【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180106170827.html
無頓着な人の特徴

無頓着な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
無頓着な人の特徴

ふつうの人なら気にするようなことをまったく気にしない人がいます。

そのような無頓着な人はどんな性格や特徴を持っているのか、見ていくことにしましょう。

  • 整理整頓をしない
  • ミスが多い
  • ミスをしても落ち込まない
  • 身だしなみを気にしない
  • 空気を読まず、不用意な発言をしてしまうことが多い
  • めんどくさがり
  • まとめ

1. 整理整頓をしない

整理整頓をしない

無頓着な人は、自分の身の回りが乱雑な状態になっていても、それを気にしません。

たとえば、会社のデスクの引き出しが乱雑な状態になっているとしましょう。

そういう状態では仕事にも支障をきたしかねませんから、ふつうは整理して、使いやすい状態にします。

しかし、無頓着な人はその状態が気になりませんから、そのままにしてしまうのです。

自宅や自分の部屋も同様です。

汚部屋やごみ屋敷状態にまで行くことはさすがに少ないものの、ふつうの人なら整理したくなるような乱雑な状態になっていても、それを気にはしません。

特徴的なのは、かばんやバッグ、財布の中も乱雑な状態になっていること。

性別を問わず、バッグの中が雑然とした状態になっているのが、無頓着な人の特徴といっていいでしょう。

財布の中も不要なレシートなどが雑然と入れられています。

要するに整理整頓ができないわけですが、無頓着な人は整理整頓ができないというよりは、整理整頓しようという意志がないといったほうが、より正確でしょう。

できないのではなく、やる必要を感じないためにやらないのです。

2. ミスが多い

ミスが多い

仕事でも家事でも何かの作業でも、ふつうの人よりもミスが多いというのも、無頓着な人の特徴でしょう。

無頓着な人は細かいことを気にしません。

ですから、精度が求められるような仕事の場合、どうしても仕上がりが悪くなってしまいます。

何かの資料作りなどの仕事をしたとしましょう。

ふつうは、作成したのち、細かいところまで見直して、間違いがないかチェックするものです。

無頓着な人もいちおうチェックはしますが、そのチェックの仕方は雑です。

そのため、ほかの人なら気づくミスに気づかず、そのまま提出してしまうことがよくあるのです。

また、無頓着な人は文字を書くときにも雑に書きますから、自分で書いたメモを後から読むと、自分でも読めないということが少なくありません。

それがミスにつながるということもあるのが、無頓着な人の特徴ということになるでしょう。

3. ミスをしても落ち込まない

ミスをしても落ち込まない

仕事でミスをすれば、上司から叱られるということもあるでしょう。

自分の思い違いが原因で、友達との約束に遅れて、友達に迷惑をかけてしまうということもあるに違いありません。

そんなときは、どんなに無頓着な人でも、頭を下げて謝ることはしますが、そのことによって落ち込んでしまうということはありません。

謝罪をし、反省をすることはあっても、一つのミスがいつまでも頭から離れず、そのことに囚われてしまうということがないのです。

ミスや失敗をしても、それをあまり気にすることなく、短い時間で気持ちを変えることができるというのが、無頓着なの人なのです。

4. 身だしなみを気にしない

身だしなみを気にしない

人の目を気にしないというのも、無頓着な人の特徴です。

ふつうの人は、ほかの人から自分がどう見られているかを気にします。

そのため、身だしなみに気をつけるようにするのが、ふつうの人と言っていいでしょう。

無頓着な人は違います。

人目を気にすることがないため、身だしなみには気を配りません。

そのため、たとえば靴が汚れていて、それに気づいていたとしても、その靴を履いて平気で外出します。

無頓着な人の中にも、おしゃれな人、おしゃれに関心のある人はたくさんいますが、おしゃれに気を配っても、身だしなみには気を配らないのが、無頓着な人の特徴といっていいでしょう。

5. 空気を読まず、不用意な発言をしてしまうことが多い

空気を読まず、不用意な発言をしてしまうことが多い

多くの人は、自分以外の人がどんな気持ちでいるかを考えながら、人と接するものでしょう。

それが人に対する思いやりや気配りにつながるわけです。

無頓着な人は、そのように人に気を配るということをしません。

ほかの人がどんな気持ちでいるかを気にしないで、人と接するのです。

そのため、その場の空気を読めない言動をしてしまうことがよくあります。

無頓着な人は、自分が空気の読めない言動をしていることに気づきませんから、そういうことを何度も繰り返してしまうのです。

また、人と会話をしているとき、相手の気持ちを読まないため、相手を傷つけるような不用意な発言をすることも少なくありません。

6. めんどくさがり

めんどくさがり

無頓着な人はめんどくさがりな性格の持ち主です。

何をするにも「めんどくさい」という気持ちが先に立つため、どうしてもいいかげんにすませたり、雑な行動を取ってしまうのです。

たとえば、食事の前に手を洗うというようなことはめんどくさいために省略しますし、トイレに入った時でさえ、手洗いはいいかげんにすませてしまいます。

手が汚れた状態になっていても、それが気にはなりません。

めんどくさがりなために、万事いいかげんにしてしまうのが、無頓着な人の特徴といっていいでしょう。

まとめ

無頓着な人の性格や特徴を、ここでは6種類紹介しました。

身近に無頓着な人がいるという方は、参考になさってください。

ふつうの人なら気にするようなことをまったく気にしない人がいます。

そのような無頓着な人はどんな性格や特徴を持っているのか、見ていくことにしましょう。


整理整頓をしない

無頓着な人は、自分の身の回りが乱雑な状態になっていても、それを気にしません。

たとえば、会社のデスクの引き出しが乱雑な状態になっているとしましょう。

そういう状態では仕事にも支障をきたしかねませんから、ふつうは整理して、使いやすい状態にします。

しかし、無頓着な人はその状態が気になりませんから、そのままにしてしまうのです。

自宅や自分の部屋も同様です。

汚部屋やごみ屋敷状態にまで行くことはさすがに少ないものの、ふつうの人なら整理したくなるような乱雑な状態になっていても、それを気にはしません。

特徴的なのは、かばんやバッグ、財布の中も乱雑な状態になっていること。

性別を問わず、バッグの中が雑然とした状態になっているのが、無頓着な人の特徴といっていいでしょう。

財布の中も不要なレシートなどが雑然と入れられています。

要するに整理整頓ができないわけですが、無頓着な人は整理整頓ができないというよりは、整理整頓しようという意志がないといったほうが、より正確でしょう。

できないのではなく、やる必要を感じないためにやらないのです。

ミスが多い

仕事でも家事でも何かの作業でも、ふつうの人よりもミスが多いというのも、無頓着な人の特徴でしょう。

無頓着な人は細かいことを気にしません。

ですから、精度が求められるような仕事の場合、どうしても仕上がりが悪くなってしまいます。

何かの資料作りなどの仕事をしたとしましょう。

ふつうは、作成したのち、細かいところまで見直して、間違いがないかチェックするものです。

無頓着な人もいちおうチェックはしますが、そのチェックの仕方は雑です。

そのため、ほかの人なら気づくミスに気づかず、そのまま提出してしまうことがよくあるのです。

また、無頓着な人は文字を書くときにも雑に書きますから、自分で書いたメモを後から読むと、自分でも読めないということが少なくありません。

それがミスにつながるということもあるのが、無頓着な人の特徴ということになるでしょう。

ミスをしても落ち込まない

仕事でミスをすれば、上司から叱られるということもあるでしょう。

自分の思い違いが原因で、友達との約束に遅れて、友達に迷惑をかけてしまうということもあるに違いありません。

そんなときは、どんなに無頓着な人でも、頭を下げて謝ることはしますが、そのことによって落ち込んでしまうということはありません。

謝罪をし、反省をすることはあっても、一つのミスがいつまでも頭から離れず、そのことに囚われてしまうということがないのです。

ミスや失敗をしても、それをあまり気にすることなく、短い時間で気持ちを変えることができるというのが、無頓着なの人なのです。

身だしなみを気にしない

人の目を気にしないというのも、無頓着な人の特徴です。

ふつうの人は、ほかの人から自分がどう見られているかを気にします。

そのため、身だしなみに気をつけるようにするのが、ふつうの人と言っていいでしょう。

無頓着な人は違います。

人目を気にすることがないため、身だしなみには気を配りません。

そのため、たとえば靴が汚れていて、それに気づいていたとしても、その靴を履いて平気で外出します。

無頓着な人の中にも、おしゃれな人、おしゃれに関心のある人はたくさんいますが、おしゃれに気を配っても、身だしなみには気を配らないのが、無頓着な人の特徴といっていいでしょう。

空気を読まず、不用意な発言をしてしまうことが多い

多くの人は、自分以外の人がどんな気持ちでいるかを考えながら、人と接するものでしょう。

それが人に対する思いやりや気配りにつながるわけです。

無頓着な人は、そのように人に気を配るということをしません。

ほかの人がどんな気持ちでいるかを気にしないで、人と接するのです。

そのため、その場の空気を読めない言動をしてしまうことがよくあります。

無頓着な人は、自分が空気の読めない言動をしていることに気づきませんから、そういうことを何度も繰り返してしまうのです。

また、人と会話をしているとき、相手の気持ちを読まないため、相手を傷つけるような不用意な発言をすることも少なくありません。

めんどくさがり

無頓着な人はめんどくさがりな性格の持ち主です。

何をするにも「めんどくさい」という気持ちが先に立つため、どうしてもいいかげんにすませたり、雑な行動を取ってしまうのです。

たとえば、食事の前に手を洗うというようなことはめんどくさいために省略しますし、トイレに入った時でさえ、手洗いはいいかげんにすませてしまいます。

手が汚れた状態になっていても、それが気にはなりません。

めんどくさがりなために、万事いいかげんにしてしまうのが、無頓着な人の特徴といっていいでしょう。

無頓着な人の性格や特徴を、ここでは6種類紹介しました。

身近に無頓着な人がいるという方は、参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-