【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107133030.html
器が小さい人の特徴

器が小さい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
器が小さい人の特徴

自分自身や周囲の人に対して器が小さいなと感じる事が一度はあったのではないでしょうか。

具体的にどういった人が器が小さいといえるのでしょう。

今回は器が小さい人の特徴をご紹介します。

  • 他人の成功を喜べない
  • 他人を褒める事ができない
  • 自分の利益ばかり考える
  • 怒りやすい
  • 他人のせいにする
  • 評価されたがる
  • 好き嫌いの態度がはっきりしている
  • 批判が多い
  • 短気である
  • 恋人も自分のメリットで選ぶ
  • ケチである
  • まとめ

1. 他人の成功を喜べない

他人の成功を喜べない

基本的に自分に自信がないので誰かが仕事で成果を出した時や、結婚の報告を聞いた時に素直に喜ぶことができません。

自分より優秀な人や能力が高い人を目の当たりにすると、嫉妬心の方が勝って喜ぶことができないのです。

2. 他人を褒める事ができない

他人を褒める事ができない

自信がないが故に誰かを褒めることに対して抵抗を持っています。

自分より優秀であると認めてしまうことを恐れているのです。

自分は自分で他人は他人、すごい人はすごいのだと素直に認めることができないので器が小さいといえるでしょう。

3. 自分の利益ばかり考える

自分の利益ばかり考える

物事を広い目で見る事ができず、目の前の利益のことばかり考えます。

自分に何かメリットがなければ他人のために協力をすることはありません。

他人のことを考えるということは先を見据えると多少なりとも自分にもメリットはあるものなのですが、それに気づくことができません。

いつでも自分のことだけを考え、自分の利益ばかりを優先させているのでとても器が大きいとはいえないでしょう。

4. 怒りやすい

怒りやすい

感情を溜めておく器が小さいことも特徴でしょう。

特に怒りの感情は外に出やすく、本人は我慢しているつもりでも周囲の目から見て全く我慢できていないことが多いです。

怒っているのか気を遣って問いかけると火に油を注ぎ、逆切れすることもあるので注意が必要です。

5. 他人のせいにする

他人のせいにする

自分を守ろうという意識が強いので、自分の否を認めようとはしません。

他人のせいにして逃げようとする言動・行動が多いです。

たとえ明らかに自分が悪いとしても、自分が失敗した原因を自分以外の所に求めて言い訳ばかりします。

問い詰めると、内容を理解していないばかりか強く反論してくることもあるでしょう。

言い訳ばかり探し、反省をしないので失敗から成長しないタイプだといえます。

他人に対して言い訳を並べるだけでなく、自分の中でも言い訳をして納得してしまうので改善することは困難でしょう。

6. 評価されたがる

評価されたがる

他人の良いところや努力は目に入らないのに自分の評価だけはとても気にしています。

認めてほしいといった欲求が強いので、こんなに頑張っているのに何故評価されないのだと不満を持っていることもあるでしょう。

自分が評価されていないのに他人が評価されていると、卑屈になり面白くなさそうな態度を取るのも特徴です。

自分のことを褒めてくれる人には好意を持つのに対して、少しでも否定されたら苦手意識を持ったり敵対心を持ちます。

本当に意味のある評価を受けるにはそれではいけないのですが、そのことに気付く事ができないのです。

7. 好き嫌いの態度がはっきりしている

好き嫌いの態度がはっきりしている

何かされたわけではないのに、自分が気に入らないからという理由で挨拶をしなかったり無視をしたりします。

子供のような価値観、態度は周囲の人からの評価を下げてしまう行為なのですが、本人はそれで満足しているのです。

自分が優位に立ったような気持ちになっているのでしょうが、どんなに嫌いであってもある程度大人な態度を取れるようにならなければ、いつか自分の身に同じようなことが降りかかるでしょう。

8. 批判が多い

批判が多い

他人を批判して優越感に浸るという人は器が小さいです。

相手の為になる批判は適切に言葉を選んで直接相手に伝えるものですが、こういった人はただ批判をしたいだけなのでただの悪口になってしまいます。

ただの悪口は聞かされる相手にとっても、悪口を言われた人にとっても不快なものでしかありません。

他人にされて嫌な事はするなという、ただそれだけなのに気づくことができないので人間としてとても器が小さく、乏しい人だといえるでしょう。

9. 短気である

短気である

自分にとって不利益をもたらした人に対してとても冷たく、批判などされようものなら激しく怒ります。

器が小さい人は我慢ができないので相手を威圧したり、乱暴な言葉を吐いたり、時には暴力を振るう人もいます。

そういった人はただ器が小さいというだけでは済ますことはできないので、要注意が必要です。

10. 恋人も自分のメリットで選ぶ

恋人も自分のメリットで選ぶ

損得勘定で相手を選ぶという特徴があります。

ルックスが良い、お金持ちであるなど目に見える部分で自分にメリットを求めます。

この人を恋人にしたらこんな良い事があるということしか考えていないので、心から繋がれるような恋人関係を築くことは困難でしょう。

11. ケチである

ケチである

お金に細かく、1円単位で割り勘にする人が多いです。

自分の方が収入が良い事がわかっていても多めに出そうとはしません。

基本自分の為だけにお金を使いたいと考えているのです。

まとめ

器が小さいという事は何も良い事がありませんね。

自分の周りに器の小さすぎる人がいる場合は注意しましょう。

場合によっては付き合い方も考えた方が良さそうです。

もし自分の器が小さいと感じた方がいたら、落ち込む必要はありません。

今は器が小さいとしても、それに気づくことで変わることができます。

少しずつ器を大きくすることができるので、より豊かな人生にするためにも少しずつ改善していきましょう。

自分自身や周囲の人に対して器が小さいなと感じる事が一度はあったのではないでしょうか。

具体的にどういった人が器が小さいといえるのでしょう。

今回は器が小さい人の特徴をご紹介します。


他人の成功を喜べない

基本的に自分に自信がないので誰かが仕事で成果を出した時や、結婚の報告を聞いた時に素直に喜ぶことができません。

自分より優秀な人や能力が高い人を目の当たりにすると、嫉妬心の方が勝って喜ぶことができないのです。

他人を褒める事ができない

自信がないが故に誰かを褒めることに対して抵抗を持っています。

自分より優秀であると認めてしまうことを恐れているのです。

自分は自分で他人は他人、すごい人はすごいのだと素直に認めることができないので器が小さいといえるでしょう。

自分の利益ばかり考える

物事を広い目で見る事ができず、目の前の利益のことばかり考えます。

自分に何かメリットがなければ他人のために協力をすることはありません。

他人のことを考えるということは先を見据えると多少なりとも自分にもメリットはあるものなのですが、それに気づくことができません。

いつでも自分のことだけを考え、自分の利益ばかりを優先させているのでとても器が大きいとはいえないでしょう。

怒りやすい

感情を溜めておく器が小さいことも特徴でしょう。

特に怒りの感情は外に出やすく、本人は我慢しているつもりでも周囲の目から見て全く我慢できていないことが多いです。

怒っているのか気を遣って問いかけると火に油を注ぎ、逆切れすることもあるので注意が必要です。

他人のせいにする

自分を守ろうという意識が強いので、自分の否を認めようとはしません。

他人のせいにして逃げようとする言動・行動が多いです。

たとえ明らかに自分が悪いとしても、自分が失敗した原因を自分以外の所に求めて言い訳ばかりします。

問い詰めると、内容を理解していないばかりか強く反論してくることもあるでしょう。

言い訳ばかり探し、反省をしないので失敗から成長しないタイプだといえます。

他人に対して言い訳を並べるだけでなく、自分の中でも言い訳をして納得してしまうので改善することは困難でしょう。

評価されたがる

他人の良いところや努力は目に入らないのに自分の評価だけはとても気にしています。

認めてほしいといった欲求が強いので、こんなに頑張っているのに何故評価されないのだと不満を持っていることもあるでしょう。

自分が評価されていないのに他人が評価されていると、卑屈になり面白くなさそうな態度を取るのも特徴です。

自分のことを褒めてくれる人には好意を持つのに対して、少しでも否定されたら苦手意識を持ったり敵対心を持ちます。

本当に意味のある評価を受けるにはそれではいけないのですが、そのことに気付く事ができないのです。

好き嫌いの態度がはっきりしている

何かされたわけではないのに、自分が気に入らないからという理由で挨拶をしなかったり無視をしたりします。

子供のような価値観、態度は周囲の人からの評価を下げてしまう行為なのですが、本人はそれで満足しているのです。

自分が優位に立ったような気持ちになっているのでしょうが、どんなに嫌いであってもある程度大人な態度を取れるようにならなければ、いつか自分の身に同じようなことが降りかかるでしょう。

批判が多い

他人を批判して優越感に浸るという人は器が小さいです。

相手の為になる批判は適切に言葉を選んで直接相手に伝えるものですが、こういった人はただ批判をしたいだけなのでただの悪口になってしまいます。

ただの悪口は聞かされる相手にとっても、悪口を言われた人にとっても不快なものでしかありません。

他人にされて嫌な事はするなという、ただそれだけなのに気づくことができないので人間としてとても器が小さく、乏しい人だといえるでしょう。

短気である

自分にとって不利益をもたらした人に対してとても冷たく、批判などされようものなら激しく怒ります。

器が小さい人は我慢ができないので相手を威圧したり、乱暴な言葉を吐いたり、時には暴力を振るう人もいます。

そういった人はただ器が小さいというだけでは済ますことはできないので、要注意が必要です。

恋人も自分のメリットで選ぶ

損得勘定で相手を選ぶという特徴があります。

ルックスが良い、お金持ちであるなど目に見える部分で自分にメリットを求めます。

この人を恋人にしたらこんな良い事があるということしか考えていないので、心から繋がれるような恋人関係を築くことは困難でしょう。

ケチである

お金に細かく、1円単位で割り勘にする人が多いです。

自分の方が収入が良い事がわかっていても多めに出そうとはしません。

基本自分の為だけにお金を使いたいと考えているのです。

器が小さいという事は何も良い事がありませんね。

自分の周りに器の小さすぎる人がいる場合は注意しましょう。

場合によっては付き合い方も考えた方が良さそうです。

もし自分の器が小さいと感じた方がいたら、落ち込む必要はありません。

今は器が小さいとしても、それに気づくことで変わることができます。

少しずつ器を大きくすることができるので、より豊かな人生にするためにも少しずつ改善していきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-