に見られる行動です。

それを傍らで見ていた男性が、別の機会に話をしてみると驚くほど頭がよかった、といったケースも少なくありません。

7. センスのいい服装ができる

センスのいい服装ができる

地頭のいい女性は、ファッションセンスがいい場合が多いです。

といっても常に流行を追いかけ振り回されるかといえば、そういうわけでもありません。

インテリ系女性では、非常に頭がよくても「服は割とどうでも良い」などと考え、面白いとは思わせても、一部男性からは魅力を感じてもらえなかったりします。

同性からも異性からも受けるファッションやメイクができ、ビジネス/カジュアルで上手く使い分けができるのも彼女らの特徴です。

流行を追いかけているようにみえる女性でも、「大体このように周囲に合わせておけばいい」と内心で割り切っている地頭のいい女性もいます。

8. 好奇心・探究心が強い

好奇心・探究心が強い

たとえば、「いつも同じレストランでデートすればいい」とか、「アウトドア系デートは、あのハイキングコースにたまに行くのでいい」とかいったタイプの女性だと、他に魅力ポイントが特にない場合、男性は飽きてきてしまいます。

地頭のいい女性は好奇心・探究心が強いものです。

このため、「新しい場所や、新しいことに挑戦したい」との傾向が強い男性からしても、とても楽しい時間が過ごせるのです。

男性が難解な書物を読んでいても、「1章だけでも読んでみる」など、何かと好奇心が強いものです。

動植物などを観察しても、「かわいい」「きれい」といった情緒的な判断だけではなく、「どうしてこうなっているのか」「かわいいと思うのはどうしてなんだろうね?」といった姿勢が見え、男性にも受けるものです。

9. ゲームやパズルが上手い

ゲームやパズルが上手い

スマホゲームなどをした際、直ぐルールを把握し、いい結果を見せる女性はだいたい地頭がいいものです。

地頭のいい女性でもゲームが苦手な場合はありますが、「マニアでもないのに、妙にゲームが上手いな」と思った場合、その女性はかなり地頭が良いと判断できるでしょう。

10. 体型が標準的な範囲に収まっている

体型が標準的な範囲に収まっている

自分を客観視し、判断力もあるのが地頭のいい女性です。

このため、食欲に負けてやたらと食べてしまうとか、全く運動しないなどが、どういう結果になり、その結果について自分がどう思うかまで読んで行動します。

「今日はスイーツをたくさん食べてもいいことにするが、その分明日運動する」など、よく考えて日々を送っているのです。

体型がきちっとしていることは「仕事もできそう」などの印象につながり、実際にそうである女性も多いです。

多少痩せ気味・太り気味などはあるにせよ、「ほぼ標準的な範囲」の体型をしている女性が多いものです。

※疾患による体型変化などを除く

11. 男性に振り回される恋愛・結婚をしない

男性に振り回される恋愛・結婚をしない

あまり頭が…という女性の場合、よからぬ考えを持った男性や、ダメな男性に振り回されて恋愛でボロボロになってしまい、それを繰り返していたりします。

「寂しいから」と何となく付き合ってしまったりするのも原因ですね。

地頭のいい女性は、恋愛・男性に過度には影響されません。

自分の人生をしっかり考えながら男性を選びます。

男性に過度に依存してしまうこともまずないものです。

「あえてダメな男性の相手をしてみる」などの面白い行為をする地頭のいい女性もいます。

この場合、退き時を考えながら行動しており、なかなかの切れ者ぶりです。

12. 理屈屋・堅物ではない

理屈屋・堅物ではない

地頭のいい女性は論理的な思考力などもかなり高いのですが、そぐわない場面で理屈ばかり言うとか、常に堅苦しい考えをする、などの女性とは全く別ものです。

その他、男勝りな性格とか、まるで女性っぽくない、などのタイプを指すのでもありません。

女性的な柔軟な考えを持ちつつも、判断が適切であり、場面や相手に合わせた行動が上手いということなんですね。

まとめ

地頭のいい女性は、要は様々な知的能力が高いのです。

このため社会的にも上手く行動できることが多く、特別高収入等ではなくても、安定した生活を送っているケースも多くなります。

女性らしさも感じさせながら、やや男性的な判断もできる「地頭のいい女性」は、パートナーとしてもとてもいいものです。

高学歴な女性なら見つけるのは簡単かもしれませんが、地頭のいい女性がどこにいるかはなかなか分かりません。

面白いですね。

地頭とは、大学での教育で得た知識・能力とはまた異なり、生まれ持った頭の良さを指します。

たとえば特に高等教育を受けずとも、大きなタイトルを獲得するような野球・サッカー選手なども相当に頭がいいと思われます。

正に地頭です。

では、そういった「地頭」のいい「女性」の特徴とは?


話がわかりやすい

地頭のいい女性は、とてもわかりやすい話し方をします。

たとえば部下に仕事の話をする場合でも、「今回のポイントはこの3つ。

その理由は…」
「もしこのポイントを外すとなぜまずいかというとね…」「その上でできれば気をつけてほしいのが、この部分」などと、理路整然と話します。

カジュアルな場では女性特有のとりとめない話も楽しみますが、場面によってきちんとわかりやすい話ができるのは、地頭のよさを示しています。

自分を客観視する能力がある

地頭がよくても、感情的になってしまうことなどがゼロではありません。

しかしそういうとき「あ、今私は感情的になっている」と認識できるのが、地頭のいい女性です。

このような能力は「メタ認知能力」とも呼ばれるもので、自分が何をどう捉えているかを、一歩引いたところから見られるのです。

たとえば男性と口論気味になってしまったときでも、「今、少しヒートしちゃってるから、一旦話題変えよう」などと示すこともあります。

場面によって自分の立ち位置を変えられる

わがままだとか、それこそ頭が悪いといわれがちな女性では、場面場面によって自分の立ち位置を変えられず、変に目立ってしまったり、無理な要求をして周囲を困らせたりします。

地頭がいい女性は、「この場ではあまり出しゃばらないほうがいい。

その必要もない」
と判断したときは自分を抑制し、大人しくします。

一方で「このグループは私が引っ張るべきだ」と判断したときは、そのように能動的に動きます。

優れた野球選手でいうなら、1番・2番を任されたときには出塁率を上げるバッティングや、ランナーを進めるバッティングに徹し、4番を任されたときには長打も狙う。

さらに4番であっても状況次第では地味な役回りをする。

…同じことです。

小説・映画などを自分なりに解釈できる

そこそこ頭のいい男性ががっかりしてしまうのは、例として一定評価のある映画の話になっても「よくわかんない」だとかの反応をされてしまうことです。

そうしたことが続けば、ある面では相手にされなくなってしまいます。

地頭のいい女性では「あの映画は、純粋な愛がありえないとか、そんなシーンをいっぱい描くことで、逆になんていうか、愛?を描いている気がした」とか、人それぞれに多少解釈は違うとしても、理解度の高い話をします。

「インテリ系女性は難しい言葉を使って説明したが、地頭のいい女性も実はほぼ同じような解釈をしていた」などの例も多々あるでしょう。

お金の使い方がきちっとしている

場当たり的な行動をしてしまう人は、やはり頭がいいとはいえません。

その場で少しいいと思ったからとつい買い物をしすぎて後で困るなどは典型例です。

地頭のいい女性では、「この服はいいと思うが、あと少しでセールになるはずだ」とか「かわいい服と思うけれど、似合うかはまた別かもしれない」など冷静に判断できます。

稀に衝動買いをしてしまっても「あ、衝動買いだな。

でもたまには気晴らしにいいか」
などと客観視ができるので「今月は少しセーブしよう」などと、きちっとした判断ができるのが彼女たちです。

あまり頭がよくないように見せることもできる

残念ながら、「女はあまり頭がよくないぐらいでいい」といった、古めかしい判断を公言してはばからない男性もいます。

そのような男性が多い場に出たときは、さほど切れ者でないように振る舞えるのも、地頭のいい女性に見られる行動です。

それを傍らで見ていた男性が、別の機会に話をしてみると驚くほど頭がよかった、といったケースも少なくありません。

センスのいい服装ができる

地頭のいい女性は、ファッションセンスがいい場合が多いです。

といっても常に流行を追いかけ振り回されるかといえば、そういうわけでもありません。

インテリ系女性では、非常に頭がよくても「服は割とどうでも良い」などと考え、面白いとは思わせても、一部男性からは魅力を感じてもらえなかったりします。

同性からも異性からも受けるファッションやメイクができ、ビジネス/カジュアルで上手く使い分けができるのも彼女らの特徴です。

流行を追いかけているようにみえる女性でも、「大体このように周囲に合わせておけばいい」と内心で割り切っている地頭のいい女性もいます。

好奇心・探究心が強い

たとえば、「いつも同じレストランでデートすればいい」とか、「アウトドア系デートは、あのハイキングコースにたまに行くのでいい」とかいったタイプの女性だと、他に魅力ポイントが特にない場合、男性は飽きてきてしまいます。

地頭のいい女性は好奇心・探究心が強いものです。

このため、「新しい場所や、新しいことに挑戦したい」との傾向が強い男性からしても、とても楽しい時間が過ごせるのです。

男性が難解な書物を読んでいても、「1章だけでも読んでみる」など、何かと好奇心が強いものです。

動植物などを観察しても、「かわいい」「きれい」といった情緒的な判断だけではなく、「どうしてこうなっているのか」「かわいいと思うのはどうしてなんだろうね?」といった姿勢が見え、男性にも受けるものです。

ゲームやパズルが上手い

スマホゲームなどをした際、直ぐルールを把握し、いい結果を見せる女性はだいたい地頭がいいものです。

地頭のいい女性でもゲームが苦手な場合はありますが、「マニアでもないのに、妙にゲームが上手いな」と思った場合、その女性はかなり地頭が良いと判断できるでしょう。

体型が標準的な範囲に収まっている

自分を客観視し、判断力もあるのが地頭のいい女性です。

このため、食欲に負けてやたらと食べてしまうとか、全く運動しないなどが、どういう結果になり、その結果について自分がどう思うかまで読んで行動します。

「今日はスイーツをたくさん食べてもいいことにするが、その分明日運動する」など、よく考えて日々を送っているのです。

体型がきちっとしていることは「仕事もできそう」などの印象につながり、実際にそうである女性も多いです。

多少痩せ気味・太り気味などはあるにせよ、「ほぼ標準的な範囲」の体型をしている女性が多いものです。

※疾患による体型変化などを除く

男性に振り回される恋愛・結婚をしない

あまり頭が…という女性の場合、よからぬ考えを持った男性や、ダメな男性に振り回されて恋愛でボロボロになってしまい、それを繰り返していたりします。

「寂しいから」と何となく付き合ってしまったりするのも原因ですね。

地頭のいい女性は、恋愛・男性に過度には影響されません。

自分の人生をしっかり考えながら男性を選びます。

男性に過度に依存してしまうこともまずないものです。

「あえてダメな男性の相手をしてみる」などの面白い行為をする地頭のいい女性もいます。

この場合、退き時を考えながら行動しており、なかなかの切れ者ぶりです。

理屈屋・堅物ではない

地頭のいい女性は論理的な思考力などもかなり高いのですが、そぐわない場面で理屈ばかり言うとか、常に堅苦しい考えをする、などの女性とは全く別ものです。

その他、男勝りな性格とか、まるで女性っぽくない、などのタイプを指すのでもありません。

女性的な柔軟な考えを持ちつつも、判断が適切であり、場面や相手に合わせた行動が上手いということなんですね。

地頭のいい女性は、要は様々な知的能力が高いのです。

このため社会的にも上手く行動できることが多く、特別高収入等ではなくても、安定した生活を送っているケースも多くなります。

女性らしさも感じさせながら、やや男性的な判断もできる「地頭のいい女性」は、パートナーとしてもとてもいいものです。

高学歴な女性なら見つけるのは簡単かもしれませんが、地頭のいい女性がどこにいるかはなかなか分かりません。

面白いですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-