【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175842.html
包容力がある人の特徴

包容力がある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
包容力がある人の特徴

包容力とは、相手の悪い点・欠点なども含め、受け入れることができる力です。

包容力がある人には、どういった特徴があるのでしょう。

具体的な行動・言動もまじえながら解説します。

  • 優しさがある
  • 大らかで、神経質でない
  • 一定の年齢に達している
  • 投げやり・放任とは異なる
  • 自信がある
  • 精神的に安定している
  • 決断力がある
  • 動物・自然に優しい
  • 適度に「抜け」ている
  • 安定した関係の友人が多い
  • まとめ

1. 優しさがある

優しさがある

大前提ですね。

冷たい人で包容力がある、とはまず聞きません。

やはり基本的な優しさがある人が「包容力」を身につけられます。

何かしてもらったら「ありがとう」と感謝できる。

困っている友人がいれば助けてあげようとする。

電車でお年寄りや病弱な人に席を譲る。

こういった何気ない優しさが包容力につながります。

「電車で立っていて、座るより疲れる」というのは厳密にいえば少しだけマイナスなできごとですが、「少しのマイナスを許容する」心が包容力と関連しています。

2. 大らかで、神経質でない

大らかで、神経質でない

たとえばデートで、恋人が遅刻したことをいちいち気にするとか、ファッションについて細かく指摘するとか、そういった神経質な男性は、包容力がありませんね。

包容力のある人ではどうでしょう。

多少遅刻することがあっても、ファッションセンスで一部疑問な点があっても、そんなことは気にせず、相手を大事にするのです。

日常の何気ない場面でもいえます。

車を運転していてちょっと強引な追い抜きをされても「まあ、急いでいるんだろう」と考えたり、通販で届いた家具に微細な傷があっても「これぐらいは仕方ないだろう」など神経質ではないのです。

3. 一定の年齢に達している

一定の年齢に達している

絶対条件ではないものの、男性の場合30歳前後あたりから「包容力」がハッキリと現れてきます。

反対にいえば、この年齢で配偶者や恋人の細かい欠点を事細かに指摘する人は、包容力について期待できないでしょう。

高校生〜大学生ぐらいでも、友人・後輩の失敗を細かく指摘したりせず、「そういうこともある。

これから気をつければいいよ」
などといえる人は、将来かなり包容力が付く可能性を秘めています。

4. 投げやり・放任とは異なる

投げやり・放任とは異なる

子どもが本当に悪いことをしても叱らないといった「放任」の心は、包容力とは異なるものです。

パートナーの色々な点を寛大に受け止めていても、「この行動はダメだ」ということがあればハッキリ指摘する。

それが人を受け入れるということであり、包容力ある振る舞いです。

常に「別に、君のやることならなんでも良いんじゃないの?」というようなのは、ただの投げやりであり、見せかけの優しさなのです。

相手を大事に思うからこそ、ここぞの場面では自分の見解をはっきり言う。

これも包容力ある人の特徴です。

5. 自信がある

自信がある

自分に自信がないと、相手に対して寛大に接することも難しくなります。

もちろんこれは、地位を誇示するとかそういった自信過剰とは違い、「改善すべき点もあるが、僕はきょうのところは、これでいいのだ」と考えるような心持ちです。

人間誰しも何かしらの欠点はあるものです。

真に克服すべきものでなければ、自分の些細な欠点についても若干許容することが「自信」につながり、相手への肯定にもつながるのです。

常に「俺なんかダメなんだ!」だとか考えがちな人では、パートナーに欠点が見えると「こんな人としか付き合えないなんて」などと考えてしまうこともあり、それでは包容力ある行動につながりません、

6. 精神的に安定している

精神的に安定している

包容力がある人は、精神的にも安定しています。

精神状態が不安定だと、パートナーから、ちょっとネガティブなことを言われただけで怒ったり、落ち込んだりと相手を受け止められません。

精神的に安定している人でも、たとえば大きな交通事故を起こしてしまった直後だとか、場面によっては動揺し、一時的に安定感を失うこともあります。

これは仕方ないでしょう。

7. 決断力がある

決断力がある

ちょっと包容力と繋がりにくいワードですが、ポイントです。

この反対で「優柔不断な人」は、どうして物事を決められないのでしょう。

デート先で料理Aが良いか、料理Bが良いかで迷いすぎる男性は、いわば「その場において些細な問題」にこだわってしまうということです。

「パートナーと食事を楽しむこと」が主目的であるのに、それを忘れてしまうのですね。

包容力がある男性では、A/Bいずれが良いかは一定程度で考えるのを止め、スパッと決断します。

一方で相手女性がメニューをなかなか決められないなどのことは、気にしません。

8. 動物・自然に優しい

動物・自然に優しい

動物は、思い通りにならないものの象徴でもありますね。

たとえば猫がいるならば、時には引っかかれたり、買ってきた餌を一切食べないことなどもあります。

寝てほしいのにウロウロするなども普通でしょう。

包容力のある人では、このような「思い通りにならない者」「そういう者」として受け止め、接することができるのです。

動物が好きでなくても、少なくとも「思い通りにならないのがおかしい」と考えないのが包容力ある人です。

自然環境などもそうで、想定外の雨に振られたり、せっかく行った海が荒れていたり、思うようには当然なりません。

このような不可抗力にいちいちイラついたりしないのも、特徴です。

9. 適度に「抜け」ている

適度に「抜け」ている

あまりにも几帳面な人は、包容力が低い傾向にあります。

几帳面なのは悪いことではないものの、言い方を変えれば「細かいことにこだわる」ということでもあります。

包容力ある人では、ほんの少し「抜けた部分」を感じさせることがあるのも、特徴です。

デートの計画を練るというときでも、全て数分単位で考えるなどはやはり行き過ぎで、相手も気を使ってしまうものです。

かといってノープランではそれもいい加減。

包容力ある男性では、たとえばデートの計画をざっくりは練ってきても、時には「あ、道間違えちゃった」というようなところがあり、相手も気を使わないで済むのです。

10. 安定した関係の友人が多い

安定した関係の友人が多い

包容力ある人は、友人も比較的多い傾向にあります。

特に長い関係の友人の場合、少しはケンカをしたり、文句を言われたりもお互いあるわけですが、その上で認めあっているわけです。

狭量な人は、友人を選ぶにも細かなことにこだわったり、若干の衝突で直ぐ離れてしまったりします。

友人を見ることでも「包容力」は分かります。

大人しいタイプの男性だと友人の絶対数は少ないかもしれません。

しかし、良い関係の友人が複数いるならば、包容力がある人もいます。

まとめ

「包容力」とは結構曖昧な概念でもありますが、特徴を見ていくと「大体こういう人のことか」と思えてくるでしょう。

基本としては全面的にあなたを受け入れ、細かなことは気にしない。

けれど「ここは」という場面では忠告もしてくれる。

それであなたがやや不機嫌な態度をとっても、のんびり構えていてくれる。

…真の優しさでしょう。

「自信」「判断力」など、パートナー関係以外の場面で影響しそうな要素も特徴として絡んでいるのは、興味深いところです。

単に相手に優しいだけではない「しっかりした人」ともいえますね。

包容力とは、相手の悪い点・欠点なども含め、受け入れることができる力です。

包容力がある人には、どういった特徴があるのでしょう。

具体的な行動・言動もまじえながら解説します。


優しさがある

大前提ですね。

冷たい人で包容力がある、とはまず聞きません。

やはり基本的な優しさがある人が「包容力」を身につけられます。

何かしてもらったら「ありがとう」と感謝できる。

困っている友人がいれば助けてあげようとする。

電車でお年寄りや病弱な人に席を譲る。

こういった何気ない優しさが包容力につながります。

「電車で立っていて、座るより疲れる」というのは厳密にいえば少しだけマイナスなできごとですが、「少しのマイナスを許容する」心が包容力と関連しています。

大らかで、神経質でない

たとえばデートで、恋人が遅刻したことをいちいち気にするとか、ファッションについて細かく指摘するとか、そういった神経質な男性は、包容力がありませんね。

包容力のある人ではどうでしょう。

多少遅刻することがあっても、ファッションセンスで一部疑問な点があっても、そんなことは気にせず、相手を大事にするのです。

日常の何気ない場面でもいえます。

車を運転していてちょっと強引な追い抜きをされても「まあ、急いでいるんだろう」と考えたり、通販で届いた家具に微細な傷があっても「これぐらいは仕方ないだろう」など神経質ではないのです。

一定の年齢に達している

絶対条件ではないものの、男性の場合30歳前後あたりから「包容力」がハッキリと現れてきます。

反対にいえば、この年齢で配偶者や恋人の細かい欠点を事細かに指摘する人は、包容力について期待できないでしょう。

高校生〜大学生ぐらいでも、友人・後輩の失敗を細かく指摘したりせず、「そういうこともある。

これから気をつければいいよ」
などといえる人は、将来かなり包容力が付く可能性を秘めています。

投げやり・放任とは異なる

子どもが本当に悪いことをしても叱らないといった「放任」の心は、包容力とは異なるものです。

パートナーの色々な点を寛大に受け止めていても、「この行動はダメだ」ということがあればハッキリ指摘する。

それが人を受け入れるということであり、包容力ある振る舞いです。

常に「別に、君のやることならなんでも良いんじゃないの?」というようなのは、ただの投げやりであり、見せかけの優しさなのです。

相手を大事に思うからこそ、ここぞの場面では自分の見解をはっきり言う。

これも包容力ある人の特徴です。

自信がある

自分に自信がないと、相手に対して寛大に接することも難しくなります。

もちろんこれは、地位を誇示するとかそういった自信過剰とは違い、「改善すべき点もあるが、僕はきょうのところは、これでいいのだ」と考えるような心持ちです。

人間誰しも何かしらの欠点はあるものです。

真に克服すべきものでなければ、自分の些細な欠点についても若干許容することが「自信」につながり、相手への肯定にもつながるのです。

常に「俺なんかダメなんだ!」だとか考えがちな人では、パートナーに欠点が見えると「こんな人としか付き合えないなんて」などと考えてしまうこともあり、それでは包容力ある行動につながりません、

精神的に安定している

包容力がある人は、精神的にも安定しています。

精神状態が不安定だと、パートナーから、ちょっとネガティブなことを言われただけで怒ったり、落ち込んだりと相手を受け止められません。

精神的に安定している人でも、たとえば大きな交通事故を起こしてしまった直後だとか、場面によっては動揺し、一時的に安定感を失うこともあります。

これは仕方ないでしょう。

決断力がある

ちょっと包容力と繋がりにくいワードですが、ポイントです。

この反対で「優柔不断な人」は、どうして物事を決められないのでしょう。

デート先で料理Aが良いか、料理Bが良いかで迷いすぎる男性は、いわば「その場において些細な問題」にこだわってしまうということです。

「パートナーと食事を楽しむこと」が主目的であるのに、それを忘れてしまうのですね。

包容力がある男性では、A/Bいずれが良いかは一定程度で考えるのを止め、スパッと決断します。

一方で相手女性がメニューをなかなか決められないなどのことは、気にしません。

動物・自然に優しい

動物は、思い通りにならないものの象徴でもありますね。

たとえば猫がいるならば、時には引っかかれたり、買ってきた餌を一切食べないことなどもあります。

寝てほしいのにウロウロするなども普通でしょう。

包容力のある人では、このような「思い通りにならない者」「そういう者」として受け止め、接することができるのです。

動物が好きでなくても、少なくとも「思い通りにならないのがおかしい」と考えないのが包容力ある人です。

自然環境などもそうで、想定外の雨に振られたり、せっかく行った海が荒れていたり、思うようには当然なりません。

このような不可抗力にいちいちイラついたりしないのも、特徴です。

適度に「抜け」ている

あまりにも几帳面な人は、包容力が低い傾向にあります。

几帳面なのは悪いことではないものの、言い方を変えれば「細かいことにこだわる」ということでもあります。

包容力ある人では、ほんの少し「抜けた部分」を感じさせることがあるのも、特徴です。

デートの計画を練るというときでも、全て数分単位で考えるなどはやはり行き過ぎで、相手も気を使ってしまうものです。

かといってノープランではそれもいい加減。

包容力ある男性では、たとえばデートの計画をざっくりは練ってきても、時には「あ、道間違えちゃった」というようなところがあり、相手も気を使わないで済むのです。

安定した関係の友人が多い

包容力ある人は、友人も比較的多い傾向にあります。

特に長い関係の友人の場合、少しはケンカをしたり、文句を言われたりもお互いあるわけですが、その上で認めあっているわけです。

狭量な人は、友人を選ぶにも細かなことにこだわったり、若干の衝突で直ぐ離れてしまったりします。

友人を見ることでも「包容力」は分かります。

大人しいタイプの男性だと友人の絶対数は少ないかもしれません。

しかし、良い関係の友人が複数いるならば、包容力がある人もいます。

「包容力」とは結構曖昧な概念でもありますが、特徴を見ていくと「大体こういう人のことか」と思えてくるでしょう。

基本としては全面的にあなたを受け入れ、細かなことは気にしない。

けれど「ここは」という場面では忠告もしてくれる。

それであなたがやや不機嫌な態度をとっても、のんびり構えていてくれる。

…真の優しさでしょう。

「自信」「判断力」など、パートナー関係以外の場面で影響しそうな要素も特徴として絡んでいるのは、興味深いところです。

単に相手に優しいだけではない「しっかりした人」ともいえますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-