【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171107140159.html
見栄を張らない女性の特徴

見栄を張らない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
見栄を張らない女性の特徴

「見栄を張らない」女性も案外といるものですが、この人たちにはどういった特徴があるでしょう。

読者さんが「見栄を張らない」と自覚している場合では、どんなふうに見られているか意外なものがあるかもしれません。

  • 服装が地味なことがある
  • 育ちが良いことがある
  • ウソを嫌う性質が強いことがある
  • 見栄っ張りタイプと相性が悪いとは限らない
  • 非常に自信を持っていることが、何かある
  • 芯が強い
  • 大人しい
  • 倹約家が多い
  • まとめ

1. 服装が地味なことがある

服装が地味なことがある

見栄を張らない女性は、一般に高価な服、アクセサリーなどを買いません。

髪型などにもそれほどお金をかけない部分があります。

外見により「自分を良く見せよう」という気持ちがあまり強くない、と言えるでしょうね。

ただし、「いつも同じ洋服を着ている」など極端になってくると、たとえば男性から女性として見てもらえない、同性からも何となく嫌われる、などのことにもつながります。

2. 育ちが良いことがある

育ちが良いことがある

お金のある家に生まれ、学校生活などでも、大きな嫌なことなどを経験していない女性では、性格が大らかになることが多いものです。

ある意味で他者に対して「優越感」を持っていることが多いため、わざわざ「あの人より私は勝っている」とか「あの女性より私のほうが美しい」などと見栄を張るような考え・言動が出にくいのです。

このタイプの「見栄を張らない女性」では、単にお金持ちであるなどの理由から多少高い服装をしていることもありますが、あまり派手ではないでしょう。

3. ウソを嫌う性質が強いことがある

ウソを嫌う性質が強いことがある

「見栄を張る」ということは、時としては「ウソ」にもつながってきます。

たとえば見栄っ張りな女性では、良く知らないことについても「ああ、それ知ってる」などと知ったかぶりをしてしまうことがありえますが、これは厳密に言えば「まるっきりウソ」な場合もありますね。

見栄っ張りな女性では、ウソっぽいこと全般を嫌う傾向があり、悪く言うなら、少し疑り深いこともあります。

4. 見栄っ張りタイプと相性が悪いとは限らない

見栄っ張りタイプと相性が悪いとは限らない

一見すると、見栄を張らない女性は、見栄っ張りな人とは相性が悪そうに思えますね。

しかし、これはそうでもありません。

たとえば見栄っ張りな男性が、本当は内心を見透かされていても「あの男性、なんだか見栄張っちゃって、可愛い人」などと思われていることもあるのです。

ただし、単純に相性が悪いこともあります。

友達・恋人・夫婦・仕事仲間などとして、見栄っ張りタイプと合わないか、仲の良い凸凹コンビになるかなどは一概に言えません。

5. 非常に自信を持っていることが、何かある

非常に自信を持っていることが、何かある

スポーツで大きなタイトルを獲得している女性などを想像してみて下さい。

いくつかタイプはあるにせよ、「謙虚」な人が多いと分かります。

友達などに口にしていなくても、何か難関資格を持っているとか、仕事で非常に高く評価されたことがあるとか、何かしら「自信を持っていること」がある可能性があります。

そのため、無理に自分を良く見せようなどと考えないのです。

ここで見栄っ張りタイプなら、ついアピールしてしまうところですね。

もちろんそのような女性もいる、というだけであり、これといって何かに自信があるのではない「見栄を張らない女性」もいます。

6. 芯が強い

芯が強い

自分を誰かより良いように、高いように見せなくても平気であるということは、「芯の強さ」も示しています。

普段かなり控えめでも、本当に怒ったときなどはとても気が強くなり、かつ論理的に口論などをする女性もいます。

「へこたれない」という言い方もできますね。

7. 大人しい

大人しい

やはり多く見られる特徴が「大人しい」ことでしょう。

このため、少し甘く見られてしまうこともあり、攻撃的な人に嫌なことを言われてしまったりもします。

ここに「芯の強さ」が合わさっていれば、多少の嫌なこと等があっても、案外落ち込まないということ。

こうしたタイプが多いのも、見栄を張らない女性に多い特徴です。

8. 倹約家が多い

倹約家が多い

見栄を張らない人では、自分の外見についてだけでなく、使うレストランや、乗る車、あるいはデート先などでも「お金の掛からない状態」を好むことが多いです。

「節約が上手く、家庭的である」などと男性に判断されれば、見栄っ張り女性との恋愛レースにも案外と勝つ「見栄を張らない女性」もいるのです。

ただし男性の中には、「単純にお金がかからないので、デート代などを節約できる」と、非常に安易に考える人も稀にいます。

このことは注意ですね。

まとめ

どうでしょうか。

「見栄を張らない」女性には、様々な特徴があり、また考えられる背景も多様です。

一般には良いとされる性格傾向でもありますが、見栄を張らないからといって、他の部分でも性格的に良い、とは限りません。

実際に深く話してみたりしないと、そのあたりまでは読み取れないものです。

地味ですが、親しくなってみたりすると単に「見栄を張らない」というだけでない、意外な一面が見えてくることも、ありそうです。

「見栄を張らない」女性も案外といるものですが、この人たちにはどういった特徴があるでしょう。

読者さんが「見栄を張らない」と自覚している場合では、どんなふうに見られているか意外なものがあるかもしれません。


服装が地味なことがある

見栄を張らない女性は、一般に高価な服、アクセサリーなどを買いません。

髪型などにもそれほどお金をかけない部分があります。

外見により「自分を良く見せよう」という気持ちがあまり強くない、と言えるでしょうね。

ただし、「いつも同じ洋服を着ている」など極端になってくると、たとえば男性から女性として見てもらえない、同性からも何となく嫌われる、などのことにもつながります。

育ちが良いことがある

お金のある家に生まれ、学校生活などでも、大きな嫌なことなどを経験していない女性では、性格が大らかになることが多いものです。

ある意味で他者に対して「優越感」を持っていることが多いため、わざわざ「あの人より私は勝っている」とか「あの女性より私のほうが美しい」などと見栄を張るような考え・言動が出にくいのです。

このタイプの「見栄を張らない女性」では、単にお金持ちであるなどの理由から多少高い服装をしていることもありますが、あまり派手ではないでしょう。

ウソを嫌う性質が強いことがある

「見栄を張る」ということは、時としては「ウソ」にもつながってきます。

たとえば見栄っ張りな女性では、良く知らないことについても「ああ、それ知ってる」などと知ったかぶりをしてしまうことがありえますが、これは厳密に言えば「まるっきりウソ」な場合もありますね。

見栄っ張りな女性では、ウソっぽいこと全般を嫌う傾向があり、悪く言うなら、少し疑り深いこともあります。

見栄っ張りタイプと相性が悪いとは限らない

一見すると、見栄を張らない女性は、見栄っ張りな人とは相性が悪そうに思えますね。

しかし、これはそうでもありません。

たとえば見栄っ張りな男性が、本当は内心を見透かされていても「あの男性、なんだか見栄張っちゃって、可愛い人」などと思われていることもあるのです。

ただし、単純に相性が悪いこともあります。

友達・恋人・夫婦・仕事仲間などとして、見栄っ張りタイプと合わないか、仲の良い凸凹コンビになるかなどは一概に言えません。

非常に自信を持っていることが、何かある

スポーツで大きなタイトルを獲得している女性などを想像してみて下さい。

いくつかタイプはあるにせよ、「謙虚」な人が多いと分かります。

友達などに口にしていなくても、何か難関資格を持っているとか、仕事で非常に高く評価されたことがあるとか、何かしら「自信を持っていること」がある可能性があります。

そのため、無理に自分を良く見せようなどと考えないのです。

ここで見栄っ張りタイプなら、ついアピールしてしまうところですね。

もちろんそのような女性もいる、というだけであり、これといって何かに自信があるのではない「見栄を張らない女性」もいます。

芯が強い

自分を誰かより良いように、高いように見せなくても平気であるということは、「芯の強さ」も示しています。

普段かなり控えめでも、本当に怒ったときなどはとても気が強くなり、かつ論理的に口論などをする女性もいます。

「へこたれない」という言い方もできますね。

大人しい

やはり多く見られる特徴が「大人しい」ことでしょう。

このため、少し甘く見られてしまうこともあり、攻撃的な人に嫌なことを言われてしまったりもします。

ここに「芯の強さ」が合わさっていれば、多少の嫌なこと等があっても、案外落ち込まないということ。

こうしたタイプが多いのも、見栄を張らない女性に多い特徴です。

倹約家が多い

見栄を張らない人では、自分の外見についてだけでなく、使うレストランや、乗る車、あるいはデート先などでも「お金の掛からない状態」を好むことが多いです。

「節約が上手く、家庭的である」などと男性に判断されれば、見栄っ張り女性との恋愛レースにも案外と勝つ「見栄を張らない女性」もいるのです。

ただし男性の中には、「単純にお金がかからないので、デート代などを節約できる」と、非常に安易に考える人も稀にいます。

このことは注意ですね。

どうでしょうか。

「見栄を張らない」女性には、様々な特徴があり、また考えられる背景も多様です。

一般には良いとされる性格傾向でもありますが、見栄を張らないからといって、他の部分でも性格的に良い、とは限りません。

実際に深く話してみたりしないと、そのあたりまでは読み取れないものです。

地味ですが、親しくなってみたりすると単に「見栄を張らない」というだけでない、意外な一面が見えてくることも、ありそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-