【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221180057.html
傲慢な人の特徴

傲慢な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
傲慢な人の特徴

人を見下すような態度を取ったり、言動をしたりする人がいます。

周囲の人にとっては好ましくない存在ですが、ここでは、そうした傲慢な人に注目し、どんな特徴や性格をもっているのか見ていくことにしましょう。

  • 自信家でプライドが高い
  • 自分の意見ややり方を人に押しつける
  • 負けず嫌いで人より優位に立とうとする
  • 感謝の心を持たない
  • 人に謝ることが大嫌い
  • 人の意見を聞く耳を持たない
  • まとめ

1. 自信家でプライドが高い

自信家でプライドが高い

プライドが高いというのが、傲慢な人の代表的な性格です。

自信家で、自分の意見や考えには自信を持っていますから、人前で堂々と意見を述べることができます。

その一方で、自分が傷つくことをひどく恐れます。

人から少しでもプライドを傷つけられるような言動をされると、ぜったいにそれを許すことができません。

ふつうの人なら笑ってすませられるようなことでも、猛抗議をして、むりにでも相手に頭を下げさせようとするのです。

そこには人一倍強い自己愛があると考えられますが、その自己愛の強さが、高いプライドにつながっていると考えていいでしょう。

2. 自分の意見ややり方を人に押しつける

自分の意見ややり方を人に押しつける

自分の意見をしっかり持つということは良いことです。

傲慢な人の困るのは、自分の意見や考えを人に押しつけようとすることです。

たとえば、同僚が自分とはちがう仕事のやり方をしているとしましょう。

人それぞれ、仕事の流儀があるのですから、その人のやり方に任せておけばいいわけです。

しかし、傲慢な人は、自分と違うやり方をしている同僚がいると、黙っていることができません。

同僚に対して、「そんなやり方ではダメ。

こういうやり方にしなさい」
と指導します。

同僚にとってはよけいなおせっかいでしかないでしょう。

言われた通りやり方を変えて、その結果、かえって仕事がうまくいかなくなることもあるに違いありません。

しかし、傲慢な人は相手がどう思っているかなどおかまいなしに、自分のやり方を押しつけようとするのです。

また、傲慢な人は、人が着ている服についてダメ出しして、「そんなセンスのない服、やめたほうがいい。

私が着ているこういう色の服を着たほうがいい」
というような指示をすることも少なくありません。

つまり、自分の考えややり方、センスなどにぜったいの自信があって、それを人に押しつけようとするのが、傲慢な人ということになるでしょう。

3. 負けず嫌いで人より優位に立とうとする

負けず嫌いで人より優位に立とうとする

負けず嫌いというのも、傲慢な人の性格です。

なんでも人と自分を比べて、少しでも人より優位に立とうとするのです。

人生を勝ち負けで考えているため、人に負けることが許せません。

人を見下すような言動をするのが傲慢な人ですが、それは、「人から見下されたくない。

見下されるのは相手に負けたことになる」
という意識から生まれるものと考えていいでしょう。

人を見下すというのは、けっしてほめられたことではありませんが、傲慢な人は「人を見下すというのは、人に勝つこと」と信じて疑いません。

勝ち負けにこだわるために、常に相手よりも優位に立とうとし、その結果、人を見下すような言動をするというのが、傲慢な人の特徴ということになるでしょう。

4. 感謝の心を持たない

感謝の心を持たない

傲慢な人は、人から親切にされたり、助けてもらったり、何かをプレゼントされても感謝の心を持ちません。

社交辞令として「ありがとう」という言葉を口にすることはあっても、心の中では感謝していないのです。

それは、「自分はそういうことをされて当然の人間だ」という意識があると考えていいでしょう。

人よりも優れた人間である自分は、自分より劣った人間から良くされるのは当たりまえだと考えているのです。

また、人から物をプレゼントされた時でも、「ありがとう」と口で言いながら、心の中では「趣味が悪いプレゼントだ」とか「こんな安物、ありがためいわくだ」などと思っていることがよくあるのです。

5. 人に謝ることが大嫌い

人に謝ることが大嫌い

「謝らない」というのも、傲慢な人の特徴といっていいでしょう。

先ほどもお話しした通り、傲慢な人は自分が傷つくことをひどく恐れます。

そのため、なにか失敗したとしても、自分の非を認めようとはしません。

自分のミスで人を傷つけてしまったとしましょう。

非を認めて謝罪するのがふつうですが、傲慢な人は違います。

あれこれ言い訳したり、時には責任転嫁して、自分には火がないように言い張るのです。

そのあげく、「どっちにしても、大したことではない」というように結論づけてしまうことも少なくありません。

何があっても謝ろうとしないというのが、傲慢な人なのです。

6. 人の意見を聞く耳を持たない

人の意見を聞く耳を持たない

傲慢な人は、人の意見を聞こうとしません。

人と話していて、自分とちがう意見の人がいても、その意見に耳を傾けようとはしないのです。

それは、自分の意見に自信をもっていて、「自分がぜったいに正しい」と考えているからにほかなりません。

自分が正しく、それ以外は間違っていると思っているため、間違った意見を聞こうとしないわけです。

人と話をしていても、一方的に自分の意見や考えを主張し、相手の話を聞こうとしないのが、傲慢な人の特徴ということになるでしょう。

まとめ

傲慢な人の特徴や性格を、6種類紹介しました。

身近に傲慢な人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

人を見下すような態度を取ったり、言動をしたりする人がいます。

周囲の人にとっては好ましくない存在ですが、ここでは、そうした傲慢な人に注目し、どんな特徴や性格をもっているのか見ていくことにしましょう。


自信家でプライドが高い

プライドが高いというのが、傲慢な人の代表的な性格です。

自信家で、自分の意見や考えには自信を持っていますから、人前で堂々と意見を述べることができます。

その一方で、自分が傷つくことをひどく恐れます。

人から少しでもプライドを傷つけられるような言動をされると、ぜったいにそれを許すことができません。

ふつうの人なら笑ってすませられるようなことでも、猛抗議をして、むりにでも相手に頭を下げさせようとするのです。

そこには人一倍強い自己愛があると考えられますが、その自己愛の強さが、高いプライドにつながっていると考えていいでしょう。

自分の意見ややり方を人に押しつける

自分の意見をしっかり持つということは良いことです。

傲慢な人の困るのは、自分の意見や考えを人に押しつけようとすることです。

たとえば、同僚が自分とはちがう仕事のやり方をしているとしましょう。

人それぞれ、仕事の流儀があるのですから、その人のやり方に任せておけばいいわけです。

しかし、傲慢な人は、自分と違うやり方をしている同僚がいると、黙っていることができません。

同僚に対して、「そんなやり方ではダメ。

こういうやり方にしなさい」
と指導します。

同僚にとってはよけいなおせっかいでしかないでしょう。

言われた通りやり方を変えて、その結果、かえって仕事がうまくいかなくなることもあるに違いありません。

しかし、傲慢な人は相手がどう思っているかなどおかまいなしに、自分のやり方を押しつけようとするのです。

また、傲慢な人は、人が着ている服についてダメ出しして、「そんなセンスのない服、やめたほうがいい。

私が着ているこういう色の服を着たほうがいい」
というような指示をすることも少なくありません。

つまり、自分の考えややり方、センスなどにぜったいの自信があって、それを人に押しつけようとするのが、傲慢な人ということになるでしょう。

負けず嫌いで人より優位に立とうとする

負けず嫌いというのも、傲慢な人の性格です。

なんでも人と自分を比べて、少しでも人より優位に立とうとするのです。

人生を勝ち負けで考えているため、人に負けることが許せません。

人を見下すような言動をするのが傲慢な人ですが、それは、「人から見下されたくない。

見下されるのは相手に負けたことになる」
という意識から生まれるものと考えていいでしょう。

人を見下すというのは、けっしてほめられたことではありませんが、傲慢な人は「人を見下すというのは、人に勝つこと」と信じて疑いません。

勝ち負けにこだわるために、常に相手よりも優位に立とうとし、その結果、人を見下すような言動をするというのが、傲慢な人の特徴ということになるでしょう。

感謝の心を持たない

傲慢な人は、人から親切にされたり、助けてもらったり、何かをプレゼントされても感謝の心を持ちません。

社交辞令として「ありがとう」という言葉を口にすることはあっても、心の中では感謝していないのです。

それは、「自分はそういうことをされて当然の人間だ」という意識があると考えていいでしょう。

人よりも優れた人間である自分は、自分より劣った人間から良くされるのは当たりまえだと考えているのです。

また、人から物をプレゼントされた時でも、「ありがとう」と口で言いながら、心の中では「趣味が悪いプレゼントだ」とか「こんな安物、ありがためいわくだ」などと思っていることがよくあるのです。

人に謝ることが大嫌い

「謝らない」というのも、傲慢な人の特徴といっていいでしょう。

先ほどもお話しした通り、傲慢な人は自分が傷つくことをひどく恐れます。

そのため、なにか失敗したとしても、自分の非を認めようとはしません。

自分のミスで人を傷つけてしまったとしましょう。

非を認めて謝罪するのがふつうですが、傲慢な人は違います。

あれこれ言い訳したり、時には責任転嫁して、自分には火がないように言い張るのです。

そのあげく、「どっちにしても、大したことではない」というように結論づけてしまうことも少なくありません。

何があっても謝ろうとしないというのが、傲慢な人なのです。

人の意見を聞く耳を持たない

傲慢な人は、人の意見を聞こうとしません。

人と話していて、自分とちがう意見の人がいても、その意見に耳を傾けようとはしないのです。

それは、自分の意見に自信をもっていて、「自分がぜったいに正しい」と考えているからにほかなりません。

自分が正しく、それ以外は間違っていると思っているため、間違った意見を聞こうとしないわけです。

人と話をしていても、一方的に自分の意見や考えを主張し、相手の話を聞こうとしないのが、傲慢な人の特徴ということになるでしょう。

傲慢な人の特徴や性格を、6種類紹介しました。

身近に傲慢な人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-