【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172622.html
恋愛占いは当たるの?占いは参考程度にするのがいい理由12選

恋愛占いは当たるの?占いは参考程度にするのがいい理由12選 | LADYCO

LADYCO
恋愛占いは当たるの?占いは参考程度にするのがいい理由12選

当たるも八卦、当たらぬも八卦の占い。 占いは参考程度にするのが一番です。 その理由を10個にまとめてみました。

  • 自己判断ができなくなる
  • 運勢に左右される
  • 可能性が狭まることがある
  • 問題から目をそむけがち
  • 気分が落ち込む
  • 良い事があっても悪く見てしまう
  • 諦めがちになる
  • 全てを占いのせいにする
  • 考えすぎてしまう
  • 結果が大雑把な場合もある
  • 信じる証拠がない
  • ハマると依存する
  • まとめ

1. 自己判断ができなくなる

自己判断ができなくなる

恋愛占いはラッキーカラーやラッキーアイテム、好きな人との相性を教えてくれる、女性ならば一回はやってみたことがあるほどポピュラーなものですが、この恋愛占いは、参考程度にしない場合、自己判断が出来なくなってしまうというデメリットがあります。

占い結果が良ければ、やっぱりこの人を好きになった方がいいんだ、と思ってしまう事もありますし、悪ければ相性が悪いみたいだしやめておこうといった、占いありきの判断するくせがついてしまうのです。

2. 運勢に左右される

運勢に左右される

好きな人と一緒に出かけるなどのイベント前に、占いをしてみるという人も居ると思います。 運勢が良ければ気分よく出かけられるかもしれませんが、悪ければ気分が落ち込んだ状態で出かける事になります。 信じすぎていると悪い結果が頭の中でいっぱいになってしまい、余計な緊張をしてしまうということもあります。

3. 可能性が狭まることがある

可能性が狭まることがある

恋愛はどう転ぶか分かりません。 好きになってくれるかもしれないし、嫌われてしまうかもしれないという、人の気持ちのぶつかり合いだからこその可能性があります。

片想い中であれば好きになってもらえるよう可能性を広げるように頑張るところですが、占いを信じすぎてしまうと、悪い結果が出た場合何やってもダメなんじゃないかと不安になってしまいますし、良くても、結果が良かったから大丈夫と安心してしまい、頑張るべきチャンスを見逃すと言う事もあります。

4. 問題から目をそむけがち

問題から目をそむけがち

ネット上などで無料占いなどでは、基本良い事しか書かれません。 捉え方も人それぞれであり、結果もまばらである事が多いです。 そのため、良い結果だけを見てしまいがちです。

占いには一歩前に踏み出す勇気が出るというメリットもありますが、良い結果ばかりだと、自分が原因の問題からも大丈夫大丈夫と目を背けてしまいがちになってしまいます。 占いは参考程度にした方が、自分の事を見失わずに済むのです。

5. 気分が落ち込む

気分が落ち込む

占いを信じすぎてしまうと、悪い結果に引っ張られてしまう事もあります。 占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦。

当たらないことだってありますが、占いを信じすぎていると、この結果は絶対に当たると思ってしまいがちです。 参考程度に見ていた方が、必要以上に落ち込むことを防ぐ事が出来るのです。

6. 良い事があっても悪く見てしまう

良い事があっても悪く見てしまう

これも結果に捕らわれがちなパターンです。 見ている占いにもよりますが、結果によっては何もかもうまく行かない日、などと言われてしまう日もあります。 その結果を参考程度に見ていれば、良い事があったとしても、占いは外れたんだな、と思う事が出来ますが、重視してしまうとその良い事も悪い事の前触れなのではないかと恐れてしまうのです。

7. 諦めがちになる

諦めがちになる

好きな人にモーションをかけたり、気持ちを伝えようとする時、どうしてもダメだった時のことを心配して怖くなってしまいますよね。 そんな時、自分の背中を押してくれるものとして恋愛占いをすることもあるでしょう。

しかし、その結果がダメであった場合、今日はやめておこう、と思ってしまいます。 占いの結果のせいで、諦める材料が増えてしまうこともありますので、時には占いには頼らず、自分の気持ちを優先して行動するのも大切です。

8. 全てを占いのせいにする

全てを占いのせいにする

占いを重視していると良い結果を残せたときは、この占い当たる!と喜ぶ事も出来ますが、占いの結果がどうあれ、実際はダメだった場合などは、「占いの結果が良かったからやったけど、あの結果さえなかったら慎重に行動していた」「占いの結果駄目だったから、やっぱり駄目だった」と、ダメだった原因を全て占いのせいにしてしまうこともあります。

9. 考えすぎてしまう

考えすぎてしまう

占いの結果について考えすぎてしまうというの、占いを参考程度にした方が良い理由の1つです。 良い結果であったり悪い結果であったりを現実に起きたことと照らし合わせて考える事は、占いをした日ならよくある事ですが、考えすぎてしまうと、考える事に夢中になってしまって、肝心の現実が疎かになることがあります。 何事もほどほどが良いように、占いの結果はほどほどに、参考程度にしておいた方が良いのです。

10. 結果が大雑把な場合もある

結果が大雑把な場合もある

今ではネット上に様々な占いがあります。 中でも多いのは、無料で診断できる恋愛占いです。 そして同じような占いでも、このサイトではこういう結果、このサイトではこういう結果といった、結果が統一しないことがほとんどです。

血液型と生年月日を入れるだけなのに、結果が全てバラバラであったり、当たり障りのないものであったりと、結果が大雑把なものもあります。 結果は自分次第と割り切って、参考程度にとどめておく方が賢明と言えます。

11. 信じる証拠がない

信じる証拠がない

世の中には様々な占いの種類があり、その方法も多種多様です。 例えば、血液型占い。 人は血液型で性格が違うとされていますが、医学的根拠はどこにも無かったりします。

占い自体がスピリチュアルな分野であるが為に、確たる証拠や根拠がどこにも無いのです。 それ故に、占い自体を「こう言う見方・意見もある」程度に考え、参考程度に受け取った方が良いと言えます

12. ハマると依存する

ハマると依存する

占いは、受け取り方次第で「当たった」とも言えますし「外れた」とも言えます。 つまりはその結果をどう受け取るかに寄ってしまうのです。 一度占って良い結果が出たからと言って、何度も何度も占いを繰り返すと、そのうち占い自体にハマってしまって、何をするにも占いの結果を採用してしまいます。

自身の意思で「占いを信じる」と思っていても、現実には、占いに依存して、占いに振り回されてしまっている、という状態になってしまいます。 それ故に、占いはあくまで参考までに留めた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 占いは悩んでいる時に解決法を示してくれたり、一歩踏み出す勇気を与えてくれるものですが、のめり込み過ぎてしまうと占いありきの生活になってしまい、依存してしまうものです。 当たるも八卦、当たらぬも八卦。

当たる時もありますが、当たらない時だって半々です。 あまり結果を重くとらえず、参考程度に見るようにしましょう。

当たるも八卦、当たらぬも八卦の占い。 占いは参考程度にするのが一番です。 その理由を10個にまとめてみました。


自己判断ができなくなる

恋愛占いはラッキーカラーやラッキーアイテム、好きな人との相性を教えてくれる、女性ならば一回はやってみたことがあるほどポピュラーなものですが、この恋愛占いは、参考程度にしない場合、自己判断が出来なくなってしまうというデメリットがあります。

占い結果が良ければ、やっぱりこの人を好きになった方がいいんだ、と思ってしまう事もありますし、悪ければ相性が悪いみたいだしやめておこうといった、占いありきの判断するくせがついてしまうのです。

運勢に左右される

好きな人と一緒に出かけるなどのイベント前に、占いをしてみるという人も居ると思います。 運勢が良ければ気分よく出かけられるかもしれませんが、悪ければ気分が落ち込んだ状態で出かける事になります。 信じすぎていると悪い結果が頭の中でいっぱいになってしまい、余計な緊張をしてしまうということもあります。

可能性が狭まることがある

恋愛はどう転ぶか分かりません。 好きになってくれるかもしれないし、嫌われてしまうかもしれないという、人の気持ちのぶつかり合いだからこその可能性があります。

片想い中であれば好きになってもらえるよう可能性を広げるように頑張るところですが、占いを信じすぎてしまうと、悪い結果が出た場合何やってもダメなんじゃないかと不安になってしまいますし、良くても、結果が良かったから大丈夫と安心してしまい、頑張るべきチャンスを見逃すと言う事もあります。

問題から目をそむけがち

ネット上などで無料占いなどでは、基本良い事しか書かれません。 捉え方も人それぞれであり、結果もまばらである事が多いです。 そのため、良い結果だけを見てしまいがちです。

占いには一歩前に踏み出す勇気が出るというメリットもありますが、良い結果ばかりだと、自分が原因の問題からも大丈夫大丈夫と目を背けてしまいがちになってしまいます。 占いは参考程度にした方が、自分の事を見失わずに済むのです。

気分が落ち込む

占いを信じすぎてしまうと、悪い結果に引っ張られてしまう事もあります。 占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦。

当たらないことだってありますが、占いを信じすぎていると、この結果は絶対に当たると思ってしまいがちです。 参考程度に見ていた方が、必要以上に落ち込むことを防ぐ事が出来るのです。

良い事があっても悪く見てしまう

これも結果に捕らわれがちなパターンです。 見ている占いにもよりますが、結果によっては何もかもうまく行かない日、などと言われてしまう日もあります。 その結果を参考程度に見ていれば、良い事があったとしても、占いは外れたんだな、と思う事が出来ますが、重視してしまうとその良い事も悪い事の前触れなのではないかと恐れてしまうのです。

諦めがちになる

好きな人にモーションをかけたり、気持ちを伝えようとする時、どうしてもダメだった時のことを心配して怖くなってしまいますよね。 そんな時、自分の背中を押してくれるものとして恋愛占いをすることもあるでしょう。

しかし、その結果がダメであった場合、今日はやめておこう、と思ってしまいます。 占いの結果のせいで、諦める材料が増えてしまうこともありますので、時には占いには頼らず、自分の気持ちを優先して行動するのも大切です。

全てを占いのせいにする

占いを重視していると良い結果を残せたときは、この占い当たる!と喜ぶ事も出来ますが、占いの結果がどうあれ、実際はダメだった場合などは、「占いの結果が良かったからやったけど、あの結果さえなかったら慎重に行動していた」「占いの結果駄目だったから、やっぱり駄目だった」と、ダメだった原因を全て占いのせいにしてしまうこともあります。

考えすぎてしまう

占いの結果について考えすぎてしまうというの、占いを参考程度にした方が良い理由の1つです。 良い結果であったり悪い結果であったりを現実に起きたことと照らし合わせて考える事は、占いをした日ならよくある事ですが、考えすぎてしまうと、考える事に夢中になってしまって、肝心の現実が疎かになることがあります。 何事もほどほどが良いように、占いの結果はほどほどに、参考程度にしておいた方が良いのです。

結果が大雑把な場合もある

今ではネット上に様々な占いがあります。 中でも多いのは、無料で診断できる恋愛占いです。 そして同じような占いでも、このサイトではこういう結果、このサイトではこういう結果といった、結果が統一しないことがほとんどです。

血液型と生年月日を入れるだけなのに、結果が全てバラバラであったり、当たり障りのないものであったりと、結果が大雑把なものもあります。 結果は自分次第と割り切って、参考程度にとどめておく方が賢明と言えます。

信じる証拠がない

世の中には様々な占いの種類があり、その方法も多種多様です。 例えば、血液型占い。 人は血液型で性格が違うとされていますが、医学的根拠はどこにも無かったりします。

占い自体がスピリチュアルな分野であるが為に、確たる証拠や根拠がどこにも無いのです。 それ故に、占い自体を「こう言う見方・意見もある」程度に考え、参考程度に受け取った方が良いと言えます

ハマると依存する

占いは、受け取り方次第で「当たった」とも言えますし「外れた」とも言えます。 つまりはその結果をどう受け取るかに寄ってしまうのです。 一度占って良い結果が出たからと言って、何度も何度も占いを繰り返すと、そのうち占い自体にハマってしまって、何をするにも占いの結果を採用してしまいます。

自身の意思で「占いを信じる」と思っていても、現実には、占いに依存して、占いに振り回されてしまっている、という状態になってしまいます。 それ故に、占いはあくまで参考までに留めた方が良いでしょう。

いかがでしたか? 占いは悩んでいる時に解決法を示してくれたり、一歩踏み出す勇気を与えてくれるものですが、のめり込み過ぎてしまうと占いありきの生活になってしまい、依存してしまうものです。 当たるも八卦、当たらぬも八卦。

当たる時もありますが、当たらない時だって半々です。 あまり結果を重くとらえず、参考程度に見るようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-