【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171202155454.html
人の気持ちを推し量るのがうまい人の特徴

人の気持ちを推し量るのがうまい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人の気持ちを推し量るのがうまい人の特徴

人の気持ちを推し量るのが上手な人がいます。

「自分もそうなりたい」と思っている人も少なくないでしょう。

ここでは、人の気持ちを推し量るのがうまい人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 観察力がある
  • 想像力がある
  • 相手の性格を把握するのがうまい
  • 言葉のウラを読める
  • ドラマや映画の登場人物に感情移入できる
  • 考えることが好き
  • まとめ

1. 観察力がある

観察力がある

人の気持ちを知るには、観察力がなければなりません。

たとえば、複数の会社の同僚たちとおしゃべりしているとしましょう。

親しい仕事仲間同士、みんなでわきあいあいと話していたとします。

そんな中、それまで穏やかな表情で会話に加わっていたAさんが、なんだかさえない表情になり、口数も減ったとします。

そこには、何らかの感情の変化があったと考えていいでしょう。

その心の変化を知るためには、Aさんの表情やようすの変化に気づかなければなりません。

その変化に気づいた上で、「きっと、さっきのBさんの発言によって、気持ちが変化したに違いない」と推し量ることができるわけです。

観察力がある人は、そのように、人と会話したり、いっしょにいるとき、人の表情やようす、態度をよく観察しているため、その変化にすばやく気づくことができるのです。

2. 想像力がある

想像力がある

前項で、Aさんの変化に気づき、「きっと、こうだろう」という胸の内を推し量るという話をしましたが、そこにあるのは、豊かな想像力ということができるでしょう。

変化に気づいただけでは、相手の胸の内を推し量ることはできません。

その変化の原因になっていることを推察し、その原因によって、どんな変化が起こったのかを想像する必要があるのです。

Aさんの表情がさえないものになり、口数も減ったということに気づくことができたとしても、「なぜ、変化したのか。

どう変化したのか」
を推し量ることができなければ、その人の心を読むことは不可能です。

相手の身になって考え、その胸の内を想像するだけの想像力があること、これが人の気持ちを推し量るのがうまい人の特徴ということになるでしょう。

3. 相手の性格を把握するのがうまい

相手の性格を把握するのがうまい

いうまでもなく、人はそれぞれ性格も違えば、感じ方も異なります。

人から同じことを言われても、それをなんとも思わない人もいれば、その言葉に傷つく人もいるでしょう。

ですから、「自分だったら、どう感じるか」ということばかり考えてしまうと、人の心を読み間違えるということにもなりかねません。

AさんはBさんの一言に傷ついたために、先ほどまでとはちがう様子に変化したとしましょう。

それは、Aさんが人一倍繊細な神経の持ち主っで、傷つきやすい性格だからです。

しかし、自分がAさんほど繊細でなければ、どうしてそんなさえないようすに変化したのかわからないに違いありません。

Aさんが人一倍傷つきやすい性格であることを把握していてはじめて、その心の内を知ることができるわけです。

相手の性格を把握するのが上手というのが、気持ちを推し量るのがうまい人の特徴といっていいでしょう。

4. 言葉のウラを読める

言葉のウラを読める

人間は、心と裏腹なことを口にすることが少なくありません。

たとえば、人から何かアドバイスされたとしましょう。

その時、そのアドバイスに対して、「ありがとう、助かります」とお礼を言ったとします。

しかし、実は「そんなアドバイスはよけいなお世話、ありがた迷惑だ」と感じていることもあるでしょう。

その人との関係を悪くしたくないとか、その人に遠慮があって、表面上謝意を表しているだけなわけです。

この場合、「ありがとう」という言葉をそのまま受け取ったのでは、その人の心を推し量ることはできません。

言葉のウラを読み、「口ではそう言っているけど、実際にはぜんぜん感謝なんかしていない。

きっと迷惑がっているにちがいない」
と心を推察することができるのが、人の気持ちを推し量るのが上手な人の特徴なのです。

5. ドラマや映画の登場人物に感情移入できる

ドラマや映画の登場人物に感情移入できる

「自分だったら」と考えすぎると、人の感情を読み間違えることがあるという話を、先ほどしました。

逆に、自分が相手になったように、その人に感情移入できれば、その人の胸の内を推し量ることができるわけです。

そのため、人の気持ちを推し量るのが上手な人には、「ドラマや映画の登場人物に感情移入できる」という特徴があるといっていいでしょう。

「自分だったら、どう感じるか」を考えるのではなく、その登場人物に自分がなったつもりになって、その人物を同じ感情を共有することができるのです。

6. 考えることが好き

考えることが好き

人の気持ちを推し量ることが苦手でへたな人は、そもそも考えることが苦手というケースが少なくありません。

これまでお話ししてきたとおり、人の心を読むためには、さまざまなことを考える必要があります。

観察してその人の変化を読み取ったり、想像してその心の中を推察するには、迅速で細かい思考が欠かせません。

そうした思考を常にできること、要するに、考えるのが好きなことが、人の気持ちを推し量るのがうまい人の特徴ということになるでしょう。

まとめ

人の気持ちを推し量るのがうまい人に注目し、主な特徴を紹介しました。

これは、「人の気持ちを推し量るのがうまい人になるための条件」でもあります。

参考になさってください。

人の気持ちを推し量るのが上手な人がいます。

「自分もそうなりたい」と思っている人も少なくないでしょう。

ここでは、人の気持ちを推し量るのがうまい人にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


観察力がある

人の気持ちを知るには、観察力がなければなりません。

たとえば、複数の会社の同僚たちとおしゃべりしているとしましょう。

親しい仕事仲間同士、みんなでわきあいあいと話していたとします。

そんな中、それまで穏やかな表情で会話に加わっていたAさんが、なんだかさえない表情になり、口数も減ったとします。

そこには、何らかの感情の変化があったと考えていいでしょう。

その心の変化を知るためには、Aさんの表情やようすの変化に気づかなければなりません。

その変化に気づいた上で、「きっと、さっきのBさんの発言によって、気持ちが変化したに違いない」と推し量ることができるわけです。

観察力がある人は、そのように、人と会話したり、いっしょにいるとき、人の表情やようす、態度をよく観察しているため、その変化にすばやく気づくことができるのです。

想像力がある

前項で、Aさんの変化に気づき、「きっと、こうだろう」という胸の内を推し量るという話をしましたが、そこにあるのは、豊かな想像力ということができるでしょう。

変化に気づいただけでは、相手の胸の内を推し量ることはできません。

その変化の原因になっていることを推察し、その原因によって、どんな変化が起こったのかを想像する必要があるのです。

Aさんの表情がさえないものになり、口数も減ったということに気づくことができたとしても、「なぜ、変化したのか。

どう変化したのか」
を推し量ることができなければ、その人の心を読むことは不可能です。

相手の身になって考え、その胸の内を想像するだけの想像力があること、これが人の気持ちを推し量るのがうまい人の特徴ということになるでしょう。

相手の性格を把握するのがうまい

いうまでもなく、人はそれぞれ性格も違えば、感じ方も異なります。

人から同じことを言われても、それをなんとも思わない人もいれば、その言葉に傷つく人もいるでしょう。

ですから、「自分だったら、どう感じるか」ということばかり考えてしまうと、人の心を読み間違えるということにもなりかねません。

AさんはBさんの一言に傷ついたために、先ほどまでとはちがう様子に変化したとしましょう。

それは、Aさんが人一倍繊細な神経の持ち主っで、傷つきやすい性格だからです。

しかし、自分がAさんほど繊細でなければ、どうしてそんなさえないようすに変化したのかわからないに違いありません。

Aさんが人一倍傷つきやすい性格であることを把握していてはじめて、その心の内を知ることができるわけです。

相手の性格を把握するのが上手というのが、気持ちを推し量るのがうまい人の特徴といっていいでしょう。

言葉のウラを読める

人間は、心と裏腹なことを口にすることが少なくありません。

たとえば、人から何かアドバイスされたとしましょう。

その時、そのアドバイスに対して、「ありがとう、助かります」とお礼を言ったとします。

しかし、実は「そんなアドバイスはよけいなお世話、ありがた迷惑だ」と感じていることもあるでしょう。

その人との関係を悪くしたくないとか、その人に遠慮があって、表面上謝意を表しているだけなわけです。

この場合、「ありがとう」という言葉をそのまま受け取ったのでは、その人の心を推し量ることはできません。

言葉のウラを読み、「口ではそう言っているけど、実際にはぜんぜん感謝なんかしていない。

きっと迷惑がっているにちがいない」
と心を推察することができるのが、人の気持ちを推し量るのが上手な人の特徴なのです。

ドラマや映画の登場人物に感情移入できる

「自分だったら」と考えすぎると、人の感情を読み間違えることがあるという話を、先ほどしました。

逆に、自分が相手になったように、その人に感情移入できれば、その人の胸の内を推し量ることができるわけです。

そのため、人の気持ちを推し量るのが上手な人には、「ドラマや映画の登場人物に感情移入できる」という特徴があるといっていいでしょう。

「自分だったら、どう感じるか」を考えるのではなく、その登場人物に自分がなったつもりになって、その人物を同じ感情を共有することができるのです。

考えることが好き

人の気持ちを推し量ることが苦手でへたな人は、そもそも考えることが苦手というケースが少なくありません。

これまでお話ししてきたとおり、人の心を読むためには、さまざまなことを考える必要があります。

観察してその人の変化を読み取ったり、想像してその心の中を推察するには、迅速で細かい思考が欠かせません。

そうした思考を常にできること、要するに、考えるのが好きなことが、人の気持ちを推し量るのがうまい人の特徴ということになるでしょう。

人の気持ちを推し量るのがうまい人に注目し、主な特徴を紹介しました。

これは、「人の気持ちを推し量るのがうまい人になるための条件」でもあります。

参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-