【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171120165558.html
愛おしいと思われる女性の特徴

愛おしいと思われる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
愛おしいと思われる女性の特徴

女性なら誰しも、誰かに愛おしく思ってもらいたいものです。

どのような人が、愛おしく思ってもらえるのでしょうか。

  • 笑顔が素敵
  • 何事も努力をする
  • 誰かのために頑張ることが出来る
  • 他者の心配が出来る
  • フッと不器用さを見せる
  • 失敗しても諦めない
  • 辛い時も涙をこらえる
  • たまに涙を見せる
  • 誰にでも優しく出来る
  • まとめ

1. 笑顔が素敵

笑顔が素敵

誰に対しても、分け隔てなく偽りのない笑顔を向けられる人は、基本的に可愛らしく見えるものです。

笑顔を向けられて悪い気のする人はいないでしょう。

当たり前ではありますが、ブスッとしていたり、塞ぎ込んだりしていると、あまり良い印象は得られません。

そもそも、可愛らしいと思われることが、愛おしさを感じさせる大きな条件です。

心からの笑顔を向けることは、愛おしく思われる1つの要因なのです。

2. 何事も努力をする

何事も努力をする

どんなに大変なことや辛いことでも、それを乗り越えようと努力をしている姿は、人の胸を打つものです。

特に、一見か弱そうな女性が、落ち込んだり躓きながらも懸命に前に進もうとする姿は、誰しもが温かく見守ってあげたくなることでしょう。

そのように努力が出来る人は、どのような人からも愛おしく見られるものなのです。

3. 誰かのために頑張ることが出来る

誰かのために頑張ることが出来る

自分のために努力をしようとする人は沢山いるかと思います。

しかし、誰かのために頑張ることは、なかなか出来ることではありません。

特に、何の見返りもなく、ただただ本当にその人のために頑張ることが出来るということは、心からその人のことを思ってのことだと言えます。

そこまで人のことを考えられることは、それこそ好かれる要因でしょう。

そんな他人想いな人は、相手のみならず周囲の人からも愛おしく思われるのです。

4. 他者の心配が出来る

他者の心配が出来る

先ほど述べた『誰かのために頑張ることが出来る』と同じように、自分のことではなく他者のことを思いやって心配することが出来るのも、愛おしく思われる要因の1つです。

心配された当人は、『自分のために、こんなにも心配をしてくれるなんて』と嬉しくなるものです。

特に、その当人が男性だった場合、女性に心配そうな顔で『大丈夫?』などと覗き込まれようものなら、その可愛さに愛おしさがグッと増すことでしょう。

また、その問題解決に手を貸してくれると、より愛おしく感じるものです。

5. フッと不器用さを見せる

フッと不器用さを見せる

何事も完璧な人よりも、少しくらい不器用な部分を持った人の方が、愛おしさを感じるものです。

全てが不器用で何も出来ない人も愛おしいと思われることがありますが、一歩間違うとイライラされてしまう場合もあります。

どちらかというと、普段しっかりしている人が、思いがけず不器用なところを見せると、人間味を帯びて愛おしさが生まれるのです。

また、その不器用さを見た人が、『自分が見守ってあげないと危ない』と、包んであげたくなるような感情を持つこともあり、より愛おしさが増すのです。

6. 失敗しても諦めない

失敗しても諦めない

何事も上手くいかない時はあります。

失敗して落ち込むこともあるでしょう。

そんな時に、落ち込んだままであったり、逆に何も気にしないでいたりすると、よく思われないことがあります。

何かに失敗した時に、きちんと反省をしつつ、そこで諦めずに一生懸命前に進もうとする姿は、見ている人に好印象を与え、愛おしさを生むことがあるのです。

7. 辛い時も涙をこらえる

辛い時も涙をこらえる

先に述べたような仕事などで失敗をした時や、身近に不幸があった時、誰かにキツく当たられた時など、人には辛くて泣きたくなるような瞬間が多々あります。

そんな時、すぐに涙を見せずにこらえ、気丈に振る舞うことで『頑張っているな』という印象となり好感を持たれます。

また、こらえながらも、目には涙を溜めている等という状況だと、より愛おしく思われるものです。

8. たまに涙を見せる

たまに涙を見せる

先に述べたように、涙をこらえることは愛おしさを生みますが、そんな中でも、たまに涙を見せることも愛おしさを感じる1つの要因となります。

例えば、辛い仕事も弱音も吐かずに頑張っていながらも、フッと気の許せる人と二人になった瞬間に涙を溢すようなことがあると、その相手は、滅多に見ることのない涙と、自分を頼ってくれているという感情により、愛おしさを感じるのです。

また、自分が守ってあげたい等という感情が生まれることもあります。

涙を見せすぎるのもこらえすぎるのも愛おしさを求めるには良くないのです。

9. 誰にでも優しく出来る

誰にでも優しく出来る

どんな人にも、差別することなく優しく接している人も、愛おしく思われるものです。

もはや、苦手な人など居るのだろうかと思うほど皆に笑顔で優しく接していると、その姿自体が好感を持たれます。

優しくする相手が、子供だったり同世代だったり高齢者だったり、老若男女関係無くだと、より好感を持たれます。

また、裏表が無いような人の方が、愛おしさが増すものなのです。

まとめ

このように見ていくと、愛おしさを感じさせる人というのは、自分のことよりも人のことを思いやれる人であると言えます。

他者の心を掴むことが、愛おしさを感じてもらう第一歩と言えるのです。

何事も、自分自分にならないように気を付けたいものです。

女性なら誰しも、誰かに愛おしく思ってもらいたいものです。

どのような人が、愛おしく思ってもらえるのでしょうか。


笑顔が素敵

誰に対しても、分け隔てなく偽りのない笑顔を向けられる人は、基本的に可愛らしく見えるものです。

笑顔を向けられて悪い気のする人はいないでしょう。

当たり前ではありますが、ブスッとしていたり、塞ぎ込んだりしていると、あまり良い印象は得られません。

そもそも、可愛らしいと思われることが、愛おしさを感じさせる大きな条件です。

心からの笑顔を向けることは、愛おしく思われる1つの要因なのです。

何事も努力をする

どんなに大変なことや辛いことでも、それを乗り越えようと努力をしている姿は、人の胸を打つものです。

特に、一見か弱そうな女性が、落ち込んだり躓きながらも懸命に前に進もうとする姿は、誰しもが温かく見守ってあげたくなることでしょう。

そのように努力が出来る人は、どのような人からも愛おしく見られるものなのです。

誰かのために頑張ることが出来る

自分のために努力をしようとする人は沢山いるかと思います。

しかし、誰かのために頑張ることは、なかなか出来ることではありません。

特に、何の見返りもなく、ただただ本当にその人のために頑張ることが出来るということは、心からその人のことを思ってのことだと言えます。

そこまで人のことを考えられることは、それこそ好かれる要因でしょう。

そんな他人想いな人は、相手のみならず周囲の人からも愛おしく思われるのです。

他者の心配が出来る

先ほど述べた『誰かのために頑張ることが出来る』と同じように、自分のことではなく他者のことを思いやって心配することが出来るのも、愛おしく思われる要因の1つです。

心配された当人は、『自分のために、こんなにも心配をしてくれるなんて』と嬉しくなるものです。

特に、その当人が男性だった場合、女性に心配そうな顔で『大丈夫?』などと覗き込まれようものなら、その可愛さに愛おしさがグッと増すことでしょう。

また、その問題解決に手を貸してくれると、より愛おしく感じるものです。

フッと不器用さを見せる

何事も完璧な人よりも、少しくらい不器用な部分を持った人の方が、愛おしさを感じるものです。

全てが不器用で何も出来ない人も愛おしいと思われることがありますが、一歩間違うとイライラされてしまう場合もあります。

どちらかというと、普段しっかりしている人が、思いがけず不器用なところを見せると、人間味を帯びて愛おしさが生まれるのです。

また、その不器用さを見た人が、『自分が見守ってあげないと危ない』と、包んであげたくなるような感情を持つこともあり、より愛おしさが増すのです。

失敗しても諦めない

何事も上手くいかない時はあります。

失敗して落ち込むこともあるでしょう。

そんな時に、落ち込んだままであったり、逆に何も気にしないでいたりすると、よく思われないことがあります。

何かに失敗した時に、きちんと反省をしつつ、そこで諦めずに一生懸命前に進もうとする姿は、見ている人に好印象を与え、愛おしさを生むことがあるのです。

辛い時も涙をこらえる

先に述べたような仕事などで失敗をした時や、身近に不幸があった時、誰かにキツく当たられた時など、人には辛くて泣きたくなるような瞬間が多々あります。

そんな時、すぐに涙を見せずにこらえ、気丈に振る舞うことで『頑張っているな』という印象となり好感を持たれます。

また、こらえながらも、目には涙を溜めている等という状況だと、より愛おしく思われるものです。

たまに涙を見せる

先に述べたように、涙をこらえることは愛おしさを生みますが、そんな中でも、たまに涙を見せることも愛おしさを感じる1つの要因となります。

例えば、辛い仕事も弱音も吐かずに頑張っていながらも、フッと気の許せる人と二人になった瞬間に涙を溢すようなことがあると、その相手は、滅多に見ることのない涙と、自分を頼ってくれているという感情により、愛おしさを感じるのです。

また、自分が守ってあげたい等という感情が生まれることもあります。

涙を見せすぎるのもこらえすぎるのも愛おしさを求めるには良くないのです。

誰にでも優しく出来る

どんな人にも、差別することなく優しく接している人も、愛おしく思われるものです。

もはや、苦手な人など居るのだろうかと思うほど皆に笑顔で優しく接していると、その姿自体が好感を持たれます。

優しくする相手が、子供だったり同世代だったり高齢者だったり、老若男女関係無くだと、より好感を持たれます。

また、裏表が無いような人の方が、愛おしさが増すものなのです。

このように見ていくと、愛おしさを感じさせる人というのは、自分のことよりも人のことを思いやれる人であると言えます。

他者の心を掴むことが、愛おしさを感じてもらう第一歩と言えるのです。

何事も、自分自分にならないように気を付けたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-