【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107133219.html
周りを不幸にする人の特徴

周りを不幸にする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
周りを不幸にする人の特徴

周りを不幸にして嫌われることが辛いならどうすればいいか考えてみませんか?

周りを不幸にする人の特徴を知って心当たりがあれば改善するのみです。

  • 欲望に勝てない意思の弱い人間である
  • 自分さえ良ければいいという身勝手な性格
  • 先のことを想像できない
  • ウケを狙って空気を読み間違える
  • 一度受け入れられたことなら成功すると考える
  • 極端にポジティブか極端にネガティブ
  • 真面目過ぎてかえって心配をかけてしまう
  • 金銭感覚がしっかりしていない
  • まとめ

1. 欲望に勝てない意思の弱い人間である

欲望に勝てない意思の弱い人間である

欲望に勝てない意思の弱い人間は、やりたいと思った時に抑制できず、お金を使い込んだりからだを酷使して疲れ果ててしまいます。

その結果周りの人にお金を無心するようになり、介抱してもらうような事態を招くこともあり面倒な存在となってしまいます。

周りを不幸にしてしまうことをイメージできれば我慢もできるのでしょうが、悪いとわかっていながら欲望に勝てずに苦しんでいるような不器用な人もいます。

2. 自分さえ良ければいいという身勝手な性格

自分さえ良ければいいという身勝手な性格

自分さえ良ければいいという身勝手な性格の人は突然勝手な行動をとったり人の心配をよそに無謀なことをすることがあり、周りを振り回すことがあります。

そのうち周りも愛想をつかして離れていってしまうこともありますが、むしろうるさい人がいなくなったと考えて自分を変えようとしてくれません。

周りを不幸にするこんなタイプの人は本当に自分が困るまで人のありがたみに気づけないのです。

3. 先のことを想像できない

先のことを想像できない

先のことを想像できない人、または想像しようとしない人は先のことへの準備が万全とは言えず、土壇場で人の助けが必要となってしまうことがあります。

「その時なんとかなるさ」と思っても何とかしてくれるのは見かねた周りの人だった…なんてこともよくある話です。

それでも人柄が良ければ喜んで手を貸してもらえたりするため、「やっぱり何とかなるものだ」と確信してしまいます。

4. ウケを狙って空気を読み間違える

ウケを狙って空気を読み間違える

ウケを狙うがあまり空気を読み間違え、しらけた雰囲気にさせてしまう人も周りを不幸にしている人だと言えます。

その人の貴重な時間や大切な空間を壊してしまうのですし、それが友達や恋人となると人を見る目がない情けない人というイメージを植えつけてしまうことになります。

周りを不幸にしたくないのでれば、大切な人の前では特に空気を読んで自慢の知人でいるように心がけたいところです。

5. 一度受け入れられたことなら成功すると考える

一度受け入れられたことなら成功すると考える

一度受け入れられたことでも相手や状況が変わると全く違った結果となるものです。

それをわかっていない単純な人は同じことをすればまた成功すると考え、まんまと失敗してしまいます。

信じた周りはがっかりが大きく、期待した分だけみごとに裏切られたという悲しさを覚えます。

変な自信があると周りを説得してまでそのやり方を貫こうとしてしまい、人との意見交換やスムーズなコミュニケーションも取れません。

6. 極端にポジティブか極端にネガティブ

極端にポジティブか極端にネガティブ

極端にポジティブな人は周りが流れについていけず圧倒されてしまいますし、極端にネガティブな人はどう対応したらいいのかわからずに気を遣ってしまいます。

いずれの場合も自分と違うことで相手は理解するために頭を使いすぎた結果考え過ぎ状態となり、対応に悩みが消えなくなってしまいます。

ポジティブなら周りを幸せにできる、ネガティブなら堅実だと思ってもらえるなんて、そう単純にはいきません。

けっきょくは目立たなくても価値観が合わせやすい一般的な人がほっとできるものなんです。

7. 真面目過ぎてかえって心配をかけてしまう

真面目過ぎてかえって心配をかけてしまう

真面目な人は周りから信頼されることも多いですが、真面目過ぎるとかえって心配をかけてしまうことがあります。

いいように利用されて騙されそう、無理してからだを壊しそう、我慢し過ぎて気持ちが萎えていきそう、という風に真面目な人に対する周りからの心配は尽きません。

しかし、それを直そうとせずいいことだと思っているとますますそれを貫き通そうとします。

そして、気づけば真面目なだけから頑ななとっつきにくい人間となってしまったりします。

8. 金銭感覚がしっかりしていない

金銭感覚がしっかりしていない

金銭感覚がしっかりしていない人が周りにひとりでもいると不幸を呼んでしまうことがあります。

恋人がそうであれば高価なプレゼントばかりねだられて迷惑しますし、親がそうであれば借金の肩代わりをせざるを得なくなる心配もあります。

たとえ喜ばしい臨時収入があってもお金で迷惑をかけてくる人物の存在が頭をよぎってお金を使うことを楽しめなくなることもあり、お金を持つことや使うことが怖くなったりするでしょう。

そこから仕事も辛くなっていき、人間関係にも疲れてきます。

まとめ

破天荒を見せつけ人気者になろうとしているならそれは今すぐやめるべきです。

優しい人がそばにいてくれると、突拍子もないことをお世辞で褒めてくれたり面白がってくれることがあります。

しかし、ただ不幸にされていることに気づいていないだけだったり言い出せないだけという場合もあります。

周りを不幸にして最終的に困るのは最後に孤立する自分です。

その時が来てお互いに嫌な思いをせずに済むよう、定期的に勘違いをしていないか自分チェックをしてみましょう。

周りを不幸にして嫌われることが辛いならどうすればいいか考えてみませんか?

周りを不幸にする人の特徴を知って心当たりがあれば改善するのみです。


欲望に勝てない意思の弱い人間である

欲望に勝てない意思の弱い人間は、やりたいと思った時に抑制できず、お金を使い込んだりからだを酷使して疲れ果ててしまいます。

その結果周りの人にお金を無心するようになり、介抱してもらうような事態を招くこともあり面倒な存在となってしまいます。

周りを不幸にしてしまうことをイメージできれば我慢もできるのでしょうが、悪いとわかっていながら欲望に勝てずに苦しんでいるような不器用な人もいます。

自分さえ良ければいいという身勝手な性格

自分さえ良ければいいという身勝手な性格の人は突然勝手な行動をとったり人の心配をよそに無謀なことをすることがあり、周りを振り回すことがあります。

そのうち周りも愛想をつかして離れていってしまうこともありますが、むしろうるさい人がいなくなったと考えて自分を変えようとしてくれません。

周りを不幸にするこんなタイプの人は本当に自分が困るまで人のありがたみに気づけないのです。

先のことを想像できない

先のことを想像できない人、または想像しようとしない人は先のことへの準備が万全とは言えず、土壇場で人の助けが必要となってしまうことがあります。

「その時なんとかなるさ」と思っても何とかしてくれるのは見かねた周りの人だった…なんてこともよくある話です。

それでも人柄が良ければ喜んで手を貸してもらえたりするため、「やっぱり何とかなるものだ」と確信してしまいます。

ウケを狙って空気を読み間違える

ウケを狙うがあまり空気を読み間違え、しらけた雰囲気にさせてしまう人も周りを不幸にしている人だと言えます。

その人の貴重な時間や大切な空間を壊してしまうのですし、それが友達や恋人となると人を見る目がない情けない人というイメージを植えつけてしまうことになります。

周りを不幸にしたくないのでれば、大切な人の前では特に空気を読んで自慢の知人でいるように心がけたいところです。

一度受け入れられたことなら成功すると考える

一度受け入れられたことでも相手や状況が変わると全く違った結果となるものです。

それをわかっていない単純な人は同じことをすればまた成功すると考え、まんまと失敗してしまいます。

信じた周りはがっかりが大きく、期待した分だけみごとに裏切られたという悲しさを覚えます。

変な自信があると周りを説得してまでそのやり方を貫こうとしてしまい、人との意見交換やスムーズなコミュニケーションも取れません。

極端にポジティブか極端にネガティブ

極端にポジティブな人は周りが流れについていけず圧倒されてしまいますし、極端にネガティブな人はどう対応したらいいのかわからずに気を遣ってしまいます。

いずれの場合も自分と違うことで相手は理解するために頭を使いすぎた結果考え過ぎ状態となり、対応に悩みが消えなくなってしまいます。

ポジティブなら周りを幸せにできる、ネガティブなら堅実だと思ってもらえるなんて、そう単純にはいきません。

けっきょくは目立たなくても価値観が合わせやすい一般的な人がほっとできるものなんです。

真面目過ぎてかえって心配をかけてしまう

真面目な人は周りから信頼されることも多いですが、真面目過ぎるとかえって心配をかけてしまうことがあります。

いいように利用されて騙されそう、無理してからだを壊しそう、我慢し過ぎて気持ちが萎えていきそう、という風に真面目な人に対する周りからの心配は尽きません。

しかし、それを直そうとせずいいことだと思っているとますますそれを貫き通そうとします。

そして、気づけば真面目なだけから頑ななとっつきにくい人間となってしまったりします。

金銭感覚がしっかりしていない

金銭感覚がしっかりしていない人が周りにひとりでもいると不幸を呼んでしまうことがあります。

恋人がそうであれば高価なプレゼントばかりねだられて迷惑しますし、親がそうであれば借金の肩代わりをせざるを得なくなる心配もあります。

たとえ喜ばしい臨時収入があってもお金で迷惑をかけてくる人物の存在が頭をよぎってお金を使うことを楽しめなくなることもあり、お金を持つことや使うことが怖くなったりするでしょう。

そこから仕事も辛くなっていき、人間関係にも疲れてきます。

破天荒を見せつけ人気者になろうとしているならそれは今すぐやめるべきです。

優しい人がそばにいてくれると、突拍子もないことをお世辞で褒めてくれたり面白がってくれることがあります。

しかし、ただ不幸にされていることに気づいていないだけだったり言い出せないだけという場合もあります。

周りを不幸にして最終的に困るのは最後に孤立する自分です。

その時が来てお互いに嫌な思いをせずに済むよう、定期的に勘違いをしていないか自分チェックをしてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-