【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107133343.html
不幸を呼ぶ人の特徴

不幸を呼ぶ人の特徴 | LADYCO

LADYCO
不幸を呼ぶ人の特徴

不幸を呼ぶ人は全体的にいつも暗くて楽しくなさそうな雰囲気があります。

自分に自信を持てない感じがしてしまいますが、そんな人に共通する8つの特徴を一緒に調べ、もし幾つか当てはまる部分があれば改善することができるでしょう。

  • いつも無表情で何を考えているのかわからない
  • いつもネガティブ思考である
  • 噂好きで人の悪口を言う人
  • ダーク系の洋服ばかり着る
  • 過去の失敗をいつまでも引きずる
  • 相手に完璧を求めてしまうこと
  • 不幸をネタにする
  • まとめ

1. いつも無表情で何を考えているのかわからない

いつも無表情で何を考えているのかわからない

不幸を呼ぶ人というのはあまり喜怒哀楽を表現することがなく、何が起きても表情を変えることがほとんどありません。

そのような人は友達が少なくていつも一人でいる感じであり、つらいことがあったとしてもそれを顔に出すことがないので周囲に人たちに気づいてもらうこともできません。

孤独であり、その姿はなにが楽しくて生きているのだろうかと思わせるような雰囲気さえするほど不幸な感じがしてしまいます。

2. いつもネガティブ思考である

いつもネガティブ思考である

見方ひとつで明るくすることもできれば暗くすることもできるものですが、不幸を呼ぶ人というのはいつもネガティブのマイナス思考が特徴となっていますので、一緒にいても楽しくありません。

ネガティブに考えることが習慣になっている人というのは、どうせ無理に決まっているという思考であるために刺激的なことにトライすることをためらうので新しいことに挑戦する勇気を出すことができません。

結果としてチャンスを逃し、幸福になれる機会があったとしても自らそれを逃すようなことをしてしまうのです。

異性との出会いに関しても最初から自分では無理、スタイルに自信がないというネガティブな考えだと出会いの機会を逸してしまうのであり、楽しいことが目の前に転がってくることがありません。

3. 噂好きで人の悪口を言う人

噂好きで人の悪口を言う人

噂好きで相手の人の悪いことばかりを言う人というのは不幸を呼んでしまいます。

というのはそのようなことをすると自分も同じように相手の人たちからそのように言われるようになるからです。

人の欠点や弱点落ち度ばかりを取り上げて噂をすると、やがてどこか裏では自分も同じことを言われ冷たい目で見られることになり、自分の周りには友人と呼べるような人がいなくなってしまうゆえに不幸を呼んでしまうのです。

4. ダーク系の洋服ばかり着る

ダーク系の洋服ばかり着る

洋服の色はその時の気分や感情を表すことがありますが、明るい服を着ると気持ちも明るく前向きになれたりします。

一方でダーク系の服ばかりを好んで選ぶと落ち着いて見えるものの、なんとなく気持ちも暗くなりやすく、女性は特に地味で目立つことがなく他の人の目にもあまり留まらなくなってしまうものです。

華やかな服を着る人は綺麗で明るい雰囲気ですが、オンもオフもダーク系の服しか着ないような人は気持ちもそして実際の行動も消極的になってしまいやすいです。

5. 過去の失敗をいつまでも引きずる

過去の失敗をいつまでも引きずる

過去にかなりつらい経験をしそれがトラウマのようになっている、そのつらい体験が終わっていても気持ちがそこから抜け出していない人は不幸な感じがしてしまいます。

確かにその経験はつら過ぎるものであったかもしれませんし、気持ちの整理をつけるのに時間がかかるのは無理のないことです。

ですがそれが原因で通常の毎日の活動に支障が出たままになっているとしたらそれは残念なことであり、その過去の嫌な出来事がいつも頭をよぎって前向きになることができません。

6. 相手に完璧を求めてしまうこと

相手に完璧を求めてしまうこと

いつも相手に完璧なことを求めるようなことをしてしまう人は不幸です。

というのは完璧に自分の期待通りのことしてくれる人などいませんし、多くの人はそのような要求をする人と一緒に仕事や行動を共にしたいと思わないからです。

そして相手が自分の思いどおりに動いてくれないとイライラして短気なところを見せてしまうことでしょう。

いつもいつも他の人にイライラさせられる人というのは、相手への見方がよくないのであり、そうした見方をしている限り楽しく仕事をすることなどできないのです。

7. 不幸をネタにする

不幸をネタにする

不幸なことというのはある意味同情を誘うことにもなるし、話しを興味深くすることにもなりますが、そんなことで盛り上がっていると不幸な人というイメージができてしまい、些細なことでもそれを不幸な人と結びつけられ、そういう人という感じで見られてしまうことがあります。

ネガティブなことばかりを取り上げていると、良いことがあったとしてもそれに気がつかなかったり、それを話題にしても盛り上がらないので不幸のイメージを変えることができません。

まとめ

不幸を呼ぶ人というのは全体的にその人の見方がネガティブになってしまっていることが根底にあります。

つらいことを最低な経験として終わらせることもできますが、そこから教訓を学び将来に活かそうという見方をすればそのつらい経験は無駄ではないという見方もできます。

気持ちがいつも消極的でどうせ自分は無理という感じが続くと、楽しい経験をすることなく月日が流れ、あっという間に若くて楽しいはずの年代が過ぎてしまうことになりかねません。

不幸を呼ぶ人は全体的にいつも暗くて楽しくなさそうな雰囲気があります。

自分に自信を持てない感じがしてしまいますが、そんな人に共通する8つの特徴を一緒に調べ、もし幾つか当てはまる部分があれば改善することができるでしょう。


いつも無表情で何を考えているのかわからない

不幸を呼ぶ人というのはあまり喜怒哀楽を表現することがなく、何が起きても表情を変えることがほとんどありません。

そのような人は友達が少なくていつも一人でいる感じであり、つらいことがあったとしてもそれを顔に出すことがないので周囲に人たちに気づいてもらうこともできません。

孤独であり、その姿はなにが楽しくて生きているのだろうかと思わせるような雰囲気さえするほど不幸な感じがしてしまいます。

いつもネガティブ思考である

見方ひとつで明るくすることもできれば暗くすることもできるものですが、不幸を呼ぶ人というのはいつもネガティブのマイナス思考が特徴となっていますので、一緒にいても楽しくありません。

ネガティブに考えることが習慣になっている人というのは、どうせ無理に決まっているという思考であるために刺激的なことにトライすることをためらうので新しいことに挑戦する勇気を出すことができません。

結果としてチャンスを逃し、幸福になれる機会があったとしても自らそれを逃すようなことをしてしまうのです。

異性との出会いに関しても最初から自分では無理、スタイルに自信がないというネガティブな考えだと出会いの機会を逸してしまうのであり、楽しいことが目の前に転がってくることがありません。

噂好きで人の悪口を言う人

噂好きで相手の人の悪いことばかりを言う人というのは不幸を呼んでしまいます。

というのはそのようなことをすると自分も同じように相手の人たちからそのように言われるようになるからです。

人の欠点や弱点落ち度ばかりを取り上げて噂をすると、やがてどこか裏では自分も同じことを言われ冷たい目で見られることになり、自分の周りには友人と呼べるような人がいなくなってしまうゆえに不幸を呼んでしまうのです。

ダーク系の洋服ばかり着る

洋服の色はその時の気分や感情を表すことがありますが、明るい服を着ると気持ちも明るく前向きになれたりします。

一方でダーク系の服ばかりを好んで選ぶと落ち着いて見えるものの、なんとなく気持ちも暗くなりやすく、女性は特に地味で目立つことがなく他の人の目にもあまり留まらなくなってしまうものです。

華やかな服を着る人は綺麗で明るい雰囲気ですが、オンもオフもダーク系の服しか着ないような人は気持ちもそして実際の行動も消極的になってしまいやすいです。

過去の失敗をいつまでも引きずる

過去にかなりつらい経験をしそれがトラウマのようになっている、そのつらい体験が終わっていても気持ちがそこから抜け出していない人は不幸な感じがしてしまいます。

確かにその経験はつら過ぎるものであったかもしれませんし、気持ちの整理をつけるのに時間がかかるのは無理のないことです。

ですがそれが原因で通常の毎日の活動に支障が出たままになっているとしたらそれは残念なことであり、その過去の嫌な出来事がいつも頭をよぎって前向きになることができません。

相手に完璧を求めてしまうこと

いつも相手に完璧なことを求めるようなことをしてしまう人は不幸です。

というのは完璧に自分の期待通りのことしてくれる人などいませんし、多くの人はそのような要求をする人と一緒に仕事や行動を共にしたいと思わないからです。

そして相手が自分の思いどおりに動いてくれないとイライラして短気なところを見せてしまうことでしょう。

いつもいつも他の人にイライラさせられる人というのは、相手への見方がよくないのであり、そうした見方をしている限り楽しく仕事をすることなどできないのです。

不幸をネタにする

不幸なことというのはある意味同情を誘うことにもなるし、話しを興味深くすることにもなりますが、そんなことで盛り上がっていると不幸な人というイメージができてしまい、些細なことでもそれを不幸な人と結びつけられ、そういう人という感じで見られてしまうことがあります。

ネガティブなことばかりを取り上げていると、良いことがあったとしてもそれに気がつかなかったり、それを話題にしても盛り上がらないので不幸のイメージを変えることができません。

不幸を呼ぶ人というのは全体的にその人の見方がネガティブになってしまっていることが根底にあります。

つらいことを最低な経験として終わらせることもできますが、そこから教訓を学び将来に活かそうという見方をすればそのつらい経験は無駄ではないという見方もできます。

気持ちがいつも消極的でどうせ自分は無理という感じが続くと、楽しい経験をすることなく月日が流れ、あっという間に若くて楽しいはずの年代が過ぎてしまうことになりかねません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-