【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221162110.html
高飛車な女性によくある特徴や性格

高飛車な女性によくある特徴や性格 | LADYCO

LADYCO
高飛車な女性によくある特徴や性格

高飛車な女性はいつの時代でもある程度います。

「高飛車」とは将棋の攻撃的な陣形に由来します。

「(最初から)高圧的な態度である」ことが一般的な解釈となります。

  • 比較的派手である
  • 人のことを、直ぐジャッジする
  • 常に持ち上げられていないと気がすまない
  • 褒めてくれる人を周りに置く
  • 男性を褒めるのが下手
  • 日本的な組織内で浮きやすい
  • ルックスは良いことが多い
  • 遠慮のなさが好かれることもある
  • 自己肯定感は常に高い
  • 似た友人と、適度な距離感を持って付き合う
  • まとめ

1. 比較的派手である

比較的派手である

派手なファッションやメイクを好む女性が多いです。

これは、話をする前の段階から相手より上に立とうという考えと関連しています。

もちろん、派手であっても性格がおとなしい女性もいますが、高飛車な女性は総じて派手な傾向にあります。

2. 人のことを、直ぐジャッジする

人のことを、直ぐジャッジする

高飛車な女性は、人のことを「判定」する傾向があります。

知人男性が新しい服を着ていれば、「それはあんまり似合わないと思う」と一方的に言ってきたり、知り合いの女性が転職したと聞けば「あんまり意味がないと思うけど」だとか、すぐにジャッジメントを下します。

言われた側としては「なぜ急にそんなことを言うのか。

あなたはその道のプロフェッショナルでも何でもないでしょう」と思ってしまいますね。

3. 常に持ち上げられていないと気がすまない

常に持ち上げられていないと気がすまない

周囲から、常に持ち上げられていることが当然だと思いがちなのが、高飛車な女性です。

その傾向を隠すことも少ないです。

友人・知人、同僚などからはそれを見抜かれていても、なおそうした態度を崩さないので、内心では呆れられることもしばしばです。

4. 褒めてくれる人を周りに置く

褒めてくれる人を周りに置く

高飛車な女性は自分自身が「上から目線」なので、更に上から来る人を嫌います。

下手に出て自分を褒めてくれる、いわば都合のいい人を周囲に置く傾向があります。

この状況が続くと、本人にとって居心地が良いとしても、いつまでも高飛車さは変わりません。

5. 男性を褒めるのが下手

男性を褒めるのが下手

男性は、女性に比べれば単純で、高飛車女性同様、褒めてくれる人を好む面があります。

高飛車な女性は、男性に対しても女性に対しても基本上から目線で、そうそう男性を褒めません。

「ウソでもいいから少し男性を褒めておけばいいのに」といった場面でも、それをしないのが彼女たちです。

無理をして人を褒めるのはいい事ともいえませんが、男性を遠ざける面がありますね。

6. 日本的な組織内で浮きやすい

日本的な組織内で浮きやすい

日本社会は、企業あるいは学校でも、どうしても年齢や勤続年数、学年等による上下関係がありますね。

このようなタテマエによって余計な軋轢(あつれき)を避けるというメリットもあります。

高飛車な女性は自分が上でないと気がすまないため、日本的な組織の中では浮いてしまう場合もあります。

自営業や自由業、あるいは外資系企業などにおいては、上手くことが進むことも多いのが特徴です。

7. ルックスは良いことが多い

ルックスは良いことが多い

高飛車な女性は、スタイルなども含めて、そこそこ美形であることが多いです。

小さい頃から何かと周りからチヤホヤされることが多かったため、それが当然だと考えるようになった、という単純なメカニズムも考えられます。

成人後も、男性からひとまずルックスについては褒められるといった経験を積み重ねることが多く、良くも悪くも絶対的な自信をキープしています。

8. 遠慮のなさが好かれることもある

遠慮のなさが好かれることもある

変に人の顔色をうかがったりしないのも、高飛車な女性です。

ワガママとも捉えられますが、「言いたいことを言う、ハッキリした女性」として肯定的に評価されることも少なくありません。

「ちょっと苦手でもあるけれど、そう悪い人ではない」といった評判が出やすいのも、彼女たちの特徴です。

見ようによっては「単に上から目線なだけ」であり、嫌われることを恐れず言いたいことを言う素直さを「カワイイ」と捉える男性もいます。

9. 自己肯定感は常に高い

自己肯定感は常に高い

何にせよ自己肯定感が高いのが高飛車な女性です。

多少ミスがあっても「そんなことは仕方がない」ととらえ、いいことがあれば「私なんだから当然」というように捉えます。

かなり勝手な考え方ともいえますが、自己肯定感の低い人にとって参考にできる、と言えなくもないですよね。

理由もなく常に自分を下げて見るよりはいい、とも考えられます。

10. 似た友人と、適度な距離感を持って付き合う

似た友人と、適度な距離感を持って付き合う

高飛車な女性は、似た女性同士である程度はグループを作ったりしますが、そこには必ず一定の距離感があります。

とにかくプライドが高いため、誰かを特別に持ち上げるとか、ベタベタするとか、そういったことはしないのです。

ヘンに群れず、常に「一人一派」のような面を大事にしており、そこを良いとする同性・異性も少なからずいます。

ただ実際接すると、その気の強さにいかんせん辟易してしまう…といったジレンマもありますね。

まとめ

高飛車な女性は、一般にはあまりいいイメージではないといえるでしょう。

「何であなたにそんなことを言われなくてはならないの?」と憤った人も少なからずいるはずです。

ただ、ある意味では単に「気が強く上から目線、自信満々」なだけであり、適宜持ち上げて褒めておけば、現実的にはさしたる害がない存在であるとも考えられます。

「高圧的で腹立たしいが、おだてておけば機嫌をキープする男性」なんてものも存在しますが、性別は違えどそれと近い存在ともいえますね。

高飛車な女性はいつの時代でもある程度います。

「高飛車」とは将棋の攻撃的な陣形に由来します。

「(最初から)高圧的な態度である」ことが一般的な解釈となります。


比較的派手である

派手なファッションやメイクを好む女性が多いです。

これは、話をする前の段階から相手より上に立とうという考えと関連しています。

もちろん、派手であっても性格がおとなしい女性もいますが、高飛車な女性は総じて派手な傾向にあります。

人のことを、直ぐジャッジする

高飛車な女性は、人のことを「判定」する傾向があります。

知人男性が新しい服を着ていれば、「それはあんまり似合わないと思う」と一方的に言ってきたり、知り合いの女性が転職したと聞けば「あんまり意味がないと思うけど」だとか、すぐにジャッジメントを下します。

言われた側としては「なぜ急にそんなことを言うのか。

あなたはその道のプロフェッショナルでも何でもないでしょう」と思ってしまいますね。

常に持ち上げられていないと気がすまない

周囲から、常に持ち上げられていることが当然だと思いがちなのが、高飛車な女性です。

その傾向を隠すことも少ないです。

友人・知人、同僚などからはそれを見抜かれていても、なおそうした態度を崩さないので、内心では呆れられることもしばしばです。

褒めてくれる人を周りに置く

高飛車な女性は自分自身が「上から目線」なので、更に上から来る人を嫌います。

下手に出て自分を褒めてくれる、いわば都合のいい人を周囲に置く傾向があります。

この状況が続くと、本人にとって居心地が良いとしても、いつまでも高飛車さは変わりません。

男性を褒めるのが下手

男性は、女性に比べれば単純で、高飛車女性同様、褒めてくれる人を好む面があります。

高飛車な女性は、男性に対しても女性に対しても基本上から目線で、そうそう男性を褒めません。

「ウソでもいいから少し男性を褒めておけばいいのに」といった場面でも、それをしないのが彼女たちです。

無理をして人を褒めるのはいい事ともいえませんが、男性を遠ざける面がありますね。

日本的な組織内で浮きやすい

日本社会は、企業あるいは学校でも、どうしても年齢や勤続年数、学年等による上下関係がありますね。

このようなタテマエによって余計な軋轢(あつれき)を避けるというメリットもあります。

高飛車な女性は自分が上でないと気がすまないため、日本的な組織の中では浮いてしまう場合もあります。

自営業や自由業、あるいは外資系企業などにおいては、上手くことが進むことも多いのが特徴です。

ルックスは良いことが多い

高飛車な女性は、スタイルなども含めて、そこそこ美形であることが多いです。

小さい頃から何かと周りからチヤホヤされることが多かったため、それが当然だと考えるようになった、という単純なメカニズムも考えられます。

成人後も、男性からひとまずルックスについては褒められるといった経験を積み重ねることが多く、良くも悪くも絶対的な自信をキープしています。

遠慮のなさが好かれることもある

変に人の顔色をうかがったりしないのも、高飛車な女性です。

ワガママとも捉えられますが、「言いたいことを言う、ハッキリした女性」として肯定的に評価されることも少なくありません。

「ちょっと苦手でもあるけれど、そう悪い人ではない」といった評判が出やすいのも、彼女たちの特徴です。

見ようによっては「単に上から目線なだけ」であり、嫌われることを恐れず言いたいことを言う素直さを「カワイイ」と捉える男性もいます。

自己肯定感は常に高い

何にせよ自己肯定感が高いのが高飛車な女性です。

多少ミスがあっても「そんなことは仕方がない」ととらえ、いいことがあれば「私なんだから当然」というように捉えます。

かなり勝手な考え方ともいえますが、自己肯定感の低い人にとって参考にできる、と言えなくもないですよね。

理由もなく常に自分を下げて見るよりはいい、とも考えられます。

似た友人と、適度な距離感を持って付き合う

高飛車な女性は、似た女性同士である程度はグループを作ったりしますが、そこには必ず一定の距離感があります。

とにかくプライドが高いため、誰かを特別に持ち上げるとか、ベタベタするとか、そういったことはしないのです。

ヘンに群れず、常に「一人一派」のような面を大事にしており、そこを良いとする同性・異性も少なからずいます。

ただ実際接すると、その気の強さにいかんせん辟易してしまう…といったジレンマもありますね。

高飛車な女性は、一般にはあまりいいイメージではないといえるでしょう。

「何であなたにそんなことを言われなくてはならないの?」と憤った人も少なからずいるはずです。

ただ、ある意味では単に「気が強く上から目線、自信満々」なだけであり、適宜持ち上げて褒めておけば、現実的にはさしたる害がない存在であるとも考えられます。

「高圧的で腹立たしいが、おだてておけば機嫌をキープする男性」なんてものも存在しますが、性別は違えどそれと近い存在ともいえますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-