【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171125155142.html
Vネックが似合う女性の特徴

Vネックが似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
Vネックが似合う女性の特徴

Vネックが似合う女性には、共通する体型や顔の形があります。

女性が憧れるVネック美人の特徴をご紹介します。

  • 上半身に厚みがある
  • バストが大きめ
  • 顔が丸型または卵型
  • 少しぽっちゃり気味
  • 鎖骨が綺麗
  • 首の長さが短め
  • 胴が長い
  • いかり肩である
  • あごに不満がある
  • まとめ

1. 上半身に厚みがある

上半身に厚みがある

顔、首、胸元の肌を見せるVネックデザインは、上半身を縦長に、スッキリと見せる効果があります。

上半身に厚みがあったり、下半身より上半身のバランスが重い場合も、Vネックの着用が着やせ効果をもたらし、華奢に見せることにつながります。

上半身が細い女性がVネックを着ると、縦長効果により細さが強調され、貧相なイメージにつながるため、上半身にボリュームがある女性の方が似合うのです。

2. バストが大きめ

バストが大きめ

Vネックは胸の大きな女性に似合います。

丸襟やボートネック、クルーネック、ハイネック等より、バストを綺麗に見せてくれるデザインなのです。

しかし実際は、胸元のチラ見が気になり、セクシーすぎるという理由で、バストの大きな女性はVネックを敬遠しがちです。

大きいバストをいやらしくなく、強調せずに着るためには、V字の開き具合が大きな鍵となります。

適度な開きなら、美しいボディやバストラインが強調され、周囲にVネックが似合う印象をもたらします。

3. 顔が丸型または卵型

顔が丸型または卵型

顔が丸いまたは卵型の女性は、Vネックが似合います。

丸型の顔は可愛らしい印象をもたれがちですが、大人っぽさや女性らしさを強調したい時は、縦長要素を少し加えることが有効です。

そんな時こそVネックの出番です。

Vネックは胸元やデコルテを見せることで、顔の丸みをやわらげ、縦に長い印象を作ることができます。

Vネックと長めのネックレスやラリエット、スカーフ等を組み合わせれば、更に縦長効果を強調することができます。

4. 少しぽっちゃり気味

少しぽっちゃり気味

ぽっちゃり気味の女性も、Vネックを着れば、デコルテ部分がスッキリし、着やせ効果が期待できます。

ワードローブの中にVネックを組み入れ、定期的に着用することで、周囲からの評価も「思ってたより痩せてるのかも」と思われるようになります。

ただしVネックの中でも、胸元が見えるような深いVネックは、セクシーな印象がぐんとアップします。

下品な印象を感じさせることもあるので、その点は要注意です。

5. 鎖骨が綺麗

鎖骨が綺麗

Vネックは鎖骨を綺麗に見せるデザインです。

つまり、デコルテ部分の美しい女性に、特に似合う襟デザインといえます。

V字の切れ込みの角度が浅い、やや横に広がったVネックデザインの洋服は、綺麗な鎖骨を活かすことができ、爽やかな女性らしさや色っぽさ、上品なカジュアルさを演出したい時にぴったりです。

ネックレスやスカーフ、ショール等とVネックを組み合わせて、デコルテの美しさを強調するのにも向いています。

6. 首の長さが短め

首の長さが短め

首の長さが短いと、上半身全体が詰まって見えるため、実際より太った印象をもたれがちです。

特に丸襟を着た場合は、襟が鎖骨あたりにくることで、首と胸との間にはっきりとした境界線を作ってしまう形になります。

そんな時、Vネックならば、首からつながる肌が鎖骨の下まで見えるため、首が長いと錯覚させることができます。

また、首が長い人がVネックを着ると、首が長すぎてバランスが悪くなる場合があります。

首の長さが平均から短めくらいの方が、Vネックが似合うのです。

7. 胴が長い

胴が長い

胴が長い女性はVネックが似合います。

Vネックを着ることで、V字の切れ込み部分まで肌が露出するため、上半身をコンパクトに見せる効果が得られるためです。

胴が長い女性が、ハイネックを着ると、ウエストから顎にかけて上半身が強調され、ずん胴に見える傾向がありますが、Vネックはその逆の効果を狙うことができるのです。

8. いかり肩である

いかり肩である

いかり肩の女性は、Vネックが似合います。

V字の襟ぐりにより、デコルテ、鎖骨、胸元といったパーツが強調され、横に広がるいかり肩の印象を薄めてくれる効果があるからです。

またVネックは顔から胸元まで、肌を縦長に露出し強調するため、肩のラインの印象を適度に緩和してくれます。

いかり肩で、バストまわりも豊かではない、という場合は、ストールやネックレス等の小物を重ね付けすると、よりいかり肩が目立たなくなります。

9. あごに不満がある

あごに不満がある

あごに不満がある場合も、Vネックを着ることであごのラインがぼかされるので、結果的にVネックが似合う印象につながります。

二重あご、下あごが長い、しゃくれている等、あごの悩みを抱えている方は、あごを隠したい気持ちが先行し、タートルネックやクルーネック等を選びがちですが、これらはタートルの首部分であごのラインが強調されてしまうので、おすすめできません。

デコルテや鎖骨などを綺麗に見せるVネックの方が、あごのコンプレックス部分を上手くカバーすることができます。

まとめ

Vネックは、ややふくよかで丸みを帯びた体型や顔型の方が似合う襟のデザインです。

また上半身に厚みがある方やバランスの重心が高めの方、いかり肩の方も似合います。

またVネックと一口に言っても、V字のデザインは浅いもの、深いものとあり、ニットやカットソーの素材、色などにより印象もかなり変わります。

ぜひこれらを参考にして、ご自身に似合うVネックラインを選び、Vネック美人を目指してみてください。

Vネックが似合う女性には、共通する体型や顔の形があります。

女性が憧れるVネック美人の特徴をご紹介します。


上半身に厚みがある

顔、首、胸元の肌を見せるVネックデザインは、上半身を縦長に、スッキリと見せる効果があります。

上半身に厚みがあったり、下半身より上半身のバランスが重い場合も、Vネックの着用が着やせ効果をもたらし、華奢に見せることにつながります。

上半身が細い女性がVネックを着ると、縦長効果により細さが強調され、貧相なイメージにつながるため、上半身にボリュームがある女性の方が似合うのです。

バストが大きめ

Vネックは胸の大きな女性に似合います。

丸襟やボートネック、クルーネック、ハイネック等より、バストを綺麗に見せてくれるデザインなのです。

しかし実際は、胸元のチラ見が気になり、セクシーすぎるという理由で、バストの大きな女性はVネックを敬遠しがちです。

大きいバストをいやらしくなく、強調せずに着るためには、V字の開き具合が大きな鍵となります。

適度な開きなら、美しいボディやバストラインが強調され、周囲にVネックが似合う印象をもたらします。

顔が丸型または卵型

顔が丸いまたは卵型の女性は、Vネックが似合います。

丸型の顔は可愛らしい印象をもたれがちですが、大人っぽさや女性らしさを強調したい時は、縦長要素を少し加えることが有効です。

そんな時こそVネックの出番です。

Vネックは胸元やデコルテを見せることで、顔の丸みをやわらげ、縦に長い印象を作ることができます。

Vネックと長めのネックレスやラリエット、スカーフ等を組み合わせれば、更に縦長効果を強調することができます。

少しぽっちゃり気味

ぽっちゃり気味の女性も、Vネックを着れば、デコルテ部分がスッキリし、着やせ効果が期待できます。

ワードローブの中にVネックを組み入れ、定期的に着用することで、周囲からの評価も「思ってたより痩せてるのかも」と思われるようになります。

ただしVネックの中でも、胸元が見えるような深いVネックは、セクシーな印象がぐんとアップします。

下品な印象を感じさせることもあるので、その点は要注意です。

鎖骨が綺麗

Vネックは鎖骨を綺麗に見せるデザインです。

つまり、デコルテ部分の美しい女性に、特に似合う襟デザインといえます。

V字の切れ込みの角度が浅い、やや横に広がったVネックデザインの洋服は、綺麗な鎖骨を活かすことができ、爽やかな女性らしさや色っぽさ、上品なカジュアルさを演出したい時にぴったりです。

ネックレスやスカーフ、ショール等とVネックを組み合わせて、デコルテの美しさを強調するのにも向いています。

首の長さが短め

首の長さが短いと、上半身全体が詰まって見えるため、実際より太った印象をもたれがちです。

特に丸襟を着た場合は、襟が鎖骨あたりにくることで、首と胸との間にはっきりとした境界線を作ってしまう形になります。

そんな時、Vネックならば、首からつながる肌が鎖骨の下まで見えるため、首が長いと錯覚させることができます。

また、首が長い人がVネックを着ると、首が長すぎてバランスが悪くなる場合があります。

首の長さが平均から短めくらいの方が、Vネックが似合うのです。

胴が長い

胴が長い女性はVネックが似合います。

Vネックを着ることで、V字の切れ込み部分まで肌が露出するため、上半身をコンパクトに見せる効果が得られるためです。

胴が長い女性が、ハイネックを着ると、ウエストから顎にかけて上半身が強調され、ずん胴に見える傾向がありますが、Vネックはその逆の効果を狙うことができるのです。

いかり肩である

いかり肩の女性は、Vネックが似合います。

V字の襟ぐりにより、デコルテ、鎖骨、胸元といったパーツが強調され、横に広がるいかり肩の印象を薄めてくれる効果があるからです。

またVネックは顔から胸元まで、肌を縦長に露出し強調するため、肩のラインの印象を適度に緩和してくれます。

いかり肩で、バストまわりも豊かではない、という場合は、ストールやネックレス等の小物を重ね付けすると、よりいかり肩が目立たなくなります。

あごに不満がある

あごに不満がある場合も、Vネックを着ることであごのラインがぼかされるので、結果的にVネックが似合う印象につながります。

二重あご、下あごが長い、しゃくれている等、あごの悩みを抱えている方は、あごを隠したい気持ちが先行し、タートルネックやクルーネック等を選びがちですが、これらはタートルの首部分であごのラインが強調されてしまうので、おすすめできません。

デコルテや鎖骨などを綺麗に見せるVネックの方が、あごのコンプレックス部分を上手くカバーすることができます。

Vネックは、ややふくよかで丸みを帯びた体型や顔型の方が似合う襟のデザインです。

また上半身に厚みがある方やバランスの重心が高めの方、いかり肩の方も似合います。

またVネックと一口に言っても、V字のデザインは浅いもの、深いものとあり、ニットやカットソーの素材、色などにより印象もかなり変わります。

ぜひこれらを参考にして、ご自身に似合うVネックラインを選び、Vネック美人を目指してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-