【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180111164842.html
気が動転しやすい人の特徴

気が動転しやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
気が動転しやすい人の特徴

何事も上手くこなすには落ち着いて行動したいものです。

しかし、ちょっとした出来事で気が動転してしまいやすい人がいます。

心に乱れが生じると、失敗が多くなります。

そんな風にはなりたくありませんが、どのような人が陥りやすいのでしょうか。

特徴をいくつか挙げて見ていきましょう。

  • 必ず成功しないといけないという固定観念がある
  • 小心者である
  • 集中力が無い
  • 遊び心が無い
  • 自分に自身が無い
  • 多くのストレスを抱えている
  • 何らかの虐待を受けた
  • もの覚えが悪い人
  • プレッシャーに弱い
  • まとめ

1. 必ず成功しないといけないという固定観念がある

必ず成功しないといけないという固定観念がある。<br><br>

根が真面目で、失敗は許されないという心構えは完璧主義者に多い考え方です。

実際そのように育って来た人は物事が滞ると非常に気分が悪くなってモチベーションも下がることでしょう。

そして成功を積み重ねて来た人は、失敗した経験が少ないので少しの刺激で気が動転しやすくなります。

多少の失敗でも次頑張ればいいや。

といったようにおおらかな気持ちの人は、そのスタンスが崩れないので気持ちが揺れ動くことはありません。

2. 小心者である

小心者である。<br><br>

肝っ玉が小さいと少しの事で驚きます。

物音やいつもと違った風景など違和感にも敏感です。

そのようにビックリすると心を無くします。

回りが見えなくなって慌てふためき、そしてパニックを起こしてまわりに迷惑をかけることもしばしば。

小さな犬ほど良く吠えると言いますが、これは体力や、力の弱い犬は吠えて威嚇しなくてはならないためです。

心はびくびくしているのです。

3. 集中力が無い

集中力が無い。<br><br>

物事に集中していれば他の多少の出来事に心奪われる事はありません。

注意力散漫で集中力の無い人は気が動転しやすい人と言えるでしょう。

逆に回りが騒がしくても落ちついて物事に集中している人は物事を成し遂げやすいですね。

多少の事では動じない芯のある人間になりたいものです。

4. 遊び心が無い

遊び心が無い。<br><br>

物事を楽しむと言った心のゆとりが無い人もまた気が動転しやすい人と言えます。

いつでも緊張の連続では、心の糸が張りつめて切れやすくなってしまいます。

しかもその緊張の糸は人間の性質上、長続きしません。

真面目な性格なのは良いことですが遊び心を忘れないでいると、外部刺激も楽しめると同時に物怖じしなくて済むのではないでしょうか。

5. 自分に自身が無い

自分に自身が無い。<br><br>

自分に自身が無いと、堂々とした態度ができません。

内面は外見に出てしまいます。

自分に満足していない人は何かが起こった時に自分が悪いなどと責めたりもします。

責めたところで何も変わりません。

自責の念をいだいて、我を忘れるというのも気が動転しているという証拠です。

何事も自信をもって行動したいものですね。

6. 多くのストレスを抱えている

多くのストレスを抱えている。<br><br>

生活環境が悪いとストレスに繋がり、周囲からの圧力に敏感になるので神経質になります。

すると、少しの刺激で反応してしまいます。

気持ちが乱れる原因の一つです。

とくに家庭は心安らげる場所の一つですから、居心地が悪いと非常に憂鬱になります。

そして仕事でも頭の痛いことを抱えているとぼんやりしがちです。

日頃からストレスを発散させるか、ストレスフリーの対策をしたいものです。

7. 何らかの虐待を受けた

何らかの虐待を受けた。<br><br>

精神的、肉体的、どちらかかもしくは両方の虐待を受けた人は常に不安感があるためにびくびくしやすいでしょう。

いじめを受けた被害者などは物事を受け流す事はできないタイプが多いので外部刺激をまっすぐ受け取ってしまいます。

トラウマにもなっているので、そうなってしまっては改善は簡単にいかないかもしれません。

あまりに気が動転してしまいやすい人は精神科へいって相談してみることをおすすめします。

8. もの覚えが悪い人

もの覚えが悪い人。<br><br>

脳内思考の中で今まで経験したことは、インプットされています。

外部刺激があっても、すぐに適応できれば気が動転することはあり得ません。

なぜなら経験上の中から解決策を見つけられるのであせる必要が無いからです。

ですから、物を覚えるのが苦手な人の場合は脳に刻まれた情報が少なく、どう対応したら良いかわかりません。

情報の引き出しが多い方が何事も落ち着いて行動できるということになりますね。

日頃から脳もトレーニングする必要がありそうです。

9. プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱い。<br><br>

これはスポーツ選手などは勝敗が必ず決まるため、顕著に表れます。

普段練習してきて上手く行っていることがプレッシャーという圧力に押し潰されて気が動転し、試合では力が発揮できないなどです。

その他に筆記テストなども舞い上がって頭真っ白になったなどとも言いますが、これも同じ事ですね。

しかしながら人によってはプレッシャーに強く、それすら楽しんでいる選手もいるようです。

外部圧力に打ち勝つということは、気が動転しないという証拠。

精神的に強くなる必要がありそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

気が動転しやすい人は様々なシーンで困る事が出てきてしまいます。

物事に動じないように気を付けるためには、あらゆる経験が必要かもしれません。

そしてそれを生かせることが出来たら物事に動じない強さを持てるのかもしれませんね。

では。

何事も上手くこなすには落ち着いて行動したいものです。

しかし、ちょっとした出来事で気が動転してしまいやすい人がいます。

心に乱れが生じると、失敗が多くなります。

そんな風にはなりたくありませんが、どのような人が陥りやすいのでしょうか。

特徴をいくつか挙げて見ていきましょう。


必ず成功しないといけないという固定観念がある。<br><br>

根が真面目で、失敗は許されないという心構えは完璧主義者に多い考え方です。

実際そのように育って来た人は物事が滞ると非常に気分が悪くなってモチベーションも下がることでしょう。

そして成功を積み重ねて来た人は、失敗した経験が少ないので少しの刺激で気が動転しやすくなります。

多少の失敗でも次頑張ればいいや。

といったようにおおらかな気持ちの人は、そのスタンスが崩れないので気持ちが揺れ動くことはありません。

小心者である。<br><br>

肝っ玉が小さいと少しの事で驚きます。

物音やいつもと違った風景など違和感にも敏感です。

そのようにビックリすると心を無くします。

回りが見えなくなって慌てふためき、そしてパニックを起こしてまわりに迷惑をかけることもしばしば。

小さな犬ほど良く吠えると言いますが、これは体力や、力の弱い犬は吠えて威嚇しなくてはならないためです。

心はびくびくしているのです。

集中力が無い。<br><br>

物事に集中していれば他の多少の出来事に心奪われる事はありません。

注意力散漫で集中力の無い人は気が動転しやすい人と言えるでしょう。

逆に回りが騒がしくても落ちついて物事に集中している人は物事を成し遂げやすいですね。

多少の事では動じない芯のある人間になりたいものです。

遊び心が無い。<br><br>

物事を楽しむと言った心のゆとりが無い人もまた気が動転しやすい人と言えます。

いつでも緊張の連続では、心の糸が張りつめて切れやすくなってしまいます。

しかもその緊張の糸は人間の性質上、長続きしません。

真面目な性格なのは良いことですが遊び心を忘れないでいると、外部刺激も楽しめると同時に物怖じしなくて済むのではないでしょうか。

自分に自身が無い。<br><br>

自分に自身が無いと、堂々とした態度ができません。

内面は外見に出てしまいます。

自分に満足していない人は何かが起こった時に自分が悪いなどと責めたりもします。

責めたところで何も変わりません。

自責の念をいだいて、我を忘れるというのも気が動転しているという証拠です。

何事も自信をもって行動したいものですね。

多くのストレスを抱えている。<br><br>

生活環境が悪いとストレスに繋がり、周囲からの圧力に敏感になるので神経質になります。

すると、少しの刺激で反応してしまいます。

気持ちが乱れる原因の一つです。

とくに家庭は心安らげる場所の一つですから、居心地が悪いと非常に憂鬱になります。

そして仕事でも頭の痛いことを抱えているとぼんやりしがちです。

日頃からストレスを発散させるか、ストレスフリーの対策をしたいものです。

何らかの虐待を受けた。<br><br>

精神的、肉体的、どちらかかもしくは両方の虐待を受けた人は常に不安感があるためにびくびくしやすいでしょう。

いじめを受けた被害者などは物事を受け流す事はできないタイプが多いので外部刺激をまっすぐ受け取ってしまいます。

トラウマにもなっているので、そうなってしまっては改善は簡単にいかないかもしれません。

あまりに気が動転してしまいやすい人は精神科へいって相談してみることをおすすめします。

もの覚えが悪い人。<br><br>

脳内思考の中で今まで経験したことは、インプットされています。

外部刺激があっても、すぐに適応できれば気が動転することはあり得ません。

なぜなら経験上の中から解決策を見つけられるのであせる必要が無いからです。

ですから、物を覚えるのが苦手な人の場合は脳に刻まれた情報が少なく、どう対応したら良いかわかりません。

情報の引き出しが多い方が何事も落ち着いて行動できるということになりますね。

日頃から脳もトレーニングする必要がありそうです。

プレッシャーに弱い。<br><br>

これはスポーツ選手などは勝敗が必ず決まるため、顕著に表れます。

普段練習してきて上手く行っていることがプレッシャーという圧力に押し潰されて気が動転し、試合では力が発揮できないなどです。

その他に筆記テストなども舞い上がって頭真っ白になったなどとも言いますが、これも同じ事ですね。

しかしながら人によってはプレッシャーに強く、それすら楽しんでいる選手もいるようです。

外部圧力に打ち勝つということは、気が動転しないという証拠。

精神的に強くなる必要がありそうです。

いかがだったでしょうか。

気が動転しやすい人は様々なシーンで困る事が出てきてしまいます。

物事に動じないように気を付けるためには、あらゆる経験が必要かもしれません。

そしてそれを生かせることが出来たら物事に動じない強さを持てるのかもしれませんね。

では。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-