【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171120165109.html
キスがうまい女性の特徴

キスがうまい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
キスがうまい女性の特徴

一度は付き合ってみたいキスがうまい女性は女性の憧れでもあります。

どうすればキスがうまくなるのか、実は隠された秘密でもあるのでしょうか。

  • 映画鑑賞が趣味である
  • 年上男性との交際経験がある
  • 過去に付き合った彼氏の数が多い
  • ムードにのせられやすいタイプである
  • 男性の要望に添ったキスをしたい健気な女性である
  • 愛情表現が情熱的である
  • 記憶力が良く、印象的なキスや最低なキスを覚えている
  • 唇や下がうまいキスに適している
  • まとめ

1. 映画鑑賞が趣味である

映画鑑賞が趣味である

映画鑑賞が趣味である女性は映画のキスシーンを見ながらうまいキスを研究しています。

ただ観ているだけでもなんとなくやり方を覚えてしまう場合もありますし、うまくなろうと食い入るように見つめてしまうこともあります。

映画のキスはキスに慣れた役者さん達が魅力的に見せてくれる上に美男美女によるムードも満点です。

素人のキスよりも素敵に見えてつい真剣に見入ってしまい、映画を観る回数とともにキスの勉強回数ものびていきます。

2. 年上男性との交際経験がある

年上男性との交際経験がある

年上男性はキスの経験も豊富な場合が多いため、一度でも素敵な年上男性との交際経験があると一気にキスがうまくなるということもあります。

それが初めて付き合った相手ならそのうまいキスが当たり前のやり方としてからだに染み付き、キスがうまくなるのも簡単かもしれません。

また、年上の男性と付き合うことで自分ももっといいキスをして応えようと背伸びをします。

あの手この手で相手を喜ばせようと頑張るのでキスがうまくなっていきます。

3. 過去に付き合った彼氏の数が多い

過去に付き合った彼氏の数が多い

過去に付き合った彼氏の数が多いとあらゆるキスも豊富に経験していることでしょう。

下手なキスで嫌な思いをしたことがあればどうしたらいいキスになるかを考えるようにもなります。

また、うまいキスの相手と付き合った経験によって引っ張られるように自分までキスがうまくなっていくこともあります。

やはり何事も経験がモノをいいます。

失敗もまたスキルを積むことになり、数が多ければ多いほどキスが磨かれていきます。

4. ムードにのせられやすいタイプである

ムードにのせられやすいタイプである

ムードにのせられやすいタイプの女性ならキスの気持ちよさや愛に満たされている高揚感でキスもより激しくムード満点になっていくでしょう。

うまいキスであるというよりも、うまそうに見せたり感じさせるような雰囲気で酔いしれるキスとも言えます。

実際にどういうキスがうまいと感じるかどうかは人によって差があるでしょうから、いかにうまいと見せるか感じさせるかが重要ではないでしょうか。

そのためにはムードにのって相手が好むようなキスで酔わせることこそ大切です。

5. 男性の要望に添ったキスをしたい健気な女性である

男性の要望に添ったキスをしたい健気な女性である

うまいキスができずにキスが苦手だと感じているうちは男性の要望やリードに添って身を任せるでしょう。

そんな健気な女性は男性の「こうしてほしい」とか「こうすればいいよ」という言葉も素直に聞き入れることができ、キスを学んでいきます。

恥ずかしがりやさんや負けん気の強い女性にはできない要素かもしれません。

男性も自分色に染めたいと考えるなら要望をうまく伝えて二人にとってのベストなキスを身につけていくのがいいですね。

6. 愛情表現が情熱的である

愛情表現が情熱的である

愛情表現が激しく情熱的である女性はキスにも気持ちがこもり抑え切れません。

それがとってもうまいキスに感じる男性もいますし、激しさでますます刺激されてよりいいキスをしたくなる自分にも気づくことがあります。

好きな気持ちを伝えるために言葉だけでは物足りず、キスで表現したいと思えば自然と情熱的になるのもわかる気がします。

男性の激しい愛に応えるべく対抗するように表現する女性もいるでしょう。

7. 記憶力が良く、印象的なキスや最低なキスを覚えている

記憶力が良く、印象的なキスや最低なキスを覚えている

記憶力がいい女性は過去の印象的なキスや最低なキスを覚えており、次に彼氏に会う時や新しい彼氏とキスをする時にうまいキスをしようとできます。

こうすれば気持ちが良かったとか、相手が酔いしれてくれてムードが盛り上がったという記憶通りうまいキスだけをチョイスして実践し、男性を感動させることもできるでしょう。

記憶力も大切ですが、それを披露しようとする気持ちがなくては始まりません。

8. 唇や下がうまいキスに適している

唇や下がうまいキスに適している

ぽってりとした唇や長い舌のおかげでうまいキスができるということも大いに考えられます。

いくら見よう見真似でやってみても魅力的な唇や舌にはかなわない男性もいますし、下手な部分をそういったからだの一部分でカバーできることもあるかもしれません。

男性はその女性にしかない魅力にやられ、キスがうまいと信じ切ってハマっていきます。

まとめ

キスがうまい女性は技術的にうまいことももちろんですが、相手への思いが強かったり研究熱心であるおかげでうまくなることもありますし、うまいと感じさせることもあります。

うまいと感じるかどうかは相手を大好きでいる気持ちやキスをしている時のムードも大いに影響してきます。

キスがうまい女性に憧れるのであれば、相手をしっかり愛して激しいムードを高めるところから始め、映画や恋愛スキルを積むことでうまいキスを身につけていきましょう。

ただ、うますぎてひいてしまう男性もいますから、いきなり全力で迫るのはタブーです。

一度は付き合ってみたいキスがうまい女性は女性の憧れでもあります。

どうすればキスがうまくなるのか、実は隠された秘密でもあるのでしょうか。


映画鑑賞が趣味である

映画鑑賞が趣味である女性は映画のキスシーンを見ながらうまいキスを研究しています。

ただ観ているだけでもなんとなくやり方を覚えてしまう場合もありますし、うまくなろうと食い入るように見つめてしまうこともあります。

映画のキスはキスに慣れた役者さん達が魅力的に見せてくれる上に美男美女によるムードも満点です。

素人のキスよりも素敵に見えてつい真剣に見入ってしまい、映画を観る回数とともにキスの勉強回数ものびていきます。

年上男性との交際経験がある

年上男性はキスの経験も豊富な場合が多いため、一度でも素敵な年上男性との交際経験があると一気にキスがうまくなるということもあります。

それが初めて付き合った相手ならそのうまいキスが当たり前のやり方としてからだに染み付き、キスがうまくなるのも簡単かもしれません。

また、年上の男性と付き合うことで自分ももっといいキスをして応えようと背伸びをします。

あの手この手で相手を喜ばせようと頑張るのでキスがうまくなっていきます。

過去に付き合った彼氏の数が多い

過去に付き合った彼氏の数が多いとあらゆるキスも豊富に経験していることでしょう。

下手なキスで嫌な思いをしたことがあればどうしたらいいキスになるかを考えるようにもなります。

また、うまいキスの相手と付き合った経験によって引っ張られるように自分までキスがうまくなっていくこともあります。

やはり何事も経験がモノをいいます。

失敗もまたスキルを積むことになり、数が多ければ多いほどキスが磨かれていきます。

ムードにのせられやすいタイプである

ムードにのせられやすいタイプの女性ならキスの気持ちよさや愛に満たされている高揚感でキスもより激しくムード満点になっていくでしょう。

うまいキスであるというよりも、うまそうに見せたり感じさせるような雰囲気で酔いしれるキスとも言えます。

実際にどういうキスがうまいと感じるかどうかは人によって差があるでしょうから、いかにうまいと見せるか感じさせるかが重要ではないでしょうか。

そのためにはムードにのって相手が好むようなキスで酔わせることこそ大切です。

男性の要望に添ったキスをしたい健気な女性である

うまいキスができずにキスが苦手だと感じているうちは男性の要望やリードに添って身を任せるでしょう。

そんな健気な女性は男性の「こうしてほしい」とか「こうすればいいよ」という言葉も素直に聞き入れることができ、キスを学んでいきます。

恥ずかしがりやさんや負けん気の強い女性にはできない要素かもしれません。

男性も自分色に染めたいと考えるなら要望をうまく伝えて二人にとってのベストなキスを身につけていくのがいいですね。

愛情表現が情熱的である

愛情表現が激しく情熱的である女性はキスにも気持ちがこもり抑え切れません。

それがとってもうまいキスに感じる男性もいますし、激しさでますます刺激されてよりいいキスをしたくなる自分にも気づくことがあります。

好きな気持ちを伝えるために言葉だけでは物足りず、キスで表現したいと思えば自然と情熱的になるのもわかる気がします。

男性の激しい愛に応えるべく対抗するように表現する女性もいるでしょう。

記憶力が良く、印象的なキスや最低なキスを覚えている

記憶力がいい女性は過去の印象的なキスや最低なキスを覚えており、次に彼氏に会う時や新しい彼氏とキスをする時にうまいキスをしようとできます。

こうすれば気持ちが良かったとか、相手が酔いしれてくれてムードが盛り上がったという記憶通りうまいキスだけをチョイスして実践し、男性を感動させることもできるでしょう。

記憶力も大切ですが、それを披露しようとする気持ちがなくては始まりません。

唇や下がうまいキスに適している

ぽってりとした唇や長い舌のおかげでうまいキスができるということも大いに考えられます。

いくら見よう見真似でやってみても魅力的な唇や舌にはかなわない男性もいますし、下手な部分をそういったからだの一部分でカバーできることもあるかもしれません。

男性はその女性にしかない魅力にやられ、キスがうまいと信じ切ってハマっていきます。

キスがうまい女性は技術的にうまいことももちろんですが、相手への思いが強かったり研究熱心であるおかげでうまくなることもありますし、うまいと感じさせることもあります。

うまいと感じるかどうかは相手を大好きでいる気持ちやキスをしている時のムードも大いに影響してきます。

キスがうまい女性に憧れるのであれば、相手をしっかり愛して激しいムードを高めるところから始め、映画や恋愛スキルを積むことでうまいキスを身につけていきましょう。

ただ、うますぎてひいてしまう男性もいますから、いきなり全力で迫るのはタブーです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-