【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114313.html
実はおいしい?イノシシの生態や性格、寿命などの特徴

実はおいしい?イノシシの生態や性格、寿命などの特徴 | LADYCO

LADYCO
実はおいしい?イノシシの生態や性格、寿命などの特徴

イノシシに興味があるパートナーの為に、理解を深めましょう。

実はおいしい?イノシシの生態や性格、寿命などの特徴を10選まとめました。

  • イノシシとは
  • 生息地域
  • 生態
  • 食性
  • 寿命
  • 繁殖期
  • 身体能力
  • 天敵
  • イノシシによる様々な問題
  • 食用イノシシ

1. イノシシとは

イノシシとは

西遊記にもイノシシの妖怪の猪八戒として登場しています。

干支では12番目の亥にあたります。

犬と同じくらいに嗅覚が敏感で、とても突進する力が強いのが特徴です。

野生のイノシシを食用にしようとして家畜化されたのがブタにあたります。

2. 生息地域

生息地域

アジアやヨーロッパに生息していましたが、人間の力によってアメリカ大陸やオーストラリアなどに放たれていき、どんどん生息地域が増えていきました。

その中には野生のイノシシも家畜化されたブタも含まれています。

生息地域によって個体差がかなりあり、大きさが様々です。

大きな個体では体調2. 8m、重さが470kgもあるイノシシが仕留められた記録があるそうです。

3. 生態

生態

とても神経質な生き物で、自分の縄張りに侵入してきたものを排除しようとする傾向があります。

それは動物だけではなくて、誤って近づいてきてしまった人間にも敵意を示します。

実際に人間がイノシシに襲われた例も多くあります。

オスのイノシシには大きくて太い牙が生えている為、それで相手を突いて戦います。

メスにも牙が生えていますが、大きくない為噛む力を使います。

イノシシの突進力はとても強いので大人の人間が仮にイノシシに突進されてしまうと、飛ばされてしまい、大けがを負う可能性があります。

4. 食性

食性

森林に生息し、植物の根っこや果物を食べて生活をしています。

ドングリなども食べるのですが、上手く餌を確保できない時期になると山から人里に下りてきて農作物を荒らす事もあります。

また、植物だけ食べるのではなくて、時には肉食的な部部を見せます。

蛇やミミズ、カニなども食べています。

また小型の哺乳類なども食べますが、その場合は死んだものを食べます。

基本的には日中に餌を探しています。

5. 寿命

寿命

一般的に野生のイノシシの寿命は約10年とされています。

一年半ほどで成熟期を迎えます。

子供の頃のイノシシは背中にある模様が縞瓜に似ている事から「ウリ坊」と呼ばれます。

その模様は、木々の木漏れ日を模していて、保護色として役に立ちます。

模様は生後4か月を過ぎると徐々に消えていきます。

6. 繁殖期

繁殖期

12月から約2カ月もの間、繁殖期があります。

オスは繁殖の為に食欲を減退させます。

そして交尾をして子孫を残す為にメスのイノシシを求めて行動します。

メスのイノシシの発情期は3日ほどしか無いので、発情しているメスを探さなければなりません。

メスを巡って、オス同士の激しい奪い合いの末、メスと結ばれる事が出来ます。

イノシシの世界は一夫多妻制の為、交尾を終えるとおすはまた別のメスを求めて行動します。

繁殖期はほとんど餌を食べないのでオスはどんどん痩せていきます。

7. 身体能力

身体能力

見た目は丸いフォルムをしていて、一見身体能力が悪く見えてしまいがちですが、実はとても身体能力が高い生き物なのです。

時速45kmで走る事ができ、それに合わせてそのまま突進も出来ます。

大人のイノシシを使った実験では、助走をしないで高さが121cmもあるバーを飛び越える事が出来たそうです。

オスは70kg以上、メスでも69kg以上の重さの物を押して移動させる事が出来る程力があります。

普段は泳ぐ事はありませんが、敵に襲われてしまいそうな時には、泳いで逃げる事も出来ます。

8. 天敵

天敵

自分より体の大きな肉食獣が天敵にあたります。

日本ではクマが生息していますが、日本の場合は多くが人間を天敵として思っているイノシシが多いです。

野生化ではなかなかクマに遭遇する事はなくても、餌を求めて人里に下りた時、山で狩人に見つかった時には猟銃で撃たれて仕留められてしまうからです。

外国で生息しているイノシシの場合は、オオカミや、ヒョウ、トラやライオンなどが天敵となります。

9. イノシシによる様々な問題

イノシシによる様々な問題

近年ニュースでも話題になっていますが、野生の動物が人里に下りてきて、農作物を荒らす被害が起きています。

鼻が利くイノシシは畑に埋めてある芋類の匂いを嗅ぎつけて、牙を使って地面を掘り起こしてしまいます。

また食べられる物を探して畑を歩き回り、踏みつぶしの被害もあります。

山から離れた住宅街にも出没し、家庭のゴミを漁る事もあるようです。

そこで人間に噛みついてケガを負わせてしまうケースもあります。

また電車の線路に誤って侵入してしまい、そのまま轢かれてダイヤを乱れさせてしまった例もあります。

人間が都会化を進めて自然を壊していっている世の中なので、野生動物との共存がどんどん難しくなってきているのです。

10. 食用イノシシ

昔の日本では、獣肉を食べる事を表向きに禁忌としていた時代がありました。

それでも山間部などでは「山鯨」と呼ばれて食べられていたようです。

タンパク質が多く、滋養強壮の食材とされていきました。

沖縄では禁忌の文化が無かった為、その間も普通に食料として食べられていました。

シシ鍋、シシ汁が一般的な食べ方ですが、近年ではバーベキューの材料として、豚肉や牛肉と同じように焼いて食べる事もあるようです。

独特の野生臭さがあるようですが、好んで食べられる方もいます。

イノシシに興味があるパートナーの為に、理解を深めましょう。

実はおいしい?イノシシの生態や性格、寿命などの特徴を10選まとめました。


イノシシとは

西遊記にもイノシシの妖怪の猪八戒として登場しています。

干支では12番目の亥にあたります。

犬と同じくらいに嗅覚が敏感で、とても突進する力が強いのが特徴です。

野生のイノシシを食用にしようとして家畜化されたのがブタにあたります。

生息地域

アジアやヨーロッパに生息していましたが、人間の力によってアメリカ大陸やオーストラリアなどに放たれていき、どんどん生息地域が増えていきました。

その中には野生のイノシシも家畜化されたブタも含まれています。

生息地域によって個体差がかなりあり、大きさが様々です。

大きな個体では体調2. 8m、重さが470kgもあるイノシシが仕留められた記録があるそうです。

生態

とても神経質な生き物で、自分の縄張りに侵入してきたものを排除しようとする傾向があります。

それは動物だけではなくて、誤って近づいてきてしまった人間にも敵意を示します。

実際に人間がイノシシに襲われた例も多くあります。

オスのイノシシには大きくて太い牙が生えている為、それで相手を突いて戦います。

メスにも牙が生えていますが、大きくない為噛む力を使います。

イノシシの突進力はとても強いので大人の人間が仮にイノシシに突進されてしまうと、飛ばされてしまい、大けがを負う可能性があります。

食性

森林に生息し、植物の根っこや果物を食べて生活をしています。

ドングリなども食べるのですが、上手く餌を確保できない時期になると山から人里に下りてきて農作物を荒らす事もあります。

また、植物だけ食べるのではなくて、時には肉食的な部部を見せます。

蛇やミミズ、カニなども食べています。

また小型の哺乳類なども食べますが、その場合は死んだものを食べます。

基本的には日中に餌を探しています。

寿命

一般的に野生のイノシシの寿命は約10年とされています。

一年半ほどで成熟期を迎えます。

子供の頃のイノシシは背中にある模様が縞瓜に似ている事から「ウリ坊」と呼ばれます。

その模様は、木々の木漏れ日を模していて、保護色として役に立ちます。

模様は生後4か月を過ぎると徐々に消えていきます。

繁殖期

12月から約2カ月もの間、繁殖期があります。

オスは繁殖の為に食欲を減退させます。

そして交尾をして子孫を残す為にメスのイノシシを求めて行動します。

メスのイノシシの発情期は3日ほどしか無いので、発情しているメスを探さなければなりません。

メスを巡って、オス同士の激しい奪い合いの末、メスと結ばれる事が出来ます。

イノシシの世界は一夫多妻制の為、交尾を終えるとおすはまた別のメスを求めて行動します。

繁殖期はほとんど餌を食べないのでオスはどんどん痩せていきます。

身体能力

見た目は丸いフォルムをしていて、一見身体能力が悪く見えてしまいがちですが、実はとても身体能力が高い生き物なのです。

時速45kmで走る事ができ、それに合わせてそのまま突進も出来ます。

大人のイノシシを使った実験では、助走をしないで高さが121cmもあるバーを飛び越える事が出来たそうです。

オスは70kg以上、メスでも69kg以上の重さの物を押して移動させる事が出来る程力があります。

普段は泳ぐ事はありませんが、敵に襲われてしまいそうな時には、泳いで逃げる事も出来ます。

天敵

自分より体の大きな肉食獣が天敵にあたります。

日本ではクマが生息していますが、日本の場合は多くが人間を天敵として思っているイノシシが多いです。

野生化ではなかなかクマに遭遇する事はなくても、餌を求めて人里に下りた時、山で狩人に見つかった時には猟銃で撃たれて仕留められてしまうからです。

外国で生息しているイノシシの場合は、オオカミや、ヒョウ、トラやライオンなどが天敵となります。

イノシシによる様々な問題

近年ニュースでも話題になっていますが、野生の動物が人里に下りてきて、農作物を荒らす被害が起きています。

鼻が利くイノシシは畑に埋めてある芋類の匂いを嗅ぎつけて、牙を使って地面を掘り起こしてしまいます。

また食べられる物を探して畑を歩き回り、踏みつぶしの被害もあります。

山から離れた住宅街にも出没し、家庭のゴミを漁る事もあるようです。

そこで人間に噛みついてケガを負わせてしまうケースもあります。

また電車の線路に誤って侵入してしまい、そのまま轢かれてダイヤを乱れさせてしまった例もあります。

人間が都会化を進めて自然を壊していっている世の中なので、野生動物との共存がどんどん難しくなってきているのです。

昔の日本では、獣肉を食べる事を表向きに禁忌としていた時代がありました。

それでも山間部などでは「山鯨」と呼ばれて食べられていたようです。

タンパク質が多く、滋養強壮の食材とされていきました。

沖縄では禁忌の文化が無かった為、その間も普通に食料として食べられていました。

シシ鍋、シシ汁が一般的な食べ方ですが、近年ではバーベキューの材料として、豚肉や牛肉と同じように焼いて食べる事もあるようです。

独特の野生臭さがあるようですが、好んで食べられる方もいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-