【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190607115846.html
彼氏と同棲中猫を買うときの注意点5選

彼氏と同棲中猫を買うときの注意点5選 | LADYCO

LADYCO
彼氏と同棲中猫を買うときの注意点5選

動物を飼うのは大変なことです、誰が世話をするのか明確にする事、世話の分担などしっかり決めて楽しい猫ライフを送りましょう。

  • 誰が世話をするのか明確にする事
  • 猫にかかる費用は誰が負担するのか明確にする事
  • 留守にする際は、どうするのか明確にする事
  • 部屋で猫を飼う場合、猫の行動範囲を明確にしていく事
  • もし、別れが来た際の猫の事を明確にしておく事

1. 誰が世話をするのか明確にする事

誰が世話をするのか明確にする事

犬とは違って散歩の必要はないと言っても、やはり、お世話が必要になってくる猫。

えさやりはもちろんの事、トイレの後片付けなど何かとお世話は必要になります。

また、動物と言う事で病気をする事も考えられます。

その際、誰が病院に連れて行くのか?また、病気の際の猫の面倒は誰がするのか?など後々、揉める事がないように決めておく事が大切になります。

2. 猫にかかる費用は誰が負担するのか明確にする事

猫にかかる費用は誰が負担するのか明確にする事

猫を飼うと言う事は、それなりの費用が必要になります。

キャットフードやトイレの準備にかかる生活必需品の他、病気になった際の治療費など予定外の出費が発生する事も考えられるのです。

また、室内で猫を飼う場合、体調管理を考え、室内の温度を一定に保つ事も必要になってきます。

そこで費用がかかってくるのがエアコン代となります。

そんな、人間以外に必要になるエアコン代の負担においても明確にしておく事で、光熱費において気まずい関係を防ぐことができるようになります。

3. 留守にする際は、どうするのか明確にする事

留守にする際は、どうするのか明確にする事

猫を飼うと言う事は、家を空ける事ができないと言う事にもまります。

二人で旅行に行きたいと思った際、猫の預け先を決める事ができなければ、旅行すら行く事ができなくなってしまうのです。

そんな時の預け先も決めておくと安心です。

両家の実家に預ける事ができるのか?預かってくれる友人がいるのか?また、ペットホテルに預ける際は、誰が費用を負担するのかなど明確にする必要があります。

その他、日頃、面倒を見ている方が出張などで帰る事ができない場合、相手は面倒を見るのかなども決めておく必要があります。

4. 部屋で猫を飼う場合、猫の行動範囲を明確にしていく事

部屋で猫を飼う場合、猫の行動範囲を明確にしていく事

猫を部屋の中で放し飼いで飼う場合、その猫の行動範囲を明確にしておく事も大切です。

自分自身は、家中どこでも動き回って大丈夫と思っていたとしても、もしかしたら、相手はベットだけはイヤだな。

なんて思っているかもしれません。

その為、猫の行動範囲においても、初めに確認しておくと安心です。

5. もし、別れが来た際の猫の事を明確にしておく事

今から考える事が難しいかも知れませんが、動物を飼う以上、明確にしておく事必要があるのが、もし、別れた場合、どちらが引き取るのか?と言う点です。

別れが来た際、どちらも飼う事ができないと言う事が猫にとって最悪の事態になります。

その為、そうならないためにも、猫を飼う際には、最後までどちらが面倒を見るのかと言う事を明確にした上で飼い始める事が大切です。

動物を飼うのは大変なことです、誰が世話をするのか明確にする事、世話の分担などしっかり決めて楽しい猫ライフを送りましょう。


誰が世話をするのか明確にする事

犬とは違って散歩の必要はないと言っても、やはり、お世話が必要になってくる猫。

えさやりはもちろんの事、トイレの後片付けなど何かとお世話は必要になります。

また、動物と言う事で病気をする事も考えられます。

その際、誰が病院に連れて行くのか?また、病気の際の猫の面倒は誰がするのか?など後々、揉める事がないように決めておく事が大切になります。

猫にかかる費用は誰が負担するのか明確にする事

猫を飼うと言う事は、それなりの費用が必要になります。

キャットフードやトイレの準備にかかる生活必需品の他、病気になった際の治療費など予定外の出費が発生する事も考えられるのです。

また、室内で猫を飼う場合、体調管理を考え、室内の温度を一定に保つ事も必要になってきます。

そこで費用がかかってくるのがエアコン代となります。

そんな、人間以外に必要になるエアコン代の負担においても明確にしておく事で、光熱費において気まずい関係を防ぐことができるようになります。

留守にする際は、どうするのか明確にする事

猫を飼うと言う事は、家を空ける事ができないと言う事にもまります。

二人で旅行に行きたいと思った際、猫の預け先を決める事ができなければ、旅行すら行く事ができなくなってしまうのです。

そんな時の預け先も決めておくと安心です。

両家の実家に預ける事ができるのか?預かってくれる友人がいるのか?また、ペットホテルに預ける際は、誰が費用を負担するのかなど明確にする必要があります。

その他、日頃、面倒を見ている方が出張などで帰る事ができない場合、相手は面倒を見るのかなども決めておく必要があります。

部屋で猫を飼う場合、猫の行動範囲を明確にしていく事

猫を部屋の中で放し飼いで飼う場合、その猫の行動範囲を明確にしておく事も大切です。

自分自身は、家中どこでも動き回って大丈夫と思っていたとしても、もしかしたら、相手はベットだけはイヤだな。

なんて思っているかもしれません。

その為、猫の行動範囲においても、初めに確認しておくと安心です。

今から考える事が難しいかも知れませんが、動物を飼う以上、明確にしておく事必要があるのが、もし、別れた場合、どちらが引き取るのか?と言う点です。

別れが来た際、どちらも飼う事ができないと言う事が猫にとって最悪の事態になります。

その為、そうならないためにも、猫を飼う際には、最後までどちらが面倒を見るのかと言う事を明確にした上で飼い始める事が大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-