【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184223.html
節約がうまい女性の特徴

節約がうまい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
節約がうまい女性の特徴

節約がうまい女性は、節約できない女性とどう違うのでしょうか。

節約がうまい女性の行動パターンや考え方の共通点をチェックしてみましょう。

  • 価格を調べてから買う
  • 何かを買う前に一度考える
  • 安売りの時期にまとめて買う
  • 見栄を張らない
  • 必要なものしか買わない
  • 大きな買い物ほど慎重にする
  • 貯金をする目的がある
  • 料理が上手、DIYが得意
  • まとめ

1. 価格を調べてから買う

価格を調べてから買う

節約が上手い女性は、何かを買う前に価格を調べる習慣があります。

例えば液晶テレビを購入する時はいきなり家電量販店に行くのではなく、ネットで相場を調べるところから始めます。

家電量販店やネットショップで売られている液晶テレビの価格を比較したサイトなどを利用して、どの程度の価格なら買っても損がないかチェックします。

その上で家電量販店に行き、実際の商品と価格を見て購入します。

いきなり家電量販店に行ってしまうと、その液晶テレビが他のお店に比べて安いのか高いのか分かりません。

相場よりもかなり高い価格で購入してしまうと節約にはなりません。

「まず調べる」という習慣は、スーパーで食材を購入する時も、ドラッグストアで医薬品を購入する時も有効な節約の手段です。

2. 何かを買う前に一度考える

何かを買う前に一度考える

何か欲しい物がある時に、衝動的に購入してしまう人は節約ができません。

節約が上手い女性は、買う前に一度考える習慣があります。

例えばショッピングモールのショップで素敵な服をみつけたとします。

試着してみると、とても良く似合っている. この段階で「運命だ」と思って購入してしまう人は節約ができません。

節約がうまい女性は、いったんお店を離れて、ショッピングモールの中を歩きます。

一通りモールなのショップを見て、もっと自分に似合う服はないか確認します。

結果的に先ほどの服がいちばんだとしても、自分がすでに持っている服と比較検討する作業があります。

持っている服とコーディネートしやすいか、持っている服に同じような服があるかどうか、などを総合的に判断します。

その上で「買おう」と思った場合だけ購入します。

買ってから失敗したということがなく、買いすぎてしまうこともないので、有効なお金の使い方ができます。

3. 安売りの時期にまとめて買う

安売りの時期にまとめて買う

普段から商品の価格を調べる習慣がある女性は、相場観が養われています。

例えば野菜を購入する時も、「キャベツは100円以下なら買い」「ホウレンソウは120円以下なら買い」など、買ったら得をする価格を知っています。

そのためスーパーに行った時も迷いなく商品を選び購入できます。

特にインスタントコーヒーや缶詰、ティッシュやミネラルウォーターなどの長期保存がきくものの相場観は大切です。

セールの日や特に安い価格の日にまとめ買いをすることができるからです。

500円以下なら買いのインスタントコーヒーが398円なら、まとめ買いをすると1個100円以上節約することができます。

このようにまとめ買いをすることで、節約の効果も倍増します。

相場観が養われているからこそ、的確なまとめ買いができて、大きな節約をすることが可能です。

4. 見栄を張らない

見栄を張らない

見栄を張る女性は節約に向きません。

他人にどう見られるかを気にするよりも、自分がどう思うかを大切にしている女性のほうが節約に向いています。

例えばマンションを購入する時も、利便性や環境を考えて購入するのではなく、「恵比寿」「中目黒」など響きのいい地名の物件を選んでしまいます。

隣の街なら同じようなマンションが2割程度安くなるのに、人気の街で購入するため、購入費用が膨れ上がってしまいます。

節約が上手い女性は、人気のエリアと同じくらい魅力的で利便性も良いけれど、地味な地名なので人気が薄いエリアのマンションを購入して節約ができます。

また新築ではなく中古のマンションを購入することで、大幅に節約をすることもできるでしょう。

5. 必要なものしか買わない

必要なものしか買わない

節約の基本として「必要な物だけ買う」という鉄則があります。

そのためスーパーで安売りをしていても、必要のない物や、使わない物は買いません。

また賞味期限が切れてしまいそうな食品を大量に買って無駄にするようなこともしません。

節約がうまい女性は買い物をする機会がそれほど多くない女性です。

6. 大きな買い物ほど慎重にする

大きな買い物ほど慎重にする

マンションや車のような大きな買い物をする時に、節約上手かそうでないかが分かります。

「マンションだけは豪華にいきたい」「車を買うのは夢だったから、外車を買おう」などと思ってしまう人は節約ができません。

マンションの価格は数千万円単位です。

例えば4000万円のマンションと同等の価値の3500万円のマンションを購入することができれば、500万円の節約になります。

特売のキャベツを購入したとしてもせいぜい1個50円程度の節約にしかなりません。

マンションで節約できる500万円分をキャベツで節約しようとすると、10万個のキャベツを特売で購入する必要があります。

このように大きな買い物で節約ができる女性は、極論を言えば、小さな買い物では節約する必要がなくなります。

7. 貯金をする目的がある

貯金をする目的がある

節約が好きな女性は、貯金をして何をするか目的があります。

漠然とお金を貯めるのではなく、使い道を決めています。

マンションや車を買ったり、資格取得の費用にしたり海外旅行の費用にするなど、節約をして人生を豊かにしています。

目的があれば節約は楽しくなり、モチベーションも高く持つことができるのです。

8. 料理が上手、DIYが得意

料理が上手、DIYが得意

節約がうまい女性は料理が上手だったり、DIYが得意だったりします。

料理が上手なら、外食をする機会を減らせますし、コンビニでお弁当を購入する機会も減ります。

自炊をしたほうが食費が安くなりますので、結果的に無理なく節約をしていることになります。

手作りで何でも作れてしまう女性も、節約が上手です。

高級なバッグを購入しなくても手作りで個性的な素敵なバッグを作ることができます。

楽しみながらいつの間にか節約をしている女性です。

まとめ

節約がうまい女性は、まず必要のないものを買わない、また見栄で高い物を買わない女性です。

自分が本当に好きな物や必要な物を買うと、実はそれほど高い商品を購入しなくて済むのかもしれません。

また商品の価格に対するアンテナの精度が高いので、買い物のたびに少しずつ節約をすることができています。

特に大切なのは大きな買い物をする時だということを知っているのも、節約のうまい女性の特徴だと言えるでしょう。

節約がうまい女性は、節約できない女性とどう違うのでしょうか。

節約がうまい女性の行動パターンや考え方の共通点をチェックしてみましょう。


価格を調べてから買う

節約が上手い女性は、何かを買う前に価格を調べる習慣があります。

例えば液晶テレビを購入する時はいきなり家電量販店に行くのではなく、ネットで相場を調べるところから始めます。

家電量販店やネットショップで売られている液晶テレビの価格を比較したサイトなどを利用して、どの程度の価格なら買っても損がないかチェックします。

その上で家電量販店に行き、実際の商品と価格を見て購入します。

いきなり家電量販店に行ってしまうと、その液晶テレビが他のお店に比べて安いのか高いのか分かりません。

相場よりもかなり高い価格で購入してしまうと節約にはなりません。

「まず調べる」という習慣は、スーパーで食材を購入する時も、ドラッグストアで医薬品を購入する時も有効な節約の手段です。

何かを買う前に一度考える

何か欲しい物がある時に、衝動的に購入してしまう人は節約ができません。

節約が上手い女性は、買う前に一度考える習慣があります。

例えばショッピングモールのショップで素敵な服をみつけたとします。

試着してみると、とても良く似合っている. この段階で「運命だ」と思って購入してしまう人は節約ができません。

節約がうまい女性は、いったんお店を離れて、ショッピングモールの中を歩きます。

一通りモールなのショップを見て、もっと自分に似合う服はないか確認します。

結果的に先ほどの服がいちばんだとしても、自分がすでに持っている服と比較検討する作業があります。

持っている服とコーディネートしやすいか、持っている服に同じような服があるかどうか、などを総合的に判断します。

その上で「買おう」と思った場合だけ購入します。

買ってから失敗したということがなく、買いすぎてしまうこともないので、有効なお金の使い方ができます。

安売りの時期にまとめて買う

普段から商品の価格を調べる習慣がある女性は、相場観が養われています。

例えば野菜を購入する時も、「キャベツは100円以下なら買い」「ホウレンソウは120円以下なら買い」など、買ったら得をする価格を知っています。

そのためスーパーに行った時も迷いなく商品を選び購入できます。

特にインスタントコーヒーや缶詰、ティッシュやミネラルウォーターなどの長期保存がきくものの相場観は大切です。

セールの日や特に安い価格の日にまとめ買いをすることができるからです。

500円以下なら買いのインスタントコーヒーが398円なら、まとめ買いをすると1個100円以上節約することができます。

このようにまとめ買いをすることで、節約の効果も倍増します。

相場観が養われているからこそ、的確なまとめ買いができて、大きな節約をすることが可能です。

見栄を張らない

見栄を張る女性は節約に向きません。

他人にどう見られるかを気にするよりも、自分がどう思うかを大切にしている女性のほうが節約に向いています。

例えばマンションを購入する時も、利便性や環境を考えて購入するのではなく、「恵比寿」「中目黒」など響きのいい地名の物件を選んでしまいます。

隣の街なら同じようなマンションが2割程度安くなるのに、人気の街で購入するため、購入費用が膨れ上がってしまいます。

節約が上手い女性は、人気のエリアと同じくらい魅力的で利便性も良いけれど、地味な地名なので人気が薄いエリアのマンションを購入して節約ができます。

また新築ではなく中古のマンションを購入することで、大幅に節約をすることもできるでしょう。

必要なものしか買わない

節約の基本として「必要な物だけ買う」という鉄則があります。

そのためスーパーで安売りをしていても、必要のない物や、使わない物は買いません。

また賞味期限が切れてしまいそうな食品を大量に買って無駄にするようなこともしません。

節約がうまい女性は買い物をする機会がそれほど多くない女性です。

大きな買い物ほど慎重にする

マンションや車のような大きな買い物をする時に、節約上手かそうでないかが分かります。

「マンションだけは豪華にいきたい」「車を買うのは夢だったから、外車を買おう」などと思ってしまう人は節約ができません。

マンションの価格は数千万円単位です。

例えば4000万円のマンションと同等の価値の3500万円のマンションを購入することができれば、500万円の節約になります。

特売のキャベツを購入したとしてもせいぜい1個50円程度の節約にしかなりません。

マンションで節約できる500万円分をキャベツで節約しようとすると、10万個のキャベツを特売で購入する必要があります。

このように大きな買い物で節約ができる女性は、極論を言えば、小さな買い物では節約する必要がなくなります。

貯金をする目的がある

節約が好きな女性は、貯金をして何をするか目的があります。

漠然とお金を貯めるのではなく、使い道を決めています。

マンションや車を買ったり、資格取得の費用にしたり海外旅行の費用にするなど、節約をして人生を豊かにしています。

目的があれば節約は楽しくなり、モチベーションも高く持つことができるのです。

料理が上手、DIYが得意

節約がうまい女性は料理が上手だったり、DIYが得意だったりします。

料理が上手なら、外食をする機会を減らせますし、コンビニでお弁当を購入する機会も減ります。

自炊をしたほうが食費が安くなりますので、結果的に無理なく節約をしていることになります。

手作りで何でも作れてしまう女性も、節約が上手です。

高級なバッグを購入しなくても手作りで個性的な素敵なバッグを作ることができます。

楽しみながらいつの間にか節約をしている女性です。

節約がうまい女性は、まず必要のないものを買わない、また見栄で高い物を買わない女性です。

自分が本当に好きな物や必要な物を買うと、実はそれほど高い商品を購入しなくて済むのかもしれません。

また商品の価格に対するアンテナの精度が高いので、買い物のたびに少しずつ節約をすることができています。

特に大切なのは大きな買い物をする時だということを知っているのも、節約のうまい女性の特徴だと言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-