【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180109132625.html
クレクレ女の特徴

クレクレ女の特徴 | LADYCO

LADYCO
クレクレ女の特徴

周囲に素敵なものを持っている人がいたら、羨ましく思うこともあると思います。

そういうときはそれを言葉や態度に表すでしょうか。

  • クレクレとは何か
  • クレクレ女の性格
  • クレクレ女の特徴
  • 人までクレクレ
  • 場所もクレクレ
  • クレクレ女への対応
  • まとめ

1. クレクレとは何か

クレクレとは何か

「クレクレ」という言葉をご存知でしょうか。

これは人のものをちょうだいと言ってくる人のことや、言わなくても態度でそう表してくる人のことを指している言葉です。

人のものをくれだなんて、一瞬驚きますね。

クレクレをする人は、羨ましいからといってしつこくくれるように訴えてきます。

ただでもらうための労力は惜しみません。

欲しがられた人は、それがどんなものであれ、そのしつこさに体力も精神力も削られてしまいます。

結構迷惑な行為ですが、クレクレをする人に年齢は関係ありません。

2. クレクレ女の性格

クレクレ女の性格

人のものを欲しがるというのは、自分が満たされていなからだと思います。

価値観は人によって違うので、何に満たされていないかも人それぞれです。

人のものを素敵だと思ったとしても、普通はそのものを欲しません。

それと同じ別のものを欲っします。

そのものはその持ち主のものだからです。

クレクレ女の性格は、自分が一番という考え方をして、それを持っていない自分は可哀想だという被害者意識の強い人が多いように感じます。

つまり、可哀想な自分のために譲って当然という考えに基づいてしつこくクレクレしてくるのです。

それが持ち主にとって大切なものかどうかは頭にないのです。

思い込んだら一直線な猪突猛進型な事故中な性格ともいえると思います。

3. クレクレ女の特徴

クレクレ女の特徴

クレクレ女は一見すると大人しい常識的な人であることがあります。

猪突猛進型で自己中ならばすぐにわかりそうなものですが、最初からクレクレをしない人もいます。

「それ素敵ですね」と褒めてくれていたのに、いきなりクレクレ女に変わったという場合もあるのです。

女性は相手を褒めていても実は自分の方が可愛いとかきれいだとか思っているという話を聞いたことがあります。

クレクレ女はそういった部分をずっと隠しておくことができないのでしょう。

勿論、素直に相手を褒めて、認めている人もいるので、女性は表面と内心の差が激しいというわけではありません。

ただ、その差が全くない人ばかりではないので、クレクレをしそうに見えない人でもしてくるときがあるのです。

4. 人までクレクレ

人までクレクレ

クレクレというと身近な物を指しているように聞こえます。

しかし、クレクレされるものは物だけではありません。

我が子より可愛い子を見たら「その子を連れて歩いたら自分の方が似合う」という謎理論でクレクレしたりする話があります。

子どもが似合う似合わないというのは意味不明ですし、自分以外のことは考えていません。

同じように他人の旦那さんを欲しがったりする人もいます。

容姿が良かったり、収入が良かったり、家計管理を自由にさせてくれる人だったりと、欲しがる理由はあるようですが、横恋慕をしているというよりはそういう人が物のように欲しいのです。

その旦那さんが好きかどうかはあまり関係ありません。

単純にいいなぁと思えば欲しいになるのです。

5. 場所もクレクレ

場所もクレクレ

場所もクレクレの対象です。

契約をしている駐車場でも敷地内の駐車スペースでも、便利だと思ったら使わせて欲しくなるのです。

そしてそれを主張します。

契約している駐車場の支払いはそのままで、使うのはクレクレ女というおかしいことも平気で主張します。

便利なところに駐車できることが羨ましくて、譲れば自分が使えるということのようです。

また、その人が使うことによって自分が使えないのは可哀想だと被害妄想スイッチも入ります。

花火の有料のスペースも市から借りている畑も、負担は持ち主、おいしいところは自分というおかしな主張をおかしいと理解できないようで、揉めて花火が見れなかったら負担をした方が譲らないからだと平気で怒り出します。

6. クレクレ女への対応

クレクレ女への対応

人のものを欲しがるのは迷惑行為でもあり。

卑しい行為でもあります。

クレクレ女は、自分では自分を可哀想だと思っていますが、周囲の人から可哀想な人と見られることは嫌がります。

それは惨めだからです。

あくまで、「可哀想な私は周りの人に優しくしてもらって当然」という考え方なのです。

だから同情されるのも満たされない境遇を心配される程度ならばよいのですが、見下されると感じることには過敏なほどまでに反応します。

誰でも見下されることは不快ですが、クレクレ女は過剰反応するのです。

だから、不用意に刺激せずに距離を置くのが一番穏やかな方法です。

それが難しいときには、クレクレ女の苦手な人を味方につけて対応するとよいでしょう。

まとめ

クレクレ女は猪突猛進型の被害者意識の強い自己s中心的な人が多いです。

そして、人のものも場所も何でも欲しがります。

そしてそれは満たされるのは一瞬で、また新たに欲しいものができたら繰り返していきます。

自分で何かを負担するのを嫌う傾向にあるので、体力や精神力が削られる前に対策を取りたいものです。

周囲に素敵なものを持っている人がいたら、羨ましく思うこともあると思います。

そういうときはそれを言葉や態度に表すでしょうか。


クレクレとは何か

「クレクレ」という言葉をご存知でしょうか。

これは人のものをちょうだいと言ってくる人のことや、言わなくても態度でそう表してくる人のことを指している言葉です。

人のものをくれだなんて、一瞬驚きますね。

クレクレをする人は、羨ましいからといってしつこくくれるように訴えてきます。

ただでもらうための労力は惜しみません。

欲しがられた人は、それがどんなものであれ、そのしつこさに体力も精神力も削られてしまいます。

結構迷惑な行為ですが、クレクレをする人に年齢は関係ありません。

クレクレ女の性格

人のものを欲しがるというのは、自分が満たされていなからだと思います。

価値観は人によって違うので、何に満たされていないかも人それぞれです。

人のものを素敵だと思ったとしても、普通はそのものを欲しません。

それと同じ別のものを欲っします。

そのものはその持ち主のものだからです。

クレクレ女の性格は、自分が一番という考え方をして、それを持っていない自分は可哀想だという被害者意識の強い人が多いように感じます。

つまり、可哀想な自分のために譲って当然という考えに基づいてしつこくクレクレしてくるのです。

それが持ち主にとって大切なものかどうかは頭にないのです。

思い込んだら一直線な猪突猛進型な事故中な性格ともいえると思います。

クレクレ女の特徴

クレクレ女は一見すると大人しい常識的な人であることがあります。

猪突猛進型で自己中ならばすぐにわかりそうなものですが、最初からクレクレをしない人もいます。

「それ素敵ですね」と褒めてくれていたのに、いきなりクレクレ女に変わったという場合もあるのです。

女性は相手を褒めていても実は自分の方が可愛いとかきれいだとか思っているという話を聞いたことがあります。

クレクレ女はそういった部分をずっと隠しておくことができないのでしょう。

勿論、素直に相手を褒めて、認めている人もいるので、女性は表面と内心の差が激しいというわけではありません。

ただ、その差が全くない人ばかりではないので、クレクレをしそうに見えない人でもしてくるときがあるのです。

人までクレクレ

クレクレというと身近な物を指しているように聞こえます。

しかし、クレクレされるものは物だけではありません。

我が子より可愛い子を見たら「その子を連れて歩いたら自分の方が似合う」という謎理論でクレクレしたりする話があります。

子どもが似合う似合わないというのは意味不明ですし、自分以外のことは考えていません。

同じように他人の旦那さんを欲しがったりする人もいます。

容姿が良かったり、収入が良かったり、家計管理を自由にさせてくれる人だったりと、欲しがる理由はあるようですが、横恋慕をしているというよりはそういう人が物のように欲しいのです。

その旦那さんが好きかどうかはあまり関係ありません。

単純にいいなぁと思えば欲しいになるのです。

場所もクレクレ

場所もクレクレの対象です。

契約をしている駐車場でも敷地内の駐車スペースでも、便利だと思ったら使わせて欲しくなるのです。

そしてそれを主張します。

契約している駐車場の支払いはそのままで、使うのはクレクレ女というおかしいことも平気で主張します。

便利なところに駐車できることが羨ましくて、譲れば自分が使えるということのようです。

また、その人が使うことによって自分が使えないのは可哀想だと被害妄想スイッチも入ります。

花火の有料のスペースも市から借りている畑も、負担は持ち主、おいしいところは自分というおかしな主張をおかしいと理解できないようで、揉めて花火が見れなかったら負担をした方が譲らないからだと平気で怒り出します。

クレクレ女への対応

人のものを欲しがるのは迷惑行為でもあり。

卑しい行為でもあります。

クレクレ女は、自分では自分を可哀想だと思っていますが、周囲の人から可哀想な人と見られることは嫌がります。

それは惨めだからです。

あくまで、「可哀想な私は周りの人に優しくしてもらって当然」という考え方なのです。

だから同情されるのも満たされない境遇を心配される程度ならばよいのですが、見下されると感じることには過敏なほどまでに反応します。

誰でも見下されることは不快ですが、クレクレ女は過剰反応するのです。

だから、不用意に刺激せずに距離を置くのが一番穏やかな方法です。

それが難しいときには、クレクレ女の苦手な人を味方につけて対応するとよいでしょう。

クレクレ女は猪突猛進型の被害者意識の強い自己s中心的な人が多いです。

そして、人のものも場所も何でも欲しがります。

そしてそれは満たされるのは一瞬で、また新たに欲しいものができたら繰り返していきます。

自分で何かを負担するのを嫌う傾向にあるので、体力や精神力が削られる前に対策を取りたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-