【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171113170728.html
闇が深い女性の特徴

闇が深い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
闇が深い女性の特徴

誰もが心に暗い部分を持っているものです。

そんな暗い部分が深い女性には、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 他人との関わりが薄い
  • 家庭に問題がある
  • 言葉数が少ない
  • 友達が少ない若しくはいない
  • 時間があっても家にこもりがち
  • 過去に恋愛トラブルを経験している
  • 自分自身を嫌っている
  • 笑顔が少ない若しくは見せない
  • 人を信用していない
  • 表では常に明るく振舞っている
  • いつでもどこでも他人からの目を気にしている
  • 過去の事象にとてもこだわりがち
  • 本音をなかなか話そうとしない
  • 心の奥ではネガティブな考えの持ち主
  • 一つの考えにとらわれ、他人の話が頭に入らない
  • 宗教や勧誘に引っかかりやすい、またはもう入っている。
  • 1人をすごく好む瞬間がある
  • 爪を噛んだり、唇を噛むなど自分の体を自傷する癖がある
  • 眠らない、または睡眠時間が極端に少ない
  • 一度不安になると、猛烈に不安な気持ちに押しつぶされそうになる。
  • 他人のことを心から信用できない
  • まとめ

1. 他人との関わりが薄い

他人との関わりが薄い

学校に通っていても、社会に出ていても、はたまたどちらでもなくとも、人と人との関わりは、生活の中で必要不可欠で大切なものです。

しかし心に闇がある人は、どこか心を閉ざしてしまい、他者との関わりを嫌うものです。

周りの会話に入ってこなかったり、話しかけられても深く会話を掘り下げない事が多いです。

一人でいる時間を見かけることも少なくないのです。

人と目線を合わせることさえも難しい事もあるのです。

2. 家庭に問題がある

家庭に問題がある

心に闇がある人は、何かに悩んだりしていても、相談したり発散したりする場所が無いと言えます。

人が一番心を開ける場所は、身内であり家族であることが多いです。

しかし、相談や発散が出来ないということは、そんな家族にも頼れないということです。

家族関係が上手くいっていれば、自分の気持ちを吐き出すことができ、そこまで闇が深くなることはありません。

心の闇が深い人は、家族と上手くいっていない事が多いのです。

3. 言葉数が少ない

言葉数が少ない

闇が深い人は、自分の殻に閉じこもりがちです。

先にも述べたように、他者との関わりを避ける傾向があります。

それにより、自分から周囲の人との関わりを求めるタイプではないので、自然と自発的な発言なども無くなり、言葉数の少ない形となるのです。

言葉数も少なく積極性もないため、他者からは『暗い』という印象を持たれがちです。

4. 友達が少ない若しくはいない

友達が少ない若しくはいない

繰り返しになりますが、このような人は、他者との関わりを嫌うものです。

他者との距離を置いていることで親密になる機会を逃し、友達が出来にくい傾向があります。

そのため、友達のいない人も少なくありません。

また、友達と呼べる人がいても、それがほんの少人数であることが多いです。

その延長線上で、男性とも話せずに、恋愛などに繋がらないこともあります。

5. 時間があっても家にこもりがち

時間があっても家にこもりがち

闇が深いと、楽しみに思うことも無くなってくるものです。

そこに、人との関わり嫌いも相まって、外に出る事が億劫になってきます。

時間があっても家にこもり、家でもさほどやることはなく、ただただ何もせずに過ごす事が多くなります。

家にこもって、一人で色々と考えてしまい、また心の闇が深くなるといった悪循環にもなりかねません。

出来ることならば、家にこもる時間を少なくしたいものです。

6. 過去に恋愛トラブルを経験している

過去に恋愛トラブルを経験している

誰もが最初から、闇を抱えているわけではありません。

闇を抱えるには、それなりの理由があります。

全てが当てはまるわけではありませんが、過去に人間関係で失敗したりトラブルになったりしている事が多いです。

特に女性は、恋愛に気持ちを左右されることが多いため、過去の恋愛での失敗やトラブルが心の闇の原因となっている可能性が高いのです。

異性からの裏切りが大きければ大きいほど、闇は深くなるのです。

7. 自分自身を嫌っている

自分自身を嫌っている

自分自身を嫌っていることも、心の闇の原因です。

自分自身を嫌う原因は多数あります。

自分の容姿や性格に自信が持てない、仕事が上手くいかず自分の無力さを痛感する、自分の生い立ちや周囲の環境に辛さを感じる等、理由は様々です。

そんな自分が嫌になり自暴自棄のようになると、闇が生まれてしまいます。

また、その自己嫌悪の念が強ければ強いほど、闇の深さは増してしまうのです。

8. 笑顔が少ない若しくは見せない

笑顔が少ない若しくは見せない

心を閉ざしてしまっている故に、笑顔を見せることが少ないです。

人によっては、全く見せない人もいます。

そのため、中には印象を悪くする人も少なくありません。

しかし、笑顔を見せる余裕が無かったり、笑顔にする意味が分からない事が、闇が深いということなのです。

心の闇が深いと、感情さえも奪われます。

最初は辛く苦しく涙をしていても、闇が深ければ深いほど、悲しみという感情さえも無くなっていくのです。

9. 人を信用していない

人を信用していない

先にも述べたように、闇を抱えてる人の中には、家族と上手くいっていなかったり、過去に何か心の傷を負った人が多いです。

それ故に、人のことを信用していない人も多くいます。

正確に言うと、信用していないのではなく、信用することが出来ないのです。

誰かに頼りたいけれど誰を信用したら良いのか分からず、そのうちに自分自身をも信用出来なくなっていくのです。

そうなった時の闇の深さは大きなものとなります。

10. 表では常に明るく振舞っている

表では常に明るく振舞っている

普段の生活や他人との友好関係の中でいつも明るく元気な人ほど実は闇が深いかもしれません。

ここでのポイントは「常に」ということと「必要以上に」ということです。

人間誰しも元気な時もあれば何かに落ち込み、へこむようなこともあります。

しかし闇が深い人間というのは、落ち込んだり何か悲しいことがあっても元気でニコニコしたような表情や、行動を続けようとします。

そして本当の暗い部分、自分のネガティブな部分を隠そうとします。

実はこういう人ほど、いつも押しつぶし隠している分、心の奥の闇や暗い部分は大きく濃いということが多いのです。

11. いつでもどこでも他人からの目を気にしている

いつでもどこでも他人からの目を気にしている

特徴に他人からの目線や評価をすごく気にする人がいます。

これは自分に自尊心や自信がなく、他人からの評価がいつも良い点でいたいという気持ちがあり、そういう良い人であろうと無理に頑張ります。

その人の過去に何か事件があり、自分の自信や自尊心が傷つけられている場合や、自分が辛い時に逃げることができる、家族や恋人のような存在がいなくて、嫌なこと、悲しいことを自分1人で抱え込もうとしている人に多く見られる特徴です。

12. 過去の事象にとてもこだわりがち

過去の事象にとてもこだわりがち

過去の喧嘩や恋愛のもつれなどの事象に異常にこだわりを持ち、それをいつでも覚えているような人は、闇が深いかもしれません。

それはその昔の出来事が、その人にとってのトラウマになっていてその事件のことを自分のせいだとか、自分が悪いと思い込んでいる場合が多く、そんな場合はその出来事に似たような事象にすごく怯え、恐怖する傾向にあります。

その出来事がその人にとって足枷のように心に結びついているのです。

13. 本音をなかなか話そうとしない

本音をなかなか話そうとしない

闇が深い人は自分の話をあまりしません。

自分の本性に自信がなく、他人に自分の本当の性格や心を見られ、知られることがすごく怖いのです。

その結果自分の本当の気持ちはあまり言わず、上部の言葉ばかりを並べるようになったり、妄想や虚言で言葉を作るようになります。

また、先ほど述べたように自信がないので、自分の発言に少しでも他人に反論をされるとすぐに折れ、他人に協調するような言動を取ります。

14. 心の奥ではネガティブな考えの持ち主

心の奥ではネガティブな考えの持ち主

最初にいつも明るく振舞っていると言いましたが、心の奥では本当は暗く闇が深いことが多いので、ネガティブでいることが多いのです。

「なんであのとき」「どうして僕は」など、自分の行動に後からすごく後悔し、心の奥では自分の言動を責めていることが多くあり、悪くもない自分をすごく過小評価していることも多くあります。

15. 一つの考えにとらわれ、他人の話が頭に入らない

一つの考えにとらわれ、他人の話が頭に入らない

闇が深い人の特徴として自分に自信がないと言いましたが、自分のした言動でこれは絶対に正解で、合っていると思ったことはとことん信じ貫く傾向にあります。

それがどんなに間違いなことでも、他人の言葉に耳を傾けることはせず、自分の思う正解に突き進む危ない性格だと言えるでしょう。

16. 宗教や勧誘に引っかかりやすい、またはもう入っている。

宗教や勧誘に引っかかりやすい、またはもう入っている。

闇が深い人は心にどこか危うい隙間のようなものがある人が多いのです。

従って、もしその隙間をうまく狙われるとすぐ信用し、洗脳されることがあります。

結果宗教や勧誘の、上手な誘惑にはまり、乗せられてしまうことも多いのです。

また、一度信用し、自分は間違っていないと思い込むと、なかなかその考えを変えないのでそのような宗教や勧誘から抜け出せないことが多くあります。

17. 1人をすごく好む瞬間がある

1人をすごく好む瞬間がある

闇が深い人は自分の闇の部分を心の奥に隠しなかなか表に出しません。

嫌なことや悲しいことも、いつも自分1人で抱え込んで他人に相談しないので、時々破裂してしまうことがあります。

そういう時には思い切り病んで、1人になろうとする習性があります。

一度心の溢れてしまった暗い部分を、1人になることで他人には見せずリセットしようとするのです。

18. 爪を噛んだり、唇を噛むなど自分の体を自傷する癖がある

爪を噛んだり、唇を噛むなど自分の体を自傷する癖がある

自分が1人で抱え込んでいる闇に耐えきれず、体に傷などを加え和らげようとする行動があります。

これが自称行為と言われるような、自分の体を傷つける行為です。

闇が深い人の中には自分の体を痛めつけることで、この心の闇の部分を緩和させようとする人も多くいます。

こういう自傷行為体は、体に現れる心の不調のサインなので見つけても無視せず、すぐに相談に乗ったり、悩みを聞いてあげましょう。

19. 眠らない、または睡眠時間が極端に少ない

眠らない、または睡眠時間が極端に少ない

心の闇が深い人には不眠の症状が見られることがあります。

これは心の闇の深い部分が邪魔をして眠ることができないということであり、不安や考えごとが常に頭の中に浮かぶことでリラクスして睡眠に入ることが難しいのです。

また、眠ることができたとしてもその不安や恐怖が強すぎて夢で悪夢を見ることが多々あり、これが怖いので眠るのも怖いという人もいます。

20. 一度不安になると、猛烈に不安な気持ちに押しつぶされそうになる。

一度不安になると、猛烈に不安な気持ちに押しつぶされそうになる。

一度不安なことや恐怖があると、それに対し「他にもこうなったら」とか「その後こうなって」というふうに付属的に自分の不利な状況や条件を妄想してしまい、実際にそうなるだろうと思い込んでしまうことで、一度考えた恐怖や不安が増強し、とめどなくあふれてしまうということがあります。

こうなるとネガティブな気持ちは反永遠に増えていく一方で自分の頭ではコントロールできなくなりパニックまで、陥ってしまうことがあり、こういうときは一度落ち着かせるようなことをしないとどうにもなりません。

21. 他人のことを心から信用できない

他人のことを心から信用できない

他人とは表面上では仲良くしようとしますが、本当のところはその人間関係は表面上の関係であり、本音では心を許していないようなことがあります。

このような人は自分が心を許してしまっても、いつかその人に裏切られるのではないかという不安で心がいっぱいのことがあり、本当に誰かと仲良くするのは。

とても長い時間が必要なのです。

まとめ

様々な原因と特徴がある闇の深さ。

あまり深さが増すと、なかなか抜け出すことが出来なくなります。

そうなると、当人でもどうしようもなくなるので、周囲のサポートが必要になります。

暗い顔をして笑顔一つ見せない女性は悲しいものです。

そのような人が一人でも減るように、お互いが声を掛け合う世の中にしていきたいものです。

愛想が悪いから、暗いからと、最初から避けるのは止めましょう。

誰もが心に暗い部分を持っているものです。

そんな暗い部分が深い女性には、どのような特徴があるのでしょうか。


他人との関わりが薄い

学校に通っていても、社会に出ていても、はたまたどちらでもなくとも、人と人との関わりは、生活の中で必要不可欠で大切なものです。

しかし心に闇がある人は、どこか心を閉ざしてしまい、他者との関わりを嫌うものです。

周りの会話に入ってこなかったり、話しかけられても深く会話を掘り下げない事が多いです。

一人でいる時間を見かけることも少なくないのです。

人と目線を合わせることさえも難しい事もあるのです。

家庭に問題がある

心に闇がある人は、何かに悩んだりしていても、相談したり発散したりする場所が無いと言えます。

人が一番心を開ける場所は、身内であり家族であることが多いです。

しかし、相談や発散が出来ないということは、そんな家族にも頼れないということです。

家族関係が上手くいっていれば、自分の気持ちを吐き出すことができ、そこまで闇が深くなることはありません。

心の闇が深い人は、家族と上手くいっていない事が多いのです。

言葉数が少ない

闇が深い人は、自分の殻に閉じこもりがちです。

先にも述べたように、他者との関わりを避ける傾向があります。

それにより、自分から周囲の人との関わりを求めるタイプではないので、自然と自発的な発言なども無くなり、言葉数の少ない形となるのです。

言葉数も少なく積極性もないため、他者からは『暗い』という印象を持たれがちです。

友達が少ない若しくはいない

繰り返しになりますが、このような人は、他者との関わりを嫌うものです。

他者との距離を置いていることで親密になる機会を逃し、友達が出来にくい傾向があります。

そのため、友達のいない人も少なくありません。

また、友達と呼べる人がいても、それがほんの少人数であることが多いです。

その延長線上で、男性とも話せずに、恋愛などに繋がらないこともあります。

時間があっても家にこもりがち

闇が深いと、楽しみに思うことも無くなってくるものです。

そこに、人との関わり嫌いも相まって、外に出る事が億劫になってきます。

時間があっても家にこもり、家でもさほどやることはなく、ただただ何もせずに過ごす事が多くなります。

家にこもって、一人で色々と考えてしまい、また心の闇が深くなるといった悪循環にもなりかねません。

出来ることならば、家にこもる時間を少なくしたいものです。

過去に恋愛トラブルを経験している

誰もが最初から、闇を抱えているわけではありません。

闇を抱えるには、それなりの理由があります。

全てが当てはまるわけではありませんが、過去に人間関係で失敗したりトラブルになったりしている事が多いです。

特に女性は、恋愛に気持ちを左右されることが多いため、過去の恋愛での失敗やトラブルが心の闇の原因となっている可能性が高いのです。

異性からの裏切りが大きければ大きいほど、闇は深くなるのです。

自分自身を嫌っている

自分自身を嫌っていることも、心の闇の原因です。

自分自身を嫌う原因は多数あります。

自分の容姿や性格に自信が持てない、仕事が上手くいかず自分の無力さを痛感する、自分の生い立ちや周囲の環境に辛さを感じる等、理由は様々です。

そんな自分が嫌になり自暴自棄のようになると、闇が生まれてしまいます。

また、その自己嫌悪の念が強ければ強いほど、闇の深さは増してしまうのです。

笑顔が少ない若しくは見せない

心を閉ざしてしまっている故に、笑顔を見せることが少ないです。

人によっては、全く見せない人もいます。

そのため、中には印象を悪くする人も少なくありません。

しかし、笑顔を見せる余裕が無かったり、笑顔にする意味が分からない事が、闇が深いということなのです。

心の闇が深いと、感情さえも奪われます。

最初は辛く苦しく涙をしていても、闇が深ければ深いほど、悲しみという感情さえも無くなっていくのです。

人を信用していない

先にも述べたように、闇を抱えてる人の中には、家族と上手くいっていなかったり、過去に何か心の傷を負った人が多いです。

それ故に、人のことを信用していない人も多くいます。

正確に言うと、信用していないのではなく、信用することが出来ないのです。

誰かに頼りたいけれど誰を信用したら良いのか分からず、そのうちに自分自身をも信用出来なくなっていくのです。

そうなった時の闇の深さは大きなものとなります。

表では常に明るく振舞っている

普段の生活や他人との友好関係の中でいつも明るく元気な人ほど実は闇が深いかもしれません。

ここでのポイントは「常に」ということと「必要以上に」ということです。

人間誰しも元気な時もあれば何かに落ち込み、へこむようなこともあります。

しかし闇が深い人間というのは、落ち込んだり何か悲しいことがあっても元気でニコニコしたような表情や、行動を続けようとします。

そして本当の暗い部分、自分のネガティブな部分を隠そうとします。

実はこういう人ほど、いつも押しつぶし隠している分、心の奥の闇や暗い部分は大きく濃いということが多いのです。

いつでもどこでも他人からの目を気にしている

特徴に他人からの目線や評価をすごく気にする人がいます。

これは自分に自尊心や自信がなく、他人からの評価がいつも良い点でいたいという気持ちがあり、そういう良い人であろうと無理に頑張ります。

その人の過去に何か事件があり、自分の自信や自尊心が傷つけられている場合や、自分が辛い時に逃げることができる、家族や恋人のような存在がいなくて、嫌なこと、悲しいことを自分1人で抱え込もうとしている人に多く見られる特徴です。

過去の事象にとてもこだわりがち

過去の喧嘩や恋愛のもつれなどの事象に異常にこだわりを持ち、それをいつでも覚えているような人は、闇が深いかもしれません。

それはその昔の出来事が、その人にとってのトラウマになっていてその事件のことを自分のせいだとか、自分が悪いと思い込んでいる場合が多く、そんな場合はその出来事に似たような事象にすごく怯え、恐怖する傾向にあります。

その出来事がその人にとって足枷のように心に結びついているのです。

本音をなかなか話そうとしない

闇が深い人は自分の話をあまりしません。

自分の本性に自信がなく、他人に自分の本当の性格や心を見られ、知られることがすごく怖いのです。

その結果自分の本当の気持ちはあまり言わず、上部の言葉ばかりを並べるようになったり、妄想や虚言で言葉を作るようになります。

また、先ほど述べたように自信がないので、自分の発言に少しでも他人に反論をされるとすぐに折れ、他人に協調するような言動を取ります。

心の奥ではネガティブな考えの持ち主

最初にいつも明るく振舞っていると言いましたが、心の奥では本当は暗く闇が深いことが多いので、ネガティブでいることが多いのです。

「なんであのとき」「どうして僕は」など、自分の行動に後からすごく後悔し、心の奥では自分の言動を責めていることが多くあり、悪くもない自分をすごく過小評価していることも多くあります。

一つの考えにとらわれ、他人の話が頭に入らない

闇が深い人の特徴として自分に自信がないと言いましたが、自分のした言動でこれは絶対に正解で、合っていると思ったことはとことん信じ貫く傾向にあります。

それがどんなに間違いなことでも、他人の言葉に耳を傾けることはせず、自分の思う正解に突き進む危ない性格だと言えるでしょう。

宗教や勧誘に引っかかりやすい、またはもう入っている。

闇が深い人は心にどこか危うい隙間のようなものがある人が多いのです。

従って、もしその隙間をうまく狙われるとすぐ信用し、洗脳されることがあります。

結果宗教や勧誘の、上手な誘惑にはまり、乗せられてしまうことも多いのです。

また、一度信用し、自分は間違っていないと思い込むと、なかなかその考えを変えないのでそのような宗教や勧誘から抜け出せないことが多くあります。

1人をすごく好む瞬間がある

闇が深い人は自分の闇の部分を心の奥に隠しなかなか表に出しません。

嫌なことや悲しいことも、いつも自分1人で抱え込んで他人に相談しないので、時々破裂してしまうことがあります。

そういう時には思い切り病んで、1人になろうとする習性があります。

一度心の溢れてしまった暗い部分を、1人になることで他人には見せずリセットしようとするのです。

爪を噛んだり、唇を噛むなど自分の体を自傷する癖がある

自分が1人で抱え込んでいる闇に耐えきれず、体に傷などを加え和らげようとする行動があります。

これが自称行為と言われるような、自分の体を傷つける行為です。

闇が深い人の中には自分の体を痛めつけることで、この心の闇の部分を緩和させようとする人も多くいます。

こういう自傷行為体は、体に現れる心の不調のサインなので見つけても無視せず、すぐに相談に乗ったり、悩みを聞いてあげましょう。

眠らない、または睡眠時間が極端に少ない

心の闇が深い人には不眠の症状が見られることがあります。

これは心の闇の深い部分が邪魔をして眠ることができないということであり、不安や考えごとが常に頭の中に浮かぶことでリラクスして睡眠に入ることが難しいのです。

また、眠ることができたとしてもその不安や恐怖が強すぎて夢で悪夢を見ることが多々あり、これが怖いので眠るのも怖いという人もいます。

一度不安になると、猛烈に不安な気持ちに押しつぶされそうになる。

一度不安なことや恐怖があると、それに対し「他にもこうなったら」とか「その後こうなって」というふうに付属的に自分の不利な状況や条件を妄想してしまい、実際にそうなるだろうと思い込んでしまうことで、一度考えた恐怖や不安が増強し、とめどなくあふれてしまうということがあります。

こうなるとネガティブな気持ちは反永遠に増えていく一方で自分の頭ではコントロールできなくなりパニックまで、陥ってしまうことがあり、こういうときは一度落ち着かせるようなことをしないとどうにもなりません。

他人のことを心から信用できない

他人とは表面上では仲良くしようとしますが、本当のところはその人間関係は表面上の関係であり、本音では心を許していないようなことがあります。

このような人は自分が心を許してしまっても、いつかその人に裏切られるのではないかという不安で心がいっぱいのことがあり、本当に誰かと仲良くするのは。

とても長い時間が必要なのです。

様々な原因と特徴がある闇の深さ。

あまり深さが増すと、なかなか抜け出すことが出来なくなります。

そうなると、当人でもどうしようもなくなるので、周囲のサポートが必要になります。

暗い顔をして笑顔一つ見せない女性は悲しいものです。

そのような人が一人でも減るように、お互いが声を掛け合う世の中にしていきたいものです。

愛想が悪いから、暗いからと、最初から避けるのは止めましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-