【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171109163408.html
あげまん女性の特徴

あげまん女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
あげまん女性の特徴

一般的に「あげまん」と呼ばれる女性と付き合うと運気が上昇し、仕事などで思わぬ成果が出たりするなどと言われています。

そんなことはあり得ないと私も思うのですが、実際には付き合った男性がことごとく成功し積極的になったりするどう考えてもあげまんとしか思えない女性がいることも事実です。

今回どういった特徴を持った人が「あげまん」と呼ばれるのか、そしてどうやったら「あげまん」に近づけるのか一緒に考えてみましょう。

  • 癒やし系である
  • ポジティブ系である
  • 常にねぎらいを忘れない人間である
  • 性的に褒めて&慰めて自信を回復させてあげられる
  • 男性の実母とフレンドリーな仲になれる
  • 男性の趣味に興味を持てる
  • 料理上手である
  • 包容力がある
  • まとめ

1. 癒やし系である

癒やし系である

仕事に対して非情な判断をしなければならなかったり、不条理な選択肢を突きつけられることも日常茶飯事です。

そのため心がささくれ立ちやすく、常にとは言いませんが仕事から離れた自分の家や家庭ぐらい気を許して「ゆっくり癒やされたい」という強い思いを抱く人も多いのです。

ですのでパートナーの女性が家でだらだらしている男性に対し、何かを急いたり咎めるようなことを言ったら大切な癒やしの時間を台無しにし、結果男性を追い込む形になってしまうため十分に回復できず、仕事に戻っても思うような成果が出なかったりなどよく聞く話です。

ですので女性側が男性を「癒やしてあげる」ことで回復を早め、仕事に取り込む気力を増したりできた結果その後の成功に繋がるという良循環ができるわけです。

この場合の癒やし系とは見た目や雰囲気で無く、十分に甘やかしたり、仕事の愚痴を聞いてねぎらったり、料理を振る舞ったりして男性を物理的に癒やすという形が必要となります。

2. ポジティブ系である

ポジティブ系である

相手の男性がネガティブな場合、放っておくと悩みを抱え込み失敗のスパイラルに入ってしまいがちです。

そんな場合「悩んでもしょうがないから、次頑張れば良いよ」「じゃあ気分転換に遊びに行こう」と落ち込みがちなパートナーを励まし、落ち込むのを防ぎ元気づけられる行動を取れる女性もあげまん女性の特徴にあります。

もちろん嫌がっている相手に無理矢理行動を促すのは御法度ですが、女性側が常にポジティブでいることでパートナーを励ますことができるのは仕事以外でも男性にとって大きな利点になります。

3. 常にねぎらいを忘れない人間である

常にねぎらいを忘れない人間である

現代社会男女平等参加がさけばれていますが、実際はまだまだ差別や不平等がまかり通っています。

女性側は今まで虐げられていたという気持ちも強く、家庭内に男性が貢献することを必要以上に求めてしまいがちですが、家の外の仕事に関しては男性が求められる事が多いため家の中の仕事は女性が担当することが多いです。

家事に関しては便利な家電が非常に増え、主婦の負担は20〜30年前に比べればかなり楽になりましたが、男性が担当する仕事は便利になったといえど量が減ることは無くむしろ複雑さが増した分だけ20〜30年前より大変になった業種もあります。

賃金は増えず負担だけ増えていることが目に分かる中で、家族が暮らせる賃金を稼ぐのはかんたんではありません。

そんな相手に対して常にねぎらいを忘れず、たまにでも感謝の言葉を自然に掛けられる女性がパートナーであるなら、男性も「この人(家族)のために頑張ろう」とおもえるのです。

もちろん男性側も女性のためにねぎらいを忘れないのは最低条件ではありますが。

4. 性的に褒めて&慰めて自信を回復させてあげられる

性的に褒めて&慰めて自信を回復させてあげられる

世の男性の大半はスケベではあるのですが、ある意味性的な部分でデリケートな人も多く自分やパートナーの性生活が上手くいかなかったりするのも結構なショックだったりします。

世の女性はそのことを知っている人も多いので、女性が気を遣って夜の生活で演技をしている場合も多いのではないでしょうか?

男というのは存外単純な生き物なので、性的な自信の復活が仕事や生活の自信に繋がる事も大いにあり得るのです。

男性が落ち込んでいたらそれとなく誘い、例え演技でもかまわないので性生活をある程度充実させて男性の自信を回復してあげると、それが活力に繋がったりします。

ある意味「あげまんの由来」の一つに一番近い特徴かもしれません。

5. 男性の実母とフレンドリーな仲になれる

男性の実母とフレンドリーな仲になれる

これは非常に難しいです。

世に言うマザコンと言うほどでは無いにしても、一般的に男性は自分の母親のことを大事にまたは数少ない気兼ねなく頼ることが出来る女性ゆえ大切にする人が多いです。

しかし嫁姑問題が現在でも頻発するように、生活様式の違いで意見が対立する事もそうなのですが、自分が悪くなくても姑側が一方的に敵対視して仲が悪くなる事もあるからです。

ただ偶然意見が合った場合や、フレンドリーで多少敵対していても仲良くできる性格の女性なら男性の母親と仲良くできるのもあげまんの資質としてあげられるでしょう。

男性側にしてみればパートナーの女性が自分の母親と仲良くしているのを見れば安心できますし、女性側にとっても男性の趣味や嗜好品を母親から簡単に聞き出せます。

それを生かして好みの料理や、誕生日プレゼントなどを贈ってやれば男性は喜び自分が女性から見て大切にされている事を実感できます。

それがひいては自信の向上や仕事の成否に影響してくるでしょうから、特に少々マザコン気味の男性にとってそれを上手く生かせれば女性側から上手くコントロールでき母離れさせる事も可能になってくるかもしれません。

6. 男性の趣味に興味を持てる

男性の趣味に興味を持てる

別にこれは男性にかぎらず共通の趣味を持てれば親近感が湧き、より親密になれ、結果として男性が趣味で癒やされるのを促進するかたちになるのであげまん女性の特徴に入ります。

ただ総じて女性から見て男性の趣味は理解できないものが多いのも事実です。

世の中には理解できない男性の趣味の品で特に多くなり始めたものなどを「不要品」と判断し、捨ててしまったり売ってしまったりと邪険にする女性がいるという話も聞きます。

これはあげまんとかさげまんとかそれ以前に「人間的に御法度」な行為なので絶対にやめましょう。

人によって大切にしている物というのは異なります。

理解できないからといってそれらを邪険にあつかうことは不仲の原因にしかなりません。

一番良いのは男性側に歩み寄り自分も同じ話題で話せる「共通の趣味」にしてしまう事なんですが、それも趣味の内容と場合によっては難しいのでそういった場合は不干渉を貫きましょう。

「興味は持てないけれど、相手の大切なものを絶対に捨てたりはしない」そういった姿勢を貫くのが後々の不和を招かないコツとも言えます。

7. 料理上手である

料理上手である

一見あげまんの特徴と全く関係ないように思えますが、おおありです。

昔から男性の心をつかむのには「胃袋をつかむのが大事」と言われていて、文字通り「自分が作る料理の虜にする」事を指します。

性別に限らず「美味しい料理が食べられれば幸せな気分になり、明日への活力が生まれてきます」 美味しい料理が毎日食卓に並べば、幸せは持続し男性側も活力を得て仕事に集中できるため、結果成功へと繋がりやすくなるのです。

もちろん料理が得意ではない人にとってみれば大変で、レシピ本などを買って手元に置き毎日の積み重ね(料理の練習)が必要でしたが 現在は調理道具も進化し、ピーラーやスライサー、電動ハンドミキサーなど多少手先が不器用でも、なんとか形になる料理を作れる時代になりました。

レシピ本も買う必要はなく(あればあったで便利なのですが)スマホなどで簡単に材料にあった料理を探せる便利な時代になったのです。

道具と努力次第で改善できる特徴なので、この方法であげまんになるのがある意味一番簡単かもしれません。

8. 包容力がある

包容力がある

普通包容力は男性側に求めるものなのでしょうが、べつに女性側が持っていてもマイナスになることはありません。

小さな失敗を笑い飛ばし、慰め、そのままの相手を認めてあげる事は男女どちらが実行しても良い事なのです。

互いが互いの安らげる形を築ければ、少々の失敗など吹き飛ばし前向きな思考を維持できるので、男性側も女性側も少しずつ成長していけるに違いありません。

それが続けばりっぱなあげまんと呼ばれる女性になる事でしょう。

ただ大きすぎる包容力で必要以上に甘えさせた結果、男性が駄目になってしまう「ダメ男製造器(さげまん)」になってしまう恐れもあるので、何事も加減が重要です。

まとめ

あげまん女性の特徴とそれに近づく方法を解説してみましたが、いくつかの項目は「女性蔑視だ」と感じる女性も多いかと思います。

でも逆に考えてください、「女性側が仕事をバリバリこなし家を支える大黒柱」「男性側が主夫をこなし常にパートナーを助ける縁の下の力持ち」であったのならその男性は、女性が仕事での活躍を増す助けとなり結果成功に導く「あげちん」男性になるのではないのでしょうか?

上記の方法はポジティブに行動する結果がパートナーにも移り、結果相手の行動に上向きの補正が掛かるという事では「あげまん」「あげちん」どちらにも当てはまる特徴なのです。

また「あげまん女性の特徴」が分かったからと言って、自分がそうなりたくてもすぐに性格や行動を変える事は難しいでしょう。

助けたいパートナーの男性がおり、その人の力になりたいのであれば上記の特徴を参考に一番自分に合っている手段で、少しずつ自分を「あげまん」に変えていく努力が必要なのです。

一般的に「あげまん」と呼ばれる女性と付き合うと運気が上昇し、仕事などで思わぬ成果が出たりするなどと言われています。

そんなことはあり得ないと私も思うのですが、実際には付き合った男性がことごとく成功し積極的になったりするどう考えてもあげまんとしか思えない女性がいることも事実です。

今回どういった特徴を持った人が「あげまん」と呼ばれるのか、そしてどうやったら「あげまん」に近づけるのか一緒に考えてみましょう。


癒やし系である

仕事に対して非情な判断をしなければならなかったり、不条理な選択肢を突きつけられることも日常茶飯事です。

そのため心がささくれ立ちやすく、常にとは言いませんが仕事から離れた自分の家や家庭ぐらい気を許して「ゆっくり癒やされたい」という強い思いを抱く人も多いのです。

ですのでパートナーの女性が家でだらだらしている男性に対し、何かを急いたり咎めるようなことを言ったら大切な癒やしの時間を台無しにし、結果男性を追い込む形になってしまうため十分に回復できず、仕事に戻っても思うような成果が出なかったりなどよく聞く話です。

ですので女性側が男性を「癒やしてあげる」ことで回復を早め、仕事に取り込む気力を増したりできた結果その後の成功に繋がるという良循環ができるわけです。

この場合の癒やし系とは見た目や雰囲気で無く、十分に甘やかしたり、仕事の愚痴を聞いてねぎらったり、料理を振る舞ったりして男性を物理的に癒やすという形が必要となります。

ポジティブ系である

相手の男性がネガティブな場合、放っておくと悩みを抱え込み失敗のスパイラルに入ってしまいがちです。

そんな場合「悩んでもしょうがないから、次頑張れば良いよ」「じゃあ気分転換に遊びに行こう」と落ち込みがちなパートナーを励まし、落ち込むのを防ぎ元気づけられる行動を取れる女性もあげまん女性の特徴にあります。

もちろん嫌がっている相手に無理矢理行動を促すのは御法度ですが、女性側が常にポジティブでいることでパートナーを励ますことができるのは仕事以外でも男性にとって大きな利点になります。

常にねぎらいを忘れない人間である

現代社会男女平等参加がさけばれていますが、実際はまだまだ差別や不平等がまかり通っています。

女性側は今まで虐げられていたという気持ちも強く、家庭内に男性が貢献することを必要以上に求めてしまいがちですが、家の外の仕事に関しては男性が求められる事が多いため家の中の仕事は女性が担当することが多いです。

家事に関しては便利な家電が非常に増え、主婦の負担は20〜30年前に比べればかなり楽になりましたが、男性が担当する仕事は便利になったといえど量が減ることは無くむしろ複雑さが増した分だけ20〜30年前より大変になった業種もあります。

賃金は増えず負担だけ増えていることが目に分かる中で、家族が暮らせる賃金を稼ぐのはかんたんではありません。

そんな相手に対して常にねぎらいを忘れず、たまにでも感謝の言葉を自然に掛けられる女性がパートナーであるなら、男性も「この人(家族)のために頑張ろう」とおもえるのです。

もちろん男性側も女性のためにねぎらいを忘れないのは最低条件ではありますが。

性的に褒めて&慰めて自信を回復させてあげられる

世の男性の大半はスケベではあるのですが、ある意味性的な部分でデリケートな人も多く自分やパートナーの性生活が上手くいかなかったりするのも結構なショックだったりします。

世の女性はそのことを知っている人も多いので、女性が気を遣って夜の生活で演技をしている場合も多いのではないでしょうか?

男というのは存外単純な生き物なので、性的な自信の復活が仕事や生活の自信に繋がる事も大いにあり得るのです。

男性が落ち込んでいたらそれとなく誘い、例え演技でもかまわないので性生活をある程度充実させて男性の自信を回復してあげると、それが活力に繋がったりします。

ある意味「あげまんの由来」の一つに一番近い特徴かもしれません。

男性の実母とフレンドリーな仲になれる

これは非常に難しいです。

世に言うマザコンと言うほどでは無いにしても、一般的に男性は自分の母親のことを大事にまたは数少ない気兼ねなく頼ることが出来る女性ゆえ大切にする人が多いです。

しかし嫁姑問題が現在でも頻発するように、生活様式の違いで意見が対立する事もそうなのですが、自分が悪くなくても姑側が一方的に敵対視して仲が悪くなる事もあるからです。

ただ偶然意見が合った場合や、フレンドリーで多少敵対していても仲良くできる性格の女性なら男性の母親と仲良くできるのもあげまんの資質としてあげられるでしょう。

男性側にしてみればパートナーの女性が自分の母親と仲良くしているのを見れば安心できますし、女性側にとっても男性の趣味や嗜好品を母親から簡単に聞き出せます。

それを生かして好みの料理や、誕生日プレゼントなどを贈ってやれば男性は喜び自分が女性から見て大切にされている事を実感できます。

それがひいては自信の向上や仕事の成否に影響してくるでしょうから、特に少々マザコン気味の男性にとってそれを上手く生かせれば女性側から上手くコントロールでき母離れさせる事も可能になってくるかもしれません。

男性の趣味に興味を持てる

別にこれは男性にかぎらず共通の趣味を持てれば親近感が湧き、より親密になれ、結果として男性が趣味で癒やされるのを促進するかたちになるのであげまん女性の特徴に入ります。

ただ総じて女性から見て男性の趣味は理解できないものが多いのも事実です。

世の中には理解できない男性の趣味の品で特に多くなり始めたものなどを「不要品」と判断し、捨ててしまったり売ってしまったりと邪険にする女性がいるという話も聞きます。

これはあげまんとかさげまんとかそれ以前に「人間的に御法度」な行為なので絶対にやめましょう。

人によって大切にしている物というのは異なります。

理解できないからといってそれらを邪険にあつかうことは不仲の原因にしかなりません。

一番良いのは男性側に歩み寄り自分も同じ話題で話せる「共通の趣味」にしてしまう事なんですが、それも趣味の内容と場合によっては難しいのでそういった場合は不干渉を貫きましょう。

「興味は持てないけれど、相手の大切なものを絶対に捨てたりはしない」そういった姿勢を貫くのが後々の不和を招かないコツとも言えます。

料理上手である

一見あげまんの特徴と全く関係ないように思えますが、おおありです。

昔から男性の心をつかむのには「胃袋をつかむのが大事」と言われていて、文字通り「自分が作る料理の虜にする」事を指します。

性別に限らず「美味しい料理が食べられれば幸せな気分になり、明日への活力が生まれてきます」 美味しい料理が毎日食卓に並べば、幸せは持続し男性側も活力を得て仕事に集中できるため、結果成功へと繋がりやすくなるのです。

もちろん料理が得意ではない人にとってみれば大変で、レシピ本などを買って手元に置き毎日の積み重ね(料理の練習)が必要でしたが 現在は調理道具も進化し、ピーラーやスライサー、電動ハンドミキサーなど多少手先が不器用でも、なんとか形になる料理を作れる時代になりました。

レシピ本も買う必要はなく(あればあったで便利なのですが)スマホなどで簡単に材料にあった料理を探せる便利な時代になったのです。

道具と努力次第で改善できる特徴なので、この方法であげまんになるのがある意味一番簡単かもしれません。

包容力がある

普通包容力は男性側に求めるものなのでしょうが、べつに女性側が持っていてもマイナスになることはありません。

小さな失敗を笑い飛ばし、慰め、そのままの相手を認めてあげる事は男女どちらが実行しても良い事なのです。

互いが互いの安らげる形を築ければ、少々の失敗など吹き飛ばし前向きな思考を維持できるので、男性側も女性側も少しずつ成長していけるに違いありません。

それが続けばりっぱなあげまんと呼ばれる女性になる事でしょう。

ただ大きすぎる包容力で必要以上に甘えさせた結果、男性が駄目になってしまう「ダメ男製造器(さげまん)」になってしまう恐れもあるので、何事も加減が重要です。

あげまん女性の特徴とそれに近づく方法を解説してみましたが、いくつかの項目は「女性蔑視だ」と感じる女性も多いかと思います。

でも逆に考えてください、「女性側が仕事をバリバリこなし家を支える大黒柱」「男性側が主夫をこなし常にパートナーを助ける縁の下の力持ち」であったのならその男性は、女性が仕事での活躍を増す助けとなり結果成功に導く「あげちん」男性になるのではないのでしょうか?

上記の方法はポジティブに行動する結果がパートナーにも移り、結果相手の行動に上向きの補正が掛かるという事では「あげまん」「あげちん」どちらにも当てはまる特徴なのです。

また「あげまん女性の特徴」が分かったからと言って、自分がそうなりたくてもすぐに性格や行動を変える事は難しいでしょう。

助けたいパートナーの男性がおり、その人の力になりたいのであれば上記の特徴を参考に一番自分に合っている手段で、少しずつ自分を「あげまん」に変えていく努力が必要なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-