【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171208170301.html
華奢な女性の特徴

華奢な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
華奢な女性の特徴

ほっそりしたという意味で使う言葉「華奢」に隠された背景と、華奢な印象の女性に共通する特徴をご紹介します。

  • 華奢という言葉に隠された意味
  • 身体のパーツが細い
  • 背が低い、小柄である
  • 肌が色白である
  • 力が弱く、頼りなげな雰囲気である
  • 寒がり、冷え性である
  • 頬骨や鎖骨が目立って骨ばって見える
  • いい意味でも悪い意味でも使える言葉である
  • まとめ

1. 華奢という言葉に隠された意味

華奢という言葉に隠された意味

華奢(きゃしゃ)という言葉は、華やかの「華」と奢る(おごる)の「奢」という文字の組合せから察せられる通り、元々は華やかで贅沢な様子を意味しました。

しかし現代の女性に向けて「華奢」という言葉を使う時は、身体が細くて弱々しいという意味で使うことが多く、ポジティブなイメージの中に少しだけネガディブなイメージが含んでいることもあります。

「華奢」には、周囲が思わず守ってあげたくなるような、か弱い印象があり、たとえ細くても筋肉ムキムキの体育会系女子には使いません。

2. 身体のパーツが細い

身体のパーツが細い

では、男性が女性に「華奢だね」と言った時はどういった意味が含まれているのか、以下にご紹介していきたいと思います。

「華奢」と言われたらまずは「とにかく細い」という意味が含まれていると考えましょう。

男性が女性を見て細いと感じるパーツは、ウエストや腕、手首や足首などが多いです。

また親密な関係になった男性が、女性の肩や腰に手をまわした時も「細い=華奢だ」と実感するようです。

3. 背が低い、小柄である

背が低い、小柄である

華奢な女性の特徴として、比較的背が低いことが挙げられます。

多くの女性は、背が高くて細身で華奢なモデル体型に憧れますが、実際のモデルは、細さを保ちつつボディの魅力を高め、過度に弱々しい印象を与えないように、必要な筋肉を鍛えるトレーニングし、華奢さと力強さの両方を演じられるように努めています。

こうしたモデルさんは別として、一般的な女性は、背が低い方が小さく細く見られる傾向が強く、華奢な印象になりやすいのです。

4. 肌が色白である

肌が色白である

華奢な女性の特徴として、肌は色白であることがあげられます。

華奢という言葉には弱々しい印象を含みますので、肌は透けるような色白であることが多く、病的に青白い肌の場合さえあります。

不健康なイメージは、華奢という言葉がもつ印象とマッチしやすく、健康的な小麦色をした肌の女性には華奢という言葉は向きません。

もともと「華やかで派手な暮らし」を意味する華奢には、貴族や深窓の令嬢といった、あまり外出せずに暮らす、高貴な人のイメージが残っているためです。

5. 力が弱く、頼りなげな雰囲気である

力が弱く、頼りなげな雰囲気である

華奢な女性に共通する特徴として、比較的力が弱く、頼りなげな雰囲気をもっていることが挙げられます。

具体的には、ペットボトルのキャップが開けられない、重たい荷物を持って長く歩けない、日光やアウトドアが苦手、スポーツをしてもすぐに疲れる、電車の混雑でめまいがする等です。

これらの出来事は、男性にとって「守ってあげたくなるような可愛さ」を感じるいいきっかけになる場合もありますが、反面、面倒を見ないと一緒にエンジョイできないという、ネガティブなイメージも抱かれる部分でもあります。

6. 寒がり、冷え性である

寒がり、冷え性である

華奢な女性の特徴として、手足が冷えやすく、寒がりなことが挙げられます。

男性は一般的に冷え性が少なく、冬の女性の手足の冷たさに驚きます。

華奢な女性は、細身で弱々しく、やや病的で、低血圧で血の巡りが悪そうなイメージさえ抱かれがちです。

夏でもショールやひざ掛けが手放せない、冷房設備から遠い所に座る、冬には靴下を重ね履きして寝る等がその事例です。

身体が折れそうに細くて弱々しい印象の寒がりさんは、華奢な女性という形容がピッタリです。

7. 頬骨や鎖骨が目立って骨ばって見える

頬骨や鎖骨が目立って骨ばって見える

華奢な女性に共通する部分として、骨ばっていることが挙げられます。

食べても食べても体質的に太れないという女性は、身体だけでなく、あらゆるパーツが細く、ウエストやヒップだけでなく、太ももやふくらはぎ、背中などにもぜい肉がありません。

特に何の努力もなくスリムでいられるため、周囲から羨ましがられる一方で、顔の頬骨が張っていたり、指が細く骨ばって見えることが悩みなこともあります。

骨が見えるということから、細身で弱々しいという連想が生まれ、華奢な女性という印象につながっていきます。

8. いい意味でも悪い意味でも使える言葉である

いい意味でも悪い意味でも使える言葉である

言葉選びが上手な男性が女性に「華奢だね」という場合、バストやヒップが小さめだねという気持ちを、言い換えて表現している場合があります。

「胸が小さい」「お尻が小さい」という言葉は、人によって捉え方がマチマチで、誉め言葉ととらえる人もいれば、ショックを受ける人、ハラスメントととらえる人もいます。

その点「華奢」という言葉には、微妙なニュアンスを含みつつも、誉め言葉ととらえる人が大半で、あまり気を悪くする人がいないため、そう表現している場合があります。

まとめ

華奢という言葉には、現代女性が憧れるスレンダーなプロポーションがもついいイメージがあり、女性から言われた場合は、その意味で伝えていることが大半です。

一方、男性に言われた場合は少し注意が必要で、純粋に100%褒めている場合と、弱々しい部分を面倒に思い、嫌味なニュアンスを含めて言っている場合があります。

どういう部分を見て華奢と形容されたのか、考えてみましょう。

また、周囲にいる女性が華奢な場合は、体質的に太れず、体力の無い女の子が多いです。

これらの特徴を念頭に置きながら、華奢な女性に接してみてあげてください。

ほっそりしたという意味で使う言葉「華奢」に隠された背景と、華奢な印象の女性に共通する特徴をご紹介します。


華奢という言葉に隠された意味

華奢(きゃしゃ)という言葉は、華やかの「華」と奢る(おごる)の「奢」という文字の組合せから察せられる通り、元々は華やかで贅沢な様子を意味しました。

しかし現代の女性に向けて「華奢」という言葉を使う時は、身体が細くて弱々しいという意味で使うことが多く、ポジティブなイメージの中に少しだけネガディブなイメージが含んでいることもあります。

「華奢」には、周囲が思わず守ってあげたくなるような、か弱い印象があり、たとえ細くても筋肉ムキムキの体育会系女子には使いません。

身体のパーツが細い

では、男性が女性に「華奢だね」と言った時はどういった意味が含まれているのか、以下にご紹介していきたいと思います。

「華奢」と言われたらまずは「とにかく細い」という意味が含まれていると考えましょう。

男性が女性を見て細いと感じるパーツは、ウエストや腕、手首や足首などが多いです。

また親密な関係になった男性が、女性の肩や腰に手をまわした時も「細い=華奢だ」と実感するようです。

背が低い、小柄である

華奢な女性の特徴として、比較的背が低いことが挙げられます。

多くの女性は、背が高くて細身で華奢なモデル体型に憧れますが、実際のモデルは、細さを保ちつつボディの魅力を高め、過度に弱々しい印象を与えないように、必要な筋肉を鍛えるトレーニングし、華奢さと力強さの両方を演じられるように努めています。

こうしたモデルさんは別として、一般的な女性は、背が低い方が小さく細く見られる傾向が強く、華奢な印象になりやすいのです。

肌が色白である

華奢な女性の特徴として、肌は色白であることがあげられます。

華奢という言葉には弱々しい印象を含みますので、肌は透けるような色白であることが多く、病的に青白い肌の場合さえあります。

不健康なイメージは、華奢という言葉がもつ印象とマッチしやすく、健康的な小麦色をした肌の女性には華奢という言葉は向きません。

もともと「華やかで派手な暮らし」を意味する華奢には、貴族や深窓の令嬢といった、あまり外出せずに暮らす、高貴な人のイメージが残っているためです。

力が弱く、頼りなげな雰囲気である

華奢な女性に共通する特徴として、比較的力が弱く、頼りなげな雰囲気をもっていることが挙げられます。

具体的には、ペットボトルのキャップが開けられない、重たい荷物を持って長く歩けない、日光やアウトドアが苦手、スポーツをしてもすぐに疲れる、電車の混雑でめまいがする等です。

これらの出来事は、男性にとって「守ってあげたくなるような可愛さ」を感じるいいきっかけになる場合もありますが、反面、面倒を見ないと一緒にエンジョイできないという、ネガティブなイメージも抱かれる部分でもあります。

寒がり、冷え性である

華奢な女性の特徴として、手足が冷えやすく、寒がりなことが挙げられます。

男性は一般的に冷え性が少なく、冬の女性の手足の冷たさに驚きます。

華奢な女性は、細身で弱々しく、やや病的で、低血圧で血の巡りが悪そうなイメージさえ抱かれがちです。

夏でもショールやひざ掛けが手放せない、冷房設備から遠い所に座る、冬には靴下を重ね履きして寝る等がその事例です。

身体が折れそうに細くて弱々しい印象の寒がりさんは、華奢な女性という形容がピッタリです。

頬骨や鎖骨が目立って骨ばって見える

華奢な女性に共通する部分として、骨ばっていることが挙げられます。

食べても食べても体質的に太れないという女性は、身体だけでなく、あらゆるパーツが細く、ウエストやヒップだけでなく、太ももやふくらはぎ、背中などにもぜい肉がありません。

特に何の努力もなくスリムでいられるため、周囲から羨ましがられる一方で、顔の頬骨が張っていたり、指が細く骨ばって見えることが悩みなこともあります。

骨が見えるということから、細身で弱々しいという連想が生まれ、華奢な女性という印象につながっていきます。

いい意味でも悪い意味でも使える言葉である

言葉選びが上手な男性が女性に「華奢だね」という場合、バストやヒップが小さめだねという気持ちを、言い換えて表現している場合があります。

「胸が小さい」「お尻が小さい」という言葉は、人によって捉え方がマチマチで、誉め言葉ととらえる人もいれば、ショックを受ける人、ハラスメントととらえる人もいます。

その点「華奢」という言葉には、微妙なニュアンスを含みつつも、誉め言葉ととらえる人が大半で、あまり気を悪くする人がいないため、そう表現している場合があります。

華奢という言葉には、現代女性が憧れるスレンダーなプロポーションがもついいイメージがあり、女性から言われた場合は、その意味で伝えていることが大半です。

一方、男性に言われた場合は少し注意が必要で、純粋に100%褒めている場合と、弱々しい部分を面倒に思い、嫌味なニュアンスを含めて言っている場合があります。

どういう部分を見て華奢と形容されたのか、考えてみましょう。

また、周囲にいる女性が華奢な場合は、体質的に太れず、体力の無い女の子が多いです。

これらの特徴を念頭に置きながら、華奢な女性に接してみてあげてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-