【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171123171003.html
男子に守ってあげたいと思われる女子の特徴

男子に守ってあげたいと思われる女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
男子に守ってあげたいと思われる女子の特徴

女子なら男子に守られたいと願っている人も多いでしょう。

同性であってもそんな女子は女らしく魅力的に見えるものです。

その特徴を知って参考にしてみてください。

  • 涙もろい
  • 細身で弱々しい
  • 口下手で言い返せない
  • 鈍くさい
  • 天然ボケキャラ
  • キツい友達に囲まれている
  • 頑張り屋さん
  • 男子の中で頑張っている
  • まとめ

1. 涙もろい

涙もろい

男子に守ってあげたいと感じてもらうために涙もろい女を見せつけてくるようなズルい女子もいますが、男子はそれに気づくことができず、つい「守ってあげないと!」と思ってしまうことがあります。

女子から見ればすぐにわかるような演技でも、ウブで鈍感な男子はむしろ女らしくて可愛げがあるというように捉えてしまいます。

感受性豊かなために嬉しい時や楽しい時にまで涙が出てしまう女子もいますが、そっちのタイプなら同性からも好印象を持たれて好かれて人気者になりやすいものです。

2. 細身で弱々しい

細身で弱々しい

人は見た目でその人がどんな人なのかを判断しがちなところがあります。

そのため、相手をよく知らないからこそ細身で弱々しく見える女子に対して守ってあげなければいけない相手と判断することもよくあるでしょう。

女子同士ですらそう感じやすいので、女子をよく理解していない男子ならなおさらです。

細身で弱々しい女子は力がないとか、気が弱いと思われることが多く、つい元気がないと悩んでいるのではないかと思ってしまったり、重いものは持てないだろうと手を貸してあげたくなってしまいます。

3. 口下手で言い返せない

口下手で言い返せない

口下手でうまく言い返せない女子に対して守ってあげたいと感じる男子は、自分が同じように苦労していることで助けてほしいという気持ちが理解できるため、守ってあげたくなるでしょう。

また、説得力に自信がある男子もそれができない女子を守ろうと出来る余裕があるので助けようと動きます。

しかし、じれったくて好きになれないというせっかちな男子もおり、口下手なら誰もが守ってくれるとは言い切れません。

日頃の行いや可愛い女子であるかによってもどちらかに分かれそうです。

4. 鈍くさい

鈍くさい

鈍くさい女子は優しい性格の男子なら「自分がいないとダメな子」と判断して守りたくなります。

男子は自分で何でもできるような女子なんて必要ないと思ってしまい、鈍くさくて男の手助けを求めてくれるような女子こそ彼女や友達にしたいなんて思うのです。

キツい性格の男子には見向きもされないかもしれません。

また、鈍くさくても覚えようとしなかったり開き直るようでもダメです。

不器用なのにひたむきに努力する姿が男子の心をつかみます。

5. 天然ボケキャラ

天然ボケキャラ

男子は女子の天然ボケを可愛いと思うことが多いようです。

ちょっとヌケている女子に対して同性は「あざとい」と思ったりもしますが、男子は単純に可愛らしく感じたりつっこんでイチャイチャ仲良くしたくなります。

顔が可愛いという点がプラスされた女子であれば、男子がハマる魅力たくさん備えている女子として他の男に取られたくないという思いもより強くなります。

守ることでそばに置いておきたいという感情が生まれ、つっこめるのも自分だけという優越感に浸ろうとするでしょう。

6. キツい友達に囲まれている

キツい友達に囲まれている

キツい性格の女友達の中には強く意見を言えないような控えめな女子がグループ内にまざっていることもありますが、女子間の関係性をよく理解していない男子から見るとタイプの違うもの同士が一緒にいるということで危うく見えてしまいます。

本当は嫌なのに仲間に入れられているのではないかとか、利用されているのではないかと心配になり、気になって守りたくなってしまいます。

7. 頑張り屋さん

頑張り屋さん

男子女子関係なく頑張り屋さんは守ってあげたくなります。

頑張ることができる人ですから、本当なら人の助けなどなくてもどうにかできるような人のはずです。

しかし、頑張っている姿が時に痛々しくも見え、追い込まれたり失敗して傷つくのを勝手に予想してそばにいてあげたくなってしまいます。

頑張り屋さんが一目置かれたり人気者になるのはこういった理由からではないでしょうか。

8. 男子の中で頑張っている

男子の中で頑張っている

男子が多い世界で女子というところを見せずに男子並みに頑張っている女子は、ただ頑張っている女子以上の苦労を感じさせます。

女であることを捨ててまで何かに真剣に取り組むその姿を見ると、いつも何人かでつるんでいる女子達よりもかっこよく見えますし、一層孤独にも見えて守りたくなります。

たまには女子であることを思い出させてみたいという欲求も生まれたりします。

まとめ

男子に守ってあげたいと思われるような女子は「弱々しくて頼りない」という場合と「無理しているように見えて可哀想に感じる」という2つのパターンに分けられます。

ただ、本人からすると勝手なイメージを持たれることで傷ついたりイライラしてしまうこともあり、下心で近づいてくる悪い男に見えてしまう時もあります。

相手が信頼して委ねてくれるのを望むのであれば、まずは対等な付き合いから始めて心を開いてもらう努力から意識するといいですね。

女子なら男子に守られたいと願っている人も多いでしょう。

同性であってもそんな女子は女らしく魅力的に見えるものです。

その特徴を知って参考にしてみてください。


涙もろい

男子に守ってあげたいと感じてもらうために涙もろい女を見せつけてくるようなズルい女子もいますが、男子はそれに気づくことができず、つい「守ってあげないと!」と思ってしまうことがあります。

女子から見ればすぐにわかるような演技でも、ウブで鈍感な男子はむしろ女らしくて可愛げがあるというように捉えてしまいます。

感受性豊かなために嬉しい時や楽しい時にまで涙が出てしまう女子もいますが、そっちのタイプなら同性からも好印象を持たれて好かれて人気者になりやすいものです。

細身で弱々しい

人は見た目でその人がどんな人なのかを判断しがちなところがあります。

そのため、相手をよく知らないからこそ細身で弱々しく見える女子に対して守ってあげなければいけない相手と判断することもよくあるでしょう。

女子同士ですらそう感じやすいので、女子をよく理解していない男子ならなおさらです。

細身で弱々しい女子は力がないとか、気が弱いと思われることが多く、つい元気がないと悩んでいるのではないかと思ってしまったり、重いものは持てないだろうと手を貸してあげたくなってしまいます。

口下手で言い返せない

口下手でうまく言い返せない女子に対して守ってあげたいと感じる男子は、自分が同じように苦労していることで助けてほしいという気持ちが理解できるため、守ってあげたくなるでしょう。

また、説得力に自信がある男子もそれができない女子を守ろうと出来る余裕があるので助けようと動きます。

しかし、じれったくて好きになれないというせっかちな男子もおり、口下手なら誰もが守ってくれるとは言い切れません。

日頃の行いや可愛い女子であるかによってもどちらかに分かれそうです。

鈍くさい

鈍くさい女子は優しい性格の男子なら「自分がいないとダメな子」と判断して守りたくなります。

男子は自分で何でもできるような女子なんて必要ないと思ってしまい、鈍くさくて男の手助けを求めてくれるような女子こそ彼女や友達にしたいなんて思うのです。

キツい性格の男子には見向きもされないかもしれません。

また、鈍くさくても覚えようとしなかったり開き直るようでもダメです。

不器用なのにひたむきに努力する姿が男子の心をつかみます。

天然ボケキャラ

男子は女子の天然ボケを可愛いと思うことが多いようです。

ちょっとヌケている女子に対して同性は「あざとい」と思ったりもしますが、男子は単純に可愛らしく感じたりつっこんでイチャイチャ仲良くしたくなります。

顔が可愛いという点がプラスされた女子であれば、男子がハマる魅力たくさん備えている女子として他の男に取られたくないという思いもより強くなります。

守ることでそばに置いておきたいという感情が生まれ、つっこめるのも自分だけという優越感に浸ろうとするでしょう。

キツい友達に囲まれている

キツい性格の女友達の中には強く意見を言えないような控えめな女子がグループ内にまざっていることもありますが、女子間の関係性をよく理解していない男子から見るとタイプの違うもの同士が一緒にいるということで危うく見えてしまいます。

本当は嫌なのに仲間に入れられているのではないかとか、利用されているのではないかと心配になり、気になって守りたくなってしまいます。

頑張り屋さん

男子女子関係なく頑張り屋さんは守ってあげたくなります。

頑張ることができる人ですから、本当なら人の助けなどなくてもどうにかできるような人のはずです。

しかし、頑張っている姿が時に痛々しくも見え、追い込まれたり失敗して傷つくのを勝手に予想してそばにいてあげたくなってしまいます。

頑張り屋さんが一目置かれたり人気者になるのはこういった理由からではないでしょうか。

男子の中で頑張っている

男子が多い世界で女子というところを見せずに男子並みに頑張っている女子は、ただ頑張っている女子以上の苦労を感じさせます。

女であることを捨ててまで何かに真剣に取り組むその姿を見ると、いつも何人かでつるんでいる女子達よりもかっこよく見えますし、一層孤独にも見えて守りたくなります。

たまには女子であることを思い出させてみたいという欲求も生まれたりします。

男子に守ってあげたいと思われるような女子は「弱々しくて頼りない」という場合と「無理しているように見えて可哀想に感じる」という2つのパターンに分けられます。

ただ、本人からすると勝手なイメージを持たれることで傷ついたりイライラしてしまうこともあり、下心で近づいてくる悪い男に見えてしまう時もあります。

相手が信頼して委ねてくれるのを望むのであれば、まずは対等な付き合いから始めて心を開いてもらう努力から意識するといいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-