【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171121134051.html
職場で特別扱いされる女性の特徴

職場で特別扱いされる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
職場で特別扱いされる女性の特徴

世の中は平等ではありません。

全く同じことをしていても、評価をされる人もいればされない人もいます。

きっと小学生くらいの、小さい子どもでさえそれを感じている子はいます。

つまり「特別扱い」をされる人とされない人が存在するのです。

では、どのような人が特別な扱いをされるのでしょうか。

今回は「特別扱いをされる女性の特徴」について書いていきます。

  • 末っ子である
  • スキのある女性
  • お酒が飲めること
  • リアクションの少し大きな女性
  • 感情表現が上手い女性
  • まとめ

1. 末っ子である

末っ子である

小さい頃から、お兄ちゃんやお姉ちゃんなどの「目上の人」がいる環境で育てば、そういった人の中での自分の立ち位置をしっかり身につけるのです。

少しでもお兄ちゃんやお姉ちゃんに興味を持ってもらって、遊んでもらえるように“気に入られよう"とするのです。

そういった資質を子どもの頃から培っていれば、大人になって社会人になってからでもそれを活かせられるのです。

そういった女性は、視野が広くどんな状況にも上手く馴染むことができるのです。

言い換えれば「空気を読む」ことができ、自分に最適なポジショニングが出来るのです。

そして、ときには甘え上手で、どこで自分の弱さをどのように出すかをわきまえています。

そうすることで、たとえ他の人と同じ仕事をさせられていても周りの人からは評価されやすくなるのです。

2. スキのある女性

スキのある女性

社会の中で異性と働いていると、少なからず異性を意識するものです。

それは男性も女性も同じです。

そして異性から関心をひくような“スキ"があれば、職場の中で目をかけてもらえる女性という存在になれるのです。

ある意味では、異性からの関心をひくのはリスクを伴います。

しかしだからこそ、得られるものも大きくなるのです。

たとえば、上司の男性からの関心が高くなれば、もし男女の関係を迫られたとき断りづらかったり、今後の仕事にも影響してきます。

しかしそれだけ職場において権力のある人に気に入られるということは、特別扱いをしてもらいやすくなるということです。

また同性から好感をもてるような“スキ"があれば、職場において手をかけてもらえる女性になるのです。

男性と女性とでは人を見る“目"が違います。

同性からの支持を得る場合には、男性に対して見せるスキとは違う「スキ」を使うのです。

どちらにせよ「スキ」を上手に使うには「計算高さ」が必要です。

これに関しては、ほとんどの女性が持ち合わせているはずです。

女性とは、現実的でしたたかな生き物です。

いくら美辞麗句を並べようとも、自分の生きていくための能力として持っているはずです。

3. お酒が飲めること

お酒が飲めること

特別扱いをされるということは、心理的な距離感が近いということです。

もしくは、近づきたいという心理です。

そして、人との距離感を手っ取り早く近づける最大のアイテムはお酒です。

お酒の力によって人の心をオープンにし、ときには良い意味で判断力を鈍らせるのです。

お酒の席で立ち振る舞いの上手い女性は、仕事では会うこともできないような会社のトップのいる席にも呼ばれることもあるくらいです。

仕事とは違う土俵で、評価を得てそれが結果的に仕事にも活かされるのです。

4. リアクションの少し大きな女性

リアクションの少し大きな女性

女性の笑い声や、表情、言動というものは場の雰囲気を華やかにします。

そういった理由から、空気感をパッと明るくするような女性の周りには人が集まりやすくなります。

かといって、リアクションが大きすぎるとあまり良い印象を持たれません。

特に職場という環境であれば、好まれないでしょう。

5. 感情表現が上手い女性

感情表現が上手い女性

職場で特別扱いをされるといのは、上司に好かれているという状況があります。

そういった「好かれる女性」の多くは失礼のないような感情表現をしているのです。

具体的に説明すると、上司の人に対して発する言葉はきちんと丁寧語や、尊敬語を使用します。

そして、上司の人から食事をご馳走になったりした場合の、感謝と嬉しさを表現するときには「ありがとうございます。

(わーい、やったー)うれしい」
というような言葉をチョイスしています。

感謝の言葉は、上司に対して発する言葉ですので「ありがとうございます」というようにきちんとした言葉を使います。

そして、嬉しさを表現する場合には、「嬉しいです」ではなくて「うれしい」という表現をすることで、まるで心の声が漏れているかのように感じさせるのです。

聞く方としても、自分の親切に対するお礼もしっかりもらい、社交辞令ではなく本当に喜んでくれていると感じます。

つまり、上司の人を気持ちよくさせ話のテクニックとして「感情表現の上手さ」というものがあるのです。

まとめ

いくつかの「職場で特別扱いをされる女性の特徴」について例を挙げましたが、共通する点として「空気が読めて愛嬌があること」ということがわかります。

多くの女性が社会進出している中、やはり少なからず女性らしさというのもひとつの武器になるのでしょう。

働く女性に「必須」とは言いませんが、自分の働く環境をより良くするためには持ち合わせておくと良い資質と言えるでしょう。

世の中は平等ではありません。

全く同じことをしていても、評価をされる人もいればされない人もいます。

きっと小学生くらいの、小さい子どもでさえそれを感じている子はいます。

つまり「特別扱い」をされる人とされない人が存在するのです。

では、どのような人が特別な扱いをされるのでしょうか。

今回は「特別扱いをされる女性の特徴」について書いていきます。


末っ子である

小さい頃から、お兄ちゃんやお姉ちゃんなどの「目上の人」がいる環境で育てば、そういった人の中での自分の立ち位置をしっかり身につけるのです。

少しでもお兄ちゃんやお姉ちゃんに興味を持ってもらって、遊んでもらえるように“気に入られよう"とするのです。

そういった資質を子どもの頃から培っていれば、大人になって社会人になってからでもそれを活かせられるのです。

そういった女性は、視野が広くどんな状況にも上手く馴染むことができるのです。

言い換えれば「空気を読む」ことができ、自分に最適なポジショニングが出来るのです。

そして、ときには甘え上手で、どこで自分の弱さをどのように出すかをわきまえています。

そうすることで、たとえ他の人と同じ仕事をさせられていても周りの人からは評価されやすくなるのです。

スキのある女性

社会の中で異性と働いていると、少なからず異性を意識するものです。

それは男性も女性も同じです。

そして異性から関心をひくような“スキ"があれば、職場の中で目をかけてもらえる女性という存在になれるのです。

ある意味では、異性からの関心をひくのはリスクを伴います。

しかしだからこそ、得られるものも大きくなるのです。

たとえば、上司の男性からの関心が高くなれば、もし男女の関係を迫られたとき断りづらかったり、今後の仕事にも影響してきます。

しかしそれだけ職場において権力のある人に気に入られるということは、特別扱いをしてもらいやすくなるということです。

また同性から好感をもてるような“スキ"があれば、職場において手をかけてもらえる女性になるのです。

男性と女性とでは人を見る“目"が違います。

同性からの支持を得る場合には、男性に対して見せるスキとは違う「スキ」を使うのです。

どちらにせよ「スキ」を上手に使うには「計算高さ」が必要です。

これに関しては、ほとんどの女性が持ち合わせているはずです。

女性とは、現実的でしたたかな生き物です。

いくら美辞麗句を並べようとも、自分の生きていくための能力として持っているはずです。

お酒が飲めること

特別扱いをされるということは、心理的な距離感が近いということです。

もしくは、近づきたいという心理です。

そして、人との距離感を手っ取り早く近づける最大のアイテムはお酒です。

お酒の力によって人の心をオープンにし、ときには良い意味で判断力を鈍らせるのです。

お酒の席で立ち振る舞いの上手い女性は、仕事では会うこともできないような会社のトップのいる席にも呼ばれることもあるくらいです。

仕事とは違う土俵で、評価を得てそれが結果的に仕事にも活かされるのです。

リアクションの少し大きな女性

女性の笑い声や、表情、言動というものは場の雰囲気を華やかにします。

そういった理由から、空気感をパッと明るくするような女性の周りには人が集まりやすくなります。

かといって、リアクションが大きすぎるとあまり良い印象を持たれません。

特に職場という環境であれば、好まれないでしょう。

感情表現が上手い女性

職場で特別扱いをされるといのは、上司に好かれているという状況があります。

そういった「好かれる女性」の多くは失礼のないような感情表現をしているのです。

具体的に説明すると、上司の人に対して発する言葉はきちんと丁寧語や、尊敬語を使用します。

そして、上司の人から食事をご馳走になったりした場合の、感謝と嬉しさを表現するときには「ありがとうございます。

(わーい、やったー)うれしい」
というような言葉をチョイスしています。

感謝の言葉は、上司に対して発する言葉ですので「ありがとうございます」というようにきちんとした言葉を使います。

そして、嬉しさを表現する場合には、「嬉しいです」ではなくて「うれしい」という表現をすることで、まるで心の声が漏れているかのように感じさせるのです。

聞く方としても、自分の親切に対するお礼もしっかりもらい、社交辞令ではなく本当に喜んでくれていると感じます。

つまり、上司の人を気持ちよくさせ話のテクニックとして「感情表現の上手さ」というものがあるのです。

いくつかの「職場で特別扱いをされる女性の特徴」について例を挙げましたが、共通する点として「空気が読めて愛嬌があること」ということがわかります。

多くの女性が社会進出している中、やはり少なからず女性らしさというのもひとつの武器になるのでしょう。

働く女性に「必須」とは言いませんが、自分の働く環境をより良くするためには持ち合わせておくと良い資質と言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-