【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127092425.html
綺麗好きな女性の特徴

綺麗好きな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
綺麗好きな女性の特徴

女性たるもの、出来ることならば綺麗好きでありたいと思うものです。

そんな綺麗好きな人にはどのような特徴があるのでしょうか。

  • 自分の部屋が綺麗
  • あらゆる掃除用具を所持している
  • 仕切りを駆使している
  • 無駄な仕切りは使わない
  • 物の処分が潔い
  • 余計なものを置かない
  • 潔癖症と思われがち
  • 少しでも汚いと落ち着かない
  • 自分自身の身だしなみもきちんとしている
  • まとめ

1. 自分の部屋が綺麗

自分の部屋が綺麗

まず何よりも、当たり前ではありますが、自分の部屋はとても綺麗にしています。

掃除は欠かさず行われ、物は整頓されていて、いつ誰が来ても恥ずかしくないような状態になっているのです。

ゴミもなく清潔なその空間に入れば、一瞬で綺麗好きであると分かります。

そんな部屋に通されれば、大抵の人は悪い気はしないものなのです。

2. あらゆる掃除用具を所持している

あらゆる掃除用具を所持している

先ほど述べたように、綺麗好きな人は毎日のように掃除を欠かさないものです。

そんな中で、様々な掃除用具を使用している人もいます。

同じ空間でも、軽く掃除すべき場所と念入りに行った方が良い場所があります。

掃除場所の形状も様々です。

そんな場所によって掃除用具を変えているのです。

また、同じ用具でも、すぐに掃除が出来るように、至るポイントに置いてあることもあるのです。

掃除はしやすいですが、あまりにポイントを分けすぎると、他者が訪れた際に驚かれることもあります。

3. 仕切りを駆使している

仕切りを駆使している

綺麗好きな人は、収納方法もきちんとしています。

ただの引き出しやクローゼット等でも、その中に仕切りを付けて更にスッキリと見せることができます。

また、収納の無い場所も、カゴや仕切りを使って上手く収納にするのです。

仕切りも、100円ショップ等で揃えてお金も掛けません。

どのように配置をすればスッキリ見せることが出来るのかを想像できる発想力にも長けていると言えます。

4. 無駄な仕切りは使わない

無駄な仕切りは使わない

先ほど述べたように、仕切りを駆使する人がいる中で、無駄な仕切りは使用しない人もいます。

片付けをしようとする際に、『仕切ればまとまって綺麗になる』と思う人も少なくないと思います。

しかし、一見便利そうな仕切りも、必要以上に使用すると、逆にまとまりがなくなったり、仕切る用具が邪魔になって片付かなかったりするのです。

先ほど述べたように、仕切りで綺麗に片付けることが出来るのは、きちんと完成形が想像できる人なのです。

本当に綺麗好きな人は、やみくもに仕切りを使わなくても、整理が出来るのです。

5. 物の処分が潔い

物の処分が潔い

片付けが苦手な人は、なかなか物を捨てられずに溜め込んでしまい、それによって綺麗を保てないことが多いです。

それに比べて綺麗好きな人は、いらないもの・使わないものを処分するのに躊躇が無い人が多いです。

物の仕分けや処分に躊躇が無い分、物が増えていくこともないのです。

それにより、部屋が散らかることを防いでいるのです。

6. 余計なものを置かない

余計なものを置かない

先ほど述べた、物の処分が潔いこともそうですが、そもそも必要の無い余計な物は購入しない・置かないという人も、綺麗好きな人には多いです。

余計な物をプラスしないことで、部屋に物が増えていくことを防ぐのです。

このようなタイプの人は、例え物が増えたとしても、その分、違うものを処分などして減らすことで、上手くバランスを取っている場合が多いのです。

7. 潔癖症と思われがち

潔癖症と思われがち

綺麗好きな人は、何でも物がきちんと揃えられていたり、汚れもあまり出さないことから、潔癖症と見られることも多くなります。

もちろん中には、実際に潔癖症の人もいたりしますが、綺麗好きな人の全てが、そうと言うわけではありません。

むしろ、少し綺麗好きなだけで潔癖症と言われると、良い気がしない人もいます。

片付けが苦手な人にとっては、綺麗好きな人の全てが潔癖症に見えるかもしれませんが、全ての人がそうではないと覚えておきたいものです。

8. 少しでも汚いと落ち着かない

少しでも汚いと落ち着かない

綺麗好きな人は、常に綺麗な空間にいたいと思うものです。

他者の家などに行き、少しでも汚れが目立つ部分があると、嫌悪感までは行かないものの、気にはなってしまうのです。

また、他者が自宅を訪れた際に、少しでも汚れを残して行こうものならば、それも気になってしまうのです。

この事が行きすぎると、潔癖症と呼ばれるまでになってしまいます。

また、あまりに気にしすぎると、言われた方も良い気持ちはしないので、注意が必要なところです。

9. 自分自身の身だしなみもきちんとしている

自分自身の身だしなみもきちんとしている

綺麗好きな人は、部屋などの空間だけではなく、自分自身の身だしなみもきちんと綺麗にしているものです。

シワの無いような衣服を身に付け、入浴や手洗いなどもしっかり行い清潔を保つのです。

夫や子供がいる場合、自分だけではなく、その夫や子供の清潔も保つことが出来る妻・母となります。

適度ならば良いですが、気にしすぎて厳しくならないようにしたいものです。

まとめ

空間や身だしなみをきちんと清潔に出来ることは、良いことです。

特に女性ならば、潔癖症までは行きすぎかもしれませんが、適度な綺麗好きは身に付けたいと思うものです。

せめて、ゴミをそのままにするようなことは、避けたいものです。

女性たるもの、出来ることならば綺麗好きでありたいと思うものです。

そんな綺麗好きな人にはどのような特徴があるのでしょうか。


自分の部屋が綺麗

まず何よりも、当たり前ではありますが、自分の部屋はとても綺麗にしています。

掃除は欠かさず行われ、物は整頓されていて、いつ誰が来ても恥ずかしくないような状態になっているのです。

ゴミもなく清潔なその空間に入れば、一瞬で綺麗好きであると分かります。

そんな部屋に通されれば、大抵の人は悪い気はしないものなのです。

あらゆる掃除用具を所持している

先ほど述べたように、綺麗好きな人は毎日のように掃除を欠かさないものです。

そんな中で、様々な掃除用具を使用している人もいます。

同じ空間でも、軽く掃除すべき場所と念入りに行った方が良い場所があります。

掃除場所の形状も様々です。

そんな場所によって掃除用具を変えているのです。

また、同じ用具でも、すぐに掃除が出来るように、至るポイントに置いてあることもあるのです。

掃除はしやすいですが、あまりにポイントを分けすぎると、他者が訪れた際に驚かれることもあります。

仕切りを駆使している

綺麗好きな人は、収納方法もきちんとしています。

ただの引き出しやクローゼット等でも、その中に仕切りを付けて更にスッキリと見せることができます。

また、収納の無い場所も、カゴや仕切りを使って上手く収納にするのです。

仕切りも、100円ショップ等で揃えてお金も掛けません。

どのように配置をすればスッキリ見せることが出来るのかを想像できる発想力にも長けていると言えます。

無駄な仕切りは使わない

先ほど述べたように、仕切りを駆使する人がいる中で、無駄な仕切りは使用しない人もいます。

片付けをしようとする際に、『仕切ればまとまって綺麗になる』と思う人も少なくないと思います。

しかし、一見便利そうな仕切りも、必要以上に使用すると、逆にまとまりがなくなったり、仕切る用具が邪魔になって片付かなかったりするのです。

先ほど述べたように、仕切りで綺麗に片付けることが出来るのは、きちんと完成形が想像できる人なのです。

本当に綺麗好きな人は、やみくもに仕切りを使わなくても、整理が出来るのです。

物の処分が潔い

片付けが苦手な人は、なかなか物を捨てられずに溜め込んでしまい、それによって綺麗を保てないことが多いです。

それに比べて綺麗好きな人は、いらないもの・使わないものを処分するのに躊躇が無い人が多いです。

物の仕分けや処分に躊躇が無い分、物が増えていくこともないのです。

それにより、部屋が散らかることを防いでいるのです。

余計なものを置かない

先ほど述べた、物の処分が潔いこともそうですが、そもそも必要の無い余計な物は購入しない・置かないという人も、綺麗好きな人には多いです。

余計な物をプラスしないことで、部屋に物が増えていくことを防ぐのです。

このようなタイプの人は、例え物が増えたとしても、その分、違うものを処分などして減らすことで、上手くバランスを取っている場合が多いのです。

潔癖症と思われがち

綺麗好きな人は、何でも物がきちんと揃えられていたり、汚れもあまり出さないことから、潔癖症と見られることも多くなります。

もちろん中には、実際に潔癖症の人もいたりしますが、綺麗好きな人の全てが、そうと言うわけではありません。

むしろ、少し綺麗好きなだけで潔癖症と言われると、良い気がしない人もいます。

片付けが苦手な人にとっては、綺麗好きな人の全てが潔癖症に見えるかもしれませんが、全ての人がそうではないと覚えておきたいものです。

少しでも汚いと落ち着かない

綺麗好きな人は、常に綺麗な空間にいたいと思うものです。

他者の家などに行き、少しでも汚れが目立つ部分があると、嫌悪感までは行かないものの、気にはなってしまうのです。

また、他者が自宅を訪れた際に、少しでも汚れを残して行こうものならば、それも気になってしまうのです。

この事が行きすぎると、潔癖症と呼ばれるまでになってしまいます。

また、あまりに気にしすぎると、言われた方も良い気持ちはしないので、注意が必要なところです。

自分自身の身だしなみもきちんとしている

綺麗好きな人は、部屋などの空間だけではなく、自分自身の身だしなみもきちんと綺麗にしているものです。

シワの無いような衣服を身に付け、入浴や手洗いなどもしっかり行い清潔を保つのです。

夫や子供がいる場合、自分だけではなく、その夫や子供の清潔も保つことが出来る妻・母となります。

適度ならば良いですが、気にしすぎて厳しくならないようにしたいものです。

空間や身だしなみをきちんと清潔に出来ることは、良いことです。

特に女性ならば、潔癖症までは行きすぎかもしれませんが、適度な綺麗好きは身に付けたいと思うものです。

せめて、ゴミをそのままにするようなことは、避けたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-