【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126140535.html
白が似合う女性の特徴

白が似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
白が似合う女性の特徴

白という色はどんな女性に似合う色でしょうか。

白色の持つ特性から似合う女性を説明いたします。

  • 華奢な女性
  • 清潔感がある女性
  • 素直な女性
  • 奉仕の心がある女性
  • 純真無垢な女性
  • けがれない潔さがある女性
  • 儚げな女性
  • 声が高くて美しい女性
  • 肌が白い女性
  • しとやかな女性
  • まとめ

1. 華奢な女性

華奢な女性。<br><br>

白が膨張色であることはよく知られています。

白は明度が一番高い色であることから、白い服を着た場合は実際よりも面積が膨張して見え、太って見えてしまいます。

細めであれば、ふわりと膨らんで見えるので、ちょうどよく似合うということになります。

ちなみに黒はその反対で小さく見せるため、華奢な方は余計細く見えてしまいます。

まさに、白は華奢な方の味方になる色だといえます。

2. 清潔感がある女性

清潔感がある女性。<br><br>

白は汚れが目立ってしまう色です。

せっかく白を着ていても、汚れてしまっては台無しです。

食事から立ち振る舞いから気を付けて清潔に保てるようでなければならないことから、日頃の清潔感は大事でしょう。

また、白は清潔であることを証明する色でもあります。

汚れがついてもすぐ分かるようにわざと白にしている物も多くありますね。

清潔感があるという共通のイメージが人と色とを結んでいるため、似合う色となるのです。

3. 素直な女性

素直な女性。<br><br>

白の色は何色にも染まってない色です。

逆を言えばこれから何色にも染まることができてしまう色ということです。

この色の性質上、人に例えると何色にも染まっていない人柄と言えるでしょう。

楽しければ素直に笑い、悲しければ悲しいままに泣く、黒が沈黙の色であるならば、白は輝く色。

感情を素直に出す色です。

まさにアクの無い素直な性格の女性が白を着れば、白の持つ魅力と共鳴し、いっそう美しく本人を引き立てるでしょう。

4. 奉仕の心がある女性

奉仕の心がある女性。<br><br>

白はスペクトルにすると分かれる7色の虹の色を全て合わせた色でもあります。

全ての光が集まってできた色といえるでしょう。

これは、白いものは全ての光を反射する、つまり見る人に全ての光を注いでいるということになります。

黒が喪に服す時に使うように、黙りこむ色であるならば、白は他者へと光を与える色になります。

このことから、慈愛の心・奉仕の心を他者に向けられる女性であれば、より白色の特性と同じなり、似合うということになります。

看護婦さんが白色なのも、とても似合っていますね。

5. 純真無垢な女性

純真無垢な女性。<br><br>

「白無垢」「まっさらな心」という言葉があるように、白は純真無垢さを表しています。

酸いも甘いもかみ分けた、経験豊富な高齢の女性よりは、まだ若くて無垢な女性のほうが似合うでしょう。

ウェディングドレスがいい例ですね。

結婚式で花嫁さんが白を着るのは、純真無垢さを表す色だからです。

純白の豪華なドレスを着れるのは、結婚式でもない限り、一般市民の普段の生活ではできないことですね。

それだけに特別な色でもあります。

6. けがれない潔さがある女性

けがれない潔さがある女性。<br><br>

白は染まりやすい色であると言いましたが、染まってしまったら白ではなくなってしまうわけです。

白を白で保つためには、染まることを受け付けないことが必要です。

言葉にも、「朱に交われば赤くなる」とか「悪事に手を染める」などと使われることがあるように、悪事や悪い習慣などに染まらない強さがある女性に、とても白は似合います。

7. 儚げな女性

儚げな女性。<br><br>

白は神秘的な色でもあります。

いつ消えるか分からない雲の色。

霧の色。

波しぶきの色。

雪の色。

天上界の天使や神様の着物の色。

亡くなった方の着物の色。

消え入りそうで、神秘的な雰囲気の儚げな女性にも、白は似合う色といえます。

神聖なイメージや神秘的なイメージを表すのにもつかわれる白。

ある意味、生死を超えて使われる色でもあり、不思議ですね。

8. 声が高くて美しい女性

声が高くて美しい女性。<br><br>

白い色は、明度の高い色なので、実際よりも軽く見えます。

軽い色は高く空に舞い上がるような、高音が美しい声の女性に似合います。

逆に低音が豊かに響く声の女性には、重く見える黒が似合うでしょう。

黄色い声という言葉がありますが、この場合は、甲高くキンキンと響く声であり、主張の強い少し耳障りな声というイメージになります。

これは黄色が明度は高くても同時に彩度も高い色だからです。

白は彩度は無い色です。

耳をつんざくような音ではなく、あくまでも優しく、高く響く音のイメージです。

9. 肌が白い女性

肌が白い女性。<br><br>

白は相対的に肌の色の明度を落として見せてしまうため、もともと肌の白い人のほうが、有利でしょう。

健康的な小麦色の肌の場合、白色の服は肌色がより濃く見えてしまうので、びっくりするほど明暗の差ができてしまいます。

肌の彩度も強調されるため、肌が赤過ぎない、黄色過ぎないほうが、白をまとうのには良いといいうことになります。

10. しとやかな女性

しとやかな女性。<br><br>

白は静かなイメージの色でもあります。

彩度が無い無彩色の色なので、彩度の高いビビットカラーのような主張の激しい色と対極にあります。

この静けさを体現したようなしとやかな女性も、白が似合います。

白百合や白薔薇をイメージして頂き、黄色の百合や赤い薔薇と比較して考えると実感しやすいでしょう。

白鳥もあの白さが上品さを想像させて、世にも美しい「白鳥の湖」やサンサーンスの「白鳥」の曲が作られました。

夢見るようなロマンティックなメロディーは、白鳥が白いからできたのです。

これはしとやかな美しさこそ、白のイメージの王道であるという証でしょう。

まとめ

白が似合う女性ということで、10の項目にわたって書いてみましたが、どんな女性であっても、白を着る事に挑戦してみることをお勧めします。

私は着れないんだと諦める必要はありません。

なぜなら色の持つエネルギーとは不思議なもので、脳内ホルモンの分泌にも関わっています。

ピンクは女性ホルモンを分泌させる色として有名ですね。

白はすべての色の合体色なので、すべてのホルモンの分泌を促進します。

強いて特徴をあげるなら、筋肉の緊張を促します。

確かに、白を着たら緊張しそうですね。

体形や肌の色、声質を変えるのは難しくても、心の動きは白に感化され、今まで知らなかった自分の魅力を新たに発見するいい機会になるに違いありません。

白という色はどんな女性に似合う色でしょうか。

白色の持つ特性から似合う女性を説明いたします。


華奢な女性。<br><br>

白が膨張色であることはよく知られています。

白は明度が一番高い色であることから、白い服を着た場合は実際よりも面積が膨張して見え、太って見えてしまいます。

細めであれば、ふわりと膨らんで見えるので、ちょうどよく似合うということになります。

ちなみに黒はその反対で小さく見せるため、華奢な方は余計細く見えてしまいます。

まさに、白は華奢な方の味方になる色だといえます。

清潔感がある女性。<br><br>

白は汚れが目立ってしまう色です。

せっかく白を着ていても、汚れてしまっては台無しです。

食事から立ち振る舞いから気を付けて清潔に保てるようでなければならないことから、日頃の清潔感は大事でしょう。

また、白は清潔であることを証明する色でもあります。

汚れがついてもすぐ分かるようにわざと白にしている物も多くありますね。

清潔感があるという共通のイメージが人と色とを結んでいるため、似合う色となるのです。

1 / 5
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-