【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171124170714.html
和装美人の特徴

和装美人の特徴 | LADYCO

LADYCO
和装美人の特徴

着物が似合う女性には共通する特徴があります。

着物向きの体型や顔立ち、髪型などの理由を交えてご紹介します。

  • ずん胴である
  • なで肩である
  • ふくよかな女性である
  • 鳩胸である
  • 色白で大人しい顔立ちである
  • 髪の生え際が綺麗である
  • うなじが綺麗である
  • 首が細く長い
  • 背筋がピンとしている
  • まとめ

1. ずん胴である

ずん胴である

着物は、西洋で好まれるメリハリのあるナイスバディより、凹凸が少ない日本女性の体型である「ずん胴」の方が似合います。

バストトップとアンダーバストとの差が少なく、ウエストが太めな「ずん胴」は、洋装の際にはあまり好まれない体型ですが、着物の世界では女性らしいなだらかな丸みを大切にするため、日本女性の昔からのプロポーションに近い方が似合うのです。

2. なで肩である

なで肩である

着物は、日本の女性の体型に合わせてデザインされたファッションです。

日本の女性は、西洋の女性と比較して、なで肩で肩幅が狭く、腕の長さも短いのですが、着物はその角度や長さに合うように、衿から袖まで設計されています。

細すぎるウエストや大きすぎるバストはタオルやブラ等である程度補正できますが、いかり肩は補正が効きにくく、なで肩であることは着物が似合う条件の一つと言えます。

3. ふくよかな女性である

ふくよかな女性である

着物は四角い布を縫い合わせて作られています。

洋服の場合はダーツやタック等を巧みに使い、身体の凹凸にあわせてデザインしますが、着物は女性の体型を筒状に捉え、どんな体型の女性でも着られるようにデザインされています。

細い女性の場合は、帯の部分にシワが寄るため、くびれ部分にタオル等を巻いて太く補正してから着用するほどです。

少しふくよかな女性の方が似合う服装と言えます。

4. 鳩胸である

鳩胸である

着物は、ふくよかな体型の女性の方が似合いますが、特にバストがふっくらとしている「鳩胸」なら、より魅力的で綺麗に見えます。

適度なでっぱりの鳩胸であれば、着物の胸元や衿元などに浮きやしわが寄りにくく、着崩れしにくいというメリットもあります。

鳩胸に見せるため、着物の下にタオルやガーゼや専用ブラジャーで補正することもあります。

鳩胸は洋服を着る際は、太って見えるなどデメリットと言われることがありますが、着物においては利点といえます。

5. 色白で大人しい顔立ちである

色白で大人しい顔立ちである

顔立ちは、比較的色白で大人しい方が、着物に似合います。

大和撫子や和装美人は、伝統的に控えめな女性を連想させるため、主張のある個性的な顔立ちより、大人しい印象の顔立ちの方が控えめなイメージと合致しやすいためです。

目が二重でパッチリしている、唇がぽってりしている等、洋装的にはプラスととらえられる顔の特徴も、着物の場合は、こうした飛びぬけた特徴がない方が好まれる傾向にあります。

和装の際、ファンデーションはやや白め、メイクはナチュラル、リップは実際の唇より少し小さめに描くのがメイクのセオリーです。

6. 髪の生え際が綺麗である

髪の生え際が綺麗である

着物に似合う髪型として、短めの髪なら、前髪をあげて額を出したショートボブやショートカット、長めならアップスタイルが挙げられます。

こうしたおでこを出すヘアスタイルで目立つのが「生え際」です。

和装には伝統的に「富士額(ふじびたい)」と呼ばれる生え際が似合うとされ、古来より美人の条件にも挙げられてきました。

生え際と共に額も目立ちますので、和装の前に顔の産毛を剃って整えることも大切です。

7. うなじが綺麗である

うなじが綺麗である

着物を着る際は、襟元を美しく見せるため、長い髪の場合はアップスタイルすることが多いですが、この髪型はうなじがとても目立つちます。

落ち着いた印象をもたせるため、髪を低めの位置で結んだ場合は比較的目立ちませんが、成人式や晴れ着として着たい場合は、高い位置で髪を結ぶほど華やかな印象になり、目立ちます。

うなじの美しいと着物が似合っている印象が格段に高まりますので、うなじが綺麗に見えるよう襟足をキレイに整える(剃る)ことが大切です。

自分一人で行うのが難しい場合は、家族や美容師さんに頼んでみましょう。

8. 首が細く長い

首が細く長い

着物は、体型全体が筒型であることが好まれますが、バストトップだけに特化すると、衿元と首すじの美しさを重要視します。

着物の世界では、細く長い首と白いうなじが良い印象につながるとされ、これらが綺麗であることが着物の似合う女性の特徴といえます。

着物は、身体の大部分が布に包まれてしまい、プロポーションが分かりにくい分、首の長さや細さに特別な女性らしさを感じさせるのです。

9. 背筋がピンとしている

背筋がピンとしている

着物は背筋がピンと伸びている方が印象がよく、とても似合って見えます。

着物は下に肌着を着たり、タオルで補正したり等、見た目より何枚も着込んでいます。

その上、幅の広い帯で締めあげ、後ろには大きな帯結びを施している場合もあり、身体が支えられているような感覚で、背筋を伸ばしやすいファッションです。

しかし長時間着ていると疲れてしまい猫背気味になりがちです。

着物を着用している間は、がんばって背筋を伸ばすことを心掛けましょう。

まとめ

着物が似合う体型や髪型、顔立ち等の特徴を一つずつご紹介しましたが、着物は概して、一般的な日本女性に似合うファッションと言えます。

着物の柄行きや帯・小物選び、肌の手入れ、メイク、体型補正や背筋を伸ばす等の心掛けにより、更に印象をよくしていくことも可能です。

ぜひこれらを参考にして着物が似合う女性を目指してみてください。

着物が似合う女性には共通する特徴があります。

着物向きの体型や顔立ち、髪型などの理由を交えてご紹介します。


ずん胴である

着物は、西洋で好まれるメリハリのあるナイスバディより、凹凸が少ない日本女性の体型である「ずん胴」の方が似合います。

バストトップとアンダーバストとの差が少なく、ウエストが太めな「ずん胴」は、洋装の際にはあまり好まれない体型ですが、着物の世界では女性らしいなだらかな丸みを大切にするため、日本女性の昔からのプロポーションに近い方が似合うのです。

なで肩である

着物は、日本の女性の体型に合わせてデザインされたファッションです。

日本の女性は、西洋の女性と比較して、なで肩で肩幅が狭く、腕の長さも短いのですが、着物はその角度や長さに合うように、衿から袖まで設計されています。

細すぎるウエストや大きすぎるバストはタオルやブラ等である程度補正できますが、いかり肩は補正が効きにくく、なで肩であることは着物が似合う条件の一つと言えます。

ふくよかな女性である

着物は四角い布を縫い合わせて作られています。

洋服の場合はダーツやタック等を巧みに使い、身体の凹凸にあわせてデザインしますが、着物は女性の体型を筒状に捉え、どんな体型の女性でも着られるようにデザインされています。

細い女性の場合は、帯の部分にシワが寄るため、くびれ部分にタオル等を巻いて太く補正してから着用するほどです。

少しふくよかな女性の方が似合う服装と言えます。

鳩胸である

着物は、ふくよかな体型の女性の方が似合いますが、特にバストがふっくらとしている「鳩胸」なら、より魅力的で綺麗に見えます。

適度なでっぱりの鳩胸であれば、着物の胸元や衿元などに浮きやしわが寄りにくく、着崩れしにくいというメリットもあります。

鳩胸に見せるため、着物の下にタオルやガーゼや専用ブラジャーで補正することもあります。

鳩胸は洋服を着る際は、太って見えるなどデメリットと言われることがありますが、着物においては利点といえます。

色白で大人しい顔立ちである

顔立ちは、比較的色白で大人しい方が、着物に似合います。

大和撫子や和装美人は、伝統的に控えめな女性を連想させるため、主張のある個性的な顔立ちより、大人しい印象の顔立ちの方が控えめなイメージと合致しやすいためです。

目が二重でパッチリしている、唇がぽってりしている等、洋装的にはプラスととらえられる顔の特徴も、着物の場合は、こうした飛びぬけた特徴がない方が好まれる傾向にあります。

和装の際、ファンデーションはやや白め、メイクはナチュラル、リップは実際の唇より少し小さめに描くのがメイクのセオリーです。

髪の生え際が綺麗である

着物に似合う髪型として、短めの髪なら、前髪をあげて額を出したショートボブやショートカット、長めならアップスタイルが挙げられます。

こうしたおでこを出すヘアスタイルで目立つのが「生え際」です。

和装には伝統的に「富士額(ふじびたい)」と呼ばれる生え際が似合うとされ、古来より美人の条件にも挙げられてきました。

生え際と共に額も目立ちますので、和装の前に顔の産毛を剃って整えることも大切です。

うなじが綺麗である

着物を着る際は、襟元を美しく見せるため、長い髪の場合はアップスタイルすることが多いですが、この髪型はうなじがとても目立つちます。

落ち着いた印象をもたせるため、髪を低めの位置で結んだ場合は比較的目立ちませんが、成人式や晴れ着として着たい場合は、高い位置で髪を結ぶほど華やかな印象になり、目立ちます。

うなじの美しいと着物が似合っている印象が格段に高まりますので、うなじが綺麗に見えるよう襟足をキレイに整える(剃る)ことが大切です。

自分一人で行うのが難しい場合は、家族や美容師さんに頼んでみましょう。

首が細く長い

着物は、体型全体が筒型であることが好まれますが、バストトップだけに特化すると、衿元と首すじの美しさを重要視します。

着物の世界では、細く長い首と白いうなじが良い印象につながるとされ、これらが綺麗であることが着物の似合う女性の特徴といえます。

着物は、身体の大部分が布に包まれてしまい、プロポーションが分かりにくい分、首の長さや細さに特別な女性らしさを感じさせるのです。

背筋がピンとしている

着物は背筋がピンと伸びている方が印象がよく、とても似合って見えます。

着物は下に肌着を着たり、タオルで補正したり等、見た目より何枚も着込んでいます。

その上、幅の広い帯で締めあげ、後ろには大きな帯結びを施している場合もあり、身体が支えられているような感覚で、背筋を伸ばしやすいファッションです。

しかし長時間着ていると疲れてしまい猫背気味になりがちです。

着物を着用している間は、がんばって背筋を伸ばすことを心掛けましょう。

着物が似合う体型や髪型、顔立ち等の特徴を一つずつご紹介しましたが、着物は概して、一般的な日本女性に似合うファッションと言えます。

着物の柄行きや帯・小物選び、肌の手入れ、メイク、体型補正や背筋を伸ばす等の心掛けにより、更に印象をよくしていくことも可能です。

ぜひこれらを参考にして着物が似合う女性を目指してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-