【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219144209.html
閉鎖的な人の特徴

閉鎖的な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
閉鎖的な人の特徴

閉鎖的な性格の人はいつも同じで変化がありません。

どこか不安そうに見えてしまうし、特定のメンバーとだけ行動するところがありますが、そんな閉鎖的な性格の人の8つの特徴に注目してみましょう。

  • どこにも出かけたがらない
  • チェンジが嫌い
  • 同じ仲間としか付き合えない
  • 家族とばかり一緒に居たがる
  • 人付き合いが面倒と考えてしまっている
  • 内気で自分を出せない
  • 現状に満足している
  • 表面的な付き合いが一番良いと考えている
  • まとめ

1. どこにも出かけたがらない

どこにも出かけたがらない

閉鎖的な人というのは行動範囲が狭くあまりあちこちに出かけようという気持ちがありません。

知らないところに行くのは不安であり、できれば行きたくない、家にいた方が安心するという傾向にあります。

旅行などに行こうという気にほとんどならず、海外旅行などはまず考られないという感じでしょう。

自分からは行動せずに誘われれば考えるという感じであり、今の状況から外に出ていくことに大きな不安を感じているのです。

2. チェンジが嫌い

チェンジが嫌い

閉鎖的な人は今の状況を変えることが嫌いであり、今のままでいいと思っています。

新しいことに挑戦したり、自分を広げようという気がなく、むしろ今のものを守ろうとしたがることでしょう。

友達を増やそうということもないし、生活スタイルを見直そうということもなく、考え方は古いままで時代はどんどん変化しているのに、それに合わせていこうという思考がありません。

3. 同じ仲間としか付き合えない

同じ仲間としか付き合えない

閉鎖的な人はとても交友関係が限定されており、特定の人たちとしか一緒に行動しません。

仲良しグループのようなものでそれを広げていくとか、別の輪に入っていくということもできません。

ツアー旅行などに参加するとしても絶対に仲の良い人たちとしか行かないし、そのツアーにはいろいろな人が参加しているのに、そうした人たちと仲良くなろうということはできません。

自分にとって居場所のあるところ以外には入りたくないのであり、そのような人は器が小さいのです。

4. 家族とばかり一緒に居たがる

家族とばかり一緒に居たがる

家族と仲が良いのは良いことなのですが、その家族は居心地が良くて自分のことを理解してくれているのでそうしているのであり、そこから出て行こうという気持ちがあまりありません。

休日も家族と一緒であり、家にいてばかりかもしれません。

社会人になっても親と同居であり、そこから出てみようという勇気がありません。

家族という枠の中でしか楽しめない部分があり、自分を広げていくことに難しさを感じてしまっています。

5. 人付き合いが面倒と考えてしまっている

人付き合いが面倒と考えてしまっている

いろいろな人と付き合うことで人間が豊かになっていくのは確かかもしれませんが、気難しい人と付き合ったり相手に気を使うのが面倒と感じてしまうのが閉鎖的な人の特徴です。

知り合う機会はあるのにあえて突っ込まないのであり、それをすると疲れるし多くを知るとそれだけ責任が生じるというのもあるのかもしれません。

その場だけそれなりにすればそれでよいという考えであり、相手を知ろうとしたり関わり合いを持つことが面倒で煩わしささえ感じてしまっています。

6. 内気で自分を出せない

内気で自分を出せない

閉鎖的な人はいつも内気で自分を出すことができないかもしれません。

会話をすることが苦手であり、自分の意見を言うことなどできないし、そんな機会もないでしょう。

誰かが関心を示してくれて話しかけてくれたとしても、できるだけ会話が発展しないようにそっけない対応しかしないし、自分のことを探られるのが怖かったりすることもあるでしょう。

そうした内向きな態度が孤立を招きますし、自分を出すことができないために、いつも周囲を恐れてしまうのです。

7. 現状に満足している

現状に満足している

今の状況に満足している人は閉鎖的になりやすいです。

結婚していると家庭があるし、配偶者がいるのでそれで十分であり、新しい友達が欲しいとも思わなくなるかもしれません。

独身であったとしてもそれなりに人間関係に満足していればそれを広げる必要性を感じなくなります。

自分に居場所があるという今の状況に満足しているのであり、それでよいという思考になっていますので、変化を望むことがありません。

8. 表面的な付き合いが一番良いと考えている

表面的な付き合いが一番良いと考えている

いろいろな人とそれなりに付き合っているものの、友達と言えるような人はいないというタイプであり、それは相手を知ろうとしないし、自分も自分のことを一切しゃべらないという傾向があります。

お互いにプライベートなこと、趣味とか異性や恋人とのことなど自分のいろいろなことを明らかにすると人は親しみを感じるものですが、閉鎖的な人というのはそれをすることがありません。

どうでもいいことばかりを話す浅い話が多く、その人を知るようなプライベートな会話をしたがらないのです。

表面的な付き合いなので浅くて広いかもしれませんが、印象の薄い人という感じでしょう。

まとめ

閉鎖的な人は自分を無理して広げて失敗してしまうのではないかとか、人間関係で嫌な思いをしてしまうのではないか、そんな不安があるゆえに思い切ったあるいは自分の壁を打ち破ることができないのであり、狭い自分とそれに関わる人たちの中でしか楽しめない部分があります。

ちょっと寂しげで内輪でしか盛り上がれない傾向があります。

閉鎖的な性格の人はいつも同じで変化がありません。

どこか不安そうに見えてしまうし、特定のメンバーとだけ行動するところがありますが、そんな閉鎖的な性格の人の8つの特徴に注目してみましょう。


どこにも出かけたがらない

閉鎖的な人というのは行動範囲が狭くあまりあちこちに出かけようという気持ちがありません。

知らないところに行くのは不安であり、できれば行きたくない、家にいた方が安心するという傾向にあります。

旅行などに行こうという気にほとんどならず、海外旅行などはまず考られないという感じでしょう。

自分からは行動せずに誘われれば考えるという感じであり、今の状況から外に出ていくことに大きな不安を感じているのです。

チェンジが嫌い

閉鎖的な人は今の状況を変えることが嫌いであり、今のままでいいと思っています。

新しいことに挑戦したり、自分を広げようという気がなく、むしろ今のものを守ろうとしたがることでしょう。

友達を増やそうということもないし、生活スタイルを見直そうということもなく、考え方は古いままで時代はどんどん変化しているのに、それに合わせていこうという思考がありません。

同じ仲間としか付き合えない

閉鎖的な人はとても交友関係が限定されており、特定の人たちとしか一緒に行動しません。

仲良しグループのようなものでそれを広げていくとか、別の輪に入っていくということもできません。

ツアー旅行などに参加するとしても絶対に仲の良い人たちとしか行かないし、そのツアーにはいろいろな人が参加しているのに、そうした人たちと仲良くなろうということはできません。

自分にとって居場所のあるところ以外には入りたくないのであり、そのような人は器が小さいのです。

家族とばかり一緒に居たがる

家族と仲が良いのは良いことなのですが、その家族は居心地が良くて自分のことを理解してくれているのでそうしているのであり、そこから出て行こうという気持ちがあまりありません。

休日も家族と一緒であり、家にいてばかりかもしれません。

社会人になっても親と同居であり、そこから出てみようという勇気がありません。

家族という枠の中でしか楽しめない部分があり、自分を広げていくことに難しさを感じてしまっています。

人付き合いが面倒と考えてしまっている

いろいろな人と付き合うことで人間が豊かになっていくのは確かかもしれませんが、気難しい人と付き合ったり相手に気を使うのが面倒と感じてしまうのが閉鎖的な人の特徴です。

知り合う機会はあるのにあえて突っ込まないのであり、それをすると疲れるし多くを知るとそれだけ責任が生じるというのもあるのかもしれません。

その場だけそれなりにすればそれでよいという考えであり、相手を知ろうとしたり関わり合いを持つことが面倒で煩わしささえ感じてしまっています。

内気で自分を出せない

閉鎖的な人はいつも内気で自分を出すことができないかもしれません。

会話をすることが苦手であり、自分の意見を言うことなどできないし、そんな機会もないでしょう。

誰かが関心を示してくれて話しかけてくれたとしても、できるだけ会話が発展しないようにそっけない対応しかしないし、自分のことを探られるのが怖かったりすることもあるでしょう。

そうした内向きな態度が孤立を招きますし、自分を出すことができないために、いつも周囲を恐れてしまうのです。

現状に満足している

今の状況に満足している人は閉鎖的になりやすいです。

結婚していると家庭があるし、配偶者がいるのでそれで十分であり、新しい友達が欲しいとも思わなくなるかもしれません。

独身であったとしてもそれなりに人間関係に満足していればそれを広げる必要性を感じなくなります。

自分に居場所があるという今の状況に満足しているのであり、それでよいという思考になっていますので、変化を望むことがありません。

表面的な付き合いが一番良いと考えている

いろいろな人とそれなりに付き合っているものの、友達と言えるような人はいないというタイプであり、それは相手を知ろうとしないし、自分も自分のことを一切しゃべらないという傾向があります。

お互いにプライベートなこと、趣味とか異性や恋人とのことなど自分のいろいろなことを明らかにすると人は親しみを感じるものですが、閉鎖的な人というのはそれをすることがありません。

どうでもいいことばかりを話す浅い話が多く、その人を知るようなプライベートな会話をしたがらないのです。

表面的な付き合いなので浅くて広いかもしれませんが、印象の薄い人という感じでしょう。

閉鎖的な人は自分を無理して広げて失敗してしまうのではないかとか、人間関係で嫌な思いをしてしまうのではないか、そんな不安があるゆえに思い切ったあるいは自分の壁を打ち破ることができないのであり、狭い自分とそれに関わる人たちの中でしか楽しめない部分があります。

ちょっと寂しげで内輪でしか盛り上がれない傾向があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-