【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180106170758.html
無慈悲な人の特徴

無慈悲な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
無慈悲な人の特徴

人に対する思いやりの心、あわれみの心を持たない人のことを「無慈悲な人」と呼びます。

無慈悲な人はどんな性格や特徴をもっているのか、見ていくことにしましょう。

「無慈悲」

引用元:「無慈悲」の意味とは?

  • 困っている人を助けようとしない
  • 自分の損得しか考えない
  • 人に共感できない
  • 人を傷つけるようなことを平気で言う
  • 責任転嫁する
  • 他の人に関心がない
  • まとめ

1. 困っている人を助けようとしない

困っている人を助けようとしない

無慈悲な人の代表的な特徴の一つが、人助けをしようしないということでしょう。

たとえば、職場の同僚が一人で多くの仕事を抱えて、それをこなしきれずに困っているとします。

慈悲のある人なら、そんな同僚の姿を見れば、「手伝いましょうか」と自分から声をかけるに違いありません。

慈悲深くない人でも、同僚から「手伝ってほしい」と依頼されて、自分に急ぎの仕事がない場合なら、その依頼に応じることでしょう。

無慈悲な人は違います。

自分から手伝うということはありえませんし、同僚からサポートを依頼されても、きっぱりとその依頼を断ります。

「それはあなたの仕事なのだから、自分一人でやるのが当然」というようなことを口にすることもめずらしくありません。

プライベートでも、困っている人を見ても、平気で見過ごしにします。

その相手が、たとえ親しい友達であっても、冷たく突き放すことができるのが、無慈悲な人ということになるでしょう。

2. 自分の損得しか考えない

自分の損得しか考えない

自分のことしか考えない、自己中心的なところがあるのが、無慈悲な人の性格です。

自分にとって損なことか得なことかを常に考えて行動します。

ですから、「これは自分にとって得になる」と判断した場合は、そのことをすることで、周囲の人に迷惑をかけたり、ほかの人の損になったとしても、それにはおかまいなしに、自分にとって得になる言動をするのです。

自分の損得を考えるというのは、自然な人間心理と言っていいでしょう。

だれしも、できるだけ自分にとって得になることをし、損になることはしないようにするものです。

しかし、同時に周囲の人の損得も考えるのが、ふつうの人です。

まわりに大きな迷惑をかけてまで、自分一人が得しようとはしないのがふつうと言っていいでしょう。

無慈悲な人はそうではありません。

ほかの人にどんな迷惑をかけようとも、それにはおかまいなしに、自分一人が得をしようとするのが、無慈悲な人なのです。

3. 人に共感できない

人に共感できない

無慈悲な人は不人情です。

人間としての情に欠けているところがあります。

そのため、人に共感することができません。

たとえば、親しい友達になにか喜ばしいことが起こったとしましょう。

友達からその話を聞き、友達が大喜びしているのを見れば、多くの人はその気持ちに共感し、友達といっしょに喜ぶに違いありません。

無慈悲な人は違います。

友達が大喜びしていれば「おめでとう。

よかったね」
と口では言うものの、心の中ではまったく喜んではいないのです。

喜ぶどころか、むしろ妬ましく感じてしまうのが、無慈悲な人の心理と言っていいでしょう。

逆に、友達に悲しい出来事があったとします。

友達が悲しみ、落ち込んでいれば、友達に同情するのがふつうです。

しかし、無慈悲な人は、友達に同情することはありませんし、「いい気味」と感じてしまうことも少なくありません。

4. 人を傷つけるようなことを平気で言う

人を傷つけるようなことを平気で言う

たとえば、容姿に自信がない人がいるとしましょう。

ふつうの人は、そういう人に対し、その人の容姿の欠点を口にすることはしません。

その人の欠点を口にすれば、その人を傷つけてしまうことになるからです。

そこには、「人を傷つけるのはかわいそう」という心理があると考えていいでしょう。

この「かわいそう」という気持ちを持たないのが、無慈悲な人です。

そのため、平気でその人の欠点をその人の前で指摘します。

時には、相手を傷つけることが目的で、わざとそうした指摘をすることさえあります。

人を傷つけるようなことを平気で口にできること、これも無慈悲な人の特徴といっていいでしょう。

5. 責任転嫁する

責任転嫁する

自分のミスで問題を起こしたり、人に迷惑をかけた時、自分の非を認めず、ほかの人に責任転嫁するというのも、無慈悲な人の特徴です。

自分になんの落ち度もなく、ミスの責任はまったくないのに、人から責任転嫁された人はたまったものではありません。

それが仕事上のことであれば、責任転嫁された人の評価が下がってしまうことにもなるでしょう。

プライベートの関係でも、責任転嫁された人は、ほかの人から悪くい思われてしまいます。

無慈悲な人は、そのことをじゅうぶんにわかった上で、自分が助かるために人に責任を押し付けるのです。

6. 他の人に関心がない

他の人に関心がない

無慈悲な人は、人の気持ちを考えません。

人がどう思うかなどおかまいなしに、自己中心的な言動をするのです。

それは、自分以外の人に関心がないためと考えていいでしょう。

人に関心が持てれば、「この人は今、どんな精神状態なのだろう」とか「どうしたら、この人を喜ばせることができるだろう」などと考えるものです。

無慈悲な人は、他人に関心がないために、そのように人の心の中を読もうとはしません。

そのため、人に対して思いやりのある言動をすることができないのです。

まとめ

無慈悲な人にはどんな性格や特徴があるのか、ここでは主なものを6種類紹介しました。

上記に当てはまるような人が身近にいるなら、その人は無慈悲な人ということになります。

人に対する思いやりの心、あわれみの心を持たない人のことを「無慈悲な人」と呼びます。

無慈悲な人はどんな性格や特徴をもっているのか、見ていくことにしましょう。

「無慈悲」

引用元:「無慈悲」の意味とは?


困っている人を助けようとしない

無慈悲な人の代表的な特徴の一つが、人助けをしようしないということでしょう。

たとえば、職場の同僚が一人で多くの仕事を抱えて、それをこなしきれずに困っているとします。

慈悲のある人なら、そんな同僚の姿を見れば、「手伝いましょうか」と自分から声をかけるに違いありません。

慈悲深くない人でも、同僚から「手伝ってほしい」と依頼されて、自分に急ぎの仕事がない場合なら、その依頼に応じることでしょう。

無慈悲な人は違います。

自分から手伝うということはありえませんし、同僚からサポートを依頼されても、きっぱりとその依頼を断ります。

「それはあなたの仕事なのだから、自分一人でやるのが当然」というようなことを口にすることもめずらしくありません。

プライベートでも、困っている人を見ても、平気で見過ごしにします。

その相手が、たとえ親しい友達であっても、冷たく突き放すことができるのが、無慈悲な人ということになるでしょう。

自分の損得しか考えない

自分のことしか考えない、自己中心的なところがあるのが、無慈悲な人の性格です。

自分にとって損なことか得なことかを常に考えて行動します。

ですから、「これは自分にとって得になる」と判断した場合は、そのことをすることで、周囲の人に迷惑をかけたり、ほかの人の損になったとしても、それにはおかまいなしに、自分にとって得になる言動をするのです。

自分の損得を考えるというのは、自然な人間心理と言っていいでしょう。

だれしも、できるだけ自分にとって得になることをし、損になることはしないようにするものです。

しかし、同時に周囲の人の損得も考えるのが、ふつうの人です。

まわりに大きな迷惑をかけてまで、自分一人が得しようとはしないのがふつうと言っていいでしょう。

無慈悲な人はそうではありません。

ほかの人にどんな迷惑をかけようとも、それにはおかまいなしに、自分一人が得をしようとするのが、無慈悲な人なのです。

人に共感できない

無慈悲な人は不人情です。

人間としての情に欠けているところがあります。

そのため、人に共感することができません。

たとえば、親しい友達になにか喜ばしいことが起こったとしましょう。

友達からその話を聞き、友達が大喜びしているのを見れば、多くの人はその気持ちに共感し、友達といっしょに喜ぶに違いありません。

無慈悲な人は違います。

友達が大喜びしていれば「おめでとう。

よかったね」
と口では言うものの、心の中ではまったく喜んではいないのです。

喜ぶどころか、むしろ妬ましく感じてしまうのが、無慈悲な人の心理と言っていいでしょう。

逆に、友達に悲しい出来事があったとします。

友達が悲しみ、落ち込んでいれば、友達に同情するのがふつうです。

しかし、無慈悲な人は、友達に同情することはありませんし、「いい気味」と感じてしまうことも少なくありません。

人を傷つけるようなことを平気で言う

たとえば、容姿に自信がない人がいるとしましょう。

ふつうの人は、そういう人に対し、その人の容姿の欠点を口にすることはしません。

その人の欠点を口にすれば、その人を傷つけてしまうことになるからです。

そこには、「人を傷つけるのはかわいそう」という心理があると考えていいでしょう。

この「かわいそう」という気持ちを持たないのが、無慈悲な人です。

そのため、平気でその人の欠点をその人の前で指摘します。

時には、相手を傷つけることが目的で、わざとそうした指摘をすることさえあります。

人を傷つけるようなことを平気で口にできること、これも無慈悲な人の特徴といっていいでしょう。

責任転嫁する

自分のミスで問題を起こしたり、人に迷惑をかけた時、自分の非を認めず、ほかの人に責任転嫁するというのも、無慈悲な人の特徴です。

自分になんの落ち度もなく、ミスの責任はまったくないのに、人から責任転嫁された人はたまったものではありません。

それが仕事上のことであれば、責任転嫁された人の評価が下がってしまうことにもなるでしょう。

プライベートの関係でも、責任転嫁された人は、ほかの人から悪くい思われてしまいます。

無慈悲な人は、そのことをじゅうぶんにわかった上で、自分が助かるために人に責任を押し付けるのです。

他の人に関心がない

無慈悲な人は、人の気持ちを考えません。

人がどう思うかなどおかまいなしに、自己中心的な言動をするのです。

それは、自分以外の人に関心がないためと考えていいでしょう。

人に関心が持てれば、「この人は今、どんな精神状態なのだろう」とか「どうしたら、この人を喜ばせることができるだろう」などと考えるものです。

無慈悲な人は、他人に関心がないために、そのように人の心の中を読もうとはしません。

そのため、人に対して思いやりのある言動をすることができないのです。

無慈悲な人にはどんな性格や特徴があるのか、ここでは主なものを6種類紹介しました。

上記に当てはまるような人が身近にいるなら、その人は無慈悲な人ということになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-