【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171217141345.html
イノベーションを起こす人に多い特徴

イノベーションを起こす人に多い特徴 | LADYCO

LADYCO
イノベーションを起こす人に多い特徴

イノベーションとは、「全く新しい捉え方を作り出すこと」「革新的な取り組みをすること」「技術革新」などを示す言葉です。

このようなことを起こす人の特徴には、どういったものがあるでしょう。

  • 今あるもの・ことの「理由」を良く考え、疑う
  • 様々な地域についての知識・経験を持っている
  • やや協調性に欠ける場合がある
  • 従来・過去の状況についてよく知っている
  • 多分野に興味を持っている
  • ものごとを多角的に考えられる
  • 「実用性」を考慮できる
  • まとめ

1. 今あるもの・ことの「理由」を良く考え、疑う

今あるもの・ことの「理由」を良く考え、疑う

たとえば自動運転車が実用化されれば、大変イノベーティブなものとなるでしょう。

このアイディアの大元には「車は人間が運転するものである」ということの「理由」を疑ってみる発想があります。

たしかに車を運転することそのものを目的とし、ドライブ・モータースポーツを楽しむなどの側面もありますが、本質的には車は「人や荷物を運ぶもの」であり、「人がそれを運転すること」は車が車であるための条件ではありません。

こういう「疑い」の発想ができる人がイノベーションを起こします。

2. 様々な地域についての知識・経験を持っている

様々な地域についての知識・経験を持っている

自動と言えば、昭和の時代には「自動改札機」ができて、これも、その場に必ず改札員がいた時代では、革新的なものでした。

…しかし、たとえばドイツでは、駅に改札そのものがありません。

人と駅側が信用しあえれば改札は不要であり、もっともコストがかからないという理屈です。

こういった海外事情などを知っていれば、それを全く異なる分野のビジネスにも活かすことができます。

海外経験が多い人、外国語ができる人、インターネット中心でも海外情報をしっかり集められる人、などがこれに該当します。

3. やや協調性に欠ける場合がある

やや協調性に欠ける場合がある

常にイノベーティブな発想をしがちな人では、「常識」にとらわれなかったり、「常識」を疑いすぎることで突飛な言動、突飛な提案などをすることがあります。

このためビジネスシーンでも「人に合わせない」とか「"普通"という感覚がない」など、周囲から不満が出てしまうこともあります。

しかし、上手にイノベーションを起こす人では、ある程度周囲や、「周囲の常識」というものももちろん見えています。

「協調性に欠ける場合"も"ある」ということです。

4. 従来・過去の状況についてよく知っている

従来・過去の状況についてよく知っている

携帯電話が市場に普及したことも、大きなイノベーションでした。

しかし、その場合には固定電話や公衆電話、あるいはポケットベル等を人々がどのように使っているか、非常に細かく考える必要があったでしょう。

もし携帯電話が、「電話」とは似ても似つかない操作法や番号を持っていたら、人々はそれを上手く使えたでしょうか。

常に新しいことを考えるだけではなく、「従来の事情では、何が不便な点なのか」「従来、上手く行っている点は何か」「従来の状況のその前は、いったい何がその役割を果たしていたのか」など、現在・過去をしっかり見ることもイノベーションを起こす人の特徴です。

5. 多分野に興味を持っている

多分野に興味を持っている

ビジネス・研究開発等においてスマートフォンの扱いやすさを考えるとして、日々そのこと「だけ」を考えているとするなら、やはり思考は革新的というよりは、やや「かたい」ものになりがちです。

ところがそこで、法律について、政治学について、医療について、旅行ビジネスについて、レストラン経営について、スポーツスタジアムについて、魚について、微生物について…などなど、多分野において広く浅くでも知識や経験をもっていればどうでしょうか?

…頭のなかでイノベーションのおおもと発生が、起きやすくなります。

医者でありながらエレキテルや石綿などを紹介し、かつ「土用の丑の日とうなぎの習慣」を編み出した平賀源内も、人形浄瑠璃から地質学、木草学、殖産事業学など一般には考えられないほど多くのことに通じていました。

6. ものごとを多角的に考えられる

ものごとを多角的に考えられる

目の前に文庫本が一冊あるとします。

一般的には「文庫になるぐらいだから、評価の高い本なのだろう」「いくらで買われ、いくらで売れるのか」「難解なのだろうか」「面白いのか」ぐらいの認識でしょう。

けれど文庫本は、200gぐらいの物体であるという認識もできます。

保存には冷凍や冷蔵を要さない、ということもいえますね。

かといっても、何千年もその場においておけばくちてしまう物体だともいえます。

「正しい向きで読めば読めるが、逆さにしたり横にしたのでは読めない」など色々な認識ができるのです。

燃やせば燃料にもなります。

「一体それが何なんですか?

というような、頭の体操のような多角的発想から、革新的発想をひねり出せるのがイノベーションを起こす人に多い特徴です。

7. 「実用性」を考慮できる

「実用性」を考慮できる

アート、音楽、ファッションの世界では、想像もできないようなデザインなどが見受けられますが、これらアート等が「変わって」いればすなわちイノベーティブかといえば、これはまたちょっと違う概念です。

イノベーションにおいては、新しいアイディアや新しいもの、新技術が実際の社会で役に立つかどうかが問題になります。

ただ単に変わったものを生み出すのではなく「それが普及したとして、何が良く、本当に実用的なのか」などとしっかり考えられるのも、実質的にイノベーションを起こす人に多く見られる特徴です。

まとめ

ひらめきに優れ、かつ多様なことを知り、経験し、独創性のある人がイノベーションを起こしやすいと言えそうです。

しかし、イノベーションを起こす人、その1人だけではイノベーションの普及・実現にはならないことも多くあります。

つまり特殊な才能を持たない「普通の人」も必要だということ。

イノベーションに関与しやすい人が働きやすいとか、アドバイスをしやすいような環境づくりも大事です。

イノベーションとは、「全く新しい捉え方を作り出すこと」「革新的な取り組みをすること」「技術革新」などを示す言葉です。

このようなことを起こす人の特徴には、どういったものがあるでしょう。


今あるもの・ことの「理由」を良く考え、疑う

たとえば自動運転車が実用化されれば、大変イノベーティブなものとなるでしょう。

このアイディアの大元には「車は人間が運転するものである」ということの「理由」を疑ってみる発想があります。

たしかに車を運転することそのものを目的とし、ドライブ・モータースポーツを楽しむなどの側面もありますが、本質的には車は「人や荷物を運ぶもの」であり、「人がそれを運転すること」は車が車であるための条件ではありません。

こういう「疑い」の発想ができる人がイノベーションを起こします。

様々な地域についての知識・経験を持っている

自動と言えば、昭和の時代には「自動改札機」ができて、これも、その場に必ず改札員がいた時代では、革新的なものでした。

…しかし、たとえばドイツでは、駅に改札そのものがありません。

人と駅側が信用しあえれば改札は不要であり、もっともコストがかからないという理屈です。

こういった海外事情などを知っていれば、それを全く異なる分野のビジネスにも活かすことができます。

海外経験が多い人、外国語ができる人、インターネット中心でも海外情報をしっかり集められる人、などがこれに該当します。

やや協調性に欠ける場合がある

常にイノベーティブな発想をしがちな人では、「常識」にとらわれなかったり、「常識」を疑いすぎることで突飛な言動、突飛な提案などをすることがあります。

このためビジネスシーンでも「人に合わせない」とか「"普通"という感覚がない」など、周囲から不満が出てしまうこともあります。

しかし、上手にイノベーションを起こす人では、ある程度周囲や、「周囲の常識」というものももちろん見えています。

「協調性に欠ける場合"も"ある」ということです。

従来・過去の状況についてよく知っている

携帯電話が市場に普及したことも、大きなイノベーションでした。

しかし、その場合には固定電話や公衆電話、あるいはポケットベル等を人々がどのように使っているか、非常に細かく考える必要があったでしょう。

もし携帯電話が、「電話」とは似ても似つかない操作法や番号を持っていたら、人々はそれを上手く使えたでしょうか。

常に新しいことを考えるだけではなく、「従来の事情では、何が不便な点なのか」「従来、上手く行っている点は何か」「従来の状況のその前は、いったい何がその役割を果たしていたのか」など、現在・過去をしっかり見ることもイノベーションを起こす人の特徴です。

多分野に興味を持っている

ビジネス・研究開発等においてスマートフォンの扱いやすさを考えるとして、日々そのこと「だけ」を考えているとするなら、やはり思考は革新的というよりは、やや「かたい」ものになりがちです。

ところがそこで、法律について、政治学について、医療について、旅行ビジネスについて、レストラン経営について、スポーツスタジアムについて、魚について、微生物について…などなど、多分野において広く浅くでも知識や経験をもっていればどうでしょうか?

…頭のなかでイノベーションのおおもと発生が、起きやすくなります。

医者でありながらエレキテルや石綿などを紹介し、かつ「土用の丑の日とうなぎの習慣」を編み出した平賀源内も、人形浄瑠璃から地質学、木草学、殖産事業学など一般には考えられないほど多くのことに通じていました。

ものごとを多角的に考えられる

目の前に文庫本が一冊あるとします。

一般的には「文庫になるぐらいだから、評価の高い本なのだろう」「いくらで買われ、いくらで売れるのか」「難解なのだろうか」「面白いのか」ぐらいの認識でしょう。

けれど文庫本は、200gぐらいの物体であるという認識もできます。

保存には冷凍や冷蔵を要さない、ということもいえますね。

かといっても、何千年もその場においておけばくちてしまう物体だともいえます。

「正しい向きで読めば読めるが、逆さにしたり横にしたのでは読めない」など色々な認識ができるのです。

燃やせば燃料にもなります。

「一体それが何なんですか?

というような、頭の体操のような多角的発想から、革新的発想をひねり出せるのがイノベーションを起こす人に多い特徴です。

「実用性」を考慮できる

アート、音楽、ファッションの世界では、想像もできないようなデザインなどが見受けられますが、これらアート等が「変わって」いればすなわちイノベーティブかといえば、これはまたちょっと違う概念です。

イノベーションにおいては、新しいアイディアや新しいもの、新技術が実際の社会で役に立つかどうかが問題になります。

ただ単に変わったものを生み出すのではなく「それが普及したとして、何が良く、本当に実用的なのか」などとしっかり考えられるのも、実質的にイノベーションを起こす人に多く見られる特徴です。

ひらめきに優れ、かつ多様なことを知り、経験し、独創性のある人がイノベーションを起こしやすいと言えそうです。

しかし、イノベーションを起こす人、その1人だけではイノベーションの普及・実現にはならないことも多くあります。

つまり特殊な才能を持たない「普通の人」も必要だということ。

イノベーションに関与しやすい人が働きやすいとか、アドバイスをしやすいような環境づくりも大事です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-