【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218140125.html
相手の気持ちがわからない人の特徴

相手の気持ちがわからない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
相手の気持ちがわからない人の特徴

相手の気持ちを理解するというのは難しいことですが、その努力をしている人としていない人では話すことや話し方に大きな違いがあります。

相手の気持ちがわからない人の特徴を8つ考えて学んでみましょう。

  • 自分の気持ちが最優先
  • いつも孤立している部分がある
  • ストレートに言うのが好き
  • すぐに思ったことをしゃべってしまう人
  • 相手の人に関心がない
  • 人付き合いがなく会話をしない環境と内気
  • 常識が分からない
  • 面倒なことが嫌いである
  • まとめ

1. 自分の気持ちが最優先

自分の気持ちが最優先

基本相手の気持ちがわからない人の特徴は自分の気持ちを最優先しているところがあります。

利己的であり自分のことが第一なのです。

時分にとって不都合なことが嫌であり相手の感情などどうでもいい、あるいは考えることがないのです。

面白くないことはしたくないし、自分が面倒と感じることやかっこ悪いと感じることは嫌であり、それを相手に押し付けたりすることもあるでしょう。

自分第一なので相手がどう思うがあまり関係がないという態度なのです。

このような傾向を持つ人の言うことや行動は自己中心的であり、周囲を煩わせることでしょう。

2. いつも孤立している部分がある

いつも孤立している部分がある

誰かと一緒に行動していると自然に相手のことが気になったり相手のことを気遣ったりするようになるものですが、いつも一人で行動するのが好きで友達もいない、あるいは作ろうとしないような人はその思考が狭くなっていきやすいのは確かです。

相手のことを考えるような状況がほとんどなく、その人の考えていることといえば自分の世界の中のことであり、そうした人は相手の気持ちがわからないのです。

3. ストレートに言うのが好き

ストレートに言うのが好き

話しの仕方というのはその人の特質が表れるものですが、なんでもストレートにしゃべるのが好きでわかりやすいかもしれませんが、それは相手の気持ちを考えていない発現をしてしまいやすいです。

ずばずばと言うのでやんわりと柔らかくしゃべることができずに相手を思いやることができなかったりします。

他の人が失敗して恥ずかしい気持ちになっているのに、その原因についてはっきりと言ったり傷口に塩を塗るかのような発言をしてしまいやすいのです。

4. すぐに思ったことをしゃべってしまう人

すぐに思ったことをしゃべってしまう人

ちょっと考えるとそんなことをしゃべってはいけないのはすぐにわかるのですが、すぐに思ったことを口に出してしまうところがあり、その時の感情でなんでもしゃべる癖のようなものがあると相手の気持ちを考えることができません。

そのような人は失言が多く相手を傷つけてしまうことは少なくありません。

その人が事故に遭ったり、不幸が生じてしまった、また何らかのつらい気持ちになっている人に対して思いやりのある言葉をかけることができないのであり、落ち込んでいる人をさらに落ち込ませてしまうかもしれません。

5. 相手の人に関心がない

相手の人に関心がない

相手の人が何を考えているのかどんな気持ちになっているのかということに関心がないので相手の気持ちを理解しようという思いになりません。

相手を見下げているのか、他人などどうでもいいという態度なのかもしれません。

自分さえよければいいという思考が根底にあるので相手への関心が少なく、話しを聞いても表面的にしか理解しようとしないのであり、その時に気持ちがどうなのかまでの深い思考のために脳を使おうとしていないのです。

6. 人付き合いがなく会話をしない環境と内気

人付き合いがなく会話をしない環境と内気

職場はパソコンで1日中液晶画面とにらめっこであり、家では一人暮らし、そんな生活は人と会話をするという機会がほとんどありません。

家に帰ってくればテレビを見たり、ゲームをしたりという感じで相手のいない生活であり、家庭環境も親子の仲があまり良くなかったのかもしれません。

会話をすることをひどく苦手としており、恥ずかしがり内気である、そして相手と話すと緊張してしまう、そんな感じの人は相手の気持ちがわかるほどの余裕はなく、かなり難しいでしょう。

7. 常識が分からない

常識が分からない

常識やマナーというのは親から教えられることや他の人を見て学んでいくものですが、そのような常識的な行動が分からない、マナーのない人は相手の気持ちがわかりませんし、それがわからないのでマナーの大切さを理解できないのです。

失礼なことをしたり言ったりしてしまうのは、そのような常識が身に着いていないからであり、社会人としての自覚が少ないということなのかもしれませせん。

8. 面倒なことが嫌いである

面倒なことが嫌いである

相手の気持ちを理解しようとすることはとても疲れると感じている人です。

実際のところ本当に意味で相手の気持ちが分かる人などいませんし、心を読む能力というのは人にはありません。

ですからこれまでのその人の考え方や行動そして背景などを理解することである程度想像しているのであり、それが間違っていることもあります。

それは時間も気も使うことなので面倒だし、それをしても全部を理解することなどできないのだから、時間の無駄であると割り切ってしまっている部分があるのです。

人間関係に冷めてしまっている人はそうした傾向にあります。

まとめ

人の気持ちがわからない人は自分中心であることが特徴であり、言葉を選んで話すことが苦手です。

口は災いのもとになるというように、相手の気持ちを考えないとひどいことを言って相手を傷つけそれは取り返しのつかないことに発展してしまうことさえあるのは、政治家や有名人の発言を見ていて多くの人が思うことです。

相手の気持ちを思いやれる魅力ある人になりたいものです。

相手の気持ちを理解するというのは難しいことですが、その努力をしている人としていない人では話すことや話し方に大きな違いがあります。

相手の気持ちがわからない人の特徴を8つ考えて学んでみましょう。


自分の気持ちが最優先

基本相手の気持ちがわからない人の特徴は自分の気持ちを最優先しているところがあります。

利己的であり自分のことが第一なのです。

時分にとって不都合なことが嫌であり相手の感情などどうでもいい、あるいは考えることがないのです。

面白くないことはしたくないし、自分が面倒と感じることやかっこ悪いと感じることは嫌であり、それを相手に押し付けたりすることもあるでしょう。

自分第一なので相手がどう思うがあまり関係がないという態度なのです。

このような傾向を持つ人の言うことや行動は自己中心的であり、周囲を煩わせることでしょう。

いつも孤立している部分がある

誰かと一緒に行動していると自然に相手のことが気になったり相手のことを気遣ったりするようになるものですが、いつも一人で行動するのが好きで友達もいない、あるいは作ろうとしないような人はその思考が狭くなっていきやすいのは確かです。

相手のことを考えるような状況がほとんどなく、その人の考えていることといえば自分の世界の中のことであり、そうした人は相手の気持ちがわからないのです。

ストレートに言うのが好き

話しの仕方というのはその人の特質が表れるものですが、なんでもストレートにしゃべるのが好きでわかりやすいかもしれませんが、それは相手の気持ちを考えていない発現をしてしまいやすいです。

ずばずばと言うのでやんわりと柔らかくしゃべることができずに相手を思いやることができなかったりします。

他の人が失敗して恥ずかしい気持ちになっているのに、その原因についてはっきりと言ったり傷口に塩を塗るかのような発言をしてしまいやすいのです。

すぐに思ったことをしゃべってしまう人

ちょっと考えるとそんなことをしゃべってはいけないのはすぐにわかるのですが、すぐに思ったことを口に出してしまうところがあり、その時の感情でなんでもしゃべる癖のようなものがあると相手の気持ちを考えることができません。

そのような人は失言が多く相手を傷つけてしまうことは少なくありません。

その人が事故に遭ったり、不幸が生じてしまった、また何らかのつらい気持ちになっている人に対して思いやりのある言葉をかけることができないのであり、落ち込んでいる人をさらに落ち込ませてしまうかもしれません。

相手の人に関心がない

相手の人が何を考えているのかどんな気持ちになっているのかということに関心がないので相手の気持ちを理解しようという思いになりません。

相手を見下げているのか、他人などどうでもいいという態度なのかもしれません。

自分さえよければいいという思考が根底にあるので相手への関心が少なく、話しを聞いても表面的にしか理解しようとしないのであり、その時に気持ちがどうなのかまでの深い思考のために脳を使おうとしていないのです。

人付き合いがなく会話をしない環境と内気

職場はパソコンで1日中液晶画面とにらめっこであり、家では一人暮らし、そんな生活は人と会話をするという機会がほとんどありません。

家に帰ってくればテレビを見たり、ゲームをしたりという感じで相手のいない生活であり、家庭環境も親子の仲があまり良くなかったのかもしれません。

会話をすることをひどく苦手としており、恥ずかしがり内気である、そして相手と話すと緊張してしまう、そんな感じの人は相手の気持ちがわかるほどの余裕はなく、かなり難しいでしょう。

常識が分からない

常識やマナーというのは親から教えられることや他の人を見て学んでいくものですが、そのような常識的な行動が分からない、マナーのない人は相手の気持ちがわかりませんし、それがわからないのでマナーの大切さを理解できないのです。

失礼なことをしたり言ったりしてしまうのは、そのような常識が身に着いていないからであり、社会人としての自覚が少ないということなのかもしれませせん。

面倒なことが嫌いである

相手の気持ちを理解しようとすることはとても疲れると感じている人です。

実際のところ本当に意味で相手の気持ちが分かる人などいませんし、心を読む能力というのは人にはありません。

ですからこれまでのその人の考え方や行動そして背景などを理解することである程度想像しているのであり、それが間違っていることもあります。

それは時間も気も使うことなので面倒だし、それをしても全部を理解することなどできないのだから、時間の無駄であると割り切ってしまっている部分があるのです。

人間関係に冷めてしまっている人はそうした傾向にあります。

人の気持ちがわからない人は自分中心であることが特徴であり、言葉を選んで話すことが苦手です。

口は災いのもとになるというように、相手の気持ちを考えないとひどいことを言って相手を傷つけそれは取り返しのつかないことに発展してしまうことさえあるのは、政治家や有名人の発言を見ていて多くの人が思うことです。

相手の気持ちを思いやれる魅力ある人になりたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-