【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126174312.html
ウサギ系女子の特徴

ウサギ系女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
ウサギ系女子の特徴

モテる癒し系として男性から大人気のウサギ系女子。

ふわふわ、もふもふなイメージがありますが、実際にどんな特徴があるのか見ていきましょう。

  • さみしがり屋の甘えん坊
  • 臆病でビビり
  • 泣き虫
  • 元気で活発
  • なでられるのが好き
  • 恋愛体質
  • 気持ちをストレートに表現する
  • かまってちゃん、あるいはさみしがりや
  • 外見において身長が小さめ、小動物にどこか似ている
  • 外見において服装などの身に着けているファッションがどこか女の子らしい
  • 食べるものが比較的緑黄色野菜などが多い
  • 仕事や生活において細かいことが得意である
  • まとめ

1. さみしがり屋の甘えん坊

さみしがり屋の甘えん坊

ウサギというと「さみしがり屋」とイメージを持つ人が少なくないでしょう。

「さみしと死んでしまう」という「伝説」もあるほどです。

このイメージこそ、ウサギ系女子の大きな特徴といっていいでしょう。

ウサギ系女子は一人でいることが得意ではありません。

誰かといっしょにいることで安心を得るのです。

ですから、交際している彼氏がいる場合は、できるだけ長く彼氏といっしょにいたいと思います。

彼氏の仕事が忙しく、しばらく会えないような状態になると、さみしくて仕方ありません。

そして、彼氏と久ぶりに会うことができると、思いっきり彼氏に甘えます。

さみしがり屋の甘えん坊というのが、ウサギ系女子の特徴ですが、同時に甘え上手でもあります。

そんなところが、男心をくすぐると考えていいでしょう。

2. 臆病でビビり

臆病でビビり

臆病でビビりというのも、ウサギ系女子の特徴です。

テーマパークなどへ行っても、絶叫系マシーンは敬遠します。

ドライブデートをしている時でも、高速道路で車のスピードが早くなると、それだけで怖がるのです。

そうした肉体的な怖さに弱いだけではありません。

ホラー映画などの「怖さ」にも大変に敏感です。

「そういうところが女の子らしくてかわいい」と感じるのが男心と言うものでしょう。

しかし、ビビるところがかわいいからと言って、絶叫マシーンやホラー映画を強要すると、嫌われてしまいかねませんから、注意が必要です。

3. 泣き虫

泣き虫

ウサギ系女子の特徴としては、「感受性豊か」ということもあげられるでしょう。

女性は男性に比べて豊かな感受性を持つ傾向がありますが、ウサギ系女子はその傾向が特に強いのです。

そのため、ものごとに敏感に対応します。

ちょっとでも悲しいことや辛いこと、あるいは感動的なことに遭遇すると、その刺激を強く受け、その結果涙を見せることになるのです。

泣き虫の女性はめずらしくありませんが、ウサギ系女子は特に泣き虫と考えていいでしょう。

うれしいといっては泣き、悲しいといっては泣き、さみしいといっては涙を見せるのが、ウサギ系女子のかわいい特徴の一つなのです。

4. 元気で活発

元気で活発

臆病なところはあるものの、ウサギ系女子は基本的に活発で活動的です。

ウサギのようにぴょんぴょん跳びまわるのがウサギ女子の特徴と考えていいでしょう。

ですから、甘えん坊なために彼氏との家デートも好きですが、家から外へ出て、アクティブなデートをすることも大変に好みます。

もし、ウサギ系女子が、元気がないように見えるなら、なんらかの原因があるに違いありません。

体調がすぐれないとか、精神的な悩みを抱えているとか、人間関係に不満を持っているとか、そうした原因がない限り、ウサギ系女子は元気にしているものなのです。

5. なでられるのが好き

なでられるのが好き

小動物の中でも、ウサギは特になでてもらうことが大好きです。

ウサギを飼ったことのある方は、ウサギが人になでられるとうっとりした表情になることを知っているに違いありません。

ウサギ系女子も同じです。

彼氏ができると、彼氏とスキンシップをとろうとします。

彼氏と触れ合っていることに安らぎを感じるためですが、特に彼氏になでなでされると、最高の幸せを感じるのです。

ウサギのように、人からなでられるのが大好きと言うのが、ウサギ系女子の特徴ということになるでしょう。

6. 恋愛体質

恋愛体質

ウサギ系女子は、恋愛体質です。

恋愛することが好きですから、つきあっている彼氏と別れるようなことがあると、すぐに次の彼氏を探します。

さみしがり屋なためでもありますが、それ以上に「恋愛している状態が好き」という心理が働くためと考えたほうがいいでしょう。

片思いをすることも多く、片思いの相手に積極的にアプローチすることもできます。

「常にラブラブ状態でいたい」と思っているのが、ウサギ系女子の恋愛に関する特徴といっていいでしょう。

7. 気持ちをストレートに表現する

気持ちをストレートに表現する

喜怒哀楽の感情表現がはっきりしていてわかりやすいというのも、ウサギ系女子の特徴でしょう。

先ほど「泣き虫」という特徴を紹介しましたが、あらゆる感情に関して、それを正直に、ストレートに表現するのがウサギ系女子なのです。

たとえば、誕生日に彼氏からプレゼントをもらったとしましょう。

それが自分の欲しかったもの、思ってもいなかったサプライズギフトだった場合、人一倍激しく、その喜びを彼氏に伝えます。

逆に、そのプレゼントが気に入らないものであった場合は、「ありがとう」とお礼を言いながらも、冴えない表情を見せるのです。

つまり、気持ちを隠しておくことができず、顔に表れてしまうのが、ウサギ系女子の特徴なのです。

8. かまってちゃん、あるいはさみしがりや

かまってちゃん、あるいはさみしがりや

ウサギ系女子は基本的にさみしがりやのイメージがあります。

誰かと話したり、食べに行ったりしている時はにこにこしていますが、一人になると急にさみしくなります。

でも自ら、遊びに出歩いたりすることはおっくうでなかなかできません。

もちろん自分から連絡を友人や彼氏に積極的に連絡をとることができる人もいますが、多くは受けや待ちの姿勢の女性が多く、そういうさみしいときに、誰かから連絡があったり、遊びにいこうと誘われると喜んでついていきます。

また自分が慕っている相手には特にその傾向が強いです。

同性であっても特に自分が尊敬していたり、姉御肌の女性が近くにいると落ち着く傾向にあり、そういった人から連絡があったり、遊びにいこうと誘われたりするとすごく喜んでついていく傾向にあります。

9. 外見において身長が小さめ、小動物にどこか似ている

外見において身長が小さめ、小動物にどこか似ている

一般的には身長が155cmくらいまでの女性で、動作が機敏だったりするとこの傾向が強くなります。

活動的な時はどこへでも出かけて行ったり、また暖かくなると必然的に外出も多くなります。

身長が小さめで、動きも機敏だったりすると、まだ知り合ったばかりの人からでも、ウサギ、あるいは小動物に似ていると言われることも少なくありません。

また目もクリクリしていたりするとさらに周りからそういわれることも多いです。

外見的特徴、あるいは動作の特徴からきているものなので、性格によるものではありません。

10. 外見において服装などの身に着けているファッションがどこか女の子らしい

外見において服装などの身に着けているファッションがどこか女の子らしい

この特徴はあくまで、もってうまれた身体的特徴ではなく、服装などのファッションセンスによって ウサギ系女子と言われるケースです。

身に着けている服などが、薄めのホワイトやピンクが多かったり、秋や冬においてはふわふわ、もこもこしたファッションを 好んでしている女の子があげられます。

春夏においてもあまり女性らしさを誇張しすぎない、ホワイトやピンクのワンピースや小物を身に着けています。

ホワイトやピンクの外見から、周りの人やウサギを連想しやすく、また性格も上記にあげたようなさみしがりやなんかだと、さらにウサギ系女子と言われることが少なくありません。

11. 食べるものが比較的緑黄色野菜などが多い

食べるものが比較的緑黄色野菜などが多い

これは健康や外見を気にして、緑黄色野菜を好んで食べている、またはその食べている光景を他人によく見られているケースです。

一般的に緑黄色野菜を多く食べている女の子を見ると、特に異性はウサギを連想しやすいです。

一般的に男性は肉や炭水化物を好んで食べる人が多く、周りの同性では特に、緑黄色野菜を好んで食べる光景を見かけないことが多いからです。

レタスやホウレンソウ、ニンジンなどがこの緑黄色野菜にあたります。

健康や外見を気にして食べていることで、ウサギ系女子と言われるため、その他の外見的特徴や、性格的なものは これに含まれません。

12. 仕事や生活において細かいことが得意である

仕事や生活において細かいことが得意である

これはあくまで外見的や性格的なものによるものではなく、イメージによるものです。

仕事や生活面において、細かいことに優れていて、その細かい作業をやっている女子を見ると、特に男性はウサギを思い浮かべます。

例えば細かいシール貼りや、裁縫、料理をしている光景などを見るとそういうイメージがわきやすいものです。

また仕事においても細かい事務作業や、ファイリングやホッチキスどめなどがこれにあたります。

ウサギが細かく野菜をかじって食べたり、藁を細工して寝床をつくったりする光景を幼少期に見ていると、それに重ねています。

これはあくまでイメージによるものなので、こういったときに本人にウサギ系女子だね、と話してみても、大概の場合、少し不思議そうな顔をしています。

まとめ

モテる女子の代表であるウサギ系女子について、どんな特徴があるのか、主なものを7つ紹介しました。

ウサギ系女子がどうしてモテるかを知るための参考になさってください。

モテる癒し系として男性から大人気のウサギ系女子。

ふわふわ、もふもふなイメージがありますが、実際にどんな特徴があるのか見ていきましょう。


さみしがり屋の甘えん坊

ウサギというと「さみしがり屋」とイメージを持つ人が少なくないでしょう。

「さみしと死んでしまう」という「伝説」もあるほどです。

このイメージこそ、ウサギ系女子の大きな特徴といっていいでしょう。

ウサギ系女子は一人でいることが得意ではありません。

誰かといっしょにいることで安心を得るのです。

ですから、交際している彼氏がいる場合は、できるだけ長く彼氏といっしょにいたいと思います。

彼氏の仕事が忙しく、しばらく会えないような状態になると、さみしくて仕方ありません。

そして、彼氏と久ぶりに会うことができると、思いっきり彼氏に甘えます。

さみしがり屋の甘えん坊というのが、ウサギ系女子の特徴ですが、同時に甘え上手でもあります。

そんなところが、男心をくすぐると考えていいでしょう。

臆病でビビり

臆病でビビりというのも、ウサギ系女子の特徴です。

テーマパークなどへ行っても、絶叫系マシーンは敬遠します。

ドライブデートをしている時でも、高速道路で車のスピードが早くなると、それだけで怖がるのです。

そうした肉体的な怖さに弱いだけではありません。

ホラー映画などの「怖さ」にも大変に敏感です。

「そういうところが女の子らしくてかわいい」と感じるのが男心と言うものでしょう。

しかし、ビビるところがかわいいからと言って、絶叫マシーンやホラー映画を強要すると、嫌われてしまいかねませんから、注意が必要です。

泣き虫

ウサギ系女子の特徴としては、「感受性豊か」ということもあげられるでしょう。

女性は男性に比べて豊かな感受性を持つ傾向がありますが、ウサギ系女子はその傾向が特に強いのです。

そのため、ものごとに敏感に対応します。

ちょっとでも悲しいことや辛いこと、あるいは感動的なことに遭遇すると、その刺激を強く受け、その結果涙を見せることになるのです。

泣き虫の女性はめずらしくありませんが、ウサギ系女子は特に泣き虫と考えていいでしょう。

うれしいといっては泣き、悲しいといっては泣き、さみしいといっては涙を見せるのが、ウサギ系女子のかわいい特徴の一つなのです。

元気で活発

臆病なところはあるものの、ウサギ系女子は基本的に活発で活動的です。

ウサギのようにぴょんぴょん跳びまわるのがウサギ女子の特徴と考えていいでしょう。

ですから、甘えん坊なために彼氏との家デートも好きですが、家から外へ出て、アクティブなデートをすることも大変に好みます。

もし、ウサギ系女子が、元気がないように見えるなら、なんらかの原因があるに違いありません。

体調がすぐれないとか、精神的な悩みを抱えているとか、人間関係に不満を持っているとか、そうした原因がない限り、ウサギ系女子は元気にしているものなのです。

なでられるのが好き

小動物の中でも、ウサギは特になでてもらうことが大好きです。

ウサギを飼ったことのある方は、ウサギが人になでられるとうっとりした表情になることを知っているに違いありません。

ウサギ系女子も同じです。

彼氏ができると、彼氏とスキンシップをとろうとします。

彼氏と触れ合っていることに安らぎを感じるためですが、特に彼氏になでなでされると、最高の幸せを感じるのです。

ウサギのように、人からなでられるのが大好きと言うのが、ウサギ系女子の特徴ということになるでしょう。

恋愛体質

ウサギ系女子は、恋愛体質です。

恋愛することが好きですから、つきあっている彼氏と別れるようなことがあると、すぐに次の彼氏を探します。

さみしがり屋なためでもありますが、それ以上に「恋愛している状態が好き」という心理が働くためと考えたほうがいいでしょう。

片思いをすることも多く、片思いの相手に積極的にアプローチすることもできます。

「常にラブラブ状態でいたい」と思っているのが、ウサギ系女子の恋愛に関する特徴といっていいでしょう。

気持ちをストレートに表現する

喜怒哀楽の感情表現がはっきりしていてわかりやすいというのも、ウサギ系女子の特徴でしょう。

先ほど「泣き虫」という特徴を紹介しましたが、あらゆる感情に関して、それを正直に、ストレートに表現するのがウサギ系女子なのです。

たとえば、誕生日に彼氏からプレゼントをもらったとしましょう。

それが自分の欲しかったもの、思ってもいなかったサプライズギフトだった場合、人一倍激しく、その喜びを彼氏に伝えます。

逆に、そのプレゼントが気に入らないものであった場合は、「ありがとう」とお礼を言いながらも、冴えない表情を見せるのです。

つまり、気持ちを隠しておくことができず、顔に表れてしまうのが、ウサギ系女子の特徴なのです。

かまってちゃん、あるいはさみしがりや

ウサギ系女子は基本的にさみしがりやのイメージがあります。

誰かと話したり、食べに行ったりしている時はにこにこしていますが、一人になると急にさみしくなります。

でも自ら、遊びに出歩いたりすることはおっくうでなかなかできません。

もちろん自分から連絡を友人や彼氏に積極的に連絡をとることができる人もいますが、多くは受けや待ちの姿勢の女性が多く、そういうさみしいときに、誰かから連絡があったり、遊びにいこうと誘われると喜んでついていきます。

また自分が慕っている相手には特にその傾向が強いです。

同性であっても特に自分が尊敬していたり、姉御肌の女性が近くにいると落ち着く傾向にあり、そういった人から連絡があったり、遊びにいこうと誘われたりするとすごく喜んでついていく傾向にあります。

外見において身長が小さめ、小動物にどこか似ている

一般的には身長が155cmくらいまでの女性で、動作が機敏だったりするとこの傾向が強くなります。

活動的な時はどこへでも出かけて行ったり、また暖かくなると必然的に外出も多くなります。

身長が小さめで、動きも機敏だったりすると、まだ知り合ったばかりの人からでも、ウサギ、あるいは小動物に似ていると言われることも少なくありません。

また目もクリクリしていたりするとさらに周りからそういわれることも多いです。

外見的特徴、あるいは動作の特徴からきているものなので、性格によるものではありません。

外見において服装などの身に着けているファッションがどこか女の子らしい

この特徴はあくまで、もってうまれた身体的特徴ではなく、服装などのファッションセンスによって ウサギ系女子と言われるケースです。

身に着けている服などが、薄めのホワイトやピンクが多かったり、秋や冬においてはふわふわ、もこもこしたファッションを 好んでしている女の子があげられます。

春夏においてもあまり女性らしさを誇張しすぎない、ホワイトやピンクのワンピースや小物を身に着けています。

ホワイトやピンクの外見から、周りの人やウサギを連想しやすく、また性格も上記にあげたようなさみしがりやなんかだと、さらにウサギ系女子と言われることが少なくありません。

食べるものが比較的緑黄色野菜などが多い

これは健康や外見を気にして、緑黄色野菜を好んで食べている、またはその食べている光景を他人によく見られているケースです。

一般的に緑黄色野菜を多く食べている女の子を見ると、特に異性はウサギを連想しやすいです。

一般的に男性は肉や炭水化物を好んで食べる人が多く、周りの同性では特に、緑黄色野菜を好んで食べる光景を見かけないことが多いからです。

レタスやホウレンソウ、ニンジンなどがこの緑黄色野菜にあたります。

健康や外見を気にして食べていることで、ウサギ系女子と言われるため、その他の外見的特徴や、性格的なものは これに含まれません。

仕事や生活において細かいことが得意である

これはあくまで外見的や性格的なものによるものではなく、イメージによるものです。

仕事や生活面において、細かいことに優れていて、その細かい作業をやっている女子を見ると、特に男性はウサギを思い浮かべます。

例えば細かいシール貼りや、裁縫、料理をしている光景などを見るとそういうイメージがわきやすいものです。

また仕事においても細かい事務作業や、ファイリングやホッチキスどめなどがこれにあたります。

ウサギが細かく野菜をかじって食べたり、藁を細工して寝床をつくったりする光景を幼少期に見ていると、それに重ねています。

これはあくまでイメージによるものなので、こういったときに本人にウサギ系女子だね、と話してみても、大概の場合、少し不思議そうな顔をしています。

モテる女子の代表であるウサギ系女子について、どんな特徴があるのか、主なものを7つ紹介しました。

ウサギ系女子がどうしてモテるかを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-