【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180109182956.html
ほらを吹いてしまう女性の特徴

ほらを吹いてしまう女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ほらを吹いてしまう女性の特徴

日々暮らしていると、「あれ、この人の言ってること本当だろうか、話を盛っているのでは」と感じることがあります。

このような、ほらを吹いてしまう女性の特徴について、以下述べていきます。

ほら吹きには複雑な心理と原因があるのです。

  • 自己顕示欲が強い
  • 口がうまい
  • 表面的には社交的
  • 親友が少ない
  • 人間関係のトラブルを起こしてしまう
  • 本当はさみしい
  • 自分に自信がない
  • 無意識にほらを吹いてしまう
  • まとめ

1. 自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強い

ほらを吹いてしまう女性は、自己顕示欲が強い傾向にあります。

自分にもっと注目してほしい、私の話を聞いてほしいという欲求が強いため、人の興味を引くような方向に話を盛って、ほらを吹いてしまうのです。

自己顕示欲は人間ならば誰にでもあるものですが、強すぎると弊害が出てしまいます。

そしてほとんどの人が、それをコントロールしています。

自己顕示欲を自分でコントロールすることができないため、ほら吹きを辞めることができません。

2. 口がうまい

口がうまい

ほらを吹くときに、すぐにそれが本当の話ではないと見破られてしまっては意味がありません。

ほらを吹く人は、それがほらだとばれないように切り抜けようとします。

その結果、口がうまくなっていくのです。

このように話が上達することは、初対面の人との対話の場面において生かすこともできます。

就職活動の場面では、すべて本当の話ではなくても口がうまくアピール上手な人は高い評価を得る、という傾向があります。

ほら吹きの女性はこのような場面で優位に立つことができます。

3. 表面的には社交的

表面的には社交的

初対面の人と話す場面において、ほらを吹きなれている人のしゃべりはプラスに働きます。

「この人は明るくて話の面白い人だ」という、良い第一印象を得られることが多いのです。

しかし、その後人間関係が深まると話の矛盾やぼろが表面化し、好印象は一転して、「ほら吹き」という悪印象になってしまいます。

悪印象を持たれることで、その後の人間関係がスムーズに深くなりにくくなってしまいます。

よって、誠実な人間関係を気づくことができない、表面的な社交性を持っている、と言えます。

4. 親友が少ない

親友が少ない

ほらを吹いてしまう女性は、親友を作りづらいです。

浅い関係の友達はたくさんいても、その人々と深い信頼関係を築くことが難しいためです。

仲良くなるにつれ、ほら吹きであることが見破られ、友達にあきれられてしまいます。

特に女性は、いったん悪評が立つとコミュニティー内で簡単に広まってしまいます。

いつもほらを吹いている人と仲良くしたいと思う人はいません。

不誠実な人はコミュニティー内で孤立してしまいます。

このようにして、親友が少ない、またはいない、という状況に陥ってしまうのです。

5. 人間関係のトラブルを起こしてしまう

人間関係のトラブルを起こしてしまう

ほらを吹くことで、周りの人から距離を取られてしまうことは確かですが、それ以外にも人間関係のトラブルを起こしてしまいます。

ほらを吹くことで嫌われてしまいますが、ほらを吹いている本人はなぜ嫌われているか分からずに、喧嘩に発展してしまうケースが挙げられます。

このような人間関係のトラブルを繰り返すと、幸福感は下がり、友達が減るため余計にさみしさが増してしまいます。

ほらを吹いてしまう悪循環につながっているのです。

6. 本当はさみしい

本当はさみしい

ほらを吹いてしまうのは、前述したように自己顕示欲が強いためです。

そしてその自己顕示欲の裏には、さみしいという気持ちがあります。

人間関係に恵まれ、「私は幸せである」という幸福感があれば、わざわざほらを吹く必要はありません。

ほらを吹き、「すごいね」と話を聞いてくれる人がいることに安心感を見出しています。

友人や家族、恋人に恵まれた人は、さみしさを感じにくいためほらを吹く必要がありません。

7. 自分に自信がない

自分に自信がない

ほらを吹いてしまう女性は、自分に自信がありません。

コンプレックスや劣等感、自分の欠点を他人に知られることを恐れ、話を盛りほらを吹いて自分の弱点を隠そうとします。

自分のコンプレックスを他人に悟られることは、自身のプライドに関わる問題です。

そのため、自尊心を守るためにもほらを吹いてしまいます。

ありのままの自分に自信が持てないままでは、いつまでたってもほら吹きを卒業することはできません。

8. 無意識にほらを吹いてしまう

無意識にほらを吹いてしまう

ほらを吹いてしまう人は、ほらを吹くたびに毎回こういう方向に話を盛ろう、などと考えているわけではありません。

さみしさ、プライド、自己顕示欲があいまって、無意識のうちにほらを吹いてしまうのです。

人間は自分の都合の良いように記憶を改ざんしてしまう生き物として知られています。

ほらを吹いてしまう人は、無意識のうちに自分に都合よく話を変えてしまうのです。

ほら吹きを辞めようという気持ちだけで、ほら吹きを卒業することはできません。

まとめ

以上のような特徴が、ほらを吹いてしまう女性の特徴として挙げられます。

上記の特徴を知っているということは、彼女たちと人間関係を築かなければいけない状況になったときに役に立てることができます。

彼女たちは人間関係に不満を抱え、ありのままの自分を理解してくれる人を心の底では求めています。

ほらを吹く女性に出会ったとき、「ありのままのあなたを理解したい」という姿勢を示すことが、彼女たちとの良好な人間関係の鍵になると言えます。

日々暮らしていると、「あれ、この人の言ってること本当だろうか、話を盛っているのでは」と感じることがあります。

このような、ほらを吹いてしまう女性の特徴について、以下述べていきます。

ほら吹きには複雑な心理と原因があるのです。


自己顕示欲が強い

ほらを吹いてしまう女性は、自己顕示欲が強い傾向にあります。

自分にもっと注目してほしい、私の話を聞いてほしいという欲求が強いため、人の興味を引くような方向に話を盛って、ほらを吹いてしまうのです。

自己顕示欲は人間ならば誰にでもあるものですが、強すぎると弊害が出てしまいます。

そしてほとんどの人が、それをコントロールしています。

自己顕示欲を自分でコントロールすることができないため、ほら吹きを辞めることができません。

口がうまい

ほらを吹くときに、すぐにそれが本当の話ではないと見破られてしまっては意味がありません。

ほらを吹く人は、それがほらだとばれないように切り抜けようとします。

その結果、口がうまくなっていくのです。

このように話が上達することは、初対面の人との対話の場面において生かすこともできます。

就職活動の場面では、すべて本当の話ではなくても口がうまくアピール上手な人は高い評価を得る、という傾向があります。

ほら吹きの女性はこのような場面で優位に立つことができます。

表面的には社交的

初対面の人と話す場面において、ほらを吹きなれている人のしゃべりはプラスに働きます。

「この人は明るくて話の面白い人だ」という、良い第一印象を得られることが多いのです。

しかし、その後人間関係が深まると話の矛盾やぼろが表面化し、好印象は一転して、「ほら吹き」という悪印象になってしまいます。

悪印象を持たれることで、その後の人間関係がスムーズに深くなりにくくなってしまいます。

よって、誠実な人間関係を気づくことができない、表面的な社交性を持っている、と言えます。

親友が少ない

ほらを吹いてしまう女性は、親友を作りづらいです。

浅い関係の友達はたくさんいても、その人々と深い信頼関係を築くことが難しいためです。

仲良くなるにつれ、ほら吹きであることが見破られ、友達にあきれられてしまいます。

特に女性は、いったん悪評が立つとコミュニティー内で簡単に広まってしまいます。

いつもほらを吹いている人と仲良くしたいと思う人はいません。

不誠実な人はコミュニティー内で孤立してしまいます。

このようにして、親友が少ない、またはいない、という状況に陥ってしまうのです。

人間関係のトラブルを起こしてしまう

ほらを吹くことで、周りの人から距離を取られてしまうことは確かですが、それ以外にも人間関係のトラブルを起こしてしまいます。

ほらを吹くことで嫌われてしまいますが、ほらを吹いている本人はなぜ嫌われているか分からずに、喧嘩に発展してしまうケースが挙げられます。

このような人間関係のトラブルを繰り返すと、幸福感は下がり、友達が減るため余計にさみしさが増してしまいます。

ほらを吹いてしまう悪循環につながっているのです。

本当はさみしい

ほらを吹いてしまうのは、前述したように自己顕示欲が強いためです。

そしてその自己顕示欲の裏には、さみしいという気持ちがあります。

人間関係に恵まれ、「私は幸せである」という幸福感があれば、わざわざほらを吹く必要はありません。

ほらを吹き、「すごいね」と話を聞いてくれる人がいることに安心感を見出しています。

友人や家族、恋人に恵まれた人は、さみしさを感じにくいためほらを吹く必要がありません。

自分に自信がない

ほらを吹いてしまう女性は、自分に自信がありません。

コンプレックスや劣等感、自分の欠点を他人に知られることを恐れ、話を盛りほらを吹いて自分の弱点を隠そうとします。

自分のコンプレックスを他人に悟られることは、自身のプライドに関わる問題です。

そのため、自尊心を守るためにもほらを吹いてしまいます。

ありのままの自分に自信が持てないままでは、いつまでたってもほら吹きを卒業することはできません。

無意識にほらを吹いてしまう

ほらを吹いてしまう人は、ほらを吹くたびに毎回こういう方向に話を盛ろう、などと考えているわけではありません。

さみしさ、プライド、自己顕示欲があいまって、無意識のうちにほらを吹いてしまうのです。

人間は自分の都合の良いように記憶を改ざんしてしまう生き物として知られています。

ほらを吹いてしまう人は、無意識のうちに自分に都合よく話を変えてしまうのです。

ほら吹きを辞めようという気持ちだけで、ほら吹きを卒業することはできません。

以上のような特徴が、ほらを吹いてしまう女性の特徴として挙げられます。

上記の特徴を知っているということは、彼女たちと人間関係を築かなければいけない状況になったときに役に立てることができます。

彼女たちは人間関係に不満を抱え、ありのままの自分を理解してくれる人を心の底では求めています。

ほらを吹く女性に出会ったとき、「ありのままのあなたを理解したい」という姿勢を示すことが、彼女たちとの良好な人間関係の鍵になると言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-