【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171123170241.html
お皿をすぐ割る女性の特徴

お皿をすぐ割る女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
お皿をすぐ割る女性の特徴

お皿をすぐ割る女性とはただおっちょこちょいなだけなのでしょうか?

お皿って案外割れないのに…と不思議がる人もいますね。

ここではその謎を解き明かします。

  • せっかちな性格である
  • 貧乏性や節約家である
  • 面倒くさがりやである
  • 肌が弱い女性である
  • ながら作業じゃないとやる気が出ない
  • 楽観的なタイプである
  • ミスをいつまでも気にする
  • 家事に慣れていると思われたい
  • 人に叱られたくない女性
  • まとめ

1. せっかちな性格である

せっかちな性格である

せっかちな性格の女性は洗い物もお皿を買ってきて棚に置くまでの動作も急いでいるため、手を滑らせてお皿を落として割ってしまったり、移動中に何かにぶつけて割ってしまうことがあります。

お皿を割らないようにしようという気持ちよりも急ぎたい気持ちの方が強いからこうなってしまいます。

せっかちな女性はお皿を割らない意識が働くようにあえて高級なお皿を揃えるといいかもしれません。

緊張感を持てばせっかちもいくらか抑えられそうです。

2. 貧乏性や節約家である

貧乏性や節約家である

貧乏性な女性や節約家な女性はお皿にお金をかけまいと安いお皿を買うでしょう。

食器なんて食べ物がよそえればいいくらいの感覚でもあるとさらにお皿にはお金をかけようとしません。

安いお皿は高価なお皿よりも粗末なものが多く、割れやすいものも含まれています。

割りたくないからとしっかり品定めをしているならまだ軽減されますが、デザインや軽さだけで選ぶ女性ならハズレを購入してお皿もどんどん割ってしまうことでしょう。

3. 面倒くさがりやである

面倒くさがりやである

面倒くさがりやの女性はお皿を運ぶのも洗うのもだらだらと集中せずにやってしまいます。

割れやすいものとして丁寧に扱えなければ割る機会が増えるのも当然であり、性格は簡単には変えられないのでまたそれを繰り返してしまいます。

しかし、本当に面倒くさがりやなら割れた後のお皿の処理がいかに面倒かを気にしてちょっと意識するのかもしれません。

割れてもいいやという女性は案外そこまで横着していないということなのでしょうか。

4. 肌が弱い女性である

肌が弱い女性である

肌が弱い女性は洗い物の際にゴム手袋をして洗うこともあるため、手を滑らせてお皿を割ってしまうこともありそうです。

また、頻繁にハンドクリームを塗っていることでもお皿を持つ手が滑りやすくなります。

性格同様、体質もなかなか簡単には変えられないのでこれもなかなか解決しない問題です。

お皿を用意する時は持ちやすくしっかりとしたものにするのがいいですね。

5. ながら作業じゃないとやる気が出ない

ながら作業じゃないとやる気が出ない

勉強でも仕事でも音楽を聴きながらとかテレビをつけたままじゃないとはかどらないという人もいます。

ながら作業の方が気持ちがノってむしろ集中でき、楽しく進めることができるような人です。

このような女性は洗い物も食器の片付けもながら作業でやろうとしてふと他に意識が向き、うっかりお皿を割ってしまうことになります。

ながら作業の方が効率がいいと思い込んでいるだけで実はそうでもないということもあるのでしょう。

6. 楽観的なタイプである

楽観的なタイプである

楽観的なタイプの女性は安っぽいお皿でもまぁいいかと気にせず使いますし、ちょっとくらいヒビや欠けがあってもそのまま使ってしまいます。

そんなお皿は他のお皿と比べても割れやすいため、普通に扱っていたつもりが突然割れてしまうことにもなります。

楽観的な性格のため、割ってしまってもそれすらあまり気にしません。

失敗を反省したり次に生かそうとしないため、また何度もお皿を割ってしまうでしょう。

7. ミスをいつまでも気にする

ミスをいつまでも気にする

ミスをいつまでも気にする女性も案外お皿を割ったりします。

なぜかと言うと、以前お皿を割ってしまったことを過剰に気にし続けるせいで、お皿を持つたびにドキドキして必要以上に丁寧に扱ってしまうからです。

文字を書く時もそうですが、丁寧に書こうとすればするほど綺麗に書けないなんてこともよくあります。

お皿も同じで、割らないように丁寧に扱えば扱うほど手に力が入らなくなったりいつもと違う場所に置こうとして割ってしまうことにもなります。

8. 家事に慣れていると思われたい

家事に慣れていると思われたい

恋人や姑の前で家事に慣れた家庭的な女性だと思われたいような人は、スマートに洗い物や食器の片づけをしようと試みてうっかりお皿を割ってしまうこともあるでしょう。

人の目ばかり気にしすぎているのでお皿のことを気にしてはいません。

本当に家庭的な女性ならお皿の扱いも慣れていると想像するため、自分のイメージに合った女性を演じてみるものの本当はそうではないので体がうまく反応してくれないのです。

9. 人に叱られたくない女性

人に叱られたくない女性

人に叱られることを極端に嫌う女性は洗い物もお皿の片付けもてきぱきこなそうとします。

もたもたしていると怒られてしまいそうで怖くもあり、以前怒られた経験があるとなおさら慌ててミスをしてしまうこともあります。

それが嫌なら無理せずいつも通りすればいいのですが、そう教えてくれる人にも恵まれていません。

ひとりでただ怯え、ミスを重ねてしまいます。

まとめ

お皿を割る女性はおっちょこちょいなだけではなく様々な要因を持っていることがわかりました。

当てはまるような女性にはぜひ質の良い丈夫なお皿をプレゼントしてあげましょう。

自分がまさにそんな女性だと思う場合もお皿選びは慎重にしましょうね。

お皿をすぐ割る女性とはただおっちょこちょいなだけなのでしょうか?

お皿って案外割れないのに…と不思議がる人もいますね。

ここではその謎を解き明かします。


せっかちな性格である

せっかちな性格の女性は洗い物もお皿を買ってきて棚に置くまでの動作も急いでいるため、手を滑らせてお皿を落として割ってしまったり、移動中に何かにぶつけて割ってしまうことがあります。

お皿を割らないようにしようという気持ちよりも急ぎたい気持ちの方が強いからこうなってしまいます。

せっかちな女性はお皿を割らない意識が働くようにあえて高級なお皿を揃えるといいかもしれません。

緊張感を持てばせっかちもいくらか抑えられそうです。

貧乏性や節約家である

貧乏性な女性や節約家な女性はお皿にお金をかけまいと安いお皿を買うでしょう。

食器なんて食べ物がよそえればいいくらいの感覚でもあるとさらにお皿にはお金をかけようとしません。

安いお皿は高価なお皿よりも粗末なものが多く、割れやすいものも含まれています。

割りたくないからとしっかり品定めをしているならまだ軽減されますが、デザインや軽さだけで選ぶ女性ならハズレを購入してお皿もどんどん割ってしまうことでしょう。

面倒くさがりやである

面倒くさがりやの女性はお皿を運ぶのも洗うのもだらだらと集中せずにやってしまいます。

割れやすいものとして丁寧に扱えなければ割る機会が増えるのも当然であり、性格は簡単には変えられないのでまたそれを繰り返してしまいます。

しかし、本当に面倒くさがりやなら割れた後のお皿の処理がいかに面倒かを気にしてちょっと意識するのかもしれません。

割れてもいいやという女性は案外そこまで横着していないということなのでしょうか。

肌が弱い女性である

肌が弱い女性は洗い物の際にゴム手袋をして洗うこともあるため、手を滑らせてお皿を割ってしまうこともありそうです。

また、頻繁にハンドクリームを塗っていることでもお皿を持つ手が滑りやすくなります。

性格同様、体質もなかなか簡単には変えられないのでこれもなかなか解決しない問題です。

お皿を用意する時は持ちやすくしっかりとしたものにするのがいいですね。

ながら作業じゃないとやる気が出ない

勉強でも仕事でも音楽を聴きながらとかテレビをつけたままじゃないとはかどらないという人もいます。

ながら作業の方が気持ちがノってむしろ集中でき、楽しく進めることができるような人です。

このような女性は洗い物も食器の片付けもながら作業でやろうとしてふと他に意識が向き、うっかりお皿を割ってしまうことになります。

ながら作業の方が効率がいいと思い込んでいるだけで実はそうでもないということもあるのでしょう。

楽観的なタイプである

楽観的なタイプの女性は安っぽいお皿でもまぁいいかと気にせず使いますし、ちょっとくらいヒビや欠けがあってもそのまま使ってしまいます。

そんなお皿は他のお皿と比べても割れやすいため、普通に扱っていたつもりが突然割れてしまうことにもなります。

楽観的な性格のため、割ってしまってもそれすらあまり気にしません。

失敗を反省したり次に生かそうとしないため、また何度もお皿を割ってしまうでしょう。

ミスをいつまでも気にする

ミスをいつまでも気にする女性も案外お皿を割ったりします。

なぜかと言うと、以前お皿を割ってしまったことを過剰に気にし続けるせいで、お皿を持つたびにドキドキして必要以上に丁寧に扱ってしまうからです。

文字を書く時もそうですが、丁寧に書こうとすればするほど綺麗に書けないなんてこともよくあります。

お皿も同じで、割らないように丁寧に扱えば扱うほど手に力が入らなくなったりいつもと違う場所に置こうとして割ってしまうことにもなります。

家事に慣れていると思われたい

恋人や姑の前で家事に慣れた家庭的な女性だと思われたいような人は、スマートに洗い物や食器の片づけをしようと試みてうっかりお皿を割ってしまうこともあるでしょう。

人の目ばかり気にしすぎているのでお皿のことを気にしてはいません。

本当に家庭的な女性ならお皿の扱いも慣れていると想像するため、自分のイメージに合った女性を演じてみるものの本当はそうではないので体がうまく反応してくれないのです。

人に叱られたくない女性

人に叱られることを極端に嫌う女性は洗い物もお皿の片付けもてきぱきこなそうとします。

もたもたしていると怒られてしまいそうで怖くもあり、以前怒られた経験があるとなおさら慌ててミスをしてしまうこともあります。

それが嫌なら無理せずいつも通りすればいいのですが、そう教えてくれる人にも恵まれていません。

ひとりでただ怯え、ミスを重ねてしまいます。

お皿を割る女性はおっちょこちょいなだけではなく様々な要因を持っていることがわかりました。

当てはまるような女性にはぜひ質の良い丈夫なお皿をプレゼントしてあげましょう。

自分がまさにそんな女性だと思う場合もお皿選びは慎重にしましょうね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-