【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127133552.html
褒めることがうまい女性の特徴

褒めることがうまい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
褒めることがうまい女性の特徴

子供の頃はもちろん、大人になっても人から褒められるのって嬉しいものですよね。

では、褒めることがうまい女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

  • 人をよく見ている
  • ポジティブである
  • ボキャブラリーが豊富である
  • 感情を素直に表現することができる
  • 良い意味で自分に自信がある
  • 照れない
  • 謙虚である
  • 人づきあいが好きである
  • まとめ

1. 人をよく見ている

人をよく見ている

人の良いところを見つけることができるからこそ、人を褒めることができるわけですが、人の良いところを見つけるにはまず人をよく見ていないといけません。

常に周りの人に関心を持って、その人の言動や仕事ぶり、外見などをよく見ていると、その人の良いところに気が付くことも多くなります。

褒めることがうまい人は、自分のことだけに注意を向けているのではなく、常に視野を広く持ち周りの人のことをよく見ています。

また表面的なことだけではなく、人が気が付きにくいところもよく見ています。

だから、他の人が褒めないようなところも褒めることができるのです。

2. ポジティブである

ポジティブである

人を褒めることがうまい女性は、考え方がポジティブです。

同じ物を見ていたとしても、他の人ならマイナスに解釈することも、プラスに受け止めることができます。

例えば同僚やクラスメイトに、無口であまり人と会話をしない人がいたとします。

他の人は「暗い奴だ。社交性がない奴だ」と評価したとしても、ポジティブな人は「無口だからこそ信頼できる」とか「たまに見せる笑顔が素敵」とか「得意なことはたくさん喋るので、その分野の知識は豊富」だとか、プラス面を見つけ出すことができ、それを褒めることができるのです。

3. ボキャブラリーが豊富である

ボキャブラリーが豊富である

人の良いところをたくさん見つけたとしても、それを表現するボキャブラリーがなければうまく伝えることはできません。

褒めることがうまい人は、褒め言葉の引き出しをたくさん持っています。

「すごいね」「上手だね」「かわいいね」「きれいだね」だけでなく、「独創的であなたらしいね」とか「通り過ぎる人が振り返るような美しさだね」とか。

表面だけの言葉ではなくさらにもう一歩踏み込んだその人だけの表現があるので、社交辞令的ではない褒め言葉として表現することができるのです。

4. 感情を素直に表現することができる

感情を素直に表現することができる

褒めることが上手な人は、感情を素直に表現することができます。

心の中で「すごいな」「上手だな」「ありがたいな」と思っていたとしても、それを表に出さなければ伝わりません。

また、その時その場すぐタイミングで、本心からの褒め言葉であると伝わるような表情と口調でなければ、お世辞や社交辞令、ひどいときには嫌味や皮肉に思われることもあります。

「わぁ、すごい!」「上手!」「ありがとう!あなたって本当に親切な人ね」、とっさにその一言を表情豊かに感情をこめて口にすることができるか、心の中だけにとどめてしまうか、機を逃して後日になってしまうか。

そこが褒めることが上手か否かの分かれ道と言えるでしょう。

5. 良い意味で自分に自信がある

良い意味で自分に自信がある

褒めることがうまい人は、良い意味で自分に自信があります。

自信がない人は、たとえ自分より優れた部分を相手の中に見つけたとしても、それを認めることができません。

負けた気分になり、褒めることがみじめに思えてくるからです。

「自分にはこんな良いところがある」と自信を持っているからこそ、相手の良いところ優れたところも素直に認めることができるのです。

自信があれば「この部分では自分より相手の方が優れている」と思ったとしても、だからと言って負けたとかみじめな気分などにはなりません。

「自分は自分、人は人」と思っていればこそ、相手のことを本心から褒めることができるのです。

6. 照れない

照れない

いつも冗談のようなノリで人とつきあい、ふざけ半分にけなしあうような会話ばかりしている人も多いです。

そんな関係は楽しいものですが、いざその人のことを褒めようと思うと、いつものノリが邪魔をして照れてしまいがちです。

けれど褒め上手な人は、冗談半分に軽口をたたくときと、真面目に真摯に褒め言葉を口にするときの使い分けがうまく出来ていて、照れずに相手を褒めることができます。

照れないということも、褒めることがうまい人の大きな特徴の一つです。

7. 謙虚である

謙虚である

自信過剰だったり、プライドが高かったりする人は、相手の良さに気づきにくい傾向があります。

「自分の方が素晴らしい」と思っていると相手の良さが見えないし、「何でもしてもらって当たり前」と思っていると相手の優しさや労力に目が行きません。

「相手は自分にはない良さを持っている」と認め、何でも「当たり前」ではなく、「ありがたい」と思って受け止める謙虚さがあると、他人の良さが目に留まります。

自然と、褒め言葉が口をついて出てくるものです。

8. 人づきあいが好きである

人づきあいが好きである

褒めることがうまい人は、学校や会社などの人間関係であれ夫婦や友達といった関係であれ、人と関わることが好き、人づきあいが好きです。

いろんな人と多く関わったり、末永く良好な関係を築いていきたいと思えば、相手を喜ばせたい、いい気分にさせたいと自然に思うものです。

そのためには、自分の気が付いた相手の良いところを積極的に褒めようという気になるものです。

まとめ

褒めることがうまい人の特徴をいくつか挙げてみました。

いかがでしたか?

褒められて嫌な気持ちになる人はいませんし、褒めることが上手な人は周りからも愛され尊敬されて、結局は自分のためにもなります。

褒めることがうまい人の特徴を知り、取り入れられるところは取り入れながら、褒め上手な女性を目指してみるのもいいかもしれませんね。

子供の頃はもちろん、大人になっても人から褒められるのって嬉しいものですよね。

では、褒めることがうまい女性にはどんな特徴があるのでしょうか。


人をよく見ている

人の良いところを見つけることができるからこそ、人を褒めることができるわけですが、人の良いところを見つけるにはまず人をよく見ていないといけません。

常に周りの人に関心を持って、その人の言動や仕事ぶり、外見などをよく見ていると、その人の良いところに気が付くことも多くなります。

褒めることがうまい人は、自分のことだけに注意を向けているのではなく、常に視野を広く持ち周りの人のことをよく見ています。

また表面的なことだけではなく、人が気が付きにくいところもよく見ています。

だから、他の人が褒めないようなところも褒めることができるのです。

ポジティブである

人を褒めることがうまい女性は、考え方がポジティブです。

同じ物を見ていたとしても、他の人ならマイナスに解釈することも、プラスに受け止めることができます。

例えば同僚やクラスメイトに、無口であまり人と会話をしない人がいたとします。

他の人は「暗い奴だ。社交性がない奴だ」と評価したとしても、ポジティブな人は「無口だからこそ信頼できる」とか「たまに見せる笑顔が素敵」とか「得意なことはたくさん喋るので、その分野の知識は豊富」だとか、プラス面を見つけ出すことができ、それを褒めることができるのです。

ボキャブラリーが豊富である

人の良いところをたくさん見つけたとしても、それを表現するボキャブラリーがなければうまく伝えることはできません。

褒めることがうまい人は、褒め言葉の引き出しをたくさん持っています。

「すごいね」「上手だね」「かわいいね」「きれいだね」だけでなく、「独創的であなたらしいね」とか「通り過ぎる人が振り返るような美しさだね」とか。

表面だけの言葉ではなくさらにもう一歩踏み込んだその人だけの表現があるので、社交辞令的ではない褒め言葉として表現することができるのです。

感情を素直に表現することができる

褒めることが上手な人は、感情を素直に表現することができます。

心の中で「すごいな」「上手だな」「ありがたいな」と思っていたとしても、それを表に出さなければ伝わりません。

また、その時その場すぐタイミングで、本心からの褒め言葉であると伝わるような表情と口調でなければ、お世辞や社交辞令、ひどいときには嫌味や皮肉に思われることもあります。

「わぁ、すごい!」「上手!」「ありがとう!あなたって本当に親切な人ね」、とっさにその一言を表情豊かに感情をこめて口にすることができるか、心の中だけにとどめてしまうか、機を逃して後日になってしまうか。

そこが褒めることが上手か否かの分かれ道と言えるでしょう。

良い意味で自分に自信がある

褒めることがうまい人は、良い意味で自分に自信があります。

自信がない人は、たとえ自分より優れた部分を相手の中に見つけたとしても、それを認めることができません。

負けた気分になり、褒めることがみじめに思えてくるからです。

「自分にはこんな良いところがある」と自信を持っているからこそ、相手の良いところ優れたところも素直に認めることができるのです。

自信があれば「この部分では自分より相手の方が優れている」と思ったとしても、だからと言って負けたとかみじめな気分などにはなりません。

「自分は自分、人は人」と思っていればこそ、相手のことを本心から褒めることができるのです。

照れない

いつも冗談のようなノリで人とつきあい、ふざけ半分にけなしあうような会話ばかりしている人も多いです。

そんな関係は楽しいものですが、いざその人のことを褒めようと思うと、いつものノリが邪魔をして照れてしまいがちです。

けれど褒め上手な人は、冗談半分に軽口をたたくときと、真面目に真摯に褒め言葉を口にするときの使い分けがうまく出来ていて、照れずに相手を褒めることができます。

照れないということも、褒めることがうまい人の大きな特徴の一つです。

謙虚である

自信過剰だったり、プライドが高かったりする人は、相手の良さに気づきにくい傾向があります。

「自分の方が素晴らしい」と思っていると相手の良さが見えないし、「何でもしてもらって当たり前」と思っていると相手の優しさや労力に目が行きません。

「相手は自分にはない良さを持っている」と認め、何でも「当たり前」ではなく、「ありがたい」と思って受け止める謙虚さがあると、他人の良さが目に留まります。

自然と、褒め言葉が口をついて出てくるものです。

人づきあいが好きである

褒めることがうまい人は、学校や会社などの人間関係であれ夫婦や友達といった関係であれ、人と関わることが好き、人づきあいが好きです。

いろんな人と多く関わったり、末永く良好な関係を築いていきたいと思えば、相手を喜ばせたい、いい気分にさせたいと自然に思うものです。

そのためには、自分の気が付いた相手の良いところを積極的に褒めようという気になるものです。

褒めることがうまい人の特徴をいくつか挙げてみました。

いかがでしたか?

褒められて嫌な気持ちになる人はいませんし、褒めることが上手な人は周りからも愛され尊敬されて、結局は自分のためにもなります。

褒めることがうまい人の特徴を知り、取り入れられるところは取り入れながら、褒め上手な女性を目指してみるのもいいかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-