【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190607115926.html
猫好き男性に見られる性格や恋愛傾向13選

猫好き男性に見られる性格や恋愛傾向13選 | LADYCO

LADYCO
猫好き男性に見られる性格や恋愛傾向13選

猫好きを自称する男性はたくさんいますが、彼らに共通する性格や恋愛傾向にはどんなものがあるか、挙げていきます。

  • 気まぐれを許し合える
  • ツンデレな女性を好む
  • 自由を愛する
  • 世話好き
  • 顔に出さなくても察してくれる
  • 一人の時間も大事にする
  • Mの気質がある
  • 好き嫌いがはっきりしてる
  • 華奢な女性を好む
  • 匂いフェチ
  • 浮気性な一面もある
  • 好きな対象は写真を撮って自慢したい
  • 変わってると言われがち
  • まとめ

1. 気まぐれを許し合える

気まぐれを許し合える

僕が好きだったり、実際に飼っている男性は、猫の気まぐれの部分に魅力を感じています。

男性自身が気まぐれな一面を持っていることで、仲間意識を抱いたり、そのような性格の女性に親近感を感じ、気まぐれな自分でもこの子ならうまくやれるかもと期待したりします。

2. ツンデレな女性を好む

ツンデレな女性を好む

猫好きな男性は野良猫を見かけると近づいてあやしたりしますが、一度逃げられてしまっても、同じ猫がいればまたトライしますし、少しずつ懐いてくれることに至福の喜びを見出します。

恋愛についてもこれと全く同じで、最初から親しげにしてくれなくても、少しずつ打ち解けてくれる女性を好む傾向にあります。

3. 自由を愛する

自由を愛する

街中で野良猫を目にする機会が多い日本人は、誰にも束縛されずに自由に生きる猫に憧れることがあります。

また、飼い猫であっても自由に外出させている人も多く、安全だからと家の中に束縛し続けるよりも、猫の自由を尊重することを重んじる彼らは、自由を愛する人が多いです。

自分が自由であることを愛すると同時に、他人の自由も大切にします。

4. 世話好き

世話好き

高い場所に登れたり、予測不能なものをおもちゃにして遊ぶ猫と共同生活をしていると、帰宅した途端、いろんなものが倒れていたりと、世話好きでなければやってられない毎日に突入することがあります。

そんな光景を微笑ましく思いながら、片付けができる猫好きの男性は、親しい友人や女性に対しても、自分が役に立てることを自身の喜びとして楽しむことができます。

5. 顔に出さなくても察してくれる

顔に出さなくても察してくれる

クールな表情でいろんな感情を表す猫と接している男性は、顔に出さなくても自分が察してあげなきゃという基本姿勢が身についています。

そのため、自分が辛いことを他人に伝えるのが苦手な人でも、何も言わなくても何かを感じ取ろうとしてくれる優しさに触れることができます。

さすがに百発百中とはいきませんが、聞く耳を自分から示してくれることで、悩みを話しやすい雰囲気を自然に作ってくれます。

6. 一人の時間も大事にする

一人の時間も大事にする

どんなに親しい人でも、365日24時間、ずっとべったりしていたいかと言われれば、逃げ出したくなってしまうのが猫好き男性の特徴です。

適度に自分だけの時間を持つことで、再び誰かに会いたくなる気持ちを自然に育むことができると考える猫好き男性は、一人の時間をネガティブに考えないため、一人で寂しいと四六時中、迫られると、重いと感じてしまうことがあります。

7. Mの気質がある

Mの気質がある

いつもと同じように手を出しても、不意に爪で引っ掻かれたり、シャーと威嚇されることもある猫を愛しく思える男性は、Mっ気があると言えます。

性的な傾向だけでなく、女性のわがままで理不尽な怒り方をされたり、感情的に罵倒されても、その理不尽さを可愛いなと思ってくれるので、カっとなって怒ってしまってからいつも後悔しているような女性は、罪悪感を減らしてくれるので、付き合いやすいです。

8. 好き嫌いがはっきりしてる

好き嫌いがはっきりしてる

主人には自分から擦り寄っていくけど、知らない人には警戒して全く懐かないこともある猫にシンパシーを感じる男性は、自身もそのような性格をしていることが多いです。

嫌いな人を嫌いなままでいることは、この世で楽しく暮らすための当然の権利だと思っているため、嫌いな人にも好意を示しておくような二枚舌を使うことはなく、わかりやすい性格として評価されることもあります。

9. 華奢な女性を好む

華奢な女性を好む

猫好きが高じて、猫のようなスリムなフォルムに愛情を注ぐ傾向がある男性は、女性に関してもそのような体型に魅力を感じます。

華奢で手足が長く、俊敏に走れそうなイメージの女性は、図らずもモデル体型と言われる美女が多いこともあり、ヘアメイクやファッションも個性的だったり、自由な雰囲気を漂わせていることも相まって、猫好きな男性を魅了します。

10. 匂いフェチ

匂いフェチ

肉球の匂いを嗅ぐのが好きなことをカミングアウトする猫好き男性は少なくなく、その匂いを嗅ぐと落ち着くという声も多く耳にします。

自分が好きな対象は、その匂いも愛するというフェティッシュな一面を持っている男性は、髪の香りや香水によって印象付けることで、香りを覚えているということはその女性に好意を持っているのかなと混同することがあるので、気になる猫好き男性がいる方は試してみて下さい。

何だかわからないけど気になる、という気持ちは、次第に大きくなり、やがて恋心へと発展します。

11. 浮気性な一面もある

浮気性な一面もある

自分の犬だけを愛することに忠誠を誓うこともある犬好き男性と比較すると、友達の猫や野良猫にも広く愛情を注ぐ猫好き男性は、1人の女性に酷い束縛をされるぐらいなら、誰とも付き合わずに、自分に芽生えた好意を自由に表したいと考える傾向があります。

もちろん、酷い束縛さえしなければ、基本的に彼女を尊重してくれますが、女性と話しているだけで嫉妬してしまうような方は、お付き合いするのは難しいかもしれません。

12. 好きな対象は写真を撮って自慢したい

好きな対象は写真を撮って自慢したい

性別に関わらず、猫好きな人全般に見られる傾向として、写真を撮るのが好きな人が多いことが挙げられます。

猫の写真だけを大量に撮り、携帯をフリックしながら延々と人に見せ続けることも珍しくありません。

そうした傾向は恋愛にも表れ、好きになった対象は写真を取りまくり、SNSなどで自慢したがるので、そういうのが苦手な人はそれを制止することになり、トラブルの元になることがあります。

13. 変わってると言われがち

変わってると言われがち

自由を愛する猫好きな男性は、基本的に他人の目を気にしたり、空気を読む必要がないと思っているので、独自の感性をすくすくと育んだ結果、変わり者として成長していることがあります。

そのような男性を好きになった場合は、みんなは変わっていると言うけど、私の中では別に普通だと思うけどなぁと仲間意識を示すことで、特別視してくれますので、そのようなアプローチをしてみましょう。

まとめ

猫好きな男性の特徴と恋愛傾向をまとめてみましたが、猫そのものの生態や動きを研究すれば、猫好きな男性の性格が見えてくると言っても過言ではない結果となりました。

気まぐれな性格に振り回されることもありますが、それはお互い様だと割り切ることができれば、お互いに無理をしない付き合い方ができるようになります。

猫好きを自称する男性はたくさんいますが、彼らに共通する性格や恋愛傾向にはどんなものがあるか、挙げていきます。


気まぐれを許し合える

僕が好きだったり、実際に飼っている男性は、猫の気まぐれの部分に魅力を感じています。

男性自身が気まぐれな一面を持っていることで、仲間意識を抱いたり、そのような性格の女性に親近感を感じ、気まぐれな自分でもこの子ならうまくやれるかもと期待したりします。

ツンデレな女性を好む

猫好きな男性は野良猫を見かけると近づいてあやしたりしますが、一度逃げられてしまっても、同じ猫がいればまたトライしますし、少しずつ懐いてくれることに至福の喜びを見出します。

恋愛についてもこれと全く同じで、最初から親しげにしてくれなくても、少しずつ打ち解けてくれる女性を好む傾向にあります。

自由を愛する

街中で野良猫を目にする機会が多い日本人は、誰にも束縛されずに自由に生きる猫に憧れることがあります。

また、飼い猫であっても自由に外出させている人も多く、安全だからと家の中に束縛し続けるよりも、猫の自由を尊重することを重んじる彼らは、自由を愛する人が多いです。

自分が自由であることを愛すると同時に、他人の自由も大切にします。

世話好き

高い場所に登れたり、予測不能なものをおもちゃにして遊ぶ猫と共同生活をしていると、帰宅した途端、いろんなものが倒れていたりと、世話好きでなければやってられない毎日に突入することがあります。

そんな光景を微笑ましく思いながら、片付けができる猫好きの男性は、親しい友人や女性に対しても、自分が役に立てることを自身の喜びとして楽しむことができます。

顔に出さなくても察してくれる

クールな表情でいろんな感情を表す猫と接している男性は、顔に出さなくても自分が察してあげなきゃという基本姿勢が身についています。

そのため、自分が辛いことを他人に伝えるのが苦手な人でも、何も言わなくても何かを感じ取ろうとしてくれる優しさに触れることができます。

さすがに百発百中とはいきませんが、聞く耳を自分から示してくれることで、悩みを話しやすい雰囲気を自然に作ってくれます。

一人の時間も大事にする

どんなに親しい人でも、365日24時間、ずっとべったりしていたいかと言われれば、逃げ出したくなってしまうのが猫好き男性の特徴です。

適度に自分だけの時間を持つことで、再び誰かに会いたくなる気持ちを自然に育むことができると考える猫好き男性は、一人の時間をネガティブに考えないため、一人で寂しいと四六時中、迫られると、重いと感じてしまうことがあります。

Mの気質がある

いつもと同じように手を出しても、不意に爪で引っ掻かれたり、シャーと威嚇されることもある猫を愛しく思える男性は、Mっ気があると言えます。

性的な傾向だけでなく、女性のわがままで理不尽な怒り方をされたり、感情的に罵倒されても、その理不尽さを可愛いなと思ってくれるので、カっとなって怒ってしまってからいつも後悔しているような女性は、罪悪感を減らしてくれるので、付き合いやすいです。

好き嫌いがはっきりしてる

主人には自分から擦り寄っていくけど、知らない人には警戒して全く懐かないこともある猫にシンパシーを感じる男性は、自身もそのような性格をしていることが多いです。

嫌いな人を嫌いなままでいることは、この世で楽しく暮らすための当然の権利だと思っているため、嫌いな人にも好意を示しておくような二枚舌を使うことはなく、わかりやすい性格として評価されることもあります。

華奢な女性を好む

猫好きが高じて、猫のようなスリムなフォルムに愛情を注ぐ傾向がある男性は、女性に関してもそのような体型に魅力を感じます。

華奢で手足が長く、俊敏に走れそうなイメージの女性は、図らずもモデル体型と言われる美女が多いこともあり、ヘアメイクやファッションも個性的だったり、自由な雰囲気を漂わせていることも相まって、猫好きな男性を魅了します。

匂いフェチ

肉球の匂いを嗅ぐのが好きなことをカミングアウトする猫好き男性は少なくなく、その匂いを嗅ぐと落ち着くという声も多く耳にします。

自分が好きな対象は、その匂いも愛するというフェティッシュな一面を持っている男性は、髪の香りや香水によって印象付けることで、香りを覚えているということはその女性に好意を持っているのかなと混同することがあるので、気になる猫好き男性がいる方は試してみて下さい。

何だかわからないけど気になる、という気持ちは、次第に大きくなり、やがて恋心へと発展します。

浮気性な一面もある

自分の犬だけを愛することに忠誠を誓うこともある犬好き男性と比較すると、友達の猫や野良猫にも広く愛情を注ぐ猫好き男性は、1人の女性に酷い束縛をされるぐらいなら、誰とも付き合わずに、自分に芽生えた好意を自由に表したいと考える傾向があります。

もちろん、酷い束縛さえしなければ、基本的に彼女を尊重してくれますが、女性と話しているだけで嫉妬してしまうような方は、お付き合いするのは難しいかもしれません。

好きな対象は写真を撮って自慢したい

性別に関わらず、猫好きな人全般に見られる傾向として、写真を撮るのが好きな人が多いことが挙げられます。

猫の写真だけを大量に撮り、携帯をフリックしながら延々と人に見せ続けることも珍しくありません。

そうした傾向は恋愛にも表れ、好きになった対象は写真を取りまくり、SNSなどで自慢したがるので、そういうのが苦手な人はそれを制止することになり、トラブルの元になることがあります。

変わってると言われがち

自由を愛する猫好きな男性は、基本的に他人の目を気にしたり、空気を読む必要がないと思っているので、独自の感性をすくすくと育んだ結果、変わり者として成長していることがあります。

そのような男性を好きになった場合は、みんなは変わっていると言うけど、私の中では別に普通だと思うけどなぁと仲間意識を示すことで、特別視してくれますので、そのようなアプローチをしてみましょう。

猫好きな男性の特徴と恋愛傾向をまとめてみましたが、猫そのものの生態や動きを研究すれば、猫好きな男性の性格が見えてくると言っても過言ではない結果となりました。

気まぐれな性格に振り回されることもありますが、それはお互い様だと割り切ることができれば、お互いに無理をしない付き合い方ができるようになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-