【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180108145132.html
字が綺麗な人の特徴

字が綺麗な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
字が綺麗な人の特徴

字が綺麗な人は性格も正直で、真面目な印象を受けます。

なぜなら他人に言葉を伝える上で、その伝える方法も重要な事を知っているからです。

読めなかったら困りますから、相手側の気持ちにも立っているという事ですね。

そんな字が綺麗な人の特徴を考えていきたいと思います。

  • 教養があって育ちが良い
  • メールで済ませずに手書きで文章を送ったり、文字にふれる機会が多い。
  • 書き順を守って字を書いている。
  • 芸術的なセンスも身に付けている。
  • 他人に配慮できる。
  • 使いやすい道具を使っている。
  • 性格がまっすぐで曲がった事が嫌い。
  • 神経質。
  • チャレンジ精神があって、好奇心旺盛。
  • まとめ

1. 教養があって育ちが良い

教養があって育ちが良い

そもそも書道を習っていた人は字が綺麗です。

練習していた訳ですから当たり前なのですが、お習字に通えたということは、育った家庭の環境も良くなければ通うことはできません。

心身共に裕福な家庭だと見受けられます。

それと同時にご両親の教育方針も垣間見れますので、素敵なご両親と家族を持っていると考えられます。

恵まれているので心のゆとりがあるはずですね。

2. メールで済ませずに手書きで文章を送ったり、文字にふれる機会が多い。

メールで済ませずに手書きで文章を送ったり、文字にふれる機会が多い。

仕事などで手紙や葉書などの宛名を書く機会が多いなど、職種として文字と触れあっている人も字が綺麗な場合が多いですね。

自らが意識して年賀葉書を書く等、実践している人も含まれます。

事務員など該当します。

世界の語源の中でも、漢字は取得するのが難しいとされています。

日本人として自分の名前一つ書くのも、日常のうちで大事な事なのですね。

3. 書き順を守って字を書いている。

書き順を守って字を書いている。

学生時代に国語の授業で習っているはずが以外に忘れられていたり、知らないのが「書き順」です。

さらに文字には成り立ちがあります。

それを理解すると更に文字を書く作業が容易くなります。

一見すると、書いて仕上がった漢字の形が間違っていなければ良いと思われがちですが、書き方一つで字の美しさに影響してきてしまいます。

バランスを取って字を仕上げるわけですから、納得できますね。

4. 芸術的なセンスも身に付けている。

芸術的なセンスも身に付けている。

書の道も絵画も芸術に分類されます。

美的センスが長けている人は、字も芸術と捉えているので美意識が働いているので綺麗です。

手芸をしたり音楽鑑賞をしたり、美術館へ足を運んでいる人も多いですね。

これは感性の問題ですから、ファッションセンスや身なりにも影響してきます。

字が綺麗な人は身だしなみも整っている人が多いようです。

5. 他人に配慮できる。

他人に配慮できる。

他人への気配りのうちには理解しやすく物事を伝える必要があります。

綺麗な字を見ているととても気分が良く、すがすがしいものです。

汚い字ですと内容が解りづらく、とても不快な印象を受けます。

どういった内容が記されてあるのか理解するまで時間がかかり、物事の停滞にも繋がり兼ねません。

これでは受け取り手も困ってしまいます。

ですから綺麗な字を書ける人は他人への配慮も出来る人だとも言えますね。

6. 使いやすい道具を使っている。

使いやすい道具を使っている。

「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、美しい文字を書くのにあたってペンや筆も大事です。

粗悪なものを使っていては「止め」「やはらい」など思うようにいきません。

綺麗な字を書くという事には、ほど遠くなってしまいます。

弘法は筆を選ばなかったのでしょうが、弘法ではない私たちが美しい文字を書くことを意識するなら、少しでも自分の手に馴染む物を見つけて使う事をおすすめします。

ボールペンやえんぴつも本体の太さやインクの種類等、多種類ありますので、筆記用具を選ぶ楽しみという事があれば美文字に近づきやすくなりそうですね。

7. 性格がまっすぐで曲がった事が嫌い。

性格がまっすぐで曲がった事が嫌い。

文字を美しく書くことを常識だと思っているので、汚くても良いという観念自体がありません。

それは、即ち性格でもあります。

字は性格をストレートに表していると言っても過言ではありません。

正義感があって、まがった事が嫌いな人にも多いと言えます。

8. 神経質。

神経質。

これは一見マイナスイメージにも繋がり兼ねますが、良い面でもあります。

神経質ということはそれだけ細かい事に気付くということですから、字を書くという細かい作業が本質的に好きな訳です。

身の回りの整理整頓もされていて掃除が行き届き、さまざまな事の変化に敏感。

しかもそれを理解していないと気がすまないといった人です。

ともすると神経質な人というのは嫌われるイメージもありますが、「綺麗な字を書く」という事柄についてはプラスに作用するようです。

9. チャレンジ精神があって、好奇心旺盛。

チャレンジ精神があって、好奇心旺盛。

文字に対して興味をもっている訳ですから、それ以外にも積極的に成長しようとしているはずです。

勉強家で努力家な人が多いでしょう。

「一日にして成らず」というように継続的な取り組みが必要ですから大成出来る人間性の持ち主です。

他にも習い事をして社交的な場合もあるかもしれません。

まとめ

以上が綺麗な字を書く人の特徴です。

身のまわりにいる人の中で美しい字を書いている人はどれくらいいるでしょうか。

字はその人を表すと言ってもいいくらいに印象に残るもの。

出来るだけ意識して綺麗な字を心掛けたいものですね。

そうして過ごしていると、人間関係も良好に進みそうです。

では。

字が綺麗な人は性格も正直で、真面目な印象を受けます。

なぜなら他人に言葉を伝える上で、その伝える方法も重要な事を知っているからです。

読めなかったら困りますから、相手側の気持ちにも立っているという事ですね。

そんな字が綺麗な人の特徴を考えていきたいと思います。


教養があって育ちが良い

そもそも書道を習っていた人は字が綺麗です。

練習していた訳ですから当たり前なのですが、お習字に通えたということは、育った家庭の環境も良くなければ通うことはできません。

心身共に裕福な家庭だと見受けられます。

それと同時にご両親の教育方針も垣間見れますので、素敵なご両親と家族を持っていると考えられます。

恵まれているので心のゆとりがあるはずですね。

メールで済ませずに手書きで文章を送ったり、文字にふれる機会が多い。

仕事などで手紙や葉書などの宛名を書く機会が多いなど、職種として文字と触れあっている人も字が綺麗な場合が多いですね。

自らが意識して年賀葉書を書く等、実践している人も含まれます。

事務員など該当します。

世界の語源の中でも、漢字は取得するのが難しいとされています。

日本人として自分の名前一つ書くのも、日常のうちで大事な事なのですね。

書き順を守って字を書いている。

学生時代に国語の授業で習っているはずが以外に忘れられていたり、知らないのが「書き順」です。

さらに文字には成り立ちがあります。

それを理解すると更に文字を書く作業が容易くなります。

一見すると、書いて仕上がった漢字の形が間違っていなければ良いと思われがちですが、書き方一つで字の美しさに影響してきてしまいます。

バランスを取って字を仕上げるわけですから、納得できますね。

芸術的なセンスも身に付けている。

書の道も絵画も芸術に分類されます。

美的センスが長けている人は、字も芸術と捉えているので美意識が働いているので綺麗です。

手芸をしたり音楽鑑賞をしたり、美術館へ足を運んでいる人も多いですね。

これは感性の問題ですから、ファッションセンスや身なりにも影響してきます。

字が綺麗な人は身だしなみも整っている人が多いようです。

他人に配慮できる。

他人への気配りのうちには理解しやすく物事を伝える必要があります。

綺麗な字を見ているととても気分が良く、すがすがしいものです。

汚い字ですと内容が解りづらく、とても不快な印象を受けます。

どういった内容が記されてあるのか理解するまで時間がかかり、物事の停滞にも繋がり兼ねません。

これでは受け取り手も困ってしまいます。

ですから綺麗な字を書ける人は他人への配慮も出来る人だとも言えますね。

使いやすい道具を使っている。

「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、美しい文字を書くのにあたってペンや筆も大事です。

粗悪なものを使っていては「止め」「やはらい」など思うようにいきません。

綺麗な字を書くという事には、ほど遠くなってしまいます。

弘法は筆を選ばなかったのでしょうが、弘法ではない私たちが美しい文字を書くことを意識するなら、少しでも自分の手に馴染む物を見つけて使う事をおすすめします。

ボールペンやえんぴつも本体の太さやインクの種類等、多種類ありますので、筆記用具を選ぶ楽しみという事があれば美文字に近づきやすくなりそうですね。

性格がまっすぐで曲がった事が嫌い。

文字を美しく書くことを常識だと思っているので、汚くても良いという観念自体がありません。

それは、即ち性格でもあります。

字は性格をストレートに表していると言っても過言ではありません。

正義感があって、まがった事が嫌いな人にも多いと言えます。

神経質。

これは一見マイナスイメージにも繋がり兼ねますが、良い面でもあります。

神経質ということはそれだけ細かい事に気付くということですから、字を書くという細かい作業が本質的に好きな訳です。

身の回りの整理整頓もされていて掃除が行き届き、さまざまな事の変化に敏感。

しかもそれを理解していないと気がすまないといった人です。

ともすると神経質な人というのは嫌われるイメージもありますが、「綺麗な字を書く」という事柄についてはプラスに作用するようです。

チャレンジ精神があって、好奇心旺盛。

文字に対して興味をもっている訳ですから、それ以外にも積極的に成長しようとしているはずです。

勉強家で努力家な人が多いでしょう。

「一日にして成らず」というように継続的な取り組みが必要ですから大成出来る人間性の持ち主です。

他にも習い事をして社交的な場合もあるかもしれません。

以上が綺麗な字を書く人の特徴です。

身のまわりにいる人の中で美しい字を書いている人はどれくらいいるでしょうか。

字はその人を表すと言ってもいいくらいに印象に残るもの。

出来るだけ意識して綺麗な字を心掛けたいものですね。

そうして過ごしていると、人間関係も良好に進みそうです。

では。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-