【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171225174645.html
卑屈な人の特徴

卑屈な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
卑屈な人の特徴

自分のことをいやしめたり、すぐにいじける人のことを卑屈な人と言います。

ここでは、卑屈な性格の人にはどんな特徴が在るのか見ていくことにしましょう。

  • 自己評価が低く、自分に関するグチが多い
  • すぐに弱音を吐き、あきらめてしまう
  • マイナス思考
  • 自分に非がなくてもすぐに謝ってしまう
  • 人と自分をすぐに比べる
  • ほめられても素直に喜ばない
  • まとめ

1. 自己評価が低く、自分に関するグチが多い

自己評価が低く、自分に関するグチが多い

卑屈な性格の人の大きな特徴は、自己評価が極めて低いということでしょう。

人からどう評価されているかにかかわらず、自分はダメな人間だと思い込んでいるのです。

たとえば、仕事をしていても、「自分は仕事が遅い」「仕事のミスが多い」「仕事ができない」というように自己評価します。

そんな気持ちで仕事をしていては、仕事で成長することはむずかしいでしょう。

そうすると、今度は「自分はいつまでたっても仕事で成長できないからダメだ」という自己評価をするわけです。

卑屈な性格の人はそのように悪い自己評価をするだけではありません。

心の中でそう思っているだけなら、人から「あの人は卑屈だ」言われることはないでしょう。

卑屈な人は、悪い自己評価を、人前でしょっちゅう口にするのです。

自分がいかに劣った人間であるか、ダメな人間であるかなど、自分に関するグチを口にすることが多いのが、卑屈な性格の人の特徴ということになるでしょう。

2. すぐに弱音を吐き、あきらめてしまう

すぐに弱音を吐き、あきらめてしまう

なんでも、すぐにあきらめてしまうというのも、卑屈な性格な人の特徴です。

たとえば、新しい仕事を任されたとしましょう。

慣れない仕事をこなせるようになるには、誰でもそれなりの時間が必要です。

最初からうまくいくとは限りませんから、仕事を覚え、じょうずにこなしていくための努力も必要になってくるでしょう。

だれしも、時間をかけて努力することによって、仕事を覚えていくわけですが、卑屈な人にはそれができません。

ちょっとやってみてうまくいかなかったり、仕事が覚えられなかったりすると、すぐに「こんな難しい仕事は自分にはムリ」と決めつけ、努力することをあきらめてしまうのです。

こうした経験が、さらに悪い自己評価につながって、ますます自信がなくなってしまうのが、卑屈な性格の人の特徴といっていいでしょう。

3. マイナス思考

マイナス思考

卑屈な性格の人は、常にマイナス思考です。

たとえば、100満点の試験で70点を取ったとしましょう。

「70点も取れた」とか、「70点とれたのだからまあまあ良かった」というように考えることが、卑屈な性格の人にはできません。

卑屈な人は「70点しかとれなかった」と考えるのです。

「70も取れた」というのは、プラス思考の考え方ですが、卑屈な性格の人は、必ず「70点しか取れなかった」というように、マイナスに考えてしまうのです。

また、日常生活の中で起こるさまざまなことについても、マイナス思考で考えます。

たとえば、宝くじが当たったとしても、素直に喜ぶことはできません。

「宝くじで運を使い果たしてしまった自分には、近々よくないことが起こるにちがいない」というように考えてしまうのが、卑屈な人の特徴なのです。

4. 自分に非がなくてもすぐに謝ってしまう

自分に非がなくてもすぐに謝ってしまう

自分のミスによって人に迷惑をかけた時、自分の非を認めず、謝ろうとしない人がいますが、卑屈な人はそれとは正反対です。

たとえば、職場の同僚が、AさんがやったミスをBさんのミスと誤解して、Bさんを責めたとしましょう。

その場合、ふつうなら、「それは自分のミスではない」ということを伝え、謝ることはしません。

しかし、Bさんが卑屈な性格の人の場合には、自分のミスではないにもかかわらず、「ごめんなさい」と謝ってしまうのです。

卑屈な性格の人は自信がないため、人から責められたり注意されたりすると、自分に非が無くても謝ってしまうことが、半ば習慣になっていると考えていいでしょう。

5. 人と自分をすぐに比べる

人と自分をすぐに比べる

最初の項目で、卑屈な性格の人は自己評価が低いという特徴を紹介しましたが、そのもとになっているのが「人と自分をすぐに比べる」という特徴です。

「人は人、自分は自分」という考え方をすることが、卑屈な人にはできません。

仕事でも勉強でも、外見的なことでもなんでも、人と自分とを比べ「自分は人よりも劣っている」と評価してしまうのです。

人間には「隣の芝生は青い」という心理がありますから、人と自分を比べると、どうしても人のほうが良く見えてしまいがちでしょう。

その心理が人一倍強いために、感じなくてもいい劣等感を感じてしまうのが、卑屈な人の特徴ということになるでしょう。

6. ほめられても素直に喜ばない

ほめられても素直に喜ばない

「どうせ自分なんて」という気持ちを常にもっているのが、卑屈な性格の人の特徴です。

そのため、人からほめられることがあっても、その言葉をストレートに受け取ることができません。

「あんなことを口では言っているけれど、心の中ではそう思っていないに違いない」というように、ひねくれた考え方をしてしまうのです。

「どうせ自分なんて」という意識が、「どうせお世辞だろう」という意識につながるといっていいでしょう。

ほめられても素直に喜ばないというのが、卑屈な性格の人の特徴ということになります。

まとめ

卑屈な性格の人とはどういう人のことを言うのかを知るために、卑屈な性格の人の特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう人がいるという方は、参考になさってください。

自分のことをいやしめたり、すぐにいじける人のことを卑屈な人と言います。

ここでは、卑屈な性格の人にはどんな特徴が在るのか見ていくことにしましょう。


自己評価が低く、自分に関するグチが多い

卑屈な性格の人の大きな特徴は、自己評価が極めて低いということでしょう。

人からどう評価されているかにかかわらず、自分はダメな人間だと思い込んでいるのです。

たとえば、仕事をしていても、「自分は仕事が遅い」「仕事のミスが多い」「仕事ができない」というように自己評価します。

そんな気持ちで仕事をしていては、仕事で成長することはむずかしいでしょう。

そうすると、今度は「自分はいつまでたっても仕事で成長できないからダメだ」という自己評価をするわけです。

卑屈な性格の人はそのように悪い自己評価をするだけではありません。

心の中でそう思っているだけなら、人から「あの人は卑屈だ」言われることはないでしょう。

卑屈な人は、悪い自己評価を、人前でしょっちゅう口にするのです。

自分がいかに劣った人間であるか、ダメな人間であるかなど、自分に関するグチを口にすることが多いのが、卑屈な性格の人の特徴ということになるでしょう。

すぐに弱音を吐き、あきらめてしまう

なんでも、すぐにあきらめてしまうというのも、卑屈な性格な人の特徴です。

たとえば、新しい仕事を任されたとしましょう。

慣れない仕事をこなせるようになるには、誰でもそれなりの時間が必要です。

最初からうまくいくとは限りませんから、仕事を覚え、じょうずにこなしていくための努力も必要になってくるでしょう。

だれしも、時間をかけて努力することによって、仕事を覚えていくわけですが、卑屈な人にはそれができません。

ちょっとやってみてうまくいかなかったり、仕事が覚えられなかったりすると、すぐに「こんな難しい仕事は自分にはムリ」と決めつけ、努力することをあきらめてしまうのです。

こうした経験が、さらに悪い自己評価につながって、ますます自信がなくなってしまうのが、卑屈な性格の人の特徴といっていいでしょう。

マイナス思考

卑屈な性格の人は、常にマイナス思考です。

たとえば、100満点の試験で70点を取ったとしましょう。

「70点も取れた」とか、「70点とれたのだからまあまあ良かった」というように考えることが、卑屈な性格の人にはできません。

卑屈な人は「70点しかとれなかった」と考えるのです。

「70も取れた」というのは、プラス思考の考え方ですが、卑屈な性格の人は、必ず「70点しか取れなかった」というように、マイナスに考えてしまうのです。

また、日常生活の中で起こるさまざまなことについても、マイナス思考で考えます。

たとえば、宝くじが当たったとしても、素直に喜ぶことはできません。

「宝くじで運を使い果たしてしまった自分には、近々よくないことが起こるにちがいない」というように考えてしまうのが、卑屈な人の特徴なのです。

自分に非がなくてもすぐに謝ってしまう

自分のミスによって人に迷惑をかけた時、自分の非を認めず、謝ろうとしない人がいますが、卑屈な人はそれとは正反対です。

たとえば、職場の同僚が、AさんがやったミスをBさんのミスと誤解して、Bさんを責めたとしましょう。

その場合、ふつうなら、「それは自分のミスではない」ということを伝え、謝ることはしません。

しかし、Bさんが卑屈な性格の人の場合には、自分のミスではないにもかかわらず、「ごめんなさい」と謝ってしまうのです。

卑屈な性格の人は自信がないため、人から責められたり注意されたりすると、自分に非が無くても謝ってしまうことが、半ば習慣になっていると考えていいでしょう。

人と自分をすぐに比べる

最初の項目で、卑屈な性格の人は自己評価が低いという特徴を紹介しましたが、そのもとになっているのが「人と自分をすぐに比べる」という特徴です。

「人は人、自分は自分」という考え方をすることが、卑屈な人にはできません。

仕事でも勉強でも、外見的なことでもなんでも、人と自分とを比べ「自分は人よりも劣っている」と評価してしまうのです。

人間には「隣の芝生は青い」という心理がありますから、人と自分を比べると、どうしても人のほうが良く見えてしまいがちでしょう。

その心理が人一倍強いために、感じなくてもいい劣等感を感じてしまうのが、卑屈な人の特徴ということになるでしょう。

ほめられても素直に喜ばない

「どうせ自分なんて」という気持ちを常にもっているのが、卑屈な性格の人の特徴です。

そのため、人からほめられることがあっても、その言葉をストレートに受け取ることができません。

「あんなことを口では言っているけれど、心の中ではそう思っていないに違いない」というように、ひねくれた考え方をしてしまうのです。

「どうせ自分なんて」という意識が、「どうせお世辞だろう」という意識につながるといっていいでしょう。

ほめられても素直に喜ばないというのが、卑屈な性格の人の特徴ということになります。

卑屈な性格の人とはどういう人のことを言うのかを知るために、卑屈な性格の人の特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう人がいるという方は、参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-