【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171125132431.html
クリーミー系女子の特徴

クリーミー系女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
クリーミー系女子の特徴

クリーミー系女子は男性も女性も甘えたくなるような癒し系女子のことですが、そのような甘さが人を惹きつけるとはいえ、注意しないと意外な結末を見ることもあります。

そんなクリーミー系女子の8つ特徴を考えてみましょう。

  • 癒してくれる
  • 多くを要求しない
  • ねぎらってくれる
  • 実は裏表があるかもしれない
  • 細かいことを気にしない
  • 限界に達してキレる
  • 癒し系だがそれだけかもしれない
  • 来るもの拒まずの部分がある
  • まとめ

1. 癒してくれる

癒してくれる

のんびりしていて相手をほっとさせる特質があることで、男性たちは甘えたくなるような存在になります。

仕事や人間関係のストレスを抱えている男性にとって、そのような気持ちを楽にさせてくれる女性というのは本当にありがたいですし、癒してくれる女性のそばにずーっといたいという思いにもなることでしょう。

今の時代に男が求めているものを与えてくれる甘い癒し、それがクリーミー系女子です。

2. 多くを要求しない

多くを要求しない

頼りない男性だともっとしっかりして、と多くを要求したくなるものですが、クリーミー系女子というのはそのような男性を包んでしまうような優しさがあり、そうしたことをしません。

今の現状を受け入れてくれる点、そして厳しくダメ出しをしてこないことが男性にとって天使のように思えるほど素敵な女性なのです。

3. ねぎらってくれる

ねぎらってくれる

できていないところばかりを指摘されるとつらくなって落ち込んでしまうものですが、クリーミー系女子はどちらかというと、そうした思考ではなく、今現在できている良い点を褒めてねぎらってくれるところがあります。

難しい中で良く頑張っているよ、と言われると男性の自尊心は高まるし、落ち込むどころか元気が出てくるものです。

そんなねぎらいの言葉をかけてくれるのがとっても優しいクリーミー系女子なのです。

4. 実は裏表があるかもしれない

実は裏表があるかもしれない

クリーミー系女子は男にモテるのは間違いないのですが、そんな甘くて癒しの女性も実は裏では違う顔を持っているかもしれません。

男性といる時には優しいのですが、同性といる時にはもっときつい感じだったりすることがあります。

モテるために表面を繕っているだけかもしれず、男性としてはそうした女性に甘えすぎるとそのうちに本性を現すことになるかもしれません。

5. 細かいことを気にしない

細かいことを気にしない

クリーミー系女子は細かいことを気にしません。

男と女ですから些細な違いにも気になることは出てくるし、不快と思えるようなこともあるわけですが、男性としては自分を変えるのはそう簡単なことではないので、気になることを指摘されると険悪ムードになってしまうこともあるわけですが、細かいことを気にしない女性であるゆえに男性は一緒にいて楽と感じるのです。

6. 限界に達してキレる

限界に達してキレる

クリーミー系女子というのは人を癒すことができるので、同性からも異性からもモテるという人気者になります。

ですがあまりに人のことばかり構っていて相手に与えてばかりいるとストレスが溜まってきます。

助けることばかりをしているとそのうちに限界に達してきてやがてちょっとしたことで突然キレてしまうのです。

その時に豹変ぶりは、いつもの癒し系ではなく、恐ろしいまでに怒りを爆発させた別の顔を示すことになるでしょう。

調子に乗りそうしたクリーミー系女子に甘えすぎると、ある時そんな修羅場がやってくるかもしれません。

7. 癒し系だがそれだけかもしれない

癒し系だがそれだけかもしれない

クリーミー女子というのは癒し系で男性が一緒にいたくなるタイプではあるのですが、どちらかというとその雰囲気での癒しや甘えさせてくれることだけで、それ以上のことはしてくれないかもしれません。

話を聞いてくれてもただ聞いてくれるだけ、なにかの提案やこうした方がいいかもというようなことはなく、建設的な関係へと発展するようななにかがないことがあります。

実際のところそのような女性は何を考えているのかよくわからないこともあるでしょう。

そしてダメな男性も受け入れてしまう部分があるために、相手のためを思っているのではない場合もあります。

8. 来るもの拒まずの部分がある

来るもの拒まずの部分がある

自分に近寄ってくる人たちに対しては誰であっても受け入れてしまうところがあります。

それは優しさでもあるのですが、そのようなクリーミーな女性は自分からは積極的に動こうとしませんし、相手に関心を向けることも少ないものです。

つまり甘えにくるような人たちを受け入れるものの、自分から癒そうとか親しくなろうとして近づくということはあまりないのです。

まとめ

クリーミー系女子というのは男性の間で間違いなく人気になります。

ほんわりしていて優しくて見ているだけでその雰囲気だけで癒されるという女性はモテるのです。

とはいえその女性はそうした雰囲気を持っているだけで内面そのものに魅力があるとは限りません。

それでクリーミー女子は人気で異性にも困らないほど男が寄ってくるかもしれませんが、本命と言えるような素敵な男性との恋が発展していくことは意外にも少ないかもしれません。

癒し系の特質にプラスアルファとなるような、強さや行動力、本当の優しさを示すことができるような女性を目指していくことができるのではないでしょうか。

クリーミー系女子は男性も女性も甘えたくなるような癒し系女子のことですが、そのような甘さが人を惹きつけるとはいえ、注意しないと意外な結末を見ることもあります。

そんなクリーミー系女子の8つ特徴を考えてみましょう。


癒してくれる

のんびりしていて相手をほっとさせる特質があることで、男性たちは甘えたくなるような存在になります。

仕事や人間関係のストレスを抱えている男性にとって、そのような気持ちを楽にさせてくれる女性というのは本当にありがたいですし、癒してくれる女性のそばにずーっといたいという思いにもなることでしょう。

今の時代に男が求めているものを与えてくれる甘い癒し、それがクリーミー系女子です。

多くを要求しない

頼りない男性だともっとしっかりして、と多くを要求したくなるものですが、クリーミー系女子というのはそのような男性を包んでしまうような優しさがあり、そうしたことをしません。

今の現状を受け入れてくれる点、そして厳しくダメ出しをしてこないことが男性にとって天使のように思えるほど素敵な女性なのです。

ねぎらってくれる

できていないところばかりを指摘されるとつらくなって落ち込んでしまうものですが、クリーミー系女子はどちらかというと、そうした思考ではなく、今現在できている良い点を褒めてねぎらってくれるところがあります。

難しい中で良く頑張っているよ、と言われると男性の自尊心は高まるし、落ち込むどころか元気が出てくるものです。

そんなねぎらいの言葉をかけてくれるのがとっても優しいクリーミー系女子なのです。

実は裏表があるかもしれない

クリーミー系女子は男にモテるのは間違いないのですが、そんな甘くて癒しの女性も実は裏では違う顔を持っているかもしれません。

男性といる時には優しいのですが、同性といる時にはもっときつい感じだったりすることがあります。

モテるために表面を繕っているだけかもしれず、男性としてはそうした女性に甘えすぎるとそのうちに本性を現すことになるかもしれません。

細かいことを気にしない

クリーミー系女子は細かいことを気にしません。

男と女ですから些細な違いにも気になることは出てくるし、不快と思えるようなこともあるわけですが、男性としては自分を変えるのはそう簡単なことではないので、気になることを指摘されると険悪ムードになってしまうこともあるわけですが、細かいことを気にしない女性であるゆえに男性は一緒にいて楽と感じるのです。

限界に達してキレる

クリーミー系女子というのは人を癒すことができるので、同性からも異性からもモテるという人気者になります。

ですがあまりに人のことばかり構っていて相手に与えてばかりいるとストレスが溜まってきます。

助けることばかりをしているとそのうちに限界に達してきてやがてちょっとしたことで突然キレてしまうのです。

その時に豹変ぶりは、いつもの癒し系ではなく、恐ろしいまでに怒りを爆発させた別の顔を示すことになるでしょう。

調子に乗りそうしたクリーミー系女子に甘えすぎると、ある時そんな修羅場がやってくるかもしれません。

癒し系だがそれだけかもしれない

クリーミー女子というのは癒し系で男性が一緒にいたくなるタイプではあるのですが、どちらかというとその雰囲気での癒しや甘えさせてくれることだけで、それ以上のことはしてくれないかもしれません。

話を聞いてくれてもただ聞いてくれるだけ、なにかの提案やこうした方がいいかもというようなことはなく、建設的な関係へと発展するようななにかがないことがあります。

実際のところそのような女性は何を考えているのかよくわからないこともあるでしょう。

そしてダメな男性も受け入れてしまう部分があるために、相手のためを思っているのではない場合もあります。

来るもの拒まずの部分がある

自分に近寄ってくる人たちに対しては誰であっても受け入れてしまうところがあります。

それは優しさでもあるのですが、そのようなクリーミーな女性は自分からは積極的に動こうとしませんし、相手に関心を向けることも少ないものです。

つまり甘えにくるような人たちを受け入れるものの、自分から癒そうとか親しくなろうとして近づくということはあまりないのです。

クリーミー系女子というのは男性の間で間違いなく人気になります。

ほんわりしていて優しくて見ているだけでその雰囲気だけで癒されるという女性はモテるのです。

とはいえその女性はそうした雰囲気を持っているだけで内面そのものに魅力があるとは限りません。

それでクリーミー女子は人気で異性にも困らないほど男が寄ってくるかもしれませんが、本命と言えるような素敵な男性との恋が発展していくことは意外にも少ないかもしれません。

癒し系の特質にプラスアルファとなるような、強さや行動力、本当の優しさを示すことができるような女性を目指していくことができるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-