【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171130090646.html
争いごとが嫌いな女性の特徴

争いごとが嫌いな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
争いごとが嫌いな女性の特徴

争いごとが嫌いと言う女性は少なくありません。

ここでは、人と争うことが嫌いな女性に注目して、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 人にやさしく、人を許すことができる
  • 繊細で感受性豊か
  • めんどうなことが嫌い
  • 相手を不快にさせるような言動はしない
  • 自分は引いて、相手を立てる
  • 感情が安定していて穏やか
  • まとめ

1. 人にやさしく、人を許すことができる

人にやさしく、人を許すことができる

人を許すことができるというのが、争いごとが嫌いな女性の代表的な特徴と言っていいでしょう。

たとえば、人から何か嫌なことを言われたとします。

誰でも当然、不快な気持ちになるにちがいありません。

そんなとき、その不快な気持ちをあらわにして、相手に抗議をしたり、言い返したりする人もいるでしょう。

そこにあるのは、「そんなことを言うなんて、許せない」という心理です。

つまり、許せないから抗議をしたり言い返したりして、相手と争いが生じることになるわけです。

争いごとが嫌いな女性は違います。

人から何か嫌なことを言われたとしても、自分の心の中で不快な気持ちは処理して、相手を許すことができるのです。

人を許せるという心理のもとには、人間としてのやさしさがあると考えていいでしょう。

人にやさしいために、人を許すことができるのが、争いごとを嫌う女性の特徴なのです。

2. 繊細で感受性豊か

繊細で感受性豊か

人と争うことになるのを、「怖い」と感じるのも、争いごとを嫌う女性の心理的特徴でしょう。

たとえば、人がケンカをしているのを見て、「怖い」と感じる女性は少なくありません。

争いごとというのは、特に女性の場合はそれほど頻繁に起こるわけではありませんから、怖いと感じてしまうわけです。

特に、繊細で感受性豊かな女性はそうでしょう。

繊細な女性は、外部からの刺激を、人よりも数倍敏感に受け取ります。

ちょっとでも悲しいことがあれば、人が泣かないようなところでも涙を見せるわけですが、「怖い」という感情も、人一倍強く持つのが、感受性豊かな女性と考えていいでしょう。

ふつうの人よりも、その感情が強いために、「そんな怖いことはできるだけ避けたい」と考えるのが、争いを嫌う女性の特徴なのです。

3. めんどうなことが嫌い

めんどうなことが嫌い

人と争うことになると、その争いをどう収めるかという問題が出てきます。

たとえば、何かの問題について人と話をしているとき、意見の違いから言い争いになったとしましょう。

口げんかのような状況になった場合、当然、二人とも感情的になっていきます。

激してくれば、言い争いはどんどんエスカレートしていくに違いありません。

しかし、永遠に争い続けるというわけにはいきませんから、どこかで話を終結させる必要があります。

それは、かなりめんどうなことと言っていいでしょう。

また、争いが終結したあと、その人との関係をどうするかという問題も出てきます。

「絶交、絶縁」という選択肢もあるでしょうが、多くの場合、関係修復を図ることになるに違いありません。

これもまた、大変にめんどうなことです。

そういうめんどうなことが嫌いなために、争いごとを避けるというケースも少なくありません。

つまり、「めんどくさがり」というのも、争いを嫌う女性の特徴と言っていいでしょう。

4. 相手を不快にさせるような言動はしない

相手を不快にさせるような言動はしない

先ほど、人から嫌なことを言われても、それを許せるという話をしましたが、自分が人に嫌なことを言ってしまうということも、人間にはあります。

ついうっかり、相手を不快にさせるようなことを言って、相手を怒らせ、それが原因で争いごとに発展してしまうというケースもあるに違いありません。

相手が許してくれない限り、人との衝突は避けられないわけです。

争いごとを嫌う女性は、そういう事態になることを徹底的に避けようとします。

そのため、相手が少しでも不快になるような言動はしません。

少なくても、そういうことのないように注意を払っているのが、争いを嫌う女性の特徴と言っていいでしょう。

人の悪口を言ったり、相手を批判したりするようなことを避けることは言うまでもありません。

相手に気をつかい、不快にさせないように配慮するのが、人との争いを嫌う女性の特徴なのです。

5. 自分は引いて、相手を立てる

自分は引いて、相手を立てる

相手を不快にさせないようにしていたとしても、強く自己主張することによって、人と争うことになってしまうケースも少なくありません。

自分が強い自己主張し、相手も同じように自己主張することによって、二人の間に衝突が起こるケースです。

争いごとを嫌う女性は、そうした事態になることを避けようとします。

そのためには、できるだけ自己主張をしないようにすればいいわけです。

自分は引いて、相手を立てることによって衝突を避けるというのが、争いごとを嫌う女性の特徴ということになるでしょう。

6. 感情が安定していて穏やか

感情が安定していて穏やか

争いを避けるために、上記のようなことに気を配り、注意していたとしても、つい感情が激してしまい、人と衝突してしまうということもあるでしょう。

感情が激しやすい人は、そのつもりがなくても相手に対し手激しい感情をぶつけてしまうということがめずらしくありません。

それでは、人との争いごとを避けることはできないでしょう。

争いごとを嫌う女性はちがいます。

感情が安定しているために、「つい、かっとなって頭に血が上る」ということがありません。

感情が安定していて、常に穏やかでいられるというのが、争いごとを嫌う女性の特徴なのです。

まとめ

人との争いごとを嫌う女性にはどんな特徴があるのか、ここでは主に心理面の特徴を紹介しました。

争いごとを嫌う女性の心理を知るための参考になさってください。

争いごとが嫌いと言う女性は少なくありません。

ここでは、人と争うことが嫌いな女性に注目して、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


人にやさしく、人を許すことができる

人を許すことができるというのが、争いごとが嫌いな女性の代表的な特徴と言っていいでしょう。

たとえば、人から何か嫌なことを言われたとします。

誰でも当然、不快な気持ちになるにちがいありません。

そんなとき、その不快な気持ちをあらわにして、相手に抗議をしたり、言い返したりする人もいるでしょう。

そこにあるのは、「そんなことを言うなんて、許せない」という心理です。

つまり、許せないから抗議をしたり言い返したりして、相手と争いが生じることになるわけです。

争いごとが嫌いな女性は違います。

人から何か嫌なことを言われたとしても、自分の心の中で不快な気持ちは処理して、相手を許すことができるのです。

人を許せるという心理のもとには、人間としてのやさしさがあると考えていいでしょう。

人にやさしいために、人を許すことができるのが、争いごとを嫌う女性の特徴なのです。

繊細で感受性豊か

人と争うことになるのを、「怖い」と感じるのも、争いごとを嫌う女性の心理的特徴でしょう。

たとえば、人がケンカをしているのを見て、「怖い」と感じる女性は少なくありません。

争いごとというのは、特に女性の場合はそれほど頻繁に起こるわけではありませんから、怖いと感じてしまうわけです。

特に、繊細で感受性豊かな女性はそうでしょう。

繊細な女性は、外部からの刺激を、人よりも数倍敏感に受け取ります。

ちょっとでも悲しいことがあれば、人が泣かないようなところでも涙を見せるわけですが、「怖い」という感情も、人一倍強く持つのが、感受性豊かな女性と考えていいでしょう。

ふつうの人よりも、その感情が強いために、「そんな怖いことはできるだけ避けたい」と考えるのが、争いを嫌う女性の特徴なのです。

めんどうなことが嫌い

人と争うことになると、その争いをどう収めるかという問題が出てきます。

たとえば、何かの問題について人と話をしているとき、意見の違いから言い争いになったとしましょう。

口げんかのような状況になった場合、当然、二人とも感情的になっていきます。

激してくれば、言い争いはどんどんエスカレートしていくに違いありません。

しかし、永遠に争い続けるというわけにはいきませんから、どこかで話を終結させる必要があります。

それは、かなりめんどうなことと言っていいでしょう。

また、争いが終結したあと、その人との関係をどうするかという問題も出てきます。

「絶交、絶縁」という選択肢もあるでしょうが、多くの場合、関係修復を図ることになるに違いありません。

これもまた、大変にめんどうなことです。

そういうめんどうなことが嫌いなために、争いごとを避けるというケースも少なくありません。

つまり、「めんどくさがり」というのも、争いを嫌う女性の特徴と言っていいでしょう。

相手を不快にさせるような言動はしない

先ほど、人から嫌なことを言われても、それを許せるという話をしましたが、自分が人に嫌なことを言ってしまうということも、人間にはあります。

ついうっかり、相手を不快にさせるようなことを言って、相手を怒らせ、それが原因で争いごとに発展してしまうというケースもあるに違いありません。

相手が許してくれない限り、人との衝突は避けられないわけです。

争いごとを嫌う女性は、そういう事態になることを徹底的に避けようとします。

そのため、相手が少しでも不快になるような言動はしません。

少なくても、そういうことのないように注意を払っているのが、争いを嫌う女性の特徴と言っていいでしょう。

人の悪口を言ったり、相手を批判したりするようなことを避けることは言うまでもありません。

相手に気をつかい、不快にさせないように配慮するのが、人との争いを嫌う女性の特徴なのです。

自分は引いて、相手を立てる

相手を不快にさせないようにしていたとしても、強く自己主張することによって、人と争うことになってしまうケースも少なくありません。

自分が強い自己主張し、相手も同じように自己主張することによって、二人の間に衝突が起こるケースです。

争いごとを嫌う女性は、そうした事態になることを避けようとします。

そのためには、できるだけ自己主張をしないようにすればいいわけです。

自分は引いて、相手を立てることによって衝突を避けるというのが、争いごとを嫌う女性の特徴ということになるでしょう。

感情が安定していて穏やか

争いを避けるために、上記のようなことに気を配り、注意していたとしても、つい感情が激してしまい、人と衝突してしまうということもあるでしょう。

感情が激しやすい人は、そのつもりがなくても相手に対し手激しい感情をぶつけてしまうということがめずらしくありません。

それでは、人との争いごとを避けることはできないでしょう。

争いごとを嫌う女性はちがいます。

感情が安定しているために、「つい、かっとなって頭に血が上る」ということがありません。

感情が安定していて、常に穏やかでいられるというのが、争いごとを嫌う女性の特徴なのです。

人との争いごとを嫌う女性にはどんな特徴があるのか、ここでは主に心理面の特徴を紹介しました。

争いごとを嫌う女性の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-