【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126135806.html
パチンコに依存しやすい女性の特徴

パチンコに依存しやすい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
パチンコに依存しやすい女性の特徴

パチンコの依存症が社会的に問題となっております。

以前はパチンコ依存症と言うと男性のイメージがありました。

しかし最近は女性のパチンコ依存症の方も多く、年齢に関しても若い人から年配の方まで幅広い世代の方が依存症問題に悩んでいます。

女性でパチンコ依存症になる方にはいくつかの共通点があるようです。

  • 知り合いがパチンコ好き
  • 金銭的に困っている
  • 時間に余裕がある
  • ストレスが溜まっている
  • 凝り性な人
  • まとめ

1. 知り合いがパチンコ好き

知り合いがパチンコ好き

女性でパチンコを打たない方がパチンコに良いイメージを持っている人は少ないと思います。

パチンコはギャンブルとしての側面が強く、パチンコを打たない人からすれば「怖い」「うるさい」「煙草臭い」「お金が掛かりそう」といったネガティブなイメージを持っている人の方が多いでしょう。

そんな方がパチンコを打つ切っ掛けになるのは、知り合いからパチンコの話しを聞いたり、付き合いで打ちに行ったことが入り口になる様です。

特にその知り合いがパチンコ依存症の場合、価値観が一般的な方と違っており、一緒に付き合っている内に自分もその価値観に染まってしまう場合がある様です。

2. 金銭的に困っている

金銭的に困っている

パチンコはギャンブルです。

勝てばお金が手に入るし、負ければお金を失います。

そしてパチンコ店というものが成り立っている以上、負ける確率の方が当然、高いのです。

しかしパチンコの場合、勝ってから現金を手にするまでの時間が短く、即金性の高いギャンブルとなりますので、お金に困っている人程、手を出したくなります。

特に何度か勝った経験を持っている人は、「また勝てるかもしれない」「次は勝てるかもしれない」という感情が強く、それに抗うのは難しいものです。

借金までしてパチンコを打つ人の多くはそうった心理状態となっており、借金の原因となったパチンコにもかかわらず、そのパチンコで返済したいと考えてしまう様です。

パチンコが溺れる者の藁となってしまうのです。

3. 時間に余裕がある

時間に余裕がある

パチンコ店は偶数月になるとお客さんが増えるそうです。

何故なら偶数月は年金受給の月だからです。

年金で生活している年配の方は、若い人と比べると時間に余裕があります。

そしてパチンコ店に行けば顔なじみの常連客や店員がいます。

パチンコ店が年配の方のコミュニティーとしての役割を担っている店は少なくありません。

小遣いの範囲で遊ぶ分には問題ありませんが、年金で生活している方は金銭的に余裕が無い場合が多く、手を付けてはいけない生活費にまで手を付けてしまう場合があります。

特に生活費を管理しているのは女性であることが多く、そのお金で打ってしまう方も多い様です。

4. ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている

パチンコで大当たりを引いた時にアドレナリンが分泌されることで、一種の興奮状態となります。

仕事などでストレスが溜まっている人程、その瞬間の快感にハマってしまう傾向にあります。

仕事終わりに必ずパチンコを打ってしまうという方は注意が必要です。

仕事のストレス発散の為に打っていたはずのパチンコがいつしか、パチンコを打たない時間にストレスを感じる様になってしまいます。

この状態になると空いた時間を見付けてはパチンコを打つ様になってしまいます。

職場で弱い立場にいる女性は、日々のストレスを何かで発散しようとします。

それが買い物だったり食事だったり、パチンコだったりするのです。

パチンコを打つ男性は勝ちに拘る傾向がありますが、女性の場合勝ち負けよりも楽しかったかどうかを重視する傾向にあります。

大当たりを引けずに3千円負けるより、3万円使って2万円分交換出来る方がストレスが発散出来るのです。

勝ち負けで言えば後者は1万円負けているので前者より負け分は大きいのですが、それでも大当たりを引いて2万円分の玉が出たということに満足出来るのです。

5. 凝り性な人

凝り性な人

凝り性な人というのは、ある意味何かに依存してしまう可能性を秘めています。

漫画が好きな人は漫画を第一に考え生活をしており、ある意味「漫画依存症」と言えなくもありません。

趣味を極めるということは、それに依存するということなのです。

世の中にはパチンコオタクみたいな人がいます。

沢山あるパチンコ台の知識を全て把握しており、攻略雑誌を毎月読み漁っている人は意外と多くいるものです。

コンビニエンスストアの雑誌コーナーを見れば、パチンコ攻略系の雑誌が沢山ありますのでどれ程需要があるのかは想像に難くありません。

パチンコオタクの方は自分なりの必勝法を持っているケースも多く、「こうすれば勝てるはず」「理論上、数をこなせば最終的に勝てる」といった発言をする人は注意が必要です。

しっかり結果が出ているのであれば問題ありませんが、負けているということはその理論は間違っている可能性が高いのですが、本人だけはそれを認めようとしません。

特に女性の場合、独自の理論で立ち回って負けている人が多い様に感じます。

まとめ

昨今、パチンコ店は女性も入り易い店作りを心掛けており、昔と比べると女性の客も多くなりました。

しかしその反面、ギャンブル性はどんどん高くなっており、大当たり一回引くまでに数万円使う様なパチンコ台も珍しくなくなりました。

パチンコは適度に遊ぶ分には楽しい娯楽となります。

しかし度が過ぎれば自分の人生を狂わせる可能性のある恐ろしいものとなります。

最近ではパチンコ依存症の相談所もありますので、ちょっとでも心配な人は先ず第三者に相談することをお勧めします。

パチンコの依存症が社会的に問題となっております。

以前はパチンコ依存症と言うと男性のイメージがありました。

しかし最近は女性のパチンコ依存症の方も多く、年齢に関しても若い人から年配の方まで幅広い世代の方が依存症問題に悩んでいます。

女性でパチンコ依存症になる方にはいくつかの共通点があるようです。


知り合いがパチンコ好き

女性でパチンコを打たない方がパチンコに良いイメージを持っている人は少ないと思います。

パチンコはギャンブルとしての側面が強く、パチンコを打たない人からすれば「怖い」「うるさい」「煙草臭い」「お金が掛かりそう」といったネガティブなイメージを持っている人の方が多いでしょう。

そんな方がパチンコを打つ切っ掛けになるのは、知り合いからパチンコの話しを聞いたり、付き合いで打ちに行ったことが入り口になる様です。

特にその知り合いがパチンコ依存症の場合、価値観が一般的な方と違っており、一緒に付き合っている内に自分もその価値観に染まってしまう場合がある様です。

金銭的に困っている

パチンコはギャンブルです。

勝てばお金が手に入るし、負ければお金を失います。

そしてパチンコ店というものが成り立っている以上、負ける確率の方が当然、高いのです。

しかしパチンコの場合、勝ってから現金を手にするまでの時間が短く、即金性の高いギャンブルとなりますので、お金に困っている人程、手を出したくなります。

特に何度か勝った経験を持っている人は、「また勝てるかもしれない」「次は勝てるかもしれない」という感情が強く、それに抗うのは難しいものです。

借金までしてパチンコを打つ人の多くはそうった心理状態となっており、借金の原因となったパチンコにもかかわらず、そのパチンコで返済したいと考えてしまう様です。

パチンコが溺れる者の藁となってしまうのです。

時間に余裕がある

パチンコ店は偶数月になるとお客さんが増えるそうです。

何故なら偶数月は年金受給の月だからです。

年金で生活している年配の方は、若い人と比べると時間に余裕があります。

そしてパチンコ店に行けば顔なじみの常連客や店員がいます。

パチンコ店が年配の方のコミュニティーとしての役割を担っている店は少なくありません。

小遣いの範囲で遊ぶ分には問題ありませんが、年金で生活している方は金銭的に余裕が無い場合が多く、手を付けてはいけない生活費にまで手を付けてしまう場合があります。

特に生活費を管理しているのは女性であることが多く、そのお金で打ってしまう方も多い様です。

ストレスが溜まっている

パチンコで大当たりを引いた時にアドレナリンが分泌されることで、一種の興奮状態となります。

仕事などでストレスが溜まっている人程、その瞬間の快感にハマってしまう傾向にあります。

仕事終わりに必ずパチンコを打ってしまうという方は注意が必要です。

仕事のストレス発散の為に打っていたはずのパチンコがいつしか、パチンコを打たない時間にストレスを感じる様になってしまいます。

この状態になると空いた時間を見付けてはパチンコを打つ様になってしまいます。

職場で弱い立場にいる女性は、日々のストレスを何かで発散しようとします。

それが買い物だったり食事だったり、パチンコだったりするのです。

パチンコを打つ男性は勝ちに拘る傾向がありますが、女性の場合勝ち負けよりも楽しかったかどうかを重視する傾向にあります。

大当たりを引けずに3千円負けるより、3万円使って2万円分交換出来る方がストレスが発散出来るのです。

勝ち負けで言えば後者は1万円負けているので前者より負け分は大きいのですが、それでも大当たりを引いて2万円分の玉が出たということに満足出来るのです。

凝り性な人

凝り性な人というのは、ある意味何かに依存してしまう可能性を秘めています。

漫画が好きな人は漫画を第一に考え生活をしており、ある意味「漫画依存症」と言えなくもありません。

趣味を極めるということは、それに依存するということなのです。

世の中にはパチンコオタクみたいな人がいます。

沢山あるパチンコ台の知識を全て把握しており、攻略雑誌を毎月読み漁っている人は意外と多くいるものです。

コンビニエンスストアの雑誌コーナーを見れば、パチンコ攻略系の雑誌が沢山ありますのでどれ程需要があるのかは想像に難くありません。

パチンコオタクの方は自分なりの必勝法を持っているケースも多く、「こうすれば勝てるはず」「理論上、数をこなせば最終的に勝てる」といった発言をする人は注意が必要です。

しっかり結果が出ているのであれば問題ありませんが、負けているということはその理論は間違っている可能性が高いのですが、本人だけはそれを認めようとしません。

特に女性の場合、独自の理論で立ち回って負けている人が多い様に感じます。

昨今、パチンコ店は女性も入り易い店作りを心掛けており、昔と比べると女性の客も多くなりました。

しかしその反面、ギャンブル性はどんどん高くなっており、大当たり一回引くまでに数万円使う様なパチンコ台も珍しくなくなりました。

パチンコは適度に遊ぶ分には楽しい娯楽となります。

しかし度が過ぎれば自分の人生を狂わせる可能性のある恐ろしいものとなります。

最近ではパチンコ依存症の相談所もありますので、ちょっとでも心配な人は先ず第三者に相談することをお勧めします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-