【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218140340.html
負け惜しみを言う人の心理

負け惜しみを言う人の心理 | LADYCO

LADYCO
負け惜しみを言う人の心理

どんな勝負事にも勝ちと負けがあり、負けると負け惜しみを言いたくなる状況はあるものです。

ですが負け惜しみを言う人というのは印象が悪いので、これから取り上げる7つの負け惜しみの人の心理を学び考察してみましょう。

  • 負けず嫌いが強い
  • 自分をもっと上の実力があるように魅せたい
  • 自分のミスを認めたくない気持ち
  • 負け惜しみを言うと盛り上がる
  • 自分を過大評価している
  • なんでも人のせいにする
  • 嫉妬深さがある
  • まとめ

1. 負けず嫌いが強い

負けず嫌いが強い

負け惜しみを言う人は勝ちたいという気持ちが強いからであり、負けず嫌いだからです。

人よりも上に立ちたい、優越感に浸りたいのであり誰かに負けるというのは悔しいしそれを受け入れることは容易ではありません。

その悔しい気持ちが負け惜しみとなって口から出てくるのであり、それはあまりかっこいいことではありませんし、潔いことでもありません。

プライドの高い人は特にこうした傾向が強いでしょう。

2. 自分をもっと上の実力があるように魅せたい

自分をもっと上の実力があるように魅せたい

負け惜しみを言う人の特徴の1つは自分が本気を出せば勝てたとかちょっと油断してしまったというような言い訳をするのであり、本当にやる気を出せばあなたよりも自分の方が上であるということを示したいという気持ちがあります。

それは本当に実力差はあるのかもしれませんが、負けは負けであり、それをあれこれと負け惜しみ発言をするのはあまり好感されません。

3. 自分のミスを認めたくない気持ち

自分のミスを認めたくない気持ち

負け惜しみのフレーズとしてよく使われる言葉にああしておけばよかったとか、そうだと思ったんだという言い方があります。

まるで初めからわかっていたんだけど、と言わんばかりの態度であり、そんな言い方をすると周囲の人たちは、じゃあなぜわかっていてそんなことをしたの、みたいな話になってきます。

そのような負け惜しみを言うのは、その人の評価を下げてしまうことになり、器の小さい人と見られてしまうかもしれません。

4. 負け惜しみを言うと盛り上がる

負け惜しみを言うと盛り上がる

負け惜しみそのものはあまり良いものではありませんが、その負けたことをネタにして勝った相手の悪口を言うネタにしようと考えている人たちがいます。

つまり相手はこんなずるいことをしようとしたとか、こういうことをしているから勝てたんだというようなことを話したりするのです。

そうしたネタは噂好きな人たちには聞きたいと思う興味深い内容なので周りの人たちを自分に引きつけることができたりします。

負け惜しみそのものはかっこいいものではありませんが、それを言うことで盛り上がりそれが楽しいのです。

5. 自分を過大評価している

自分を過大評価している

大した努力もせずに勝負をすれば結果は明らかかもしれませんが、自分を過大評価しており、自分は努力もしないでもそれなりにできるし勝てるというようなおごりの気持ちがあるので負けると負け惜しみをすることが多いです。

なんにもしなかったから負けたけど、もし努力してしっかり準備していれば自分が勝っていたということをほのめかすのです。

自分は凄く能力があると思っている人、その人は努力をしないことが多くその能力に頼ってしまうために成長できなかったりします。

そしてできなかった、あるいは負けたことの負け惜しみをするのであり、どうしようもない人と思われてしまうところがあります。

6. なんでも人のせいにする

なんでも人のせいにする

いつもいつも自分が勝って良い成績を出せば自分の実力と優越感に浸り、負ければそれを人のせいにする、そんな風に生きてきた人というのは負け惜しみを言うことが習慣になっています。

それを負け惜しみと思っていないところがあり、単にそれは負けた理由や状況を説明しているだけという認識だったりします。

とはいえそれを聞く人たちの印象としてはそれは負け惜しみを言っているだけでしょ、としか思えずそんなことを聞きたくないという気持ちになります。

いつも人のせいにする習慣のある人は成長することがなかなかできません。

7. 嫉妬深さがある

嫉妬深さがある

いつも他人を意識しており、特に年齢や境遇が近い人たちのすることには特別な関心を持っています。

ライバルのように思っており相手が成功すればそれを素直に喜ぶことができずに嫉妬してしまったりします。

ですからそんな相手と比較されるようなことをして負けてしまうと負け惜しみをするのであり、それは相手への強い気持ちがあるからです。

この状況がもしスポーツであれば、自分の本来の力を発揮することができなかったという負け惜しみであり、相手がさらに上に行くことへの嫉妬の気持ちがそこにはあるのです。

まとめ

負け惜しみを言うのは大小の差はあるとはいえ多くの人が一言二言は言ってしまうことがあるものです。

それだけそのことに熱い気持ちになっているというのは悪いことではありませんが、負け惜しみはその人の評価を下げてかっこ悪い印象を与えてしまうので、素直に相手の勝ちと自分の負けを認めて相手をたたえるくらいの気持ちの余裕を持ちたいものです。

悔しい気持ちを持つこと自体は悪いことではなく、次回はもっと努力したいという思いになればそれでよいのであり。

嫉妬ではなく良い刺激を与えてくれる相手という目で接していくことができるかもしれません。

どんな勝負事にも勝ちと負けがあり、負けると負け惜しみを言いたくなる状況はあるものです。

ですが負け惜しみを言う人というのは印象が悪いので、これから取り上げる7つの負け惜しみの人の心理を学び考察してみましょう。


負けず嫌いが強い

負け惜しみを言う人は勝ちたいという気持ちが強いからであり、負けず嫌いだからです。

人よりも上に立ちたい、優越感に浸りたいのであり誰かに負けるというのは悔しいしそれを受け入れることは容易ではありません。

その悔しい気持ちが負け惜しみとなって口から出てくるのであり、それはあまりかっこいいことではありませんし、潔いことでもありません。

プライドの高い人は特にこうした傾向が強いでしょう。

自分をもっと上の実力があるように魅せたい

負け惜しみを言う人の特徴の1つは自分が本気を出せば勝てたとかちょっと油断してしまったというような言い訳をするのであり、本当にやる気を出せばあなたよりも自分の方が上であるということを示したいという気持ちがあります。

それは本当に実力差はあるのかもしれませんが、負けは負けであり、それをあれこれと負け惜しみ発言をするのはあまり好感されません。

自分のミスを認めたくない気持ち

負け惜しみのフレーズとしてよく使われる言葉にああしておけばよかったとか、そうだと思ったんだという言い方があります。

まるで初めからわかっていたんだけど、と言わんばかりの態度であり、そんな言い方をすると周囲の人たちは、じゃあなぜわかっていてそんなことをしたの、みたいな話になってきます。

そのような負け惜しみを言うのは、その人の評価を下げてしまうことになり、器の小さい人と見られてしまうかもしれません。

負け惜しみを言うと盛り上がる

負け惜しみそのものはあまり良いものではありませんが、その負けたことをネタにして勝った相手の悪口を言うネタにしようと考えている人たちがいます。

つまり相手はこんなずるいことをしようとしたとか、こういうことをしているから勝てたんだというようなことを話したりするのです。

そうしたネタは噂好きな人たちには聞きたいと思う興味深い内容なので周りの人たちを自分に引きつけることができたりします。

負け惜しみそのものはかっこいいものではありませんが、それを言うことで盛り上がりそれが楽しいのです。

自分を過大評価している

大した努力もせずに勝負をすれば結果は明らかかもしれませんが、自分を過大評価しており、自分は努力もしないでもそれなりにできるし勝てるというようなおごりの気持ちがあるので負けると負け惜しみをすることが多いです。

なんにもしなかったから負けたけど、もし努力してしっかり準備していれば自分が勝っていたということをほのめかすのです。

自分は凄く能力があると思っている人、その人は努力をしないことが多くその能力に頼ってしまうために成長できなかったりします。

そしてできなかった、あるいは負けたことの負け惜しみをするのであり、どうしようもない人と思われてしまうところがあります。

なんでも人のせいにする

いつもいつも自分が勝って良い成績を出せば自分の実力と優越感に浸り、負ければそれを人のせいにする、そんな風に生きてきた人というのは負け惜しみを言うことが習慣になっています。

それを負け惜しみと思っていないところがあり、単にそれは負けた理由や状況を説明しているだけという認識だったりします。

とはいえそれを聞く人たちの印象としてはそれは負け惜しみを言っているだけでしょ、としか思えずそんなことを聞きたくないという気持ちになります。

いつも人のせいにする習慣のある人は成長することがなかなかできません。

嫉妬深さがある

いつも他人を意識しており、特に年齢や境遇が近い人たちのすることには特別な関心を持っています。

ライバルのように思っており相手が成功すればそれを素直に喜ぶことができずに嫉妬してしまったりします。

ですからそんな相手と比較されるようなことをして負けてしまうと負け惜しみをするのであり、それは相手への強い気持ちがあるからです。

この状況がもしスポーツであれば、自分の本来の力を発揮することができなかったという負け惜しみであり、相手がさらに上に行くことへの嫉妬の気持ちがそこにはあるのです。

負け惜しみを言うのは大小の差はあるとはいえ多くの人が一言二言は言ってしまうことがあるものです。

それだけそのことに熱い気持ちになっているというのは悪いことではありませんが、負け惜しみはその人の評価を下げてかっこ悪い印象を与えてしまうので、素直に相手の勝ちと自分の負けを認めて相手をたたえるくらいの気持ちの余裕を持ちたいものです。

悔しい気持ちを持つこと自体は悪いことではなく、次回はもっと努力したいという思いになればそれでよいのであり。

嫉妬ではなく良い刺激を与えてくれる相手という目で接していくことができるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-