【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029182522.html
ヒールが似合う女性の特徴

ヒールが似合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ヒールが似合う女性の特徴

ヒールが似合う女性に憧れる人も多いと思います。

自分にヒールは似合うかどうか思案中の女性は、ヒールが似合う女性の特徴をチェックしてみましょう。

自分に共通する特徴があったら、ぜひヒールを履いてみましょう。

  • 脚がきれい
  • ふくらはぎが細い女性
  • 細身の女性
  • 姿勢が良い女性
  • 歩き方がきれいな女性
  • ヒールに合わせてコーディネートできる女性
  • 履き続けている女性
  • 年齢のせいにしない女性
  • まとめ

1. 脚がきれい

脚がきれい

ヒールを履くと、体全体が上方に移動することになります。

同じ目線で見ている人からすれば、自然と脚が目に入りやすくなります。

ヒールを履くと脚に注目がいくため、脚がきれいな女性ほど魅力的に映ります。

結果的にヒールが似合う女性は脚がきれいな女性ということになります。

脚のきれいさの要素は様々ですが、まず「肌がきれい」ということがあります。

キズがあったり、掻いた跡が目立つ脚だときれいに見えません。

もし肌荒れがある場合は、濃いめのストッキングを履いた上でヒールを履くようにしましょう。

また「脚の細さ」も重要です。

脚がごつごつしている、筋肉質な脚の持ち主はあまりヒールが似合っていると言う印象にはならないでしょう。

細くてすらっと伸びた脚がヒールに似合う理想的な脚と言えます。

O脚の女性も多いですが、ヒールによって足元が不安定になると、さらにO脚の度合いがひどくなってしまうことがあります。

O脚矯正の体操をするなどして、まっすぐに伸びる脚を目指すことから始めると良いでしょう。

2. ふくらはぎが細い女性

ふくらはぎが細い女性

ヒールが似合う女性は脚がきれいという前提がありますが、中でも「ふくらはぎの細さ」は重要になります。

体育会でしっかりとトレーニングをした経験がある女性は、ふくらはぎが発達しています。

運動選手としては、とても美しい肉体ですが、ヒールを履く時には邪魔になってしまいます。

発達したふくらはぎを持っている女性は、ヒール以外の靴を履くと良いでしょう。

ヒールが似合うことが女性のすべての価値ではないので、気にする必要はありませんし、無理をしてヒールを履く必要もありません。

自分に似合う格好をすることで、全ての女性は輝くことができるからです。

3. 細身の女性

細身の女性

全体的に細身の女性のほうが、ヒールが似合う印象になります。

ヒールは女性らしい美しさを増幅させるための装置と言えます。

そのため細身の女性を想定して作られていますので、筋肉質だったり、骨格が大きな女性にはあまり似合わないかもしれません。

特に肩幅が広い女性は、ヒール向きではありません。

無理をしてヒールを履く必要はないでしょう。

パンツルックとサンダルで、中性的な魅力をさらに引き出したほうが効果的でしょう。

細身の女性で肩幅も狭い女性は、きっとヒールが良く似合います。

ヒールを履くとさらに脚が長く、細身の体型に見せることができるため、女性的な魅力をさらに引き出してもらうことができるはずです。

4. 姿勢が良い女性

姿勢が良い女性

ヒールをきれいに見せるためには、「姿勢が良い」ことも大切です。

ヒールを脚の一部のように見せるためには、すらりと伸びた姿勢の良さが必要になるからです。

極端な猫背の女性などは、ヒールと体型の親和性が悪いため、ヒールが浮いた存在になってしまいます。

竹馬に乗っているような印象になりますので注意が必要です。

姿勢の良さは後天的に身につけることができますので、正しい姿勢を学びましょう。

壁の前に立ち、かかとを壁につけた状態で、すっと背筋を伸ばします。

おしりと背中、そして後頭部が壁にくっつく人は姿勢の良い人です。

うまくできない女性は、1日5分でもいいので、姿勢が良くなるようなトレーニングをしてみましょう。

姿勢矯正グッズもたくさん出ていますので、購入して試してみてはいかがでしょうか。

5. 歩き方がきれいな女性

歩き方がきれいな女性

ヒールが似合う女性は、何と言っても歩き方がきれいな女性です。

膝で歩いてしまうような、生まれたての仔馬のような歩き方をしてしまうと、何のためにヒールを履いているのか分からなくなってしまいます。

本来ヒールはとても履くのが難しく、女性に対して負担が大きな履物と言えるかもしれません。

だからこそ履く時は、きちんと美しく履いて、歩き方もきれいにしたいものです。

スニーカーを履いてウォーキングをすると、美しく歩く基本を身につけることができます。

背筋を伸ばし、頭の頭頂部から糸で空に引っ張られているイメージを持ちましょう。

そして少しだけ大股で歩くようにします。

これが美しい歩き方の基本です。

ヒールを履いても同じように歩けるように練習をしましょう。

さらに女性らしく見せるヒール用の歩き方もありますので、特別なレッスンを受けてみるのも良いでしょう。

6. ヒールに合わせてコーディネートできる女性

ヒールに合わせてコーディネートできる女性

ヒールを履いた時は、ヒール用に全身をコーディネートする必要があります。

女性的で美しいスタイルで全身を統一すると良いでしょう。

ヒールを履く時も普段と同じような服装をしていると、変な感じになってしまいます。

いつもカジュアルな服装ばかりしている人は、大人っぽいコーディネートに挑戦してみましょう。

まずはファッション誌を読んで、ヒールに似合うファッションアイテムの研究を始めてみましょう。

スカートもパンツもヒールを履く時は丈の長さも変わりますので、そのあたりにも注目してみると良いでしょう。

7. 履き続けている女性

履き続けている女性

ずっとヒールを履き続けている女性は、やはりヒールが良く似合います。

逆にヒールを以前履いていた女性でも、ヒールを履かなくなった途端に似合わなくなってしまうことがあります。

ヒールを履くための姿勢や脚の美しさをキープし続けるためには、やはり履き続けるしかないのです。

いつかヒールが似合う女性になるために、ヒール初心者の女性も履き続けるようにしましょう。

数年後は見違えるようにヒールが似合う女性になっているでしょう。

8. 年齢のせいにしない女性

年齢のせいにしない女性

「年をとったから、ヒールはそろそろ卒業しよう」そんな言葉を耳にします。

年齢を理由にヒールを履くのをやめてしまうと、ヒールは途端に似合わなくなってしまいます。

50代でも60代でも、ヒールを履き続けている女性は、ヒールが似合う美しい女性のままです。

ぜひ年齢を理由にしないで、いくつになってもヒールを履き続けましょう。

まとめ

ヒールが似合う女性は、女性らしいボディラインの持ち主で、なおかつヒールを履き続けているという特徴があります。

肩幅が広い筋肉質なタイプの女性は無理をしてヒールを履く必要はないでしょう。

細身で女性らしいボディラインの女性は、さらに魅力を引き出してくれるヒールを積極的に履いてみましょう。

大人らしく女性らしい魅力的な人になることができるはずです。

ヒールが似合う女性に憧れる人も多いと思います。

自分にヒールは似合うかどうか思案中の女性は、ヒールが似合う女性の特徴をチェックしてみましょう。

自分に共通する特徴があったら、ぜひヒールを履いてみましょう。


脚がきれい

ヒールを履くと、体全体が上方に移動することになります。

同じ目線で見ている人からすれば、自然と脚が目に入りやすくなります。

ヒールを履くと脚に注目がいくため、脚がきれいな女性ほど魅力的に映ります。

結果的にヒールが似合う女性は脚がきれいな女性ということになります。

脚のきれいさの要素は様々ですが、まず「肌がきれい」ということがあります。

キズがあったり、掻いた跡が目立つ脚だときれいに見えません。

もし肌荒れがある場合は、濃いめのストッキングを履いた上でヒールを履くようにしましょう。

また「脚の細さ」も重要です。

脚がごつごつしている、筋肉質な脚の持ち主はあまりヒールが似合っていると言う印象にはならないでしょう。

細くてすらっと伸びた脚がヒールに似合う理想的な脚と言えます。

O脚の女性も多いですが、ヒールによって足元が不安定になると、さらにO脚の度合いがひどくなってしまうことがあります。

O脚矯正の体操をするなどして、まっすぐに伸びる脚を目指すことから始めると良いでしょう。

ふくらはぎが細い女性

ヒールが似合う女性は脚がきれいという前提がありますが、中でも「ふくらはぎの細さ」は重要になります。

体育会でしっかりとトレーニングをした経験がある女性は、ふくらはぎが発達しています。

運動選手としては、とても美しい肉体ですが、ヒールを履く時には邪魔になってしまいます。

発達したふくらはぎを持っている女性は、ヒール以外の靴を履くと良いでしょう。

ヒールが似合うことが女性のすべての価値ではないので、気にする必要はありませんし、無理をしてヒールを履く必要もありません。

自分に似合う格好をすることで、全ての女性は輝くことができるからです。

細身の女性

全体的に細身の女性のほうが、ヒールが似合う印象になります。

ヒールは女性らしい美しさを増幅させるための装置と言えます。

そのため細身の女性を想定して作られていますので、筋肉質だったり、骨格が大きな女性にはあまり似合わないかもしれません。

特に肩幅が広い女性は、ヒール向きではありません。

無理をしてヒールを履く必要はないでしょう。

パンツルックとサンダルで、中性的な魅力をさらに引き出したほうが効果的でしょう。

細身の女性で肩幅も狭い女性は、きっとヒールが良く似合います。

ヒールを履くとさらに脚が長く、細身の体型に見せることができるため、女性的な魅力をさらに引き出してもらうことができるはずです。

姿勢が良い女性

ヒールをきれいに見せるためには、「姿勢が良い」ことも大切です。

ヒールを脚の一部のように見せるためには、すらりと伸びた姿勢の良さが必要になるからです。

極端な猫背の女性などは、ヒールと体型の親和性が悪いため、ヒールが浮いた存在になってしまいます。

竹馬に乗っているような印象になりますので注意が必要です。

姿勢の良さは後天的に身につけることができますので、正しい姿勢を学びましょう。

壁の前に立ち、かかとを壁につけた状態で、すっと背筋を伸ばします。

おしりと背中、そして後頭部が壁にくっつく人は姿勢の良い人です。

うまくできない女性は、1日5分でもいいので、姿勢が良くなるようなトレーニングをしてみましょう。

姿勢矯正グッズもたくさん出ていますので、購入して試してみてはいかがでしょうか。

歩き方がきれいな女性

ヒールが似合う女性は、何と言っても歩き方がきれいな女性です。

膝で歩いてしまうような、生まれたての仔馬のような歩き方をしてしまうと、何のためにヒールを履いているのか分からなくなってしまいます。

本来ヒールはとても履くのが難しく、女性に対して負担が大きな履物と言えるかもしれません。

だからこそ履く時は、きちんと美しく履いて、歩き方もきれいにしたいものです。

スニーカーを履いてウォーキングをすると、美しく歩く基本を身につけることができます。

背筋を伸ばし、頭の頭頂部から糸で空に引っ張られているイメージを持ちましょう。

そして少しだけ大股で歩くようにします。

これが美しい歩き方の基本です。

ヒールを履いても同じように歩けるように練習をしましょう。

さらに女性らしく見せるヒール用の歩き方もありますので、特別なレッスンを受けてみるのも良いでしょう。

ヒールに合わせてコーディネートできる女性

ヒールを履いた時は、ヒール用に全身をコーディネートする必要があります。

女性的で美しいスタイルで全身を統一すると良いでしょう。

ヒールを履く時も普段と同じような服装をしていると、変な感じになってしまいます。

いつもカジュアルな服装ばかりしている人は、大人っぽいコーディネートに挑戦してみましょう。

まずはファッション誌を読んで、ヒールに似合うファッションアイテムの研究を始めてみましょう。

スカートもパンツもヒールを履く時は丈の長さも変わりますので、そのあたりにも注目してみると良いでしょう。

履き続けている女性

ずっとヒールを履き続けている女性は、やはりヒールが良く似合います。

逆にヒールを以前履いていた女性でも、ヒールを履かなくなった途端に似合わなくなってしまうことがあります。

ヒールを履くための姿勢や脚の美しさをキープし続けるためには、やはり履き続けるしかないのです。

いつかヒールが似合う女性になるために、ヒール初心者の女性も履き続けるようにしましょう。

数年後は見違えるようにヒールが似合う女性になっているでしょう。

年齢のせいにしない女性

「年をとったから、ヒールはそろそろ卒業しよう」そんな言葉を耳にします。

年齢を理由にヒールを履くのをやめてしまうと、ヒールは途端に似合わなくなってしまいます。

50代でも60代でも、ヒールを履き続けている女性は、ヒールが似合う美しい女性のままです。

ぜひ年齢を理由にしないで、いくつになってもヒールを履き続けましょう。

ヒールが似合う女性は、女性らしいボディラインの持ち主で、なおかつヒールを履き続けているという特徴があります。

肩幅が広い筋肉質なタイプの女性は無理をしてヒールを履く必要はないでしょう。

細身で女性らしいボディラインの女性は、さらに魅力を引き出してくれるヒールを積極的に履いてみましょう。

大人らしく女性らしい魅力的な人になることができるはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-