【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107174952.html
ダメ男を好きになる女性に多い特徴

ダメ男を好きになる女性に多い特徴 | LADYCO

LADYCO
ダメ男を好きになる女性に多い特徴

ダメ男好きな女性の場合、別れたとしてもまた次に交際する相手はダメ男というケースも実に多いのです。

ダメ男を好きになる女性に多い特徴をチェックして、ダメ男に振り回されないように予防線を張りましょう。

  • 自己肯定感が低い
  • 計画力に優れていない日和見主義
  • 心の闇に寛容
  • 男性に夢を持っていないリアリスト
  • 生活が割と豊か
  • 視野が狭く人の話に耳を貸さない
  • 子供時代の愛され感が不足している
  • 趣味や楽しみを持っていない
  • 恋愛に生きがいを感じている
  • まとめ

1. 自己肯定感が低い

自己肯定感が低い

ダメ男を好きになる女性に多い特徴としてまずあげられるのは、その自己肯定感の低さです。

自己肯定感が強すぎるのも問題ですが、低すぎるとダメ男のように人生を振り回される存在への防御が甘く、気づいたら自分の恋人だったということもあるでしょう。

ダメ男を恋人にする女性の多くは自己肯定感が低いことで、自分にデメリットが大きい相手でも気にせずに、なにか一つでも気に入ったとこがあれば交際を視野に入れてしまいます。

相手のペースに流されやすいのです。

2. 計画力に優れていない日和見主義

計画力に優れていない日和見主義

結婚や将来を視野に入れて交際する相手として不適格な相手と付き合うことができるということは、計画力に優れていない日和見主義だという特徴もあります。

結婚だけが恋愛のゴールではもちろんありませんが、それでも交際するのであれば結婚を視野に入れるカップルが多いでしょう。

けれどダメ男を好きになる女性とダメ男の場合では結婚の話はするということがあっても、性格や金銭面、それこそ最近でいうモラルの不一致により結婚生活は波乱含みです。

ダメ男にハマってしまう入り口にはその先の見通しの甘さがあるでしょう。

3. 心の闇に寛容

心の闇に寛容

女性はロマンチストといわれていますが、時として心の闇や汚点をかっこいいと過信してしまうタイプの女性がいます。

つまり相手の駄目なところや、だらしがないところをむしろ評価してしまうのです。

人間にとって闇の部分は奥が深く場合によっては、ダメ男を好きになる女性が考える範疇を超えていることもあるでしょう。

ダメ男の場合ダークサイドにリスクが大きいと警戒する女性もいますが、ダメ男を好きになる女性はある意味器量があるのでしょう。

人のダークサイドに寛容で、母性があるタイプです。

4. 男性に夢を持っていないリアリスト

男性に夢を持っていないリアリスト

男性のダメな部分を受けて入れているということはそれだけ男性に夢を持っていない証拠でもあります。

一昔前の三高という言葉なら、高収入、高身長、高学歴ですが、ダメ男の場合収入が少ない万年金欠などが多いので、けして好条件とはいえないでしょう。

けれどダメ男を好きになる女性は男性に夢を持っていないので、現実の男性の駄目なところも受け入れてしまうのです。

もちろん二十歳も過ぎれば男性に夢見がちな女性というのもなかなか大変ですが、夢がなさ過ぎなリアリストも問題があるでしょう。

5. 生活が割と豊か

生活が割と豊か

ダメ男の何が駄目かというと一番多いのは金銭面のだらしなさといわれています。

そのほかには女性関係がだらしないなどがありますが、ダメ男を好きになる女性は割と裕福な家庭出身のケースが多いのです。

なぜかというとお金に余裕があることでダメ男に付き合えるだけの時間を持つことができるのです。

つまり裕福で時間を持て余していることがダメ男に引きづられてしまう要因です。

6. 視野が狭く人の話に耳を貸さない

視野が狭く人の話に耳を貸さない

友達や家族ならばダメ男と交際していたらそれを注意しようとするのが普通ですが、ダメ男を好きになる女性は人の話に耳を貸さないのも特徴です。

自己肯定感が低いですが、融通がきかない頑固なタイプがポピュラーなのです。

もちろんダメ男だからといって別れろというのは強引ですが、まわりとしては心配にもなるでしょう。

けれどダメ男を好きになる女性の場合視野が狭いのでまわりの心配にも気づかないことがあるのです。

むしろ注意すればするほどのめり込んでしまうということもあるのです。

7. 子供時代の愛され感が不足している

子供時代の愛され感が不足している

ダメ男を好きになる女性は子供時代に共通した特徴があります。

それは愛されたという感覚が不足しているということです。

家族やまわりの人に愛情をかけてもらえなかった、あるいは愛情があったのにそれに気づかなかったなど不足気味なケースは多種多様です。

愛され感が不足していることで、同じ穴の狢であると思い込んでダメ男へと走ってしまいます。

8. 趣味や楽しみを持っていない

趣味や楽しみを持っていない

趣味や楽しみを持っていないことがダメ男との時間を増やしてしまうのです。

ダメ男を好きになる女性は自分で趣味や楽しみを見つけることが苦手です。

ダメ男は割とそういった娯楽を提供することに長けているので、趣味のない女性がハマりやすいのです。

趣味や何かほかの楽しみがあればダメ男がちらつかせる娯楽に興味を示さないで済むでしょう。

暇がダメ男の餌食になってしまっているのです。

9. 恋愛に生きがいを感じている

恋愛に生きがいを感じている

恋愛中毒という言葉通り、恋愛することで満足感を覚える、自己肯定できる女性はダメ男に夢中になってしまいます。

ダメ男は女性が尽くしてくれることを望んでいるので、満足感や肯定感が足りない女性にある意味最適な相手となってしまうのです。

尽くすタイプの女性がダメ男から狙われているということでしょう。

まとめ

ダメ男を好きになる女性の特徴は総じて自己肯定感など自分への愛情が不足している場合か多いです。

相手に愛情を向けることも大切ですが、自身を大切にする気持ちがないとダメ男にハマってしまうループに陥ってしまうのです。

ダメ男好きな女性の場合、別れたとしてもまた次に交際する相手はダメ男というケースも実に多いのです。

ダメ男を好きになる女性に多い特徴をチェックして、ダメ男に振り回されないように予防線を張りましょう。


自己肯定感が低い

ダメ男を好きになる女性に多い特徴としてまずあげられるのは、その自己肯定感の低さです。

自己肯定感が強すぎるのも問題ですが、低すぎるとダメ男のように人生を振り回される存在への防御が甘く、気づいたら自分の恋人だったということもあるでしょう。

ダメ男を恋人にする女性の多くは自己肯定感が低いことで、自分にデメリットが大きい相手でも気にせずに、なにか一つでも気に入ったとこがあれば交際を視野に入れてしまいます。

相手のペースに流されやすいのです。

計画力に優れていない日和見主義

結婚や将来を視野に入れて交際する相手として不適格な相手と付き合うことができるということは、計画力に優れていない日和見主義だという特徴もあります。

結婚だけが恋愛のゴールではもちろんありませんが、それでも交際するのであれば結婚を視野に入れるカップルが多いでしょう。

けれどダメ男を好きになる女性とダメ男の場合では結婚の話はするということがあっても、性格や金銭面、それこそ最近でいうモラルの不一致により結婚生活は波乱含みです。

ダメ男にハマってしまう入り口にはその先の見通しの甘さがあるでしょう。

心の闇に寛容

女性はロマンチストといわれていますが、時として心の闇や汚点をかっこいいと過信してしまうタイプの女性がいます。

つまり相手の駄目なところや、だらしがないところをむしろ評価してしまうのです。

人間にとって闇の部分は奥が深く場合によっては、ダメ男を好きになる女性が考える範疇を超えていることもあるでしょう。

ダメ男の場合ダークサイドにリスクが大きいと警戒する女性もいますが、ダメ男を好きになる女性はある意味器量があるのでしょう。

人のダークサイドに寛容で、母性があるタイプです。

男性に夢を持っていないリアリスト

男性のダメな部分を受けて入れているということはそれだけ男性に夢を持っていない証拠でもあります。

一昔前の三高という言葉なら、高収入、高身長、高学歴ですが、ダメ男の場合収入が少ない万年金欠などが多いので、けして好条件とはいえないでしょう。

けれどダメ男を好きになる女性は男性に夢を持っていないので、現実の男性の駄目なところも受け入れてしまうのです。

もちろん二十歳も過ぎれば男性に夢見がちな女性というのもなかなか大変ですが、夢がなさ過ぎなリアリストも問題があるでしょう。

生活が割と豊か

ダメ男の何が駄目かというと一番多いのは金銭面のだらしなさといわれています。

そのほかには女性関係がだらしないなどがありますが、ダメ男を好きになる女性は割と裕福な家庭出身のケースが多いのです。

なぜかというとお金に余裕があることでダメ男に付き合えるだけの時間を持つことができるのです。

つまり裕福で時間を持て余していることがダメ男に引きづられてしまう要因です。

視野が狭く人の話に耳を貸さない

友達や家族ならばダメ男と交際していたらそれを注意しようとするのが普通ですが、ダメ男を好きになる女性は人の話に耳を貸さないのも特徴です。

自己肯定感が低いですが、融通がきかない頑固なタイプがポピュラーなのです。

もちろんダメ男だからといって別れろというのは強引ですが、まわりとしては心配にもなるでしょう。

けれどダメ男を好きになる女性の場合視野が狭いのでまわりの心配にも気づかないことがあるのです。

むしろ注意すればするほどのめり込んでしまうということもあるのです。

子供時代の愛され感が不足している

ダメ男を好きになる女性は子供時代に共通した特徴があります。

それは愛されたという感覚が不足しているということです。

家族やまわりの人に愛情をかけてもらえなかった、あるいは愛情があったのにそれに気づかなかったなど不足気味なケースは多種多様です。

愛され感が不足していることで、同じ穴の狢であると思い込んでダメ男へと走ってしまいます。

趣味や楽しみを持っていない

趣味や楽しみを持っていないことがダメ男との時間を増やしてしまうのです。

ダメ男を好きになる女性は自分で趣味や楽しみを見つけることが苦手です。

ダメ男は割とそういった娯楽を提供することに長けているので、趣味のない女性がハマりやすいのです。

趣味や何かほかの楽しみがあればダメ男がちらつかせる娯楽に興味を示さないで済むでしょう。

暇がダメ男の餌食になってしまっているのです。

恋愛に生きがいを感じている

恋愛中毒という言葉通り、恋愛することで満足感を覚える、自己肯定できる女性はダメ男に夢中になってしまいます。

ダメ男は女性が尽くしてくれることを望んでいるので、満足感や肯定感が足りない女性にある意味最適な相手となってしまうのです。

尽くすタイプの女性がダメ男から狙われているということでしょう。

ダメ男を好きになる女性の特徴は総じて自己肯定感など自分への愛情が不足している場合か多いです。

相手に愛情を向けることも大切ですが、自身を大切にする気持ちがないとダメ男にハマってしまうループに陥ってしまうのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-