【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519173234.html
子年【ネズミ年】女性の性格や恋愛傾向10選

子年【ネズミ年】女性の性格や恋愛傾向10選 | LADYCO

LADYCO
子年【ネズミ年】女性の性格や恋愛傾向10選

身の回りにいる子年の女性。

その人達はどんな性格や恋愛の傾向をしているのかを10個に纏めました。

  • 素直で正直
  • 人付き合いが良い
  • あくまで端役に徹する
  • 優しい
  • 明るく社交的
  • 話し上手
  • 適応能力が高い
  • せっかち
  • 秘密主義
  • 知りたがり
  • まとめ

1. 素直で正直

素直で正直

子年の女性は素直で正直です。

思った事を口にしたり、すぐに顔に出たりします。

口は災いの元と言いますが、反面、その歯に衣着せない物言いから、人から疑われずに信頼を勝ち取りやすいのです。

恋愛においては、この素直で正直な性格から、彼氏から可愛がられる「愛され気質」となり、彼氏に嘘を吐かない良い彼女となるでしょう。

2. 人付き合いが良い

人付き合いが良い

子年の女性は人付き合いが良く、人とのコミュニケーションを得意としています。

その為、交流する人数が多く、その付き合いの良さが異性から好印象を勝ち取りやすいのですが、あくまでその人付き合いは浅く広い付き合いであり、交際ともなると臆病になりがちです。

そうした事から、自分の心境を相手に悟られにくくしてしまい、逆に不安にさせてしまいます。

3. あくまで端役に徹する

あくまで端役に徹する

子年の女性は、端役に徹する人が多いです。

その理由としては、一から構想を練ったり、物事が完成されていく経過を楽しむのがメインで、自分がリーダーシップを取って物事を成し遂げるタイプではないからですね。

あくまで自分は参加する立場であり、重要な役どころに付くのを避けるのです。

恋愛においても、そんな奔放な面が際立ちます。

非常に慎重になって自分から声をかけに行く事は滅多にありません。

かと言って相手からのモーションがあれば、と言う訳でもなく、臆病で消極的な言動を取ってしまいがちなのです。

4. 優しい

優しい

弱い人や動物にはとても優しく接し、親身になって相談にのったり、可愛がって援助したりと、周りからは「親切で良い人」「献身的」との印象を受けてしまいますが、実の所、これは弱いものの心理を知っているからに他なりません。

同じような弱い立場であったり、弱っていたりしたらという、共感や同情が先立って、この様な行動に出ているのです。

子年の女性の優しさには、弱きを理解する心があるんですね。

5. 明るく社交的

明るく社交的

子年の女性は、明るくて社交的、と言う印象が強いです。

例え初対面の第三者がその場にいたとしても、持ち前のユーモアで乗り切り、「一緒に居たら楽しい人」との印象を得ますが、広げた人脈は広げっ放しになる事も多く、気付けば付き合いの幅を広げ過ぎている、と言う事もあります。

恋愛においては、広げ過ぎた交友関係の中で移り気を起こしやすいのですが、それは子年の女性の寂しがりな性格からで、常に誰かと一緒に居たい、と言う気持ちの現れなのです。

6. 話し上手

話し上手

子年の女性の性格としてあげられるものの中には、話し上手、と言うものもあります。

話し上手である事から、より多くの人が集まって友達ができやすく、とても器用に人と付き合っていきますが、言葉や行動に誠実さが欠けたり、目先の事を優先したり、見栄を張ったりする傾向もありますね。

恋愛においては、話し上手な性格も手伝って異性から好かれやすく、出会いの機会も多めですが、軽い気持ちで付き合ってしまう事もあるので、軽率な人との印象を受けがちですね。

7. 適応能力が高い

適応能力が高い

適応能力が高いと言われている子年の女性は、どんな環境でもすぐに慣れてしまいます。

例え初めて就く職種の現場でも、特に困る事なく周囲の流れに乗って行きます。

厳しい状況に立たされても、その状況に適応して慌てず騒がず対応していきますが、それをおごってツメが甘くなる事も有ります。

8. せっかち

せっかち

子年の女性はせっかちとも言われます。

周囲の状況に対してのアンテナは非常に敏感で、先を読んで動く事から、物事を噛み砕いて理解する前に「次へ次へ」と気持ちが先立ってしまう為に、「せっかち」と思われてしまうんですね。

また、常にアンテナを張っている為に周囲の人たちの行動理念をある程度把握していて、それを元に上手な人の動かし方をして、上手く立ち回れるのです。

恋愛においては、せっかちな為に「おっちょこちょい」と思われて、庇護欲をそそりますが、彼氏の行動を逐一観察しているタイプですね。

9. 秘密主義

秘密主義

子年の女性は自分の事をあまり話さず、話題も振って行きません。

理想や意識が高く、プライドに邪魔されて素直になれない為、周囲に対して大きな強がりをして自分の首を絞めてしまいがちで、それを人に知られたくないから、と言うものがあります。

恋愛においても、特に自分の事は話さず、これからの事や趣味などの話題を振る事が多く、相手からぐいぐいと接近されると逆に警戒してしまうので注意が必要なんですね。

10. 知りたがり

知りたがり

上記の通り、子年の女性は秘密主義ではありますが、人の秘密に対してはつい知りたがってしまう傾向があります。

噂話や時事ネタ、芸能関係のニュースが好きで、話題に事欠かない情報量を持っています。

また、情報への好奇心が強い為に「自分が一番知っている」と大きく出たりしがちです。

好奇心に負けてうまい話に踊らされたり、大きな失敗をしてしまう事もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子年の女性には様々な性格があり、恋愛の傾向もその性格によって様々です。

全体的にはずる賢いと言う印象もありますが、その実、子年の女性は、単に愛嬌があるお調子者、と言う事が多いようです。

身の回りにいる子年の女性。

その人達はどんな性格や恋愛の傾向をしているのかを10個に纏めました。


素直で正直

子年の女性は素直で正直です。

思った事を口にしたり、すぐに顔に出たりします。

口は災いの元と言いますが、反面、その歯に衣着せない物言いから、人から疑われずに信頼を勝ち取りやすいのです。

恋愛においては、この素直で正直な性格から、彼氏から可愛がられる「愛され気質」となり、彼氏に嘘を吐かない良い彼女となるでしょう。

人付き合いが良い

子年の女性は人付き合いが良く、人とのコミュニケーションを得意としています。

その為、交流する人数が多く、その付き合いの良さが異性から好印象を勝ち取りやすいのですが、あくまでその人付き合いは浅く広い付き合いであり、交際ともなると臆病になりがちです。

そうした事から、自分の心境を相手に悟られにくくしてしまい、逆に不安にさせてしまいます。

あくまで端役に徹する

子年の女性は、端役に徹する人が多いです。

その理由としては、一から構想を練ったり、物事が完成されていく経過を楽しむのがメインで、自分がリーダーシップを取って物事を成し遂げるタイプではないからですね。

あくまで自分は参加する立場であり、重要な役どころに付くのを避けるのです。

恋愛においても、そんな奔放な面が際立ちます。

非常に慎重になって自分から声をかけに行く事は滅多にありません。

かと言って相手からのモーションがあれば、と言う訳でもなく、臆病で消極的な言動を取ってしまいがちなのです。

優しい

弱い人や動物にはとても優しく接し、親身になって相談にのったり、可愛がって援助したりと、周りからは「親切で良い人」「献身的」との印象を受けてしまいますが、実の所、これは弱いものの心理を知っているからに他なりません。

同じような弱い立場であったり、弱っていたりしたらという、共感や同情が先立って、この様な行動に出ているのです。

子年の女性の優しさには、弱きを理解する心があるんですね。

明るく社交的

子年の女性は、明るくて社交的、と言う印象が強いです。

例え初対面の第三者がその場にいたとしても、持ち前のユーモアで乗り切り、「一緒に居たら楽しい人」との印象を得ますが、広げた人脈は広げっ放しになる事も多く、気付けば付き合いの幅を広げ過ぎている、と言う事もあります。

恋愛においては、広げ過ぎた交友関係の中で移り気を起こしやすいのですが、それは子年の女性の寂しがりな性格からで、常に誰かと一緒に居たい、と言う気持ちの現れなのです。

話し上手

子年の女性の性格としてあげられるものの中には、話し上手、と言うものもあります。

話し上手である事から、より多くの人が集まって友達ができやすく、とても器用に人と付き合っていきますが、言葉や行動に誠実さが欠けたり、目先の事を優先したり、見栄を張ったりする傾向もありますね。

恋愛においては、話し上手な性格も手伝って異性から好かれやすく、出会いの機会も多めですが、軽い気持ちで付き合ってしまう事もあるので、軽率な人との印象を受けがちですね。

適応能力が高い

適応能力が高いと言われている子年の女性は、どんな環境でもすぐに慣れてしまいます。

例え初めて就く職種の現場でも、特に困る事なく周囲の流れに乗って行きます。

厳しい状況に立たされても、その状況に適応して慌てず騒がず対応していきますが、それをおごってツメが甘くなる事も有ります。

せっかち

子年の女性はせっかちとも言われます。

周囲の状況に対してのアンテナは非常に敏感で、先を読んで動く事から、物事を噛み砕いて理解する前に「次へ次へ」と気持ちが先立ってしまう為に、「せっかち」と思われてしまうんですね。

また、常にアンテナを張っている為に周囲の人たちの行動理念をある程度把握していて、それを元に上手な人の動かし方をして、上手く立ち回れるのです。

恋愛においては、せっかちな為に「おっちょこちょい」と思われて、庇護欲をそそりますが、彼氏の行動を逐一観察しているタイプですね。

秘密主義

子年の女性は自分の事をあまり話さず、話題も振って行きません。

理想や意識が高く、プライドに邪魔されて素直になれない為、周囲に対して大きな強がりをして自分の首を絞めてしまいがちで、それを人に知られたくないから、と言うものがあります。

恋愛においても、特に自分の事は話さず、これからの事や趣味などの話題を振る事が多く、相手からぐいぐいと接近されると逆に警戒してしまうので注意が必要なんですね。

知りたがり

上記の通り、子年の女性は秘密主義ではありますが、人の秘密に対してはつい知りたがってしまう傾向があります。

噂話や時事ネタ、芸能関係のニュースが好きで、話題に事欠かない情報量を持っています。

また、情報への好奇心が強い為に「自分が一番知っている」と大きく出たりしがちです。

好奇心に負けてうまい話に踊らされたり、大きな失敗をしてしまう事もあります。

いかがでしたでしょうか。

子年の女性には様々な性格があり、恋愛の傾向もその性格によって様々です。

全体的にはずる賢いと言う印象もありますが、その実、子年の女性は、単に愛嬌があるお調子者、と言う事が多いようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-